ローズSを回避したアドマイヤミヤビ(牝3歳)が引退することが決まった。
(写真は2017年オークス出走時)
秋の主役になれたかも知れない1頭が無念の思いを抱えながらターフを去ることになりました。

百日草特別では春の牡馬の主役級の1頭だったカデナを、クイーンCでは後のNHKマイルCの覇者アエロリットを破った、紛れもなく現3歳牝馬世代では一線級の馬だったと思います。クイーンCを勝ったことで不適なマイル戦である桜花賞で2番人気(12着)に祭り上げられることになったわけですが。

本来の適距離は中距離だったことはオークスが証明しました。だからこそ、秋華賞で主役になれたかも知れない馬だっただけに屈腱炎での引退は不運というしかありません。残念です...。