東京TC勝負服牝2 父:ドゥラメンテ 母:オメガエンブレム BMS:ウォーエンブレム
ルージュブラゾン_20210430
21.05.05 : 美浦:小島茂之厩舎

北の角馬場運動、北のダートを半周後、最後にゲート練習。
助手「今日は北馬場にてゲート練習中心のメニューでの調整でした。血統的なものが出てきたのか、今日は角馬場で少しチャカついていましたね。先週金曜日のゲート練習は上々の内容だったのですが、牝馬だけに慎重に進めていきたいという意向もあって、今日は先週のおさらいからやってみました。前扉を開けた状態で何度か通過させたところ、周りに馬が多かったせいかやや気にしている感じが見られ、早くゲートを通過しようと気持ちが焦っていたように見受けられました。駐立でもソワソワしていて、そのままスタートを出してしまうと気負ってしまいそうだったので後ろ出しを数回おこない、最後に通常の(音あり)ゲートでスタート練習を2本やりました。1本目はダク、2本目にハッキング程度で出したところ、しっかり反応してスムーズな発馬。スタートしてからも真っ直ぐ走れていました。もっと落ち着いて取り組めれば尚良かったとは思いますが、上々の内容だったのではないでしょうか。まだ全体的な緩さは残るものの、坂路でもいいスピードを感じさせる動きをしているだけに、緩さが抜けて全体的にしっかりしてくれば楽しみですね。脚元の方は問題なく、飼い葉食いも安定しているようにトレセンの環境にも慣れてきたようですから、稽古でもリラックスできるように工夫しながら進めていきたいと思います」
〜 * 〜 * 〜 * 〜

チャカついてみたり、ソワソワしてみたりと、とうとう懸念していた気性面の難しさが顔を覗かせてきたのかもしれません。それでもゲート練習ではスムーズに発馬できていますが、多頭数競馬や有観客競馬になったときに致命傷にならないことを願うばかりです。

<写真・転載情報はすべて東京サラブレッドクラブより許可を得ています>

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット