no title


素人目に見ても分かる最悪のグラウンドコンディションです。


雨の中行われる試合は乱打戦になりがちですが、案の定その通りになったクライマックスシリーズ1stステージ第2戦、阪神対DeNA。

まさに泥仕合と呼べるこの一戦を魅力的に演出したのは、選手やファンはもとより、舞台となった甲子園のグラウンドを日々管理する陰の立役者である阪神園芸でした。



no titleno title


濁流にバッターボックスを出現させた阪神園芸が誇る工匠の技、恐るべし。



no titleno title


田んぼのようになってしまったフィールドで躍動する選手の姿にはグッとくるものがありますが、慣れないどしゃ降りの中でのプレー、やはり怪我が心配です。
ファンの方々も風邪など引かないよう、お気をつけください。


レギュラーシーズンではまずありえない状態での開催を強行した事については懐疑的な声が多く聞かれましたが、雨天中止としにくい過密日程や阪神球団のフランチャイズという収益を考えれば仕方がないかも知れませんね。




no title


【朗報】鳥谷、キラカードになる