10月27日(火)にノーザンFの繁殖牝馬セールが開催されますが、上場馬64頭の販売希望額が更新されました。
クレオール_20170520
イルジオーネ_201900928
<写真は上がクレオール、下がイルジオーネ>
母馬優先対象馬ながらリストアップされた2頭は
 ・クレオール(牝8、父:チチカステナンゴ、ルーラーシップを受胎): 700万円
 ・イルジオーネ(牝4、父:ワークフォース、アルアインを受胎): 200万円
で、他に気になっていた馬は
 ・カニョット(牝15、父:Sunray Spirit、シュヴァルグランを受胎): 100万円
 ・サザンスピード(牝13、父:Southern Image、アルアインを受胎): 400万円
 ・リーチコンセンサス(牝14、父:フレンチデピュティ、エピファネイアを受胎): 600万円
 ・ルミナスグルーヴ(牝11、父:アグネスタキオン、ミッキーロケットを受胎): 200万円
 ・レイナソフィア(牝14、父:スペシャルウィーク、ミッキーロケットを受胎): 100万円
となりました。

驚いたのはクレオールの700万円で、上場馬64頭中4位タイという高額でした。案外評価されていたのでしょうか...?もちろん発表されているのはあくまでも「販売希望額」なので、実際の落札額は更に跳ね上がる可能性も高いのですが。