no title


なんやこのおっさん・・・


巨神タイタンの元へ意気揚々と向かわんとする4人の前に現れたのは、カーテスの大皿をバックにドヤ顔を決めるいつぞやのうさんくさい自称一般人。



no title


アーデンなる名前を見知り置きに、「ついて来い」と車へと歩いていくおっさん。



no title


話の流れで、男同士で仲良くデートするイベントが始まります。



no title


おおーーーーっと!突然おっさんの車に乗りたいと切り出すノクト!!
「これは良い資源の足しになりそうだ」 スクラップにする気満々です。



no title


要望はあっさりはねられ、結局レガリアを運転することに。
という訳で、煽ってはいけない見失ってもいけないミニゲーム、スタートwww



no title


蛇行、べた付け、無闇なクラクションは違法です。安全運転を心掛けましょう。



no title


ひとまず休憩、、っていうか宿泊!?まだ明るいのに・・・
とりあえずおっさんの言うとおりに一夜を共に過ごすことにします。



no titleno title


たまたま聞こえてきたラジオからの回想シーン・・・・・・・・・・・・・・・



no title


「プロンプト君、肖像権って知ってる?」
許可を得ず勝手に撮ったカメラ小僧を静かに諭すおっさん。




no title


翌朝、終わったと思ったらまだ続いていたカーチェイス。

イグニスの眼鏡は熱に強い事とイグニスはそんなに目が悪くなかった事が判明した、意味ある眼鏡談義でした。
なお、直前にはプロンプトの「(過酷な場所に)カメラを持っていかなくて後悔するよりカメラを持っていって壊れた方がいい」みたいな名言が飛び出した模様。



no title


くっちゃべっているうちに目的地に到着。
やはり只者ではないおっさんの顔パスで自動ドアのように開いたゲート。
さしずめ黄泉の門といったところでしょうか。



no title


ここから先は地獄か!?はたまた!!!?


続く。