no title


誰やこの美少女・・・


日常に突如舞い降りた唸る両尾ハンマー使いと、超行動原理のトラブルメーカー。
二人はそれぞれ、極東魔術昼寝結社(仮)や美術部といった、いずれも次元の壁がすぐ傍にあり、異世界への干渉も夢ではない組織のメンバーです。

彼女らの邂逅は訪れるのか・・・・・・凸守早苗とコレットを比較していきます。



no titleno title


【身長】

凸守は公称143cm、コレットは未公表ですが、作画のせいか多分もっと低いイメージですね。139cm位でしょうか。
う〜ん、小さい!ちんちくりん!(褒め言葉)



no titleno title


【外見偏差値】

かわいい【かわいい{かわいい(かわいい)}かわいい】
おでこキャラが前髪を下げた時の劇変ぶりを再確認しました。ずっとそれでいこう!



no titleno titleno title


【中二成分】

前者はいわずもがな。
コレットも本来はただの小二病で拗らせていなかったんですが、伊万莉さんの啓示を受けてから始まってしまいました。
思わぬ属性が付与され、凸守にさらに近づくことに。



no titleno titleno titleno title


【スキル】

凸守はご存じミョルニルハンマーを武器にしていて、自慢のサイドテールをぶん回して先端に付いている錘で攻撃します。
なおモリサマーにはすぐ見切られる模様。威嚇するのがメインのようです。
あと巨大なハンマーを具現化でき、こちらは実践向きで威力絶大。
コレットは地味ながらテレポート系の技が使え、物体を移動(紛失)できるという何の生産性もない能力を発動。
ホワイトフェイス(白の石膏)&ブラックフェイス(黒の石膏)で、対象となる二物体の位置を入れ替える能力も持っている・・・らしい?



no titleno title


【スプラ要素】

みんな大好き陣地取りゲームです。
水性vs油性・・・・・・・・・勝負ありですね。コレット、圧勝!(ブーイングを浴びながら)



no titleno title


【くじらっくす度】

Q.どっちがハイエースされやすいか。   A.どっちもです。



no titleno title


【アホの子具合】

話を引っ掻き回すというよりは賑やかし感の強い凸守。
ところが、物語がシリアスになって中二モードを解除してみると至って普通だったりするので、アホの子はオプションでしょうか。
コレットの場合は周囲に迷惑をかける奇行型アホの子にも見えますが、常にテンションが高い訳でもなく、計算されたものかどうかも定かではありません。



よく似ているかと思えば相違点が多かったり、やはりおバカキャラは面白いですね。
声も一緒ですし。すみぺのロリキャラって魅力的なんだよなぁ。



no title


・・・と全否定されると議論になりませんので、そこは穏便に。
まあ宇佐美さんもあのピコピコに散々手を焼かされてストレスをマッハで募らせてるんでしょう、きっと(立花先生が呆れ顔で)