9月が終わったので、1ヶ月間の一口馬主戦績を整理(というか回顧)してみる。
ベレヌス_20200912
ロードブレス_20200209
<写真は上がベレヌス、下がロードブレス>
月間成績: 2戦1勝(1-0-0-0-0-1)、地方2戦1勝(1-0-1-0-0-0)
 勝率: 66.7%、複勝率:66.7%、掲示板率:66.7%、入着率:66.7%(対象は中央在籍馬のみ)

年間目標推移:
 出走数:  年間100走に対して現在52走(月平均5.8走)
 勝利数:  15勝に対して現在16勝(+2)
 掲示板率: 40%に対して48.1%(前月比)
 入着率:  65%に対して61.5%(前月比)
 獲得賞金: 2億に対して2億1589万(月平均2398.8万)

地方含めて僅か4戦しかできませんでしたが、木曾川特別をベレヌスが逃げ切ると、ロードブレスが日本テレビ盃で重賞初制覇を飾って月間2勝。これでロードブレスは胸を張ってJBCクラシック出走できますが、距離が微妙に長いのでどうするんでしょうか?

そして更新したはずの年間目標である15勝&獲得賞金2億も超えてしまったため、20勝&2億5000万に再度上方修正します。

《全成績(月間)》
日付レース名馬名騎手人気着順
2020.09.05障害OPウインリベロ上野翔
2020.09.12木曾川特別(3歳上2勝C)ベレヌス西村淳也
2020.09.18新馬(川崎)ウインヒメユリ伊藤裕人
2020.09.30日本テレビ盃(Jpn2)ロードブレス三浦皇成


《厩舎別(年間)》
順位厩舎出走勝利勝率掲示板率総賞金
奥村豊(栗東)
.833
1.000
9010万
友道康夫(栗東)
.250
.250
3652万
杉山晴紀(栗東)
.500
.750
2944万
奥村豊厩舎がロードブレスの日本テレビ盃勝利で後続を突き放しにかかっています。さすがにここまでくると追い縋るには重賞勝ちが必要になってきます。

《騎手別(年間)》
順位騎手出走勝利勝率掲示板率入着率総賞金
吉田隼人
1.000
1.000
1.000
3652万
西村淳也
.500
.750
.750
2945万
三浦皇成
.333
.667
.667
2651万
ランキングは獲得賞金順(中央のみ)
三浦騎手が日本テレビ盃を勝って逆転で1位浮上かと思ったのですが、残念ながら騎手成績は中央のみの集計なので3位のままです。

《生産牧場別(年間)》
順位牧場出走勝利勝率総賞金
市川牧場
.833
9010万
ノーザンF
10
.400
4184万
社台F
.250
3652万
ランキングは獲得賞金順
こちらも市川牧場が逃げ込みを図っています。ノーザンFはどこまで追い縋ってこられるでしょうか?

《競馬場別(年間)》
騎手出走勝利勝率掲示板率入着率総賞金
札幌
1.000
1.000
1.000
4412万
船橋(地方)
1.000
1.000
1.000
3200万
中京
.500
.750
.750
2381万
新潟
.250
.250
.500
2321万
小倉
.333
.667
.667
1083万
中山
.143
.571
.714
730万
新潟・中京・川崎・船橋と左回りコースばかり出走して中京と船橋で勝ち名乗りを挙げています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット