2005年宝塚記念などG気3勝し、2005年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬を受賞し、現役引退後はトウショウ産業株式会社トウショウ牧場(北海道新ひだか町)およびノーザンファーム(北海道勇払郡安平町)において繁殖牝馬として供用されていたスイープトウショウ(牝・19歳)は、12月5日(土曜)午後にノーザンファームで病気(腸捻転)のため、死亡した。
スイープトウショウと言えば、真っ先に思いつくのが常に馬場入りを嫌う気性の荒さ。特に東京での馬場入りの嫌がり方は、相当嫌な事があったと思わせるようなものでした。一方でその気性の荒さは、エリザベス女王杯で半ば勝利を手中にしていたオースミハルカを差し切った豪脚にもつながったのでしょう。並み居る一線級牡馬を蹴散らしての宝塚記念制覇は並みの牝馬にできることではありません。

ただそんなスイープトウショウも、相棒と称された池添騎手はあまり好きではないようです。牧場を訪ねてきた池添騎手がスイープトウショウに人参を与えようとしたら、一目散に逃げていったという噂も聞きました。

<2015年夏、当時はトウショウ牧場で繋養>

--
戦績:24戦8勝(G1・3勝)
父: エンドスウィープ
母: タバサトウショウ(母父: ダンシングブレーヴ)