ドラフトが終わると、次に待っているのがこれですね。狙いの馬に当選するのが一番大事ですが、一度くらいは出資馬の名付け親になってみたいものです。
冠号のウインを必ず頭につけて、合計 9 文字以内(カタカナ)でお願いします。
ご応募いただきました馬名は当クラブにて厳正なる選考のうえ、決定させていただきます。
なお、採用された方には記念品をプレゼントいたします。
※記念品プレゼントは命名馬に出資されている方に限ります。
出資されていない方でもご応募は可能ですが、記念品はお届けできません。ご了承ください。
※ ご記入内容にモレや不備がある場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募方法】
公式サイト:会員様専用マイページ内「 競走馬名の応募 」

ハガキ、FAX:●会員番号・氏名 ●募集馬名◆希望の競走馬名(ウイン○○○)
        ●馬名の意味・由来◆アルファベット表記・言語名をご明記ください。

【応募期間】2020年9月1日(火)〜2021年1月29日(金)クラブ到着分まで
〜 * 〜 * 〜 * 〜
現時点で確定している出資馬はバラベルサイユ19だけなので、乏しい言語センスを駆使して考えてみます。

それにしても「冠号」って邪魔ですよね。冠号を付ける個人馬主って自らのバカさ加減を堂々と世間に公表しているようなものだとさえ思うのですが、これまではそれでも唯一クラブ馬だけは許容範囲だと思ってきました。かつては社台系でさえ「ダイナ」「シャダイ」と冠号を付けていましたし、冠号を付けた馬名を連呼されることがそのまま宣伝につながると思っていたからです。
ただTCラフィアンでさえ一部の馬から「マイネ」「マイネル」の冠号を外している現状を考えると、最早時代にそぐわなくなっているのだろうと考えてしまいます。ただでさえ9文字以内という制約の中で冠号で数文字持って行かれるのはキツイものがありますし、命名の由来が冠号でボケてしまいかねないデメリットもあります。

さて、愚痴はこれくらいで本題に戻って。

「バラベルサイユ」という母名から安直に思いつくのはやはり「ベルサイユのばら」でしょうか。実際母の産駒で「マイネルオスカー」という馬名を付けられた仔がいますが、明らかに主役だったオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェからの命名でしょう。牡馬なので他にはアンドレ・グランディエやハンス・アクセル・フォン・フェルゼンが候補に上がるでしょうか?「ウインアンドレ」「ウインフェルゼン」?うーん...

「バラベルサイユ」の本来の由来は「ベルサイユの舞踏会」という意味を持つ香水の名前(Bal a Versailles)のようです。愛用者にはジャクリーン・ケネディ(JFK夫人)や女優マレーネ・ディートリヒ、エリザベス・テイラーにマイケル・ジャクソンがいたそうなので、この辺りから採ってみるとか。男性名だと「ウインジャクソン」ですかね?あとは作成者のジャン・デプレとか?

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット