no title


とても助けにきたとは思えないあやしいアンパンマン号。


2日に行われた「第94回箱根駅伝」で、懸命に走る必死な表情のランナー達と共にカメラに写り込んだのは、ふざけた顔のニセアンパンマン号とドヤ顔のジャムおじさん(の皮をかぶったバイキンマン)です。

あまりに異質なコラボレーションを暇を持て余したネットユーザーは放っておく訳もなく、早速オモチャにされてしまいます。

「何しに来たんだよジャムじじい!」「釈迦釈迦釈迦釈迦・・・アンパンマン!」「アーン、パーーーーーーーンチ!(正義の鉄槌)」など、ファンやニートの阿鼻叫喚とアスリートのリズミカルな呼吸がブレンドされ、平和な日本の正月を彩ります。



no title


結果、青山学院大学が10時間57分39秒のタイムで優勝を飾り、ニセアンパンマン号の運転手は無事検挙されましたとさ。