no title


惜しまれながら、或いは笑いの渦中のまま、佐野研二郎さんがデザインした五輪エンブレムは無事撤回される事となりました。


このまま一貫して2020年の開催までこぎつけて欲しいという濁った期待が寄せられていただけに、今回の決定は少し残念です。
新エンブレムについては、よりオープンな公募を行い発表までの過程においてリークのないよう慎重な選考になる見込み。果たしてスムーズにいくでしょうか。


一方、佐野さんを弾劾しつづけ、ついにはエンブレムの使用中止に至らしめたのは、Google大先生の活躍があったからだと言われています。
そのGoogle大先生のロゴも一新されたようですが・・・・・・・・・


no title


弱そうな頭文字のGに優等生のo、直立不動のl、バテたパックマン、特にgの躍動感のなさが致命的で、これでは隕石を避けきれません。

ドコモのロゴ変更以来のガッカリ感を感じた人も多いかと思うので、同様に有志からアイデアを募ってみてはどうでしょうか、Google先生。