ヴィクトリアマイルを勝ってG1・3勝目を挙げたストレイトガール(牝7歳)はスプリンターズSを前にして引退・繁殖入りする。初年度の種付け相手は「怪物」フランケルを予定しているという。
(写真は2016年ヴィクトリアマイル優勝時)
引退を1年延ばして臨んだヴィクトリアマイルを2馬身差の楽勝劇。

スプリント適性を認められていたはずが、結果としてG1・3勝のうち2勝がマイル戦のヴィクトリアマイルというのも皮肉なものです。というより、高松宮記念が2年続けて土砂降りの雨に祟られたように運の無い場面もありました。

引退後はフランケルとの種付けが待っていますが、スプリントよりはマイルで、今度は世界と戦える産駒の誕生を待ちたいところです。