no title


リアルやきうのお姉ちゃんでおなじみ、稲村亜美さんに襲いかかった悲劇。


神宮球場で行われた中学硬式野球の開会式で、始球式のマウンドに上がった稲村亜美さんが96km/hの渾身のストレートを投じて球場を盛り上げた後、まさかの事態に。



no title


稲村さんの一挙手一投足を間近に、生唾を飲み込んで魅入る多感な中学球児たち。
この微妙な距離感によって既に異様な雰囲気に包まれていました・・・・・・・・・



no titleno title


興奮のあまり徐々に迫ってゆく盛んな球児の集団を誰も制止する事はできず、稲村さんはとうとう淫欲の渦に呑まれてしまいます。


「1ヶ月はおかずに困らんやろなぁ」「卵子に群がる精子定期」「ワイ現地民、球児のお尻を触りまくって大満足」など、我慢できない年頃の坊やたちを擁護する声がごく一部で聞かれたものの、「主催者側はどう責任取るの?」「これ強制猥褻とか強姦未遂やで」「中学生にして去勢とは玉げたなあ」と、ほとんどが批判の声でした。


一方、稲村さんは「色々とハプニングはありましたが、皆さんのパワーが伝わってきて、私も貴重な経験をさせていただきました」と気丈なコメントで、まさかの被害をこうむってしまっても問題ないと平静ぶりを強調していました。