これがスリングだ! 4児の父+社長の育児論。

ネンネと抱っこの専門店nicoBabyの社長 兼 イクメン主夫の4児の父が
自らの育児を通して、
またご来店された赤ちゃんと接してきた中から培ったノウハウを
このブログで紹介していきます!

http://ackeyshop.nobody.jp/

寝てくれない赤ちゃん、いませんか? 
赤ちゃんの寝かしつけに困っていませんか?
赤ちゃんが寝るようになるだけで、育児がグンとラクに楽しくなります!

ネンネと抱っこの専門店nicoBabyでは、赤ちゃんの寝かしつけ方から 正しい抱っこの仕方など、病院や産婦人科では教えてもらえない方法をお伝えしてます。 
赤ちゃんの向きぐせ、反り返り、ギャン泣きなど、あっきースリングで改善できます!!

※ブログの内容は記事を投稿した当時の情報や僕の気持ちなどを書いているので、数年~数カ月で内容が変わっていることがあります。
まんまる育児についてもどんどんパワーアップしていますので、最新情報や現在の状況などを参考にしてください。

お問合せの前に・・・

*****************************

しばらくこのタイトルを一番上に表示するようにしています。
最新の記事は下をお読みください。

*****************************

このブログを書くようになってから、
 「助けてください」
 「悩んでいます、困っています。」
 「辛いです。」
 「うちの子でもまだ間に合いますか?」
など、悲痛な叫びのようなメールやお電話を、毎日のように多数いただいております。

お一人ずつお答えしたいのは山々なのですが、対応しきれなくなってきたので、
お問合せいただく前に、まずはこちらを読んでいただけると助かります。

続きを読む

「ネンネと抱っこの個別レッスン」ご予約フォーム

*****************************

このタイトルを2番目に表示するようにしています。
最新の記事は下をお読みください。

*****************************


ネンネと抱っこの個別レッスンをご希望の方は、下記のメールフォームよりご連絡をお願いいたします。

※今までの赤ちゃんケアではご自宅で同じようにケアや体操ができないという声が多かったため、ママやパパが出来るようにするためのレッスンに変更します。

続きを読む

出張サービス復活!!

あっきースリングの使い方は、開発した僕らが一番知っています。

SuGuNeの上での寝心地は、寝かせてみればわかります。

ニコベビー流まんまる育児は、僕らしかお伝えできません。

小田原までは遠い・・・。

でもニコベビー流まん丸育児を知りたい、やりたい、教わりたい!!

そんな声をいただき続けました。
本来はもっと早く実現できればよかったのですが申し訳ございませんでした。

出張サービスを再開します。

実は4年前に出張サービスしてました。

大成功でした。

実店舗が出来るまでの3か月間でしたが貴重な体験が出来ました。

その頃は技術も考え方も未熟で勉強の毎日でした。
ようやく最近は、ニコベビー流まん丸育児の土台が固まりゴールまでの道筋をしっかりと定められるようになりました。

ニコベビー流の考えは自然です。

今の生活を楽しくするための見直しをします。

例えば、抱っこでしか寝ていられないのは赤ちゃんにも言い分があります。その言い分が分かれば抱っこでなくても寝られるわけです。

今までの寝かせつけの考え方、やり方をなぜ変えるのかを伝えます。その意図が分かれば赤ちゃんも寝られるようになります。

新しく時間を作り何かするのではなく、今と同じ生活の中で間違えを正していくことが大事なのです。

そうすることにより無理することなく、楽しんで育児が出来ると思うのです。

出張サービスについての詳しい内容はこちらを見てください。

まずは、にっこり笑顔になる赤ちゃんの顔でニコベビー流育児の気持ちよさをお見せします。



最近、レッスン中に変なこといいます。

たくさんの赤ちゃんを見てきた結果、赤ちゃんの気持ちが体に入ってきます。

胸が張っているように感じたり、手足がしびれてきたり、腰が痛くなったりと何しろその子に応じていろいろと体がおかしくなることが多いです。

おしゃべりが出来ないのでテレパシーで伝えてくるのかもしれません。

その感じている状態を伝えると授乳間隔をあけることなく飲み続けていたり、抱っこの姿勢がそれだったりと良く当たります。
たまに、一緒に生活しないと分からないことも当ててしまいます。

そして、不思議なのは伝えると満足したのか体が普通に戻るのです。

もしも、そのことを伝えないとどんどんと悪化しますので最近は「変に感じるかもしれませんが」と前置きをして自分が楽になるために話し始めます。
受け止めていただいてもかまいませんし、スルーしてもらっても構いません。

伝えだし、伝え終わること赤ちゃんが笑ったり目をありがとうにしたりとお礼を伝えてきてくれる子もいます。
この間は、その一部始終をパパが見ていてビックリしていました。
このパパ全くスピリチュアルなことは信じてなくて、初めは否定的でした。
泣いていた赤ちゃんが泣き止んで伝えてる後ろの妻を探して、目を合わすとニコっと笑って寝ていったんです。
その行動がどう考えてもあり得なくてパパも思わず「本当だ」って言っていました。

赤ちゃん以外にもママのことも伝わってきます。

ママは育児の悩みがほとんどですが、精神的なことでの悩みを抱えている方が僕の体にはひどく感じます。
その時はパパも参加している場合は、ママに自由な時間を持たせることをおススメしています。

ヒューマンウオッチングが好きなので細かいしぐさや情報を無意識のうちに察知しているのかもしれませんが、たまに変なことをいいだしますのでご了承くださいませ。

もちろん何も感じないこともたくさんあります。

なんだかスピリチュアルなことまで伝えるレッスンになっていきそうです。

問題の区分け

赤ちゃんは良く寝て、良く笑う。
これが普通なのだがこのバランスが崩れると育児が大変になっていく。

体が緊張していては、寝られない笑えない。

体が冷えていてもはやり寝られないし笑えない。

両親とも赤ちゃんが寝てくれないと悩みを言われるがなぜ寝られないのかを仕分けることでだいぶ答えに近づくことが出来る。

泣くと言ってもいろいろとある。

お腹が空いているとき、眠い時、かまってほしい時などの泣き声の音やその時の表情に着目してみると区分けができる。

泣いている種類が分かればしなくてはいけない行動が決まってくる。

泣けばお腹が空いたのであろうとなんでも飲ませるがすぐにまた泣き出すのは、その行動が見当違いなのだ。

伝えたいことが伝わらなければ泣き続けるだろう。

何かの欲求による泣きなのか、体の異常に対する泣きなのかを区分ける方法がある。
それはその音の感じ方だ。

欲求に対する音は耳に入ってきても受け入れられる。
それに対して体の痛みや不満に対するものは嫌悪感を感じる。耳障りな音で聞いていると頭が痛くなったり、イライラしてきたりする。

欲求の泣き声は甘えの声。
それ以外は悲痛の声なのだろう。

この音の違いは自分の体が反応するので区分けしやすいもの悲痛の音ならその子は困っていることがあるのだから、改善してあげてほしいと思う。

泣き声からでもいろいろと伝えようとしている。言葉が泣き声なのだ。

いろいろと泣き声を聞き分けられるだけで赤ちゃんとのコミュニケーションは取れるようになるだろう。
そうすることにより楽しい育児になっていけると思う。


無駄な時間を価値ある時間に

楽しく育児も辛い育児も流れている時間は一緒。
みんな平等に時間は流れています。
それなら楽しく育児した方が価値があると思いませんか?

楽しく育児をしている人って赤ちゃんが泣いていることすら楽しく感じてしまうんです。
楽しく快適な育児の赤ちゃんは泣くことがほとんどないのでママにとっては泣く時間すら待ち遠しく感じてしまうんです。

楽しい育児が出来ているママは必ず赤ちゃんの気持ちを考えています。

もしも、今辛くて育児に困っているなら赤ちゃんに話しかけることから始めてみましょう。
お互いの気持ちを伝えあうことです。

あなたが楽しいと思える時間は、赤ちゃんも楽しい時間です。
あなたが辛いと感じる時間は、やはり赤ちゃんも辛い時間なのです。

楽しい時間が一日の大半を占めているならとても上手に育児ができているとおもいます。

僕としてはそんな赤ちゃんこそレッスンに来ていただきたいです。
楽しいしか感じない育児は、泣き顔をカメラに収めたくなりますよ。

まん丸育児のうちの4番目は、ついに泣き声すら記録に残せず成長してしまいました。

赤ちゃんの泣き声って産声からだんだんと声質が変わってくるんですけどその境目を記録しておこうとしたんです。

何しろ全く泣かないので泣いた瞬間にカメラを撮りに行って近づいて撮ろうとすると泣き止んでしまう。
一日で泣く時間は授乳とおむつと遊びたい時だけで人を呼ぶために泣いているだけなので、そばに近づくことで欲求が満たされてしまうので泣き止んでしまいます。

何しろ記録したかったので、「泣け~泣け~泣いてくれ~」と雨乞いのように泣くことを願っていました。
無理でした。

楽しい育児は泣き声をも聞きたくなってしまいます。

まん丸育児を知らなかった3人の子どもには本当に申し訳なかったと思います。

あの時なんで毎日泣き続けていたことに疑問を持てなかったのか?泣いている我が子が一番つらいのに僕らが被害者で我が子が泣くからいけないと感じていたのか?
一番の被害者は我が子であることに気づけていればもっと早くまん丸にたどり着いていたはずなのに。

楽しくて一日中泣き続ける人間はいません。
辛くてしんどくて泣き続けることはできても。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」そんな言葉がなくなれば、楽しい育児がもっと広がるはずなのに。

レッスンを通じて赤ちゃんは笑う、寝る、柔らかいという事を体験していただきたいと思います。

赤ちゃんは泣かなくても生活できます。

楽しい育児をするためのレッスンを受けてください。

今の育児から楽しい育児に変えるには一つだけ大事なことがあります。

もう他人のせいにしないという事です。
あなたが考えて行動して責任を自分でとることです。

僕のレッスンを成功させるのも失敗に終わらせるのもあなた次第です。
言われたことをやるのではなく、赤ちゃんのために自分で考えて行動できるようになることが成功への近道です。

まぁびっくりしてください。あなたの赤ちゃんはとてもいい子ですよ。




ニコベビー流まん丸育児3か月

まずは体のチェックから。

右手に少しねじれ
右首側に少しぎこちない動き
背中はふわふわで柔らかく自然な丸さ
足指に冷え
体のシワが片方に多く出ているとママからヒヤリング

対処

抱っこの姿勢の見直し。
足指の冷えの対策は、寝かせたときの腰の位置が低かったので壁づくりの補強。

一か月の生活

良く笑う。
眉間にしわを寄せない。(ストレスフリー)
抱っこしなくていい。
泣かない。一日5分程度(空腹、おむつ、眠い時のみ)
体が柔らかくなってきた。
体操は、一日1~2回
SuGuNe以外には寝かせていない。

お通じ

一日3~5回、多い時で7回
ゲップよりおならの方が多く出る。

状況 

力が抜けていてリラックスしている。
スリングに入れて体の辛いところに手を当てても極度に力を入れることもなくすぐに良くなる。
SuGuNeの上に寝ていると顔がかゆくなりもぞもぞと動き始める。
「う~う~」と声を上げていたが満足するとそのまま寝ていった。
体が辛い子は眠りが浅く少しの音や変化で起きだしてしまいがちだが、さすが体の良い子は熟睡できるので安心だ。

SuGuNeの上でしっかりとコロコロ寝返りをさせているだけあって頭の形も丸い。

ママの体もとても良い。

一日の生活

起きる→授乳→寝るとのことだったので寝る→起きる→授乳にしてもらうことにした。

ほぼほぼ完ぺき。
後は、きれいに成長できるように運動、体操を増やしていこうと思う。
何より、良く寝て、笑って順調に成長していることに感謝。
ママも育児が楽しく、自分の時間が取れるのでストレスを感じないで生活できているので幸せそう。
ゆとりがあって愛情をたくさん注いでいるんだろうなと容易に推測できる。

来月はもっと体が良くなっていると良いな。



みんなやればできる子!

「友達の子は我が子と比べておとなしいし、泣かないし、抱っこしなくても寝るんだって」

他人の子と比べたらいくらでも不平不満を抱いてしまいますよね。

一日中「ニコニコしている子」「していない子」何が違うのでしょうか?

違いは

「今の育児を楽しめているか?楽しめていないか?」

「ママの心は晴れやかか?曇りがちか?」

「育児方針を考えているか?いないか?」

「赤ちゃんの気持ちに沿って考えているか?」

「赤ちゃんを一人の人間としてみているか?」

大事なのは、あなたと赤ちゃんがしっかりとコミュニケーションが取れているのかということだと思います。

毎日ニコニコ育児が出来ている人は、育児が楽しい。だから心がいつも晴れやかです。

心が満たされていると赤ちゃんをよく観察します。そして、これからの成長をどうして生きたかを考える時間が取れますます育児が楽しく感じます。

一つ一つ声をかけて赤ちゃんの反応を感じます。

言葉を話せなくても赤ちゃんは、しっかりと答えてくれます。

赤ちゃんの表情は言葉です。

ニコニコ育児の赤ちゃんはいつもゆとりがあるので表情で会話します。

泣いている子は泣き顔しかできませんし会話を読み取ることは難しい作業ですがそれでも一生懸命伝えようとしています。わかってあげると泣き止みますよ。

泣き泣き育児のママでもその泣き顔を見て来店される方もいます。

その理由は。

「おっぱいを欲しがっていると思えない。何か痛がっているように感じて」とか「助けを求めているように感じる」などと泣く理由を感じるようです。
そういうママは育児につかれていません。いつも泣いてばかりでも育児を楽しめています。

いつもニコニコでなくてはコミュニケーションが取れないわけではなくどんな状況でも赤ちゃんの表情を観察すると顔や声から感じることが出来ます。

泣き泣き育児よりニコニコ育児の方が魅力を感じていればレッスンを受けてもらいます。

何故泣いているのか、どうしたらいいのかを赤ちゃんの表情の変化と一緒に見せていきます。
あんなに泣いていたのに泣き止み最後にはニコニコしている赤ちゃんを見たらもっともっとニコニコの時間を増やしてあげたいと思う事でしょう。

僕のレッスンは答えを見せるレッスンです。

しっかりと赤ちゃんを見て感じてください。きっと今日からの育児に役に立つことでしょう。

第一に大事なことはあなたの育児に対する気持ちをしっかりと考えることです。

どういう成長をさせていきたいか?どう日常を過ごしたいか?あなたの育児方針が決まったらレッスンにいらしてください。

育児の目的がしっかりとしたらニコニコ育児が良ければニコニコ育児をしましょう。

ニコベビーに来れば何とかしてくれる、何とかなるだろうは決して問題は解決しません。

人のせいにして文句を言っても生活は変わりません。

あなたが母になれた時僕らはきっとお役に立てると思います。

ニコベビー流まん丸育児個別レッスン予約

その子の姿勢で寝かせる。丸は作らない

ニコベビー流のまんまる育児は丸にはこだわらない。

寝かせ方について聞かれること。

丸くなれないんですけど

丸くすると蹴るんですけど。

反り返ってそんな姿勢になれない。

どうしたら丸くなるんですか?

丸くすることが重要なようで皆様丸くしようと無理やり、力づくで丸めていませんか?

これは、拷問です。

丸くなれる子は自然に丸くなれます。


力づくでおくるみをしたり、スリングを無理に引っ張って丸くしようとしたり適当なもので丸みを作り寝かせるのはやめた方がいいですよ。

そうして丸くなった体はただのあなたの自己満足でしかありません。
相撲取りのように180度開脚できますか?人間は誰でもできるので手伝ってもらって一気に開脚させてもらってください。
出来ましたか?
どう思いますか?うれしいですか?ラクですか?気持ちよくなりましたか?
いづれは出来るかもしれませんが今は痛いだけですよね。もしかしたら筋が切れたかもしれません。

あなたがやろうとしていることはそういう事なのです。

出来ないことを無理やりすることは何も良くならないし、辛いだけなのです。

ニコベビー流まん丸育児の本質は丸にはこだわらないことにあります。


急な依頼

朝一番に突然の電話。

「昨日からミルクを飲まない、激しく泣きっぱなしらしいからミルク飲めるようにしてくれる。」

そんな依頼が突然やってきた。

「レッスン料が1時間分かかりますがそれでよろしければいらしてください。」

反り返りが強いらしいので丸くすればどうにかなるかな。

最近はどんな状況でも慌てなくなった。

僕とSuGuNeとスリングがあればどうにかなるでしょ。結構軽く考えている。

そして、赤ちゃんが来店。

とりあえずアンケートに記入してもらう。

その間、赤ちゃんはSuGuNeに寝かせる。

とってもおとなしく反り返りなし、肌ツヤもいい。

おくるみが緩かったので巻きなおす。

体を丸くして自分の姿勢を作る。
丸くなれる子だ。

そして、スリングの中に入る。

ニコニコ笑顔で反り返りなし、泣くことなし。

「ミルク飲ませていいよ。」

僕がスリングをしてその中に赤ちゃん。
ママが赤ちゃんに哺乳瓶をくわえさせる

パクっとくわえてそのまま80CCを飲み切った。

あまりに普通に飲みだしたのでママはびっくり。

頭は中は喜びよりも「なんで飲むの?」と不思議にパニック。

そして、昨日から反り返って泣き続けて飲めなくて、飲めないからまた泣いて反り返ってと話す。
さらにお腹が空いているので寝られないの悪循環。何しろ昨日から大変だったそうだ。

赤ちゃんの体は柔らかいちょっとした姿勢の変化で捻じれたり突っ張ったりする。

寝かせる環境はとても大事。

正しい姿勢で寝かせられれば体は緩む。

緩むと緊張が取れる。
緊張さえなくなればお腹が空けば飲むし、うんちもです。

来店したらすぐにSuGuNeに寝かせるのには意味がある。

そして、ここから魔法は始まる。

その子にとって一番楽になる姿勢に沈むようになっているので緊張が取れやすい。

この子の場合はこの時点で緊張が解けたので飲む体勢になれた。

後はその姿勢を保つためにスリングに入り緊張しないようにした。

簡単だがなかなか要領よくやることは難しい。

なんだか最近なんだかできてしまうようになってきた。

その後も終始ニコニコ気持ちよさそうにスリングの中に入り丸く丸くどんどん丸くなりコンパクトになって帰っていきました。

ママも疑う事がなくなりまん丸育児一本で集中していけるようになりました。










//-->
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