2006年12月25日

業界の未来

世の中、クリスマス一色ですが、皆さんいかがお過ごしですか?毎年のことなんですが、24,25日の夜はホールは稼動が落ちるんですよね。皆、クリスマスという名のイベントを満喫しているのでしょうか?そんな中、僕は来年、コンサルするホールさんとの話し合いやら新機種の選定なんかをしながら、事務所でひっそりと過ごしました(涙)。まっ、この年になってクリスマスも何もないんですけどね。年越しくらいはプライベートの時間を持ちたいですね。

さて、いよいよ最終回となる本日は今後のこの業界について、僕、設定師の考えを交えて書こうと思います。

ご存知の通り、現在業界では4号機から5号機の転換が行われてます。今、ホールで設置率の高い番長、秘宝伝、北斗SEなど4号機は統べて来年の秋には完全に姿を消すわけです。この転換に伴い、客離れや客単価の低下そして売り上げが下がっているのも事実です。この悪循環によって、店を畳んだホールや異業種に転換するホールが多く、その中には皆さんも聞いたことのある大手チェーン店も含まれます。一説には「警察庁は約12000店鋪ある全国のホールを1万店鋪まで減らそうとしている」との話しも流れてます。確かにダークな部分が多い業界ですから、健全化を目指したいのも分かるんですが、それによって閉鎖したホールの従業員達の将来はどうなるんでしょう?当の本人達はこの業界に天下り先を設けて、甘い密を吸ってるのに。

こうなると、今後は大手チェーン店と中小ホールとの格差は顕著に広がっていくでしょうね。ここで必要となるのが「顧客満足度」の充実化。かつてAT全盛期の頃は出玉で魅せていれば、ホールの設備やサービスが多少悪くても、お客さんは来てましたが、それはもう過去の話。5号機がメインになる今、「情報の充実」、「快適に遊べそうと思わせる期待感」等の要素を強化しないホールは厳しいです。

僕もこの業界に関わって、他の業界ではあり得ないようなバブリーな光景を多々見てきて、それが当り前と思うようになってました。何もしなくても勝手にお金が入って来る、ちょうとイベントすればさらに売り上げが上がる。しかし、そんな夢のような時代は終焉を迎えたんです。これからが普通の状態になるだけなんですよね。

厳しい話をしてきましたが、店を閉めるホールがある分、逆にそこに大きなチャンスがあるとも言えます。実際、今回新たに担当するホールは閉店したホールを買い取り、低いコストで年末に新規オープンしますからね。実に効率の良いやり方なわけです。

僕自身は皆さんとは逆の立場に位置しますが、一個人としてはパチンコ、スロットが好きですし、新機種の話を聞けばどう使おうか、どんな出玉性能なのか、とても楽しみなんです。状況は厳しくなりますが、ここからが腕の見せ所と思ってます。

さて、今回でひとまず最終回となる「業界情報裏話ブログ」。今まで、ご愛読ありがとうございました!皆さんからのコメントもこのブログを書くうえで非常に参考、励みになりました。この場を借りて感謝します。皆さんからの意見を頭に叩きこんで、今後のコンサル業に邁進していこうと思います。そして、近い将来このブログを書く機会がある時には宜しくお願いします。

それでは、皆さんの健闘を心から祈ります!

slotexpress at 14:14|PermalinkComments(11)

2006年12月18日

5号機の今後について

どうも!先週に引き続き、忘年会ラッシュで酒びたりの日々を送ってる設定師です。それにしても日本人ってこういう催しが好きですよね。何かにこじつけて飲む人が多いこと!この業界だけなのかな?僕も嫌いじゃないんですけどね(苦笑)。ただ、悲しいかな体は悲鳴を上げ始めてます。やはり年には勝てませんわ(涙)。

さて、今日は5号機の今後について書きます。今までこのブログでも少し触れてきましたが、来年には嫌でも5号機に切り替わりますからね、避けては通れないということで。実は現在、5号機の市場における占有率は約10%程度と言われています。設置期限が残り1年を切っていることを考えると、この数字は低いと言わざるえません。逆に言うと、4号機を使わないとやっていけないホールの事情もあるんですけどね。僕の担当ホールの5号機設置率は約20%なので、平均値よりは導入率は高いんですが、それでもまだまだですね。僕のプランとしては、来年の4月までには設置台数の40%、6月までには60%は5号機に入れ替えようと考えています。やはり、番長、秘宝伝、北斗はぎりぎりまで使いますね。そして、この3機種の検定が切れる夏以降は一気に5号機に入れ代えます。

まぁ簡単に言いましたけど、この入れ替え費用だけどでも、相当な金額になります。ここで、今後も経営を存続できるかどうかの大きな分かれ道になるわけですよ。現にその費用を捻出できずに店を閉めるホールやゲームセンターにするスロット専門店なんかもありますからね。厳しい時代になりましたよ。まぁ今までが異常だったんですけどね。

使えないと言われている5号機ですが、実は最近になって少しづつですが、明るい兆しが見え始めてるような気がします。5号機が市場に登場してから1年ほど経ち、各メーカーが試行錯誤、工夫をこらして以前よりも打ち手の選択肢が増えたきました。特に「スパイダーマン」、「サンダーV」、「めぞん一刻」、「回胴王」、「南国娘」など、最近導入された5号機の稼動は想像以上に良く、きっちり立ち回って収支を上げてる打ち手もいます。昨今の4号機の高設定と比較すると5号機の6は安定して出るんですよね。

確かにあの爆裂AT機と比較すると一撃度は低く敬遠する人も多いですが、逆に4号機初期やそれ以前から打ってるユーザーは特に違和感無く打つ人も多いですし、最近スロットを始めたお客さんも少数ながら目に付くようになりました。ギャンブル性が下がった分、メーカーも色んな趣向を凝らした台を出してくるでしょうし、衝撃的な機械も必ず出てくるでしょう。

年末は平年よりも設定状況は厳しいですが、5号機に関しては昨年よりも高めでいこうと考えています。5号機の魅力を伝えてユーザーを育てるのもホールの役目ですから。今まで、5号機を毛嫌いしていた方、これを機にちょっと打ってみては?

さて、突然ですが、このブログが年内一杯で終了することになりました。と言うのも、来年からコンサルタントするホールが増えまして、このブログを定期的に書くことが困難になったからです。この時期に依頼が増えるのは本当にありがたい事なんですが、このブログもたくさんの読者の方に支えられここまで来ましたからね。僕の中では苦渋の決断だったんですが、何卒ご理解下さい。来週が最終回となりますが、皆様にとって有益な情報を書こうと思いますので、宜しくお願いします!

slotexpress at 12:51|PermalinkComments(10)

2006年12月11日

暮れの狙い目機種は・・・

この時期「忘年会」と称して何かとお酒を飲む機会が多くなりますね。僕も業界関係者や友人と飲む機会がありまして、思わず酒が進んでしまうんですが、やはり、体は正直ですね。翌朝、起きると頭が痛い、体がだるいなど、悲鳴を上げてます。こうなると、今後は大人しく飲もうと思うんですが、いざ飲み始めるとそうもいかないんですよね。と言うわけで、今日も半分酔った勢いで書かせてもらいます(苦笑)。

さて、今回は前回も少し触れましたが、この時期(12/11〜22の平日)狙い目の機種について。

まずは「番長」です。下記の設定状況をご覧下さい。

「番長」等価店通常営業
1 1 5 1 3 1 2 3 (平均設定2.1)
この時期の設定
1 5 1 1 5 2 1 1(平均設定2.1)

ご覧通り、平均設定はどちらも同じなんですが、この時期は1,5をメインに思いっきりメリハリのある設定にします。予定通りの出玉に落ち着いてくれれば、5はかなり暴れるでしょうし、1はほぼ回収できるんで、多少出てもあまり赤にはならないんですけどね。あくまでも予定通り出ればですけどね。なかなか言うこと聞かないのが、番長なんで(笑)。ただ、オール1 ってことはしませんよ。まだまで使える機械ですからね、高設定も入れます。

次は秘宝伝です。

「秘宝伝」等価店通常営業
2 1 3 4 1 2 4 1 (平均設定2.1)
この時期の設定
2 1 1 5 4 1 1 3(平均設定2.2)

秘宝伝は、少しだけ平均設定が高くなってますね。さすがに6は入ってませんが、3〜5を1台ずつ投入してます。この台も打ち手の引き次第で結果がかなり変わりますが、最終的には利益は出ます。ただし、4,5を入れてますので、BIG中のハズレをカウントして、上手く立ち回れば収支は上がるでしょうね。

次は「北斗SE」です。
「北斗SE」等価店通常営業
3 4 2 3 5 6 4 3 (平均設定3.7)
この時期の設定
4 2 2 6 5 3 4 3(平均設定3.6)

さて、問題児の北斗SEですが、こちらは平均設定はほぼ同じです。4〜6も半々で入れてますが、これでもきっちりホール側が利益が出ます。最初はこの機種を育てるのを諦めたんですが、もう1回頑張ってみようと思い設定を入れてみました。上手く立ち回る人は6を掴んで確実に勝ってるんですけどね。こいつも引き次第だし、BB1回の出玉が減ったのは痛いですね。まっ一応高設定を入れてるということで、狙い目にしておきます(笑)。

最後は「銭形」です。
「銭形」等価店通常営業
1 2 1 1 3 2 (平均設定1.6)
この時期の設定
2 1 1 5 1 1 (平均設定1.8)

銭形は既に立ち回りポイントが知れ渡っている為、ほとんどが181Gや565Gで捨てられてる台ばかりでどうしても稼動が低くなりがちですね。その為、最近は平均設定も落ち気味です。ただし、個人的には貴重な大量獲得機ですし、来年の春まで使える機械なんで大事にしようと考えてます。そこで、この時期は5を入れてメリハリのある設定、イベントでも使用して、稼動を上げていこうと考えてます。ただし最近、この銭形が低設定にも関わらず赤になることがあるんですよね。まぁ引き次第では一撃がある機械なんですが、1で5000〜6000枚ほど一気に出されると何かやってるのかと神経質になりますよ。知り合いの東北の業者も同じようなことを言ってるんですよね〜。ただ、それがやたらと目につくもので、ちょっと気になってます。ゴト系はきっちり対策してるんで、問題無いと思うんですが。でも次から次へと色んなことを考える輩ですからね、今後も気を付けていこうと思ってます。

ざっと上げましたが、この設定状況も22日以降は一気に悪化します。平均設定が一つ下がる感じですね。なので、稼ぐことを目的に打つんであれば今の時期が最後のチャンスでしょうね。

それでは頑張って下さい!!

slotexpress at 13:46|PermalinkComments(0)

2006年12月04日

12月の営業予定

どうも!設定師です!先週スロから足を洗うと言ってましたが、撤回します。ええ、最近ちょっとばかし調子良いんですよ。ちなみ打ってる台は、南国娘、逮捕しちゃうぞ、スパイダーマン等の5号機中心。一撃度は低いですが、高設定ならまったり遊べて、地味に勝てるんですよね。5号機も悪くないですね。以上現金な設定師でした(笑)。

さて、世間は師走突入し何かと忙しい時期になりましたね。この業界も例に漏れず、新台ラッシュが始まり、最後のかきいれ時となりました。そこで、今回は今月の打って良い時期、悪い時期について書こうと思います。

今月は例年通り、新台の発表数が多いですよね。まず、12/4はパチンコが三洋の「清流物語」を筆頭に6機種、スロットはIGTの「リンダの狙い打ち」、SNKの「餓狼伝説」、また山佐の4号機「ネオフルーツチャンス」、「ダブルバー」など6機種ほどが導入されます。

続いて12/11にはオリンピアから「サブちゃん」、SANKYOから「ダチョウ倶楽部」が導入。スロットは平和の「アクアビーナス」、ロデオから「ドカベン」が導入されます。

そして12/18には京楽から「ウルトラマン」を筆頭に3機種、スロットはエレコから「萌えるマリンバトル」が導入されます。その他にも「スパイダーマン」、「怪胴王」、「ジャックと豆の木」などもこの時期に導入されるでしょうね。

ざっと挙げただけでもかなりの数の機種が導入されるわけですよ。当然、全てを導入するわけにはいかないので、各ホールでは稼動が良くて、利益が取れると見込める台を選定して導入するわけです。個人的にはパチンコは「ウルトラマン」が本命、押さえとして「清流物語」。スロは正直これといった台が無いんですよね。まぁ僕の担当ホールではスパイダーマン、怪胴王を導入しますが、それ以外は・・・ですね。

新台導入合わせて、開け閉めの調整をするわけですが、その日程は以下の予定でいこうかと思ってます。

開け日・・・12/4,5,7,11,15,18,22
回収日・・・12/8,9,10,16,17,23,24,26,28,29,30,31

今月は特にボーナスも支給されますので、回収日は普段よりも特に低設定の割合を高くします。逆に開け日は回収日に合わせて、餌を巻きます。ただし、去年よりは割も低くなりますけどね。狙い目の機種としては新台導入される5号機、4号機ではやはり「番長」、「秘宝伝」になりますね。「北斗SE」も平均設定は高めにする予定ですが、いかんせん出が悪いんですよね(苦笑)。

上記の予定はあくまでも僕の予定なんで、あとは地域や客層によって若干変動しますが、ご存知のように最近はこの業界も客離れが目立ち、お客さんへの還元率を下げているのが現状です。某大手チェーンでは20%から10%へ下げてる位ですから。とにかく、回収日と思われる日は無理な勝負な絶対に避けるべきです。偶然吹くような機械は残念ながら今は無いですから。

それでは皆さんの健闘を祈ります!

slotexpress at 14:26|PermalinkComments(1)

2006年11月27日

新生サンダー果たして・・・

今日をもってスロ、パチから足を洗います。というのは冗談ですが、最近全く勝てません。先日は、これなら当るだろうと、確率の高いセブン機、俗に言うデジハネってやつを打ったんですよ。まずは投資1000円で大当り。そのまま2000発ほどゲットして、「やっぱりデジハネはいいね」なんて思って意気揚々と打ち込んでたら、あっと言う間に飲まれて遂には確率の5倍ハマりの500回オーバーでギブアップ。遂に運にも見放されましたわ。これがCR機だったらと思うとゾッとしますけど。長い間打ってるとこんなこともありますけど、やっぱりへこみますよね。皆さん、最近の収支はどんな感じですか?

これを書いてる今日、実は新装初日なんですよ。導入機種は「サンダーVスペシャル」6台。5号機だし、前評判も微妙だったので、正直考えたんですが、オーナーさんの意向とレンタルシステムで機械代は安価だったので、導入してみました。ちなみに今日の設定状況はぜんぶ「てっぺん」です。ええオール6ってやつですね。まぁ、6でも機械割が107%前後なんでたいして恐くないんですけど。それにしても、アルゼの3段階設定はどうにかならないんですかねぇ。6でも6段階設定だと4くらいの機械割ですからね。6段階にして、せめて110%くらいあれば、まだ期待はあるんですけど。

個人的には初代のゲーム性を踏襲しつつ、新たなゲーム性も搭載されているんで、悪くないかと思うんですが、5000枚、万枚オーバーに慣れてしまった今の打ち手にあのダラダラ感がどこまで我慢できるかが不安点ですね。

それにしてもアルゼさん、コンドル、サンダー、マリーンバトルと過去の名機をリメイクしまくってますが、次は何が来るんでしょうね。花火?それともアステカ?懐かしさのあまり、思わず打ってしまいそうですが、過去の思い出を壊すような機械は出してほしくないですよね。そういう意味でもこのサンダーは重要な鍵を握ってると思いますよ。

さて、どんな結果になるやら。そろそろ現場に戻ります!それでは!

slotexpress at 13:29|PermalinkComments(2)

2006年11月20日

プロの嘆き

どうも!つい先日、風邪が治って体調が復活したと思ったら、また風邪を引いてダウンしてる設定師です。今回は咽をやられてまともに話もできないので、本当に困ってます。スロの引きは散々なのに、こんないらんものばかりがやって来るなんて・・・僕が言うのも何ですが、皆さんもこの時期は体調に気をつけて下さいね。

さて、今日は最近の僕が把握しているパチプロの現状について、簡単に書こうと思います。ご存知の通り、パチプロとはパチンコまたはスロットを生業としている人間のことをいいます。そんなパチプロですが、最近では僕のホールでもだいぶ数が減ったように感じます。僕の記憶ではAT機が市場に出る以前、純粋なAタイプが主流だった頃が一番多かったですね。それがAT機が出始め頃には「こんな波の荒い機械じゃ、喰っていけない」とその数が減少。かろうじて生き残ってるスロプロ連中も今回の規則改正によって、廃業したりパチンコに移ったりとさらに数が減少しています。中にはゴト師やセットロムを仕込んだ連中と組んで、悪の世界へ手を染める人間もいると聞きます。

逆に5号機になって安定してしのげるようになったと言う人間もいます。その人間曰く、
「確かに稼ぎは減ったけど、最近じゃライバルも減ったし、店選びさえしっかりすれば立ち回りやすいよ。でも日当1.5〜2万がいいとこかな」
と言ってます。ちなみにこの人間が今、メインにしてる機種は「南国娘」、「エヴァ」などの設定推測がしやすい台。時には良い型の釘があればパチンコも打つとのこと。それでもかつての甘い密が忘れらないようで、
「AT全盛期は美味しかったよ。高設定さえ掴めば、多少投資が嵩んでも必ず儲けは出たからね」
とやはりあの頃のことを懐かしんでますね。確かに今はプロもどきのような人間は多いですが、このプロの裏をかいて設定を打ってやろうみたいな人間は少なくなりましたね。

僕もプロと一般のお客さんが共存できるお店を作れるよう頑張っていこうと思います。それでは!


slotexpress at 15:57|PermalinkComments(1)

2006年11月13日

蜘蛛男は革命機、それとも迷機?

061113

朝夜に吹く風が肌身に厳しくなり、いよいよ冬到来となりましたが、皆さん如何お過ごしですか?この季節のように僕のスロ戦績も最近は非常に寒くなり、何を打っても引きが悪いのか台選びが悪いのか思うように勝てない状況が続いてます(涙)。唯一、楽しめるのは閉店後に自分で打ち変えた設定6で遊ぶことくらい。あぁ〜寒い、寒い。欲を出さずに、きりの良いところでスパっと止めれば良いんですけどね。分かっちゃいるけど止められないってやつですわ。

さて、今日は最近、密かに話題になっている「スパイダーマン」について書きます。この台、導入前から設定6の機械割が117%と5号機の中では破格の割で、昨今の4号機と比べても何ら遜色の無い、いやそれ以上の機械として、僕自身も注目をしてて、何とか導入してみたいと思ってました。ところが、機械が少ない&ホールのオーナーさんのGOサインが出ないこともあり、なかなか導入まで踏み切れなかったんです。最近になってようやくこの問題が解消され、実験的に6台ほど導入することになったんですが、近隣ホールにはまだ設置されていないこともあり、予想以上に高い稼動率を保っています。まずは、設定状況をご覧下さい。

「スパイダーマン」等価店、初日設定状況
5 6 5 6 5 6(平均設定5.5)

新装2日目
6 6 6 6 6 6(平均設定6)

通常営業
2 4 2 5 2 3(平均設定3)

まず導入1日目は、ご覧の通り5,6半々で行ったんですが、これが予想に反して全然出ない!最終結果は6割!(損益分岐点は10割)。見事なまでに店側の黒字となりました。このホールは年輩の方がメインのホールなんですが、この日もその年輩の方が多く、この台で重要となるリプパン外しを知らない方が多く、さらにストック機と思っている方も多くて、「この台、どこまで回せば当るの?」みたいな質問をされる始末で方、遊び方を説明するのに大忙しでした(苦笑)。

さすがにこれはマズいとうことで、2日目はオール6でお出迎え。結果は26割と見事な大赤字。この日の最高枚数はボーナス総回数39回の6100枚、反対に逆噴射は-1700と幅がありました。ちなみに平均出玉は3200枚で、出玉感を演出することは上手く出来た感じですね。

通常営業の今は、2をベースに3〜5を散らして、まったり遊べるような設定を入れてます。1はメーカー発表の機械割よりもさらに辛い数字が出てるので、基本的には使いませんね。6も1台吹くと他のお客さんが引いちゃうので、正直入れにくいのが現状です。イベントなんかでは使ってみようと思いますが。

導入してまだ日が経ってませんが、打ち手の引きによってかなり波が変動するというのが現時点での感想です。まぁボーナス確率が6でも1/356ですからね、ハマる時は簡単に1000G以上ハマります。逆に3でボーナス→RT→ボーナスの連鎖で3000枚出た時もあります。あとはこの台を打つにあたっての知識をしっかり持っているか、これが重要です。先ほども書いたように、雑誌を読まないようなライトユーザーはRT中に適当打ちをしたり、白いランプが光ると、パンク絵柄である蜘蛛をそのまま狙ったりして、RTを終了させてしまします。これでは展開がかなり変わります。その昔、CT機が出た当初も小役を取り切って即パン、なんてことがありましたが、あんな感じですね。今は遊び方をPOPで告示してるので、そういうことはあまり無いみたいですが。ただ最近は朝一から知識のある若者が占領しているので、平均設定は徐々に下げざるえないかな。

少しづつ設置を伸ばしてる「スパイダーマン」。個人的にはRTを絡めてじわじわ出玉を増やすのは好きだし、メーカーであるSammyも色々考えているとは思うんですが、演出面で言うと、期待を持てる演出が限られているのがマイナス点ですね。ハマっている時は単調に感じますし。出目に熱さが感じられないのもマイナス点。この辺を練り込んで、次作に期待したいですね。

出玉に関しては5号機の中では文句無しにトップクラスでしょう。あるホールでは8000枚出たとか、果ては万枚オーバーしたなんて景気の良い話も聞きますし。逆に5号機でここまで出てしまうと、「何の為に規則を改正したのかSammyは分かってるのか!ますます規則が厳しくなるじゃないか!」と否定的な意見を唱える業界関係者がいるのも事実です。確かに法の網を潜った過激な台が市場に出回って、現在の寒い時代になった経緯があるわけですからね、安易に喜ぶのは危険かも。

最後にこの台を立ち回るポイントを一つ。やはり高設定はボーナス回数がつきますので、ビッグとミドルの合算確率が1/250を上回っている台を目安に立ち回ってみて下さい。

皆さんの健闘を祈ります!

slotexpress at 12:50|PermalinkComments(1)

2006年11月06日

遂に氷河期時代突入か!?

先日、街でクリスマスツリーを見かけ少しセンチになってる設定師です。まだ、飾るには早いんじゃない?と個人的には思うんですが、あのような光景を目にすると、年の終わりが近づいてるんだと、嫌でも感じますよね。また一つ年を取るわけだし・・・。一人物思いにふけるとこんな感じで少々鬱になりますが、現場に入れば、そんな事を思う余裕なんかありません。年末に向けて、何を入れようかあれこれ悩んでます。特にパチンコ。「猪木」、「清流物語」、「ゴジラ」、「Gメン」等々、とにかく新台が多過ぎ。反面スロの方は、5号機を少し、4号機の中古台導入みたいな感じで動きが停滞してます。スロ派の僕としては寂しい限りです。

そんな停滞気味の業界ですが、この先、氷河期時代への突入を予感させる出来事がありました。読者の方にも行ったことがあると思いますが、大手チェーン店として有名な「ダイナム」が総店鋪数の1割に相当する27店鋪を今月中に一時休業するとの知らせが入ってきました。採算が取れないのがその理由なんですが、上場企業を目指すほどのホールにも不況の波が押し寄せているのを実感させられるニュースでしたね。実はその他にも某大手チェーン店でも大規模な店鋪縮小が行われるようで、世間の景気は回復傾向にあるのに対し、この業界は反対の方向へ歩んでいるんです。今までは大手ホールと中小ホールとの格差が広がるなんて言われてましたが、大手の中でもさらに格差が出始めていると言えますね。同じ業界にいる僕としては決して他人事ではないことなので、身が引き締められる出来事でした。

そう言えば、先週5号機の新台として紹介した「爆裂王」。実はこの「爆裂」というネーミングが射幸性を煽るということでお上の方からストップがかかり、「回胴王」へと変更されました。これでパネルも全替えしなければいけなくなり、メーカーも大変でしょうね。つい最近もヤーマの機種で同じようなことがありましたが、個人的には名前くらい好きなもんつけさせろと言いたくなりますよ。

なんだか、暗い話ばかりになりましたが、まずは年末に向けて自店の盛り上げに頑張っていきます!それでは!

slotexpress at 12:05|PermalinkComments(3)

2006年10月30日

まだあったの?4号機、続々登場!5号機

061030

どうも、先週ひいた風邪がやっと治ってきた設定師です。お陰で2週間近く、スロットに触れず、禁断症状が出始めてます。具合が悪い時は打ちたいなんて思わなかったのに、ちょっと体調が良くなると打ちたいと思っちゃうなんて、やっぱり僕はスロジャンキーなんでしょうね〜

さて、10/21,22の2日間に渡って、都内池袋にて「パチンコ、パチスロ展示会」が開催されたのはご存知でしょうか?これは手軽に安く遊べる業界をアピールする為のものなんですが、一般の方も参加できたので、このブログの読者の中にも行った方がいるじゃないでしょうか?さも行ってきたような言い方をしてる僕ですが、実はどうしても外せない予定&体調を崩して行けなかったんですよ(涙)。

そこで、今日は当日参加した知り合いの業界関係者の話を元に今後の登場予定機種なんぞの話しをしたいと思います。

まずは、今回の展示会とは関係ないのですが、4号機について。って言うか、「まだあるのかよ!」って感じなんですが・・・

その機種が山佐の「ダブルビッグウェーブ」と「ネオフルーツチャンス」。

「ダブル〜」の簡単なスペックは、

■4.7号機、確変機能を搭載した、A-STタイプ

■111G毎にボーナス放出が3倍になるチャンスゾーンが存在

■チャンス絵柄、ラッキー絵柄が揃うとチャンス到来

早い話、悪評高い「海一番」の後継機ですな。

対する「ネオフルーツ〜」は

■ネオプラネットでお馴染みのエルビジョンを搭載

■4.7号機のCタイプ

って感じです。まぁCタイプってこと自体でアウトですね。ネオファラオゼッツで思いっきり失敗してますし。

まさに4号機ってことだけで、売ろうとする考えが見え見えで、嫌気が差しますね。僕個人では導入する気は無いってことで、5号機の新機種へ。

まず、注目機種はエレコから発表された「サンダーVスペシャル」。サンダーVと言えば、今を遡ること8年前、予告音と多彩なフラッシュ演出、リーチ目で一世を風靡した名機です。この機種でスロットにハマった方も多いのではないでしょうか?今回のサンダーもこの演出を踏襲しつつ、5号機特有の機能(1000Gの天井RT)も搭載してます。かつての名機のリメークに頼らざる得ないメーカーの事情には寂しさを感じますが、やっぱり期待しちゃいますね。導入時期は12/11予定。

お次はアリストクラートから「爆裂王2」。こちらもかつての爆裂機のリメーク機ですが、僕個人が注目しているのが、AT機能「バクちゃん」の存在です。純増枚数は1枚とかつての爆裂度の足下にも及びませんが、このATとボーナスがどう絡んでくるのかが気になりますね。こちらの導入は11/27から。

次はヤーマの「ジャックと豆の木」。まだ新規参入のメーカーですが、この機種のポイントはリプパン外しによってボーナス成立までRTが続く超ロングRTを搭載している点ですね。純増枚数も1Gあたり1.5枚ありますし、ある意味安心してハマれるかも(笑)。こちらの導入は11/27から。

それと大都から吉宗の爺をモチーフにした完全告知機「ジイサマー」も参考出展されてました。いずれ発売されるんでしょうね。

その他にもリプ連が熱い、設定6で出玉率110%ある平和の「アクアビーナス」、オリンピアの「めぞん一刻」、オーイズミの「さそり座のサラリーマン美川」、ロデオの「プレミアムダイナマイト」、ビスティーの「ロッキーバルボア」などタイアップ物も続々登場予定です。

ざっと紹介してきた5号機新台予定機種。出玉では4号機時代にはまだまだ追い付きませんが、各メーカーの努力の跡が見えてくる感じがします。今はまだ試行錯誤の段階ですが、今後あっと驚くような機能を搭載したスロットが登場する、そんな希望の光が見えたような気がしましたが、皆さんがどうお考えでしょうか?

さて、久しぶりにスロってきます!それでは、また!



slotexpress at 17:00|PermalinkComments(0)

2006年10月23日

不具合だらけの業界!?

どうも設定師です。更新が遅れてすいません!実は1週間ほど前から風邪気味だったんですが、ほっといたら遂に週始めにダウン。なんとか体に鞭打ってみたんですが、全く言うことを聞かず、周囲の方の言葉に甘えて布団に篭らせてもらいました。関係者の方々、このブログの読者の方々、ご迷惑をおかけしてすいませんでした。

久しぶりにPCのメールを開いたら、山のように届いていてびっくり!まぁその大部分がスパムメールだったんですが(苦笑)。まだ、本調子ではありませんが、健康のありがたみを改めて実感しましたね。

じっくり休もうかと思っていた矢先に、またまた不具合が発覚!既にホールでその光景を目にした方もいると思いますが、大一の「CR湘南爆走族」に攻略要素とも言える不具合が発覚したんです!詳しい手順はここでは割愛させてもらいますが、メーカーでは、回収、機械代の返却へと動いているようです。大一は「チビ太のここで一発」でも不手際があったし、かなり前には液晶上で大当りしてるのに、内部では全くの外れなんていうバグが発覚して、即効回収なんて事もありましたよね。

CR湘南〜に関しては、あの役物を見た時に嫌な予感がしたので、導入を見送ったので直接の被害はなかったのですが、前評判も高く、実際に良い稼動をしてたみたいなんで、残念ですね。あの手の回転体を搭載した機械には割とある話しなんですけど、メーカーサイドもいい加減、そのあたりを考慮してほしいものですね。

スロの方も先日、「トゥームレイダー」がある手順でフリーズするバグがあると書きましたが、今のところは実害は無いみたいです。ただし、フリーズを解除するには設定変更しないといけないので手間はかかりますが。しかも、メーカーのビスティーも「セキュリティ上、そのような仕様にした」と自分の否を認めないんですから、空いた口が塞がりませんわ!

肝心の打ち手が置き去りのまま、事が進んでいくようでは、この業界の未来も暗いですね。

それでは、皆さんも健康に気を付けて下さい!

slotexpress at 13:00|PermalinkComments(4)

2006年10月16日

まだまだ行ける4号機

最近、入ってくる新台情報が5号機ばかりで食指が動かない退屈な設定師です。5号機は出玉ではアピールできないので、演出メインとなりアニメや芸能人とのタイアップがほとんどなってますが、肝心の出目が活かされてないので、ちょっと打つとすぐ飽きるんですよね。僕が打った5号機で特に「球児」は最悪でしたね。あの雀の涙ほどの出玉と熱い出目を全く感じられないリール制御。試打した時に嫌な感じがしたんですが、導入しなくて良かったです。

その反対に、前回僕が酷評した「トゥームレイダー」。これが意に反して予想外に良い稼動を維持してます。適度な連チャンとそれがBIGオンリーというのが受けているのでしょう。まだまだ使える機械なので、早いところ機械代を回収して、平均設定を上げていこうと考えてます。

さて、あまりパッとしないスロ業界ですが、今月は南国、北斗などの主力機種が撤去されますが、僕の担当ホールでは、その穴埋めに「麻雀物語」、「主役は銭形」を導入しました。当初は5号機の南国娘やクランキーコンドルなんかを入れようかとも考えたんですが、やはりあの出玉ではきついので、最終的には4号機の導入に踏み切りました。

麻雀物語は最大天井が1024Gと浅く、また適度に連チャンし稼動も良いですね。低設定でも打ち手の引きによっては3000〜4000枚ほど出る時もあるし、使っててやりがいのある機種ですね。まぁその逆に高設定でも逆噴射する時もあるんですが・・・。現在、通常営業では下記のような設定を打ってます。

「麻雀物語」等価店通常営業

1 3 2 5 1 3(平均設定2.5)

基本的にこのホールの通常営業では6は入れません。その理由はお客さんの回転が早いからです。せっかく6を入れてもその出玉感が演出できないと意味がないと僕自身が考えているからです。客層が年輩の方が中心なので、まったりと遊んでもらってる感じですね。これが知識のある若い客層であれば、もっとメリハリのある設定配分になりますが。ただこの機種、設定を打ってる僕自身も6以外、他の設定は予測づらいというか、不思議な出方をしますね。5で順調に出玉を増やしてると思いきや、ハマってバケの繰り返しでドボンするとか、1で連チャンがループして一気に4000枚オーバーなんて結構目にします。基本は769G以上ハマらずに、コンスタントに連チャンモードに移行する台が狙い目ですね。

次は「主役は銭形」です。この機種の登場時期には吉宗という怪物マシーンが存在していたので、二番煎じ的な存在でしたが、今では貴重な711枚タイプとして重宝しています。個人的には銭形の方が好きなんですよね。1000GハマればBIG確定なんで、安心して?打てますし。こちらの設定状況は以下の通りです。

「主役は銭形」等価店通常営業

1 5 1 2 4 2 1 1(平均設定2.1)

この台のポイントはご存知、BIG後の3G連。この引きによって運命が左右されます。先日も設定1で3G連と181G以内の連チャンがループして一撃で8000枚お持ち帰りした幸運なお客さんがいました。こんな時は事故に遭ったと思って諦めてます(苦笑)。ご覧通り、通常営業では1,2をベースに4,5を1,2台入れてます。ただ、この機種に関しては情報が浸透してるんで、空き台のほとんどが181Gもしくは565G止めで放置されちゃうんですよね。ですので4,5,6半々にして出す気満々の時は札などを使って思いっきりアピールしてます。それでも若者は565Gで止めちゃうんですよね〜。もうちょっと根性出して打って欲しいもんですわ(笑)。

以上、まだまだ狙える4号機をお伝えしましたが、いかがでしたでしたか?これら2機種は高設定でも日に一度はハマる時がありますが、高設定の特徴をしっかり把握して打ち切れば必ず結果はついてきます。また、バラエティーコーナーにあるよりも6台以上の設置してあるホールの方がいいですね(設定配分しやすい為)。

それでは皆さんの健闘を祈ります!


slotexpress at 13:48|PermalinkComments(4)

2006年10月09日

これが最後の4号機・・・

世間では3連休最後の日ですが、いかがお過ごしでしょうか?ゆっくり旅に出たいと思っている設定師です。3連休もあったらあれもしたい、これもしたいと色々考えちゃいますね。実際、叶わない事なんですが(涙)。その憂さを晴らすように、この3日間は計画通りガッツリ抜いてます(笑)。憂さを晴らすのは冗談として、やはり連休は嫌でもお客さんが来ますからね。低設定でも噴く台があるんですよね。これが良いスパイスになる訳で。皆さんも火傷しないようにじっくり吟味してから打って下さいよ。

さて、先週からビスティーの「トゥームレイダー」があちこちで導入されてますね。サミーや大都の機械のように特別注目を浴びていた台ではないのですが、「最後の4号機」ということだけでこぞって導入してる感じですね。そうは言いつつも僕の担当ホールでも入れてるんですけどね。早速、結果をお伝えしましょう。

「トゥームレイダー」初日設定状況
3 4 5 6 3 4 5 6(平均設定4.5)

新装2日目
5 6 5 6 5 6 5 6 (平均設定5.5)

通常営業
3 2 5 2 1 6 2 3 (平均設定3)

新装初日は3〜6を各2台ずつ入れたんですが、これが悲惨な結果に!ストックが足りなかったのが影響していると思うんですが、最終結果は7.6割。稼動は良かったんですが、システムを理解していないお客さんは少し出るとやめてしまい、すぐに入れ代わりで他のお客さんが席に付き、現金投資したのも割の低さに影響してます。

さすがにこれではまずいと思い、2日目は5,6半々で開店。これが吉となり、最終結果は15割。箱も詰めたんで何とか形は作れたかなと。

通常営業では、2,3をベースに5,6を各1台づつ入れて様子を見てます。メーカー発表だと設定3の機械割は101%ですが、ほぼ利益が取れてます。ちなみに最高出玉は6の6400枚。逆噴射は2の5500枚となってます。

ここからは個人的主観で書きますが、この「トゥームレイダー」は僕的にはクソ台ですね。いかんせん、演出が単調すぎる、バトルステージの期待感が無い。スイカやチェリーが成立してステージチェンジしても全く熱くない。ボーナス後、小役回数を数えるのが面倒くさい、主人公の女性が可愛くない(笑)などきりが無いですが、5号機のエヴァの出来が良かっただけに、がっかりしました。

悪い所ばかりの本機ですが、あえて良い所を書くと、連チャン中のボーナスがビッグオンリーという所ですかね。もう少し打ち込めば味が出てくるのかもしれませんが、どうでしょう?誰かこいつの良さを教えて下さい(笑)。

幸いにも今はほぼフル稼動なんですが、解析が知れ渡る頃にはどうなるのか、非常に不安ですね。しかもある手順をすると「フリーズ」するバグも発覚!「実はネタかゴトがあるんじゃないか」なんて噂も流れてるし、スタッフにはぴったり監視させてますよ。

最後にこの台に設定差が設けられているのは、モード移行率とREGの出現率です。頻繁に連チャンモードに移行し、REG確率が1/500以上の台は狙い目です。ボーナス後は小役成立60回までがチャンスゾーンなので、面倒くさいですが、そこまでは回して下さい。

以上、設定6の機械割が117%のスパイダーマンに期待してる設定師でした!

slotexpress at 12:54|PermalinkComments(2)

2006年10月02日

10月の予定

061002

今週から10月に突入し、いよいよ秋本番になりましたね。季節の移り変わりは早いですね〜。やりたいことは山ほどあるんですが、そのほとんどが実現されないまま今年も終わる予感がする設定師です。

その10月ですが、今年はいつにも増して暇そうな予感がしてます。その原因はご察しの通りスロットの影響が大きいんですけどね。発表される機械は5号オンリー、しかし稼動するのは設置期間僅かの4号機オンリー。これではきついですわ。

そう言えば、今日は正真正銘最後の4号機「トゥームレイダー」の導入日ですね。多くのホールではこの台を導入します。僕も南国育ちの撤去が迫っているので、その後釜に導入しました。って言うか導入せざる得ないんですけど。ちなみ設定状況はこんな感じです。

「トゥームレイダー」初日設定状況

3 4 5 6 3 4 5 6(平均4.5)

全台500G前後回して、3〜6を均等に入れてみました。様子見ってやつですね。小役解除がメインの台なんですが、どこまで引っぱれるか・・・。どこかの蛙みたいに4号機の絞りカスみたいな機械じゃなければいいんですが。

さて、今月の予定ですが、連休が終わる10日までは回収気味で利益を確保していこうかと思ってます。パチンコの方は先週から美空ひばりも絶好調ですし、問題は無いんですが、スロットとは計画が別になってまして、スロはスロで利益を出さないといけないわけなんですよ。ある程度見通しが立てば、番長、秘宝伝、北斗SEで還元しようかなと考えてますが。ただし、今月は北斗、南国と立続けに撤去しないといけないんで、当然その分の入れ替えもあるんで、どこまで余裕が持てるかが重要になるんですけどね。

そういえば先日、付き合いのある業者がジャグラーの5号機版が出るって言うんで見てみたら、

「ん?5号機になって筺体変えたんか?」

と思って、パネルを見ると機種名が「バーグラー」。さらに見ると「メーシー」の文字が。

そうです。ジャグラーのパクりなんですね。かつてはアルゼ王国と言われ全盛を誇っていたあのメーカーも遂にここまで落ちたかって感じですねぇ。かつてはサンダー、CCエンジェル、コンチ3など名機を輩出し、楽しませてくれたメーカーだけに寂しいですよ。元祖の北電子には許可を取ってるみたいですが、お得意の3段階設定ではとても使う気にはなれません。

ぼやきばかりになってしまいましたが、来年の3月に開催される産業フェアに少しばかりの期待をする設定師です。

それでは!

slotexpress at 13:03|PermalinkComments(5)

2006年09月25日

やられた!

どうも!設定師です。なんて呑気に挨拶をしてる場合じゃない緊急事態が発生しました!ったく、何考えてんだか!(怒)

いきなり取り乱しましたが、以前このブログでもお伝えしたBモノなんですが、遂に担当ホールでも発見したんです!しかもセット付きで!

事の詳細を説明すると、やられた機種は「初代北斗の拳」で設置台数8台中3台。ある日たまたま話したバイトくんが僕に

「この台、いつも出ますね。やっぱ設定良いんですか?でもいつも同じ人が打ってるんですよね〜」

なんて何気なく言ったんです。実際に見てみると若い兄ちゃんが3000枚ほどカチ盛り中。この台、設定は1だったんですが、この時は引きが良いのかなぁ程度に留めておいたんです。ところが、その3台が日替りで2000枚〜4000枚の範囲で赤が出るんですよ。その時にあのバイト君の言葉が頭に浮かんできたわけ。

「もしかしたら、やられてるかも・・・」

すぐに知り合いのセキュリティー会社に連絡し、ロムチェッカーで調べたところ、案の定、その3台がクロ。すぐに店長を呼び出し事情確認したところ、あっさりと自白。さらに、問いつめたところ、セットを仕込みそれを知り合いにサクラとして打たせて私腹を肥やしていたとのこと。実はこの店長、就任してからまだ1年あまりだったんですが、バイト時代から勤務態度が非常に真面目で、その真面目ぶりをオーナーが高く評価して店長に抜てきしたんですが、まさかこんな事になるとは・・・

何故こんな事をしたのか聞いてみると、知り合いのホール関係者にこのBモノの話を聞き、つい魔がさしたと。さらに、開け閉めきっちりできるんで、割数調整も楽だったと。でも日に日に心苦しくなってしまったとも言ってました。

だったら最初からやるなっつーの!俺が設定入れても意味ないじゃん!!

ちなみにこの北斗のBモノ、モーニングやイブニングはもちろん、小役のカットから連チャン数、天井まで自由自在に設定できるんです。ついでにセットもやってみたところ、当然のように簡単にBBが引けるわけ。しかも連チャンするし。

今までも私腹を肥やす為に不正をした人間を何人も見てきましたが、ホント人間不信になりますよ。当然、この店長はすぐに免職。ただ、せめてもの情状でオーナーさんには一身上の都合ということにしました。その代わり二度とこの業界には関わるなと念を押しましたが。甘かったかな?

その後、念の為他の機種もロムチェッカーにかけましたが、幸いこちらは全てシロ。北斗のBモノは全国でもかなり出回っていることは以前から聞いてましたが、まさか自分の担当ホールがやられるとは。自分の認識の甘さを痛感すると同時に改めて気を引き締める設定師でした。

皆さんの周りはいかがですか?怪しい台はないですか?

slotexpress at 14:21|PermalinkComments(8)

2006年09月18日

ジャイパル、だめだこりゃ

どうも!設定師です。と威勢良く挨拶したものの最近のスロ業界は面白い動きがないので、退屈なのが本音です。出る話題は悲観的な5号機の話ばかり。来月には北斗も南国も外さないといけないし、どうしましょ?なんか良い機械ないっすかね?

さて、今回も先週に引き続き「ジャイアントパルサー」について。あれから、知り合いの業者やメーカーの人間から無理矢理情報を入手したんですが、正直打てる台じゃないな?と思いました。事実、既に稼動が落ちてるんですけど・・・打ってる人は何も知らない中年層の方、ハイエナ狙いの若者だけみたいな。平均獲得枚数が低いと出玉率はさらに悲惨なことになるし。

まず、今回判明したことはまず、ボーナス内部確率なんですが、これが1/431〜1/348と激低!これじゃストックもなかなか貯まらないですね。むしろ、無理矢理ストックしたものを一気に出して連チャンさせてるだけですね。これだったら完全確率仕様にして、ボーナスが成立したらプチRTを搭載するなり、フェイク演出を搭載した方がよっぽどいいかと思うんですが。

次に連チャンの波ですが、設定1,3,6は同じRTテーブルで基本的には吸い込みと吐き出しが激しく、逆に2,4は穏やかなタイプです。残りの5なんですが、これは独自のRTテーブルが存在し、全設定でも一番爆裂する設定になってます。最近よくありますよね(モグモグとか)。

この連休は初日8台3,4半々、2日目はストック溜めを狙って全6(これでもホール側の黒字)、そして最終日の今日は全5で出してみようと考えてます。でも出ないと疑われるので、設定の告知はしてませんが。今のところはリセットモーニングもあり多少赤字ですが、どううなることやら・・・

ひと昔前だったら、機械代回収してさようならで済むんですが、代わりの機種が無い今、使っていかないといけないんですよ。こうなったら僕もBモノを使うおうかな?冗談ですが(笑)。

それではまた!

slotexpress at 12:22|PermalinkComments(7)

2006年09月11日

巨大蛙の実力は?

どうも最近、自分の意志とは反対に寝不足気味の設定師です。ホールのお偉いさんとの接待や急なトラブルなんかが舞い込んで、体が悲鳴を上げています。あぁ〜ゆっくり温泉でも行きたいです・・・。

さて、数少ない4.7号機として先週から導入された山佐の「ジャイアントパルサー」。皆さん、もう打ちましたか?僕はショールームでは打ったことはあるんですが、プライベートではまだ打ってないんですよ。と言うか打つ気がしないんですよね。どうもあの液晶が受け付けなくて。やっぱりキンパルシリーズは初代が一番味があって良かったと思いますよ。この機種についても最近の山佐は正直、評価が低いのであまり気が進まなかったんです。ただ、大量獲得機ということもあり、またホールオーナーさんも絶対に導入したいということで導入に踏み切りました。

さて、そのジャイアントパルサーの設定状況ですが、今回は下記のような感じでいきました。

ジャイアントパルサー新装初日
5 6 5 6 5 6 5 (平均設定5.4)

新装2日目
4 5 6 4 5 6 4 (平均設定4.8)

ご覧の通り、初日は5,6半々でいったのですが、これが見事に予想を裏切って店側のプラス。出玉率は97%だったんですが、ストックが無かったのが影響したんでしょう。

2日目はストックも貯まったと思ったので4,5,6で様子見。すると今度は、前日のうっぷんを晴らすような爆発ぶり!この日の割数は19割(損益分岐点は10割)で見事な赤字でした。特に前日-2000枚だった5の台がこの日は9000枚オーバー、他にも6の5000枚オーバーや4の6000枚オーバーなどもあり、大量獲得機の威力を見せつけたってところでしょうか。通常営業の今は2,3をメインに5,6のどちらかを見せ台として入れてます。

実はまだ詳細な解析数値を入手してないんですよね。メーカーの営業マンも「まだ数字がよく分からないんです」なんてはぐらかしてる状態だし。自分のとこの商品を知らないとはいかがなものかと思いますが(怒)。ただし、データを見る限りでは、連チャンゾーンは130Gまでで250G位に引き戻しゾーンがあるようです。それとキンパル同様、奇数設定は波が荒く、偶数設定は穏やかですね。

BIG中も最近では珍しく技術介入もあるので、ここで出玉が影響してきます。過去大花火を打ったことのあるプレイヤーなら違和感は無いでしょうが、逆に打ったことの無いプレイヤーにはビタはずしはきついかもしれませんね。客層によっては設定を多少上げてもいいかなと考えてます。実際、上級者中心と中級者レベル中心の平均獲得枚数に30枚程の差が出てますからね。

現段階ではなかなかの稼動をしてる同機種ですが、雑誌等で解析が出たら、途端にハイエナ台になるんでしょうねぇ。看板機種である北斗や南国が外れる今、この台で少しでも穴埋めが出来ればと考えてるんですが、どこまで検討してくれるやら。

それでは健闘を祈ります!

slotexpress at 13:27|PermalinkComments(4)

2006年09月04日

忍び寄る魔の手

060904

どうも!設定師です。先日、少しばかり空き時間ができたので、某中堅チェーン店でパチの中ではお気に入りの「エヴァのセカンドインパクト」を打ったんですが、これが5本で期待度の低いシンクロリーチからあっさり確変。そこからさくっと12連。さらに時短中にまたまた確変を引き戻し7連。たいして良い釘ではないんですが、1箱飲まれるところで確変を引いて5連。計24箱を積み上げて臨時収入を手にすることに成功!まぁこれだけだったら引きが良かったねで済むんですが、気になるのが、その台のデータ。前日が61回、その日が48回の当り。翌日、その台を見てみると1400回ハマりで大当り0回と如実なスランプを描いてるんですよね。同じような挙動が他にもありますし。

まぁ、これを確率の範囲内と捉えるかどうかは人それぞれですが、僕自身はあまりこのような波を描くエヴァは見たことが無いんですよ。確かに荒い台ですけどね。う〜ん、真実は如何に?「良い波、作りますね○○○○さん」とだけ言っておきましょうか(笑)。

さて、前置きが長くなりましたが、先日、僕のところもある人間からあるモノの売り込みがありました。早い話が「秘宝伝」の裏モノ。秘宝伝に限らず、番長、北斗SE、ジャグラーなど設置台数の多い機種には何らかの通称「Bモノ」と呼ばれる裏モノが存在することは知っていました。実際過去にも何人ものB屋にも会ってますし。その人間が言うには、この秘宝伝も最近はBモノが繁殖し始め、導入ホールでは好評とのこと。僕も調子に乗って話を聞き出してみたんですが、この「裏」秘宝伝の基本概要として、

1.チャンス目の出現率を変える
2.高確当選率を変える

まず、この2つの要素に手を加えることで、打ち手に設定を読みづらくする。また、チャンス目は出にくいが、チャンス目が出ればほぼ高確に当選するなどゲーム性を大幅に変えることができることが考えられますね。

3.伝説モードのモード転落率の変更
ここに手を加えることで、ゲーム性がガラっと変化します。例えば、普段はなかなか伝説モードに上がらない分、一度突入してしまえば、ノーマルではあり得ないくらい連チャンするとか、逆に伝説モードにはよく上がるが、連チャンしない遊び台を演出できるなど自由自在にチューニングできるってことです。

4.ボーナス比率の変更
この機種を打ったことのある方なら、バケの多さに泣かされた方も多いと思いますが、このボーナス比率も簡単に変えることができます。この比率を変え、伝説モードの転落率を下げれば、かなり波の荒いゲーム性が演出できるという訳です。

5.モーニング、イブニング設定
これはBモノではお約束の機能ですね。朝イチだったら1〜256Gなどの任意のゲーム数で高確に上がったり、電源を入れてから○時間後、3000G後などこちらも任意で高確を発動させることが可能になるわけです。

6.BIG中の小役確率の変更
これは先程の1,2と同様、打ち手に設定を読みづらくさせることとホールにとっては少しでも払い出しを抑えたいというのが狙いです。

簡単に概要を上げると以上のような感じになるんですが、これを組み合わせることによってノーマルではあり得ないゲーム性と果てしない数の設定が存在することになるわけです。当然、1台当りの値段も高価になります。

一通り話を聞いて、とっとと帰ってもらいましたけど(笑)、はっきり言って今の僕には必要がないんですよ。ノーマルで十分稼動、利益が出でるんで。ましてや、今はBモノに取り締まりもより一層厳しい時代なんで、そこまでのリスクは負えないですよね。実際、僕も3号機時代そして4号機、大東音響やパル工業、沖スロなんかのBモノを導入したこともありましたけど、あの時は時代が時代でしたからね〜

ただし、今後は昔のような如実なBモノではなく、少々打っただけでは分からない巧妙なBモノが増えてくるでしょうね。「出ない」、「辛い」と言われる4.7号機や5号機を導入するにあたり、やはり打ち手には射幸心を煽る「スパイス」が必要なんでしょうか?打ち手としてはあっても良いと思いますが、経営者としてはう〜んとなりますね。このBモノも使うホールによってはただのインチキロムになるでしょうし。皆さんはどう思いますか?

slotexpress at 12:59|PermalinkComments(7)

2006年08月28日

どうなる?スロット市場

どうも!最近はプライベートではパチばかり打っている設定師です。秘宝伝やジャグラーなんかでしこしこ打てばある程度は収支確保&遊べるんですけど、さすがに飽きてきたんですよね。何か面白いスロットないですかねぇ?市場においても、5号機が除々に設置されたり、スロットのシマがパチンコに変わったりと、本当にスロットの設置数が減少しているのを感じますね。

現在のスロット市場のメインとなっているストック機ですが、これも来年の夏には全てこの世から消滅します(泣)。ただし、北斗や南国育ちのようにこの期限よりも前に撤去をしなければいけない機種も存在します。そこで、今回は主要機種の設置期限と今後の動向について話したいと思います。まずは設置期限一覧をご覧下さい。

アラジン2エボリューション 2007/8/4
押忍!番長 2007/7/14
鬼武者 2007/6/30
巨人の星 2007/7/6
ジャグラーTM 2007/5/6
主役は銭型 2007/4/19
南国育ち 2006/10/6
北斗の拳 2006/10/27
麻雀物語 2007/6/30

都道府県によって多少日付は前後しますが、こんな感じになります。対象機種は100機種近くありますが、その内の約40%は今年中には撤去されます。

あのモンスターマシン北斗も遂に余命あと2ヶ月ほどになり、その穴埋めは大変なものです。多くのホールでは北斗SEに代替していますが、僕の考えでは最近その考えも無くなりました。と言うのも、現在のSEの稼動、出玉等の状況があまり良くないからです。この状況下でSEを増台しても結果は目に見えてると思うですよね。ですので、現段階では北斗を撤去した時の、30%はSEを導入して、他はその他の4号機、5号機を導入しようと考えてます。

これはあくまでも個人的な考えなのであとはホールのオーナーさんがどのように捉えるによって変わりますけどね。中には

「期限ギリギリまで4号機を使いまくるんじゃ!5号機なんか眼中にない」

という考えのオーナーさんもいますからね。

逆に僕は今から少しずつでも5号機にシフト変更しないと、後で入れ替え費用の資金繰りやお客さんを育てるのに大変ではないかと思うんです。きっとこれからはヘビーユーザーと言われる客層は減少し、週に1〜2日、月に2〜3日来店する客層がメインになります。このような小額で遊びたいと思って来店する人達には5号機でスロットの楽しさを分かってもらうのが良いのではないかと考えています。

このブログをご覧になっている皆さんの中にも頻繁にホールに打ちにいかれる方もいると思いますが、皆さんは今後どのようにスロットと向き合っていきますか?

ぼくは4号機初期の様なAタイプの台が出れば打ち続けますけどね。

それでは!


slotexpress at 12:53|PermalinkComments(3)

2006年08月21日

連休が終わって実感したこと

皆さん!お久しぶりです。2週間ぶりに登場する設定師です!さて、先週は大型連休であるお盆休みでしたが、スロ好きの皆さんの戦績はいかがでしたか?前回のこのブログでも書いた通り、僕の担当ホールでも回収設定でいきましたが、結果の方は予想を下回る売り上げ、稼動となりました。

毎年、この時期は地域によって帰省の為、稼動が落ちたり、逆に上がるケースもあるんですが、今年はどの店鋪も数値が落ち込みましたね。やはり、連休前に撤去された吉宗や初代北斗の減台の影響が大きいですね。実際、吉宗が設置されていた頃には常連として来店していたお客さんも撤去と同時に姿を見せなくなったなんてこともありますし。今後のスロ業界の未来を感じましたね。このブログの読者の方の中にもそんな方もいるんでしょうか?

その中でも北斗SEが何とか平均稼動5000Gを維持しているのが救いですかね。ただ、相変わらず出ないんですけどね(苦笑)。お盆休み最終日はヤケになって4,5,6半々でいきましたよ。それでも出玉率は103%でしたけど。店長も常連のお客さんに「本当に設定入ってるの?」なんて疑われたみたいですけどね。

そんな中、最近調子が良いのが「主役は銭型」です。吉宗亡き今、大量獲得機の連チャン機として倉庫から引っ張り出してきたんですが、これがなかなかの稼動を維持してるんですよ。数字的には極端に高い数字ではないんですが、思ったよりも良い数字なんでこれから力を入れようかと思ってます。

そう言えば、ビスティから「トゥームレイダー」が発表されましたね。正真証明最後の4号機なんですが、正直僕は興味ありません。このメーカーは今までも良い台を出してないですからねぇ。ゲーム性的にはゲーム数解除ではなく小役の成立回数によって放出されるゲーム数が変化し、波もかなり荒いスペックとなっています。こんな台ですが、やはり「4号機」と言うプレミア感に思わず導入するホールも多いでしょうね。そう言う自分も分かりませんけどね(苦笑)

こうやって見ると、改めて5号機の波のじわじわと迫っているのを実感しますね。正直来年の今頃はどうなってるのか想像するのが恐いですよ。とにかく設定師である僕は今の現状を受け止めて、精一杯やるしかないんですけどね。


slotexpress at 16:03|PermalinkComments(0)

2006年08月07日

今年のお盆は・・・

いつの間にか梅雨も開け、いよいよ本格的に夏に突入し、猛暑が続いていますね。この天候のようにパチンコ業界も熱くなればいいんですが、残念なことに依然、梅雨入り状態が続いています。むしろ、先行き不透明ですね。

そんな状況下の業界ですが、間もなく大型連休であるお盆休みに突入します。このブログをご覧の方はこの機会に思いっきり打ち込むぞ!なんて考えてる方も多いと思います。そこで、今回はお盆期間の設定状況について話したいと思います。

既に想像できる人も多いと思いますが、結論から言うとこの時期は「締め締め回収設定」です。それも例年よりもその傾向は強くなります。その主な原因としては

1.北斗SEの大量導入やその他新台(パチンコも含む)導入に伴う資金回収

2.4号機から5号機に入れ替える為の費用確保。

3.スロ島を閉鎖し、パチンコ島への切り替え費用確保。

などが考えられます。特に3は既に行ってるホールもあり、今後もスロを減らし、パチンコを増大するホールも増えるでしょうね。また、北斗SEの大量導入についても、中には100台以上設置した思いきったホールもあるようですが、これだけでも4000万以上の経費がかかるわけですから、回収も大変でしょう。僕のホールでは正直SEには不安があったので10台前後しか導入していないので、さほど問題は無いのですが、現状の評価(悪評のオンパレード)を考えると頭が痛いんじゃないでしょうか?その北斗SEですが、連休中は下記の設定でいこうと考えています。

北斗SE連休中の設定

3 6 4 3 5 5 6 4 3 6(平均設定4.5)

一見すると平均設定も4.5と高そうに見えますが、これでも十分利益は取れます。あとは打ち手の引き次第ですが、簡単には初当りも引けない機械ですから。実際僕の手元にある設定6の平均出率は102%なんですよ。いかにこの台は辛いか分かると思います。むしろ、この台に関しては今後のことも考えて多少赤でもいいんですけどね。言うことを聞いてくれません。

ちなみに秘宝伝は

2 4 3 2 1 2 3 5 2 3(平均設定2.7)

こちらは低設定メインできっちり回収します。特に1,2はほぼ確実に抜けます。また、あまりスペックに詳しくない客層がメインの場合はBIG中の小役出現率や高確突入率なども気にしないので、低設定メインでも問題無いんですよね。これが逆に知識のある若者メインになると見せ台に1〜2台高設定を入れる場合もありますが。まぁ3,4であれば適度に連チャンするので粘るお客さんもいるので、この台に関しては割と扱いやすいかなと思います。

正直この期間中のスロットに関しては、あまり明るい材料は無いんじゃないかと思います。逆にパチンコはスーパー海をメインにメリハリのある釘調整でいこうと思ってます。

今後、スロットの設置台数は半減するとも言われているスロ業界。その鍵を握るのが北斗SEだ!なんて言う人もいますが、正直こいつには期待してません。むしろ5号機に革命的な機械が出るのを期待してます。回収必至のこのお盆期間。皆さんは何を打ちますか。個人的には設定の読みやすい秘宝伝、銭型、ジャグラーなんかが良いんではと思いますが。

さて、来週のこのスロットエクスプレスですが、都合によりお休みを頂き、次回は8/21(月)になります。決して、遊びに行くわけではありませんので。

それでは、健闘を祈ります!

slotexpress at 15:10|PermalinkComments(2)

2006年07月31日

これからの狙い目の機種

相変わらず北斗SEが「出ない、出ない」と耳にタコができるほど、聞かされている設定師です。えぇ〜確かに出ないです。6でもホールが儲かるケースが多々あります。出玉演出をしたくても思うように出来なくて困ってます(汗)。今は低設定(1〜3)はほとんど入れてません。それでも儲かります。現状ではまだ稼動は良好ですが、お客さんがついてこれなくなった時のことを考えると恐いですよ。

さて、今回は久しぶりに今後の新機種の動向についてを書こうと思います。最近はどこのホールも画一的な機種構成で、個人的には「あの台があるから、あのホールに行こう」ということも少なくなり、寂しさを感じています。こんな状況ゆえに仕方がないところもあるんですが・・・

まず4号機から。と言っても正直もう新台はほとんどありません。その影響もあり、最近の傾向として次の3つの導入パターンがあります。

1.以前発表された台をスペック変更したり、パネルを変えて再販する(麻雀物語、天下不武、7cafe、お見事!サブちゃん、デスバレー等)。

2.お蔵入りするつもりの台を今になって販売する(狼列伝、キングオブマウス等)。これは叩き売り状態ですね。正直使い物にならない機種が多いです。

3.一度外した台を再設置する。最近では銭型、鬼武者などがこれに当てはまりますね。実際銭型は導入当初から稼動は良かったのですが、今でもこちらの期待以上の稼動をしてます。僕自身もこの台は好きなんですよ。速効連チャンは気持ち良いですよね。

そんな中、4号機の新台として発表されるのが9/4より導入される山佐の「ジャイアントパルサー」です。スペックについては既にお伝えした通り、MAX-711タイプです。最近不調の山佐さんですが、やはり最後のカエル頼みできましたね。スペックが大量獲得だけにそこそこ導入されるんでしょうが、すぐにハイエナ機になりそうであまり気乗りがしませんね。

お次は5号機の新台について、僕が気になる機種を上げます。

まず一つ目はSNKの「球児くん」です。ボーナス確率が甘い機種なんですが、この台のポイントは演出に関わったのがあの吉宗を生み出したイートレックという点。出玉で魅力を出すのが困難な5号機だけに、演出でどこまで引っぱれるか、また5号機の行方を占うだけに興味があります。ホール導入は9月中旬予定。

続いては名機「クランキーコンドル」の後継機、「クランキーコンドルX」です。遂にアルゼさんも切り札を投入してきましたねぇ。5号機のリリースは多いものの評価はイマイチだけに焦りが見隠れしてるように感じるのですが。僕も当時はよくコンドルを打ってましたし、あの極美麗目に酔いしれましたよ。それだけに気になる台なんですが、ゲーム性はもちろんリール配列もかなり変わってます。基本スペックは小役とボーナスの重複フラグあり、通常時にRT に突入する突然RTありといって感じです。リーチもかなり存在するみたいですが、演出が豊富なのでリーチ目でボーナスを察知する機会はなさそう。かつてはアルゼ帝国と言われる程、多くのスロッターの支持を受けてた同メーカーですが、やっと本気になったのでしょうか?ホール導入は8/7より。

その他には10月には撤去される南国育ちの後継機として「南国娘25π」が5号機として発表されました。ゲーム性は全く違うんですが、あのパトライトは搭載されています。

ざっと上げるとこんな感じなんですが、当分はまだ4号機メインになりますね。特に僕個人が力を入れる機種の優先順位は番長→秘宝伝→北斗SE→大量獲得機→5号機になりますね。やはり番長は辛いと言われてますが、お客さんは連チャンを求めて追いかけますよね。北斗SEに関しては正直嫌いなんですが(苦笑)、大半のホールで導入されてるだけに、他店との差別化を図らざるを得ないと事情があります。

それでは皆さんの健闘を祈ります!また!

slotexpress at 14:34|PermalinkComments(5)

2006年07月24日

軽くヤバい!?

と言ってみたところで、ため息ばかりが出る設定師です。その原因は「北斗SE」なんですけどね。このブログを読んでる方の大半は既にこの台を打っていると思いますが、どう感じました?僕の周囲の人間で良い評価をした人は1人もいません。

「つまらない!」

「出玉が少ないんじゃ!」

「期待感が無い」

等々。悪評ばかりです。僕もその1人で無理矢理良い点を上げるなら「登場キャラが全てのセリフを話す」位でしょうか(苦笑)。

それでは、導入初日の様子をお伝えします。先週も書いた通り、初日は10台オール6でいきました。大盤振る舞いのつもりだったのですが、結果はしょぼい赤で終了(16割)。前評判通り辛い機種ですね。そして1週間経った今の設定状況は下記の通りです。

「北斗SE」等価店通常営業
3 2 3 1 6 2 5 6 3 2(平均設定3.3)

この設定だと、日によって利益が採れたり、赤字になったりで今はギリギリのラインで様子を見てます。今はまだフル稼動に近い状況なので、この設定でも利益が取れますが、当然時間が経てば稼動も落ちると考えられますので、平均設定は下がると思います。逆にまずは低設定で抜くホールもあります(特に大量導入したホール)。僕もそれを考えたのですが、初代北斗が撤去されることを考えると今からじっくり北斗SEを育てた方が良いんじゃないかと思って、このような設定状況にしてるんです。ただ実はまだ迷ってる部分もありますけど・・・

ちなみにこの1週間の最高出玉は4の7500枚(BB163回)、逆に最低出玉は-6700枚(BB36回)。他のホールの人間からは万枚オーバーしたとの結果も聞きましたが、よっぽど連チャンしたんでしょうね。でもさっきも言ったようにきつい台なので前作同様、特定役(チェリーorスイカ)が良く出る台(1/46を目安)に注目して立ち回るのが常套手段です。1日7000G稼動してBB100回超えても展開次第では打ち手が負ける場合もありますので、前作と同じ感覚で打つと痛い目に会います。1週間分のデータを見てみると分岐点は7000G稼動でBB回数90〜100回位になりますね。単純に言うなら、BBの確率が1/60以上の確率(総ゲーム数÷BB回数)で当っている台を目安にするといいですね。

この北斗SE、やはり期待感が大き過ぎましたね。全くの別物であればまだ良かったのでしょうが、あのギネス級の台の後継機ですからね、期待するなって言う方が無理でしょう。しかしサミーは見事に裏切ってくれました!マンクラ然りアラジン然り、2代目が初代を超えるのは難しいんですね。機械割が落ちてるのは承知してましたが、やはり痛い。それと前作の演出が通用しないのも欠点ですね。熱さも感じられないし。

愚痴ばかりになってしまいましたが、これからはこの台を使わないといけないわけだし、逆にこれで客が飛ぶホールはヤバいでしょう。この台に力を入れようとしているホールは狙い目ですよ。ちなみにBB中のJAC INの時は順押しだと外れる時が多いので必ずハサミ打ちで消化して下さい。これだけでも枚数に差が出ますから。

それでは皆さんの健闘を祈る!

slotexpress at 12:16|PermalinkComments(5)

2006年07月17日

最後のお祭りか!?

060717

今日は3連休最後の日。しっかり満喫してますか?僕も沖縄なんか行ってゆっくりしたいんですけどね。でも業界にとってはこの連休こそが稼ぎ時ですから、そんな事も言ってられないです。ということで、この3連休は前半に予定よりも出過ぎた分、しっかり回収してます。ちなみに「秘宝伝」はオール1,2なんですが、それでも稼動が良い分出玉にメリハリがあって出てるように見えるんですよね。

さて、明日からはいよいよ「北斗SE」が全国導入されます。スロット好きの方にとっては早く打ちたい!なんて思っているんでは?しかし僕らにとっては地獄のような日々が始まるんです。なんせあのモンスターマシーンの後継機ですから、入れ替え台数、ホール数も半端じゃない!今日一日で入れ替えが終わればいいんですが、これからしばらく続くわけですからね。1ヶ月後には生きているかどうか(笑)。でも嬉しい悲鳴なんですが。

その北斗SEの設定ですが、明日は下記のような感じでいこうかと思ってます。

「北斗SE」新装初日(等価店)

6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 (平均設定6)

見たまんまオール6でいきます。やはり明日はどのホールも新装なんで、ここはドカーンと出してデ玉をアピールしたいですからね。後はこの6がどこまで出てくれるか。メーカー発表の数字だけでは分からないこともたくさんありますからね。ただし!北斗SEがこの設定なんで、当然そのしわ寄せはあります。僕の予定では秘宝伝、番長、この2機種は低設定メインにします。皆さんも北斗に座れなかったからといって、安易に他の台に座らないで下さいよ。

さてさて明日はどうな結果が出るんでしょうか?既に新パネルが出るNEW北斗ですが、また北斗ブームが来るんでしょか?
それでは、入れ替え準備に行ってきます!

slotexpress at 14:42|PermalinkComments(7)

2006年07月10日

最後の切り札?巨大蛙登場!

060710

先週のこのブログで、秘宝伝の独壇場がまだまだ続きそうだと書きましたが、ここに来てホールによってその稼動状況に随分と差が出てきました。幸い僕の担当ホールではまだ如実な稼動の落ち込みはありませんが、年輩客がメインのホールでは閑古鳥が鳴いてるなんて悲惨なホールもありますね。それと雑誌等で解析が既に出回ってるのも影響してます。特にBIG中の小役出現率は如実に設定差があるので、こういった情報を知っている若いスロッターは低設定と分かると、すぐに席を離れるんですよね。出玉感はそこそこあるんですが、それも高確中の引きに左右されるので、ストレスが溜まるし。思ったよりも短命?なんて、最近は思い始めてます。

さて、今日は山佐最後の4号機「ジャイアントパルサー」の情報を入手したので書きたいと思います。まずこの機種、名前を見れば想像できると思いますが、山佐お得意のカエルがメインキャラクターとなってるA-711タイプの機械です。確率と出玉率は下記をご覧下さい。

■ジャイアントパルサー確率&出玉率
設定1 1/431 1/862 96.2%
設定2  1/431 1/862 96.2%
設定3  1/399 1/862 99.9%
設定4  1/390 1/744 103.7%
設定5  1/364 1/682 107.5%
設定6  1/348 1/630 110.1%

気付いた方もいると思いますが、設定1と2の確率と出玉率が同じなんですよね。キンパルもこんなパターンでしたよね。きっとこの台も1と2では連チャンの波が違うんでしょう。あと気になるのは6の出玉率の低さかな。あくまで予想ですが、こいつの6はハマりも無い分、連チャンも緩い感じのつまらない出方なんでしょう。良い言い方をすれば安定してるんでしょうが(笑)。

その他の基本スペックは
■キングオブキングパルサーと同様の液晶搭載

■ストック機でRTテーブルによるゲーム数解除

■天井は1850G

■リプレイ3連で解除抽選(設定差あり)

■連チャン率80%

ざっとこんな感じになります。まぁ連チャン率80%と言っても連チャンゾーンが鬼武者みたいに256ゲームかそれ以上あるんでしょうね。もしそうだったら個人的には嫌いなタイプですね。出玉半分以上削られて連チャンとは言えないでしょう(怒)。A-711タイプとなってますが、3連G絵柄が存在することから(画像参照)、BIG中はこの絵柄を目押ししてメダルを獲得するようです。大花火タイプってやつですね。

このジャイアントパルサー、ホール導入は9/4からですが、僕自信は急いで発注をかけようとは思わない機械ですね。あとは実際触ってみて判断してみようかと思います。狼列伝、カンフー、福の神と最近は全然良いところ無しの山佐さんには頑張ってもらいたいですけど・・・

slotexpress at 14:26|PermalinkComments(1)

2006年07月03日

秘宝伝に設定変更判別法が存在!?

どうも!暑い日が続き、既にぐったり気味の筆者です。まだ梅雨も明けてないのに、こんなんじゃ先が思いやられますね。こんな時は涼しいホールでスロットを打つのが一番ですよ(笑)。

さて、導入から2週間が経った「秘宝伝」ですが、他にめぼしい新台が無いのもあり、依然好調な稼動を保ってます。担当ホールを含め周辺のホールではほぼ満台、さらに立ち見客もいる状況で改めて大都ブランドの強さを感じましたね。中には客離れしてるホールもあると聞きますが、皆さんの行きつけのホールはどうですか?

実はこの状況に調子に乗って、昨日は秘宝伝のイベントを開催しました。と言っても内容は「1シマ(10台)の中に設定6あり」みたいな具体的な台数は告知しないイベントです。分かりやすく言えば、回収イベントですね。その時の設定状況は下記の通りです。

7/2 秘宝伝イベント設定状況(等価店)
1 6 2 2 3 1 1 4 2 1(平均設定2.3)

休日だけあって当日は朝からフル稼動!お陰でほぼ理想通りの動きをし、最終的には8.5割(損益分岐点10割)できっちり利益を出すことができました。そんな中でもドラマがありまして、特に6を打ったお客さんが良い引きをしてまして、チャンス目が出ればきっちり高確に入り、その高確でも確実に解除、さらに伝説モードに移行みたいな感じがひたすら繰り返され、結果BIG44,REG30で見事万枚オーバーを達成!羨ましいですね〜
逆に悲惨だったのが3で高確には良く入り、ボーナスを放出するもののバケに片寄って玉砕というパターンで結果はBIG9,REG31。本当、ご哀愁様としか言い様がないですね。北斗SEが導入されるまでは秘宝伝の独壇場が続きそうですね。

さて、その秘宝伝ですがつい先程、設定変更を見抜ける方法が存在するとの情報が僕の知り合いから入手したのでお伝えします。
その情報というのが設定変更すると天井が430Gに固定されるということなんです。ただし、高確ゾーンや高確潜伏のゲーム数はカウントされないのでご注意を。同一設定の打ち直しの可能性もありますが、ホールのくせを掴んでいれば有効な立ち回りができます。ホールとしても朝一の立ち上がりを良くしたい時には使える方法ですしね。今日閉店したら早速確認してみようと思います。それでは皆さんの健闘を祈る!


slotexpress at 13:56|PermalinkComments(5)

2006年06月26日

秘宝伝速報

注目の大物機種「秘宝伝」導入から1週間が経ちましたが、皆さん、もう打ちました?稼動が良すぎてなかなか打てない人もいるんじゃないでしょうか?僕のホールでも1日平均6000Gほど稼動している状況で、はまってる台が空き台になるとすぐに別の人が座って満台になる状況です。さすが名機「吉宗」、「番長」を輩出しただけのことはあると実感しましたね。まぁこの秘宝伝、「自分の引き次第でどうにかなる高確演出が熱い!」と肯定的な人もいれば、「1G連も無いし、なかなか連チャンしないんできつい。やっぱ番長でしょ」と否定的な意見があったりと賛否両論です。僕自身は高確演出が先代と違って実際にボーナス放出のチャンスなんでドキドキできていいんじゃないかと思いますね。俺タイムより成功率高いし(笑)。ただ、通常時はひたすらチャンス目待ちなのが退屈かなとも思いますが。

さて、その秘宝伝の新装結果ですが、なかなか面白い結果が出ました。下記の設定配分をご覧下さい。

「秘宝伝」新装初日
3 4 6 5 6 3 4 5 (平均設定4.5)

「秘宝伝」新装2日目
2 3 6 5 4 1 4 6 (平均設定3.8)

まず、結論から言うと初日は出ませんでしたね〜打ってるお客さんからも「お前のところは新装初日から締めてるのか!」みたいな視線がバシバシ刺さるし、困りましたね。「あなたの台、本当は6なんだよ」なんて心の中で思いましたけど(苦笑)。高設定はそれなりに連チャンして見せ場はあったんですが、それが終わると、また飲まれるんですよね。ホールのオーナーさんも「こんなんで大丈夫かよ?」なんて心配してました。

明けて2日目、3台は据え置きにし、低設定の動きも見ようと思い上のような設定にしました。これが昨日とはうって変わり大きな差枚数が出たんですねぇ。トップは設定6の10500枚でB46R29!伝説モード入まくりってやつですね。逆に悲惨だったのが設定4の−6000枚。全体的には17割(損益分岐点は10割)。赤字にはなりましたが、出玉感は十分に見せることができました。

全体的には高設定は甘い部類に入るなぁと感じましたね。通常ベースは50ほどですが、この機種だと55〜60位あるし。ただし、同じモード方式のアラジンと比較すると瞬発力は弱いです。それとこの機種にはBIG中の小役確率が設定毎に差が存在するので、ある程度の設定推測ができます。その数値は以下の通りです。
BIG中のスイカ確率
設定1 1/32
設定2 1/29
設定3 1/27
設定4 1/25
設定5 1/23
設定6 1/21

BIG中のハズレ確率
設定1 1/9
設定2 1/10
設定3 1/12
設定4 1/14
設定5 1/16
設定6 1/20

この数値であれば高低の判断はできそうですね。機械を扱う側とするとあまりこのように判別されるのは好ましくないんですが、個人的にはこういう要素は好きですね。逆に高設定を使ってるのも分かってもらえるし。

賛否両論の秘宝伝ですが、僕としては大事に使っていこうと考えています。きっとそう思ってるホールもたくさんあると思います。そんなホールを見極めて立ち回れば良い結果が付いてきます。特にこれから導入するホールもあるんで、今がチャンスですね。


slotexpress at 17:27|PermalinkComments(2)

2006年06月19日

風営法改正について

はぁ〜昨日のクロアチア戦で希望の光りがほぼ無くなり、意気消沈の筆者です。サッカーには興味が無いとはいえ、この結果は残念ですね。それにしても川口は頑張ってましたね〜あの頑張りを見ると何とか点を取って欲しかったんですけどね・・・

さて、今日はいつもと趣向を変えて風営法について話したいと思います。この「風営法」という言葉、一度は耳にしたことがあると思いますが、簡単に言えば、パチンコ屋、スナック、ゲームセンター等、風俗営業に関する規則です。パチンコ屋はこの風営法の規則に乗っ取って営業が行われているわけです。その風営法が5月に改正されたんです。この改正がホールにとって良い改正であれば良かったんですが、残念なことに面倒なことになる改正だったんですね。主な改正事項として、

■ 開閉店時間の厳守。読んで字のごとく、営業時間外にお客さんを店内に入れてはいけないということです。今23時閉店のお店では15分前にはお客さんを外に出しているホールが多いですよね。

■ 閉店時の出玉保証の禁止。今までは認められていた確変等の出玉保証もこの改正によって一切禁止に。夜の稼動が下がるだけ。

■ どんなに些細な部品交換であっても所轄の警察に届けなくてはならない。はっきり言ってこれが一番面倒臭いです。ドリンクホルダー1つ付けるしても届けを出さなくてはいけないんですから(怒)。この規則を破ると他のチェーン店も営業停止になるんだから、たまったもんじゃない!

■ 18歳未満の入店禁止。これは今まで実質黙認されてた事項でしたが、今後は厳しくなるそうで、誰の目にも触れる所にこの事を張り出さなければいけなくなりました。中には抜き打ちで警察が巡回に来たり、ライバル店が相手のホールに18歳未満の人間を送り込んで、チクリを入れるなんていう悪質なことをするホールも存在する。堂々と出玉で勝負しろ!

■ お客を煽るメール、チラシ、札の禁止。これも以前から言われていましたが、本格的に厳しくなりました。今では「サメ、アンコウ」とか「社長、部長」なんていう曖昧な札が多いですよね。

こうして見てもホールにもお客さんにも何一つ良いことが無いんですよね。まるでパチンコ業界が目の敵にされているように思うんですけど。確かに子供を車内に置いたままパチンコをする親が後を断たないことによって、この業界のイメージはいまだに悪いままですが、この改正とは根本的に違うような気がするんですけど。

射幸性の低い機械がホールを占める今後、ユーザーを取り戻す為にもっとユーザー自身の声を聞く必要があると思いますけどね。みなし機と言われる全く罪の無い3号機、4号機を撤去させて満足しているお上は何を考え、何をしたいんでしょうね。


slotexpress at 16:43|PermalinkComments(4)

2006年06月12日

秘宝伝設定状況

いよいよW杯が開幕し、今日はサムライブルー出陣の日ですね!普段はサッカーにはあまり興味の無い僕ですが、今日ばかりは仕事をさぼりながら、TVにかじり付く予定です。本当、ミーハーですよね(笑)

世界中ではビッグイベントが開催されていますが、スロット業界でも大きなイベントが控えていますよ。ご存知のとおり、「秘宝伝」と「北斗SE」の導入です。まずは「秘宝伝」が1週間後の6/19から先陣を切って導入されます。恐らく大部分のホールではこの機種と吉宗が入れ替えられることになると思います。しかし、吉宗全てを秘宝伝で入れ替えることは無理なので、僕の担当ホールでも既に天下布武Rやキングオブマウス、7カフェなどで事前に入れ替えをしています。現時点では、そこそこの稼動(約3500〜6000G)を保ってますが、そう長くは期待できないでしょうね。

さて、その秘宝伝ですが、僕の担当ホールでもなんとか確保することができました。そこで今回は秘宝伝の新装初日の設定をお教えしよと思います。あくまでも予定ですけどね(笑)。

「秘宝伝」新装初日

3 4 6 5 6 3 4 5 (平均設定4.5)

ざっと書くと上のような感じになります。本当は大盤振る舞いでオール6にしようかと思ったんですが、やはり他の設定の挙動も気になるので3〜6を2台ずつ入れて様子を見ることにしました。臆病者とは言わないように(笑)

この秘宝伝、吉宗、番長同様シャッターと高確率演出を搭載していますが、高確率演出の意味合いが違うんですよね。以前の2機種は演出上の高確率でしたが、今回は実際にボーナス放出確立がUPしているのでボーナスが獲得できるかどうか、後は打ち手の引き次第になる訳です。後は設定6の出玉率が番長よりも高いのでそこに期待したいですね。

全国の大部分のホールで一斉に導入されるこの機種。導入当初は他店との差別化を図る意味でも高設定の設置率も高くなるので、稼ぐには絶好のチャンスです。僕自身も新台導入の時はいつもどんな結果が出るか楽しみなんですよね。特に今回は今後のホール経営を左右すると言っても過言では無い機種の導入ですから。

果たして、結果は如何に?続報をお伝えしますのでお楽しみに!


slotexpress at 16:15|PermalinkComments(0)

2006年06月05日

北斗SE試打報告

060605
間もなく導入される「北斗SE」。その北斗SEの発表会が赤坂プリンスホテルで大体的に行われ、僕も行ってきました。アラエボの時ほどではありませんでしたが、今回も多数の業界関係者が詰め掛けました。

早速打ち込むぞ!と実機の前に行くも人、人、人の人だかりが凄く、一度諦めて、用意されていた食事を適当に食べたり、久しぶりに会う知り合いと挨拶なんかをしながら、時間潰し。そして展示会終了間際になりようやく実機に辿り着くことに成功し、試打開始!

今回はキャラ毎のステージは無く、昼、夕方、夜に設定され、どのキャラが出てくるかは分からないようになってます。その中でも激アツは新キャラ「ハート様」でしょう。原作はあまり知らない僕ですが、このキャラのインパクトは強いですね。出現=確定ではありませんが、ジャギよりも期待ができる感じです。ゲーム性を吟味しながら打ってると、待望のバトルボーナス到来!しかし2連で終了・・・引きの弱さは相変わらずです。JACゲームの払い出しが13枚に減っているので、さらに少なく感じます。

僅か15分ほどの試打でしたが、全体的なゲーム性の完成度は高いと思いましたね。ただし、以前から懸念されていた出玉率の低さは不安点として残りました。まぁ仕方ないですけどね。設定6で3000〜4500枚位出れば御の字って感じですね。知り合いの業者も「こりゃきついわ」なんて否定的な意見が多かったし。それでも、多くのホールで導入されるのは事実ですし、どう扱うかを考えないと。前作があまりにも偉大でしたからね、打ち手がそのギャプにどれだけ付いてこれるか不安ですね。

皆さんはこの北斗SE、どうお考えですか?


slotexpress at 14:06|PermalinkComments(3)

2006年05月29日

吉宗に不可解な現象が!

どうも!「秘宝伝」、「北斗SE」の確保に奔走して、疲れ気味の設定師です。あれだけの台数を全てこの2機種でまかなうのは正直厳しいっす。まぁそれを何とかするのが腕の見せ所なんですけどね。その入替え対象機種となっている「吉宗」。設置期限も遂に1ヶ月を切り、打ち納めラッシュをかけている人も多いんじゃないでしょうか?実は僕もその一人なんですけどね。

実はその吉宗が最近おかしいんです!

「最近吉宗の割数が合わないんだよ。何かやられてるんかな?」

これは僕の知り合いのホール店長のコメントです。何でもそのホールは撤去間近ということでオール1,2営業をしているんですが、ここ1週間必ず1,2台5000〜8000枚ほど赤字になる台があると言うんです。機種の特性上、低設定でも多少の赤字は仕方ないと割り切ってるんですが、今までそんな状況がなかったので気にしているみたいです。履歴を見ても、頻繁に1G連しているわけでもないし、出玉推移自体は高設定そのものなんですよね。過去にも体感機やソレノイド、クレ満君など抜く手段はいくつか存在しました。最近では何十万もした体感機もここに来て、かなり値下げをして最後に売りまくってるなんて話も流れてるんで警戒してるみたいですが、それらを使っているような挙動不審な人間もいないみたいなんですよね。

幸いにも吉宗全体では低設定のオンパレードで一応利益は出ているみたいですが、もし本当に何か抜く手段が存在し、それを使う人間が大挙して押し寄せたら、ぞっとしますね。現在、僕の担当ホールでそのような状況はみられませんが、一応ホールスタッフには注意をさせています。

まぁオール設定1にすれば簡単なことなんですが、残り少ない今も好きで打ってるお客さんもいますし、お客さんが飛んだら雰囲気も悪くなりますからそれだけは避けたいんですよね。果たして真相はどうなんでしょう?勘違いで済めばいいんですが・・・何か判明したらお知らせします。


slotexpress at 13:07|PermalinkComments(3)

2006年05月22日

新生北斗の全貌が見えた!

060522


既にCM等でその存在を少しずつ世にアピールしている北斗の拳の後継機「北斗SE」。その新生北斗の全貌を入手したので、早速お伝えします。まずは基本スペックから。

■ 北斗SE 4.7号機 ストック機
ボーナス確率
設定1 1/353 96.3%
設定2 1/326 99.2%
設定3 1/315 101.8%
設定4 1/304 103.7%
設定5 1/293 105.6%
設定6 1/288 108.5%

4.7号機とは言え、AT機能、1G連が廃止になってしまった分、前作と比較すると出玉率が全体的にダウンしてます。特に6なんか119.7%→108.5%ですからね。仕方ないですけど。
基本的には前作をほぼ踏襲していますが、前作との大きな違いは「バトルボーナスの継続率」と「昇天抽選機能」が搭載されたことです。詳細は下記をご覧下さい。

■BB継続率
継続率は62%,75%,80%,88%,92%の5種類が存在。赤7揃い時は49%,30%,11%,7%,3%の順に選択され、平均連チャン数は4.6連(約460枚)。前回の北斗絵柄に該当する青7揃い時は1%,2%,35%,42%,20%の順に選択され、平均連チャン数は8.4連(840枚)。BBは最高40連で強制終了。

ATが廃止された分、高い継続率が増えました。連チャン性自体は前作と比較しても、けっして見劣りしないのでしょうか。特に92%が選択されれば、一撃数千枚も可能でしょうし。BBは40連までと上限が設けられましたが、さほど問題は無いでしょう。特に僕の場合はいまだに昇天したことが無いですし(苦笑)。

■ 昇天抽選
ボーナス時、レバーを叩いた時に1/394で抽選。昇天抽当選時はケンシロウが倒れ、BETでヨリアが出現!そこでケンシロウが立ち上がり20連確定。
この機能は前作には無かったオリジナルのものですね。当選確率も不可能な数字ではないし、今まで以上にBETを叩く時が熱くなりそうです。

以上が新生北斗の概要です。出玉率が落ちたとは言え、前作と引き離せば十分勝負できそうな気がします。新しいキャラも増えてゲーム性も良さそうだし。それでも比較しちゃいますけどね。どこまで偉大な初代の壁に近付けるのか、楽しみですね。まぁこの夏の本命であることは間違いないでしょう。その姿を現すまであと2ヶ月です!ホールにとっては自店にどれだけ導入できるかが重要となります。頼むぜ!サミー。


slotexpress at 11:55|PermalinkComments(4)

2006年05月15日

秘宝伝続報

前回のブログでお伝えした「秘宝伝」の速報情報。このブログを見ている人以外にも僕の周囲の人間からも予想以上の反応があり、僕自身驚いています。それだけ、大都の新機種に対す期待が大きいということでしょうね。その秘宝伝の新たな情報を入手しましたので、速報としてお伝えしましょう。

