ウインRC勝負服牝2 父:ロージズインメイ 母:ウインミモザ BMS:ゴールドアリュール
ウインヒメユリ_20200717
2020年10月22日(木)
先週の川崎では、中団後ろの追走から、4コーナーではインからポジションを押し上げ、直線で外に出すと長くいい脚を使い、初勝利を挙げたウインヒメユリ。レース後は大きなダメージもなく、小向トレセンのダートコースで乗り始めています。
河津調教師は「時計はそこまででもなかったですが、差しての内容というのは価値があります。こういうタイプは上でも崩れませんし、相手なりに走れそうなところはありますよ。次走は、11月10日(火)川崎の『ローレル賞・SII』ダート1600m牝馬限定戦の重賞を目指しますが、賞金的には微妙なところですね。そこが除外なら、翌11日(水)の『若駒オープン』ダート1600mへ向かいます。1日違いなので、どちらに出走になっても調整に狂いはありませんし、しっかり仕上げて向かいます。レース後もカイバ食いは落ちませんし、さらに状態は上向きそうな感じはありますよ」と話していました。
〜 * 〜 * 〜 * 〜
もともとが華奢な馬で、馬体減りを危惧して馬なり調整しかできなかったデビュー時を考えれば、成長の余地は大きいと考えるべきかもしれません。馬格の割に意外とタフな面がありそうです。

次走はローレル賞(S2)が視野に入っているようですが、1勝馬だけに賞金面でどうでしょうか?「相手なりに走れそうなところ」があるようなので、強いメンバーを相手に走らせてみたい気はします。

<写真・転載情報はすべてウインレーシングクラブより許可を得ています>

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット