ロードTO勝負服牡5 父:ダノンバラード 母:ミステリューズ BMS:ナリタトップロード
ロードブレス_20210107
2021.01.14
ロードブレスは、1月14日(木)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。1月27日(水)川崎・川崎記念(G)・交流競走・ダート2100mにルメール騎手で予定しています。
・奥村調教師 「帰厩後の1本目。1月14日(木)は動き切れませんでした。でも、馬体等には気に掛かる部分が無し。乗り進めるに連れて上向くでしょう。何度も得られぬ機会。ルメール騎手を鞍上に迎えます」
≪調教時計≫
21.01.14 小 坂 栗CW良     88.0 70.1 54.7 39.8 12.2(9)馬なり余力
         スタッドリー(3歳1勝)馬なりの外0秒8先行首先着
〜 * 〜 * 〜 * 〜
登録時点では鞍上未定になっていましたが、どうせいつもの三浦騎手か、同馬主のロードレガリスが補欠になったのでもしかしたら武豊騎手...くらいの想定でしたが、まさかルメール騎手とは思いませんでした。チュウワウィザードの手綱を取るのかと思っていましたが、あちらは戸崎騎手で行くのでしょう。

ただ個人的には全幅の信頼は置いていません。私の出資馬に騎乗した時の成績が(1-0-4-2)とイマイチ勝ちきれない点に加えて昨年ロードブレスが制した日本テレビ盃でアナザートゥルースを暴走・惨敗に追い込んだ騎乗が色濃く印象に残っています。

ところでロードブレスの鞍上がスポニチアネックスの記事になっていました。3歳時に1勝Cで勝てなくて四苦八苦していたころを考えると隔世の感があります。

<写真・転載情報はすべて(株)ロードサラブレッドオーナーズより許可を得ています>

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット