no title


横断幕には「今夜は電気をつけて寝るように」と忠告を促すかのような一文も。


5月4日の深夜、イタリアの首都ローマにある世界遺産コロッセオの近くの歩道橋に、4体のダミー人形が吊るされているのが発見されました。

そのうち3体には、ローマのサッカーファンが愛するエンジ色のユニフォームが着せられており、背中には “デ・ロッシ” “ナインゴラン” “サラー” の文字が。
当然ながら背番号もすべて一致しており、間違いなくローマに在籍する彼らに向けたメッセージである事は明白です。


地元当局は、4月30日に行われたローマダービーの内容に対する脅しの意味を込めた抗議と見ていますが、欧州クラブのファンの中でもとりわけ過激な事で知られるラツィアーレによる犯行か、はたまた3選手のプレーに不満を募らせたロマニスタの仕業かは定かではないとしています。