まず、前回では導入台数は約15万台前後と書きましたが、6/19の初期導入では1ホールあたり1列(10台前後)が限界だそうです。大都の営業マンにも何とかならないかと詰め寄ってみても、これみたいは何ともならないみたいだそうで(苦笑)。今まで吉宗、番長と果てはバンバンから購入してたのに・・・まぁ仕方ないか。
ただし、大都の周辺機器(コインサンド、島設備等)を導入しているホールや吉宗の過早期回収に協力しているホールは優先的に導入できるとのこと。さすがこの業界。やることが悪代官並みです(笑)。

熾烈な争いを見せている秘宝伝ですが、良からぬ噂もいくつか流れています。まず、
「BIG中の楽しみであったキャラ選択ができなくなった」
「この秘宝伝は吉宗を作ったチームではなく、別のチームが作ったので出来がイマイチ」
「基本スペックがアラエボと同じなのできつい」等々。

それでも今のご時世、このスペックでも導入せざる得ないのは、大都の戦略勝ちでしょうね。やっぱり僕自身も早く打ってみたいし。この秘宝伝の1ヶ月後には「北斗SE」の導入もありますし、この夏はこの2機種がみなし機の入れ替えスペースの取り合いになりますね。北斗についても情報を入手次第、お伝えしますのでお楽しみに!


slotexpress at 14:06|PermalinkComments(0)

2006年05月08日

伝説の機械になれるか

060510


楽しかったGWも終わってしまいましたが、満喫できましたか?これだけ長い休みが続くと、現実に戻るのが嫌になっちゃいますよね。僕も1日だけ休みを強奪?して関東近県の某所に温泉に行ってきました。それでも夜は持参したPCにホールからデータが大量に届いてましたけど(苦笑)。お陰でGW中は予定通り、回収できました。それでは現実モードに戻って、業界情報なんぞをいくつか話しましょう。

まずは北斗SEと同時に4号機最後の砦として注目を浴びている大都の「秘宝伝」について、筺体写真と確率を入手したのでお伝えしましょう。

設定1 1/348 1/350 95.36%

設定2 1/322 1/350 98.73%

設定3 1/301 1/300 102.19%

設定4 1/282 1/282 105.84%

設定5 1/274 1/274 108.38%

設定6 1/259 1/261 112.17%

基本スペックはA-400のストックタイプ。モードは3種類(通常、伝説ショート、伝説ロング)存在し、移行の鍵を握るのがチャンス目。高確率中は毎プレイ1/15でボーナス放出抽選を行ってます。なお、この機種には大都お決まりの1G連は搭載されていません(残念)。販売台数は15万台前後と言われていますので、現存する吉宗と一度に入れ替えるのはきついですね。

それとBR比率が1対1なのが気になりますねぇ。展開次第ではREGに片寄って死亡なんてこともあったりして。まぁ番長よりも出玉率が良いのが望みですかね。お得意のシャッターも搭載しているし、ただ絵柄が前作の硬派系からコミカルになったのが個人的にはマイナスポイントかな?どちらにしても導入日の6/19が楽しみです。

GW明けの5/8にはナナカフェが導入されましたね。基本は前作のボンバーパワフルとほぼ一緒です。ボンバーもなかなか良い機械でしたが、今回はまだ様子見です。というもの、オリンピアから最後の711枚機(何度最後のって言ったことか)「パニックマウス」が登場するからなんですよ。この機械、銭形と同じようにBIG後、一定の割合で4G連するんですが、BIGが放出されるまでREGが連チャンするんですよ!単純に考えても銭形よりも破壊力は上と思えますね。

今年に入り、5号機の登場数が飛躍的に増えてきましたが、ホールでは依然4号機のニーズが高いですね。この傾向は設置期限ぎりぎりまで続くでしょう。本当は5号機をお客さんに浸透させないといけないんですけどね。そのバランスが難しいと痛感する日々です。


slotexpress at 16:21|PermalinkComments(4)

2006年05月01日

GW設定速報

遂に待望のGWに突入しましたね。色々な楽しみ方があると思いますが、皆さん満喫してますか?さて、今回はそのGW中の設定状況をリアルタイムでお伝えしたいと思います。前回はGW中の予定としてお伝えしましたが、実際にどのような状況になったかに注目して見て下さい。あまり良い結果ではないかもしれませんが(苦笑)。

それではざっと設定状況を公開します。

押忍!番長
1 3 2 1 4 1 2 5 (平均設定2.2)
※毎日打ち直し
俺の空
2 1 3 1 2 4 1 2 (平均設定2)
アラエボ
1 1 3 1 2 1 4 1 (平均設定1.7)
モグモグ風林火山
2 1 1 3 1 1 2 2 (平均設定1. 6)
※毎日打ち直し
吉宗
1 1 2 1 1 3 1 1 (平均設定1.3)
※毎日打ち直し
南国育ち
1 3 1 2 4 2 1 1 (平均設定1.8)
エヴァンゲリオン
2 1 1 2 1 4 1 1 (平均設定1.6)

前回の設定状況と比較しても分かる通り、平均設定が下がってます。これはGW前半(4/29〜5/2)に予定よりも多少出てしまった為です。言わば餌まきみたいなものですね。それにしてもこの時期は本当に稼動が良いです。現在9割ほどの稼動がありますからね。これだけ稼動が良いと低設定でも噴く台があるんですよ(吉宗、アラエボ等)。それでも、全体的には圧倒的にホール側のプラスですが・・・スロ好きの僕としてはもっと出してたいんですが、オーナーの命令でもあるわけですからね、複雑です。その分、連休明けには還元しますよ。

この時期は稼動も良いので、ボーナス回数がついているように見えますが、総回転数を考慮してみると実は低設定なんてことが多々あるので気をつけて下さい。あとはストック機のゲーム数狙いか5号機の良さげな台を地道に狙うのも一つの手ですね。5号機は割と設定に素直な出方をしますからね。あとは過剰な投資だけは避けるようにして下さいね。

それでは残りのGWを満喫して下さい。僕も吉宗でも打ってきます(笑)。


slotexpress at 15:24|PermalinkComments(1)

2006年04月24日

GW中のホール内情

さて、楽しみな大型連休GWに間もなく突入しますね。このブログをご覧になっている皆さんも、普段あまり打てない分、朝から思いっきり打ち倒そう!なんて考えている方も多いのでは?僕もあと2ヶ月ほどでこの世から消えてしまう名機を打ちにプチ旅打ちなんぞを決行しようかと考えています。

今回はそのGW中のホールの設定状況について話します。結論から言うとずばり「回収設定」です。がっかりした方も多いと思いますが、やはり大型連休はホールにとって稼ぎ時なんですよね。但し、去年よりは少しだけ平均設定を高くするつもりです。と言うものも、既存の設置機種で同様の設定を打つと抜き過ぎてしまうからです。それだけ、今の機種が辛くなってということですね。

それでは、この期間の設定状況をご覧下さい。

1. 押忍!番長
通常時設定状況
1 4 3 6 1 2 3 4 (平均設定3)
GW中の平均設定
1 3 1 6 1 3 3 2(平均設定2.5)

GW中は通常時と違いメリハリのある設定を打ちます。これでも稼動が高いとまぐれでも出ているように見えるんですよ。そこがこの機種の良い所なんですよね。たまに予想外に噴く時がありますけど(特に2)。また同一設定の打ち直しをするパターンもあります。これは朝イチの演出で設定変更をしたと思わせる為です。それと朝イチのBIGが青7だと設定据え置きの可能性が高いと悟られるからです。それでも番長は人気のある機種ですから、状況によってはもう少し設定を高くするかもしれません。

2. 俺の空
通常時設定状況
2 3 4 1 2 6 3 (平均設定2.6)
GW中の平均設定
1 2 1 5 1 4 3 2 (平均設定2.3)

こちらは番長と平均設定がほぼ同じですが、中間設定がメインになっています。基本的にはお客さんが遊べるような設定を打っていますが、1はほぼ爆死決定なのでこれだけは避けたいところです。低設定はハマリが連続して、たまに2〜3連チャンするのがパターンなので、ここに注意すれば分りやすいです。一撃で何千枚も出る台ではないので、過剰な投資は厳禁。

簡単にGW中の予定設定を紹介しましたが、結論としては打たないのが一番なんですよね。この時期は稼動が高いので、台移動もままならないですし。また、イベントにも注意が必要です。「本日のおすすめ機種」や「高設定多数投入!」などあいまいな告知や設定確認ができない等のイベントは危険ですね。

なんだか暗い話ばかりになってしまいましたが、「南国育ち」、「NEW島唄」、「番長」などは高設定を入れますよ。特に南国育ちの6は分かりやすいですから、きっちりアピールできるんですよ。ジャグラーも小役狙いとリプレイはずしをきっちりやれば甘い機種なんでお薦めですね。カンフーやスーパー福の神なども高設定を入れますが、あの台は6でもろくに出ないので打たないほうが良いですね。ちなみに撤去間近の「北斗」、「吉宗」は見せ台として高設定をいれるホールもあれば完全に回収設定にするとホールによって扱いは様々です。逆に花火、サンダーVなどのみなし機と言われる台はほぼ低設定です。

何度も言う様ですが、GWは回収設定です。あとはご自身が行くホールが力を入れている機種をチェックして、シビアな考えを持って台選択をして下さい。

それでは良いGWを!


slotexpress at 15:40|PermalinkComments(1)

2006年04月17日

いよいよ北斗が・・・

どうも!先週から未だに風邪が完治しない筆者です。それでも、スロットを打つ位の体力と気力は戻ったので、何気なく座った撤去間近の吉宗を打って6000枚ほど出てしまいました。久しぶりに打ちましたけど、やっぱり面白い!こんな名機が無くなるのは寂しいですね。

今回は2代目北斗「北斗SE」について。前々から名前は出ていたので既にご存知の方もいると思いますが、導入時期は7月の上旬〜中旬になりそうです。当初は6月中の予定だったのですが、その時期は大都の「伝説の道」が導入されるので、バッティングを避けたのでしょう。まぁあまり良い機械が期待できない状況ですから、この北斗SEはサミーにとっても売り上げを確保する最終兵器になるでしょうしね。それでも全国に設置されている約35万台の北斗を全て、この台で入れ替えるのはきついでしょう。僕の親しいサミーの営業マン曰く、「全ての北斗を新北斗と入れ替えますよ」とかなり強気な発言もしてますけど(苦笑)。

この業界、噂ばかりが先行する業界でもあるんですが、トップ導入でも1ホール8台が限界なんて噂も飛んでいます。もしこれが本当だとしたら、一気に入れ替えるのは不可能ですね。

一向にその本性を現せない北斗SE。先ほどの営業マンに聞いても筐体写真すら見ていないとのことですから、ガードが相当堅いのでしょう。設定6でも出玉率108%程度なんであまり多くは期待してませんが(良い意味で期待を裏切って欲しい)。きっと発表する時にはアラエボ同様何億もかけて大体的に発表会をするんでしょうね。

ちなみに山梨県では今後、4号機の検定を取らせないとの話が出ており、この姿勢を続けるなら伝説の道も北斗SEも設置することは不可能になります。いかにも頭の堅い役人が考えそうなことですけど。少しは融通きかせろよ!


slotexpress at 12:42|PermalinkComments(0)

2006年04月10日

不正基盤蔓延の業界

日中は春らしく暖かい天候になりましたが、夜になるとまだまだ寒い日が続く今日この頃。皆さん、風邪なんか引いていませんか?こんな事を書いておきながら、筆者はここ1週間風邪気味で仕事にも力が入らない日々が続いています。お陰で先週は全く打てませんでした(涙)

今日は個人的に最近よく耳にする不正基盤について話をします。その対象機種は誰もが知っているパチンコ「CR大海物語」。この機種に関してはその膨大な設置台数から以前より裏基盤(Bモノ)の存在が確認されていました。僕が聞いた話は、俗に言う「ぶら下がり」と呼ばれるものを、メイン基盤の裏側に存在する隙間に仕込むモノです。これがまたかなり手のこんだ代物でして、何でもありの物なんですね〜

具体的には、
■ 朝イチのモーニング設定の有無から始まって、指定回転数(6〜135回転)に大当りが来るように設定できる
■ イブニングも可能(電源ONから2〜12時間後に大当りする)
■ モーニング、イブニング共に単発〜9連までの連チャン数も設定可能
■ 確変突入率、継続率共に35〜65%の範囲で設定可能
■ 通常時の初当り確率を1/269〜1/569の10段階に設定可能
■ 最大2400回転の天井機能も搭載

これを応用するとまず朝イチ50回転で確変5連チャンをセット、電源ONから7時間後(だいたい夕方頃)にイブニング発動。これを9連チャンするようにセット。確変突入率は35%、継続率を70%に設定。その代償として初当り確率を一番低い1/569に設定する。こんな感じになりますかね。それにしても手がこんでますよね。組み合わせ数は何と!100億通りにもなるんですから。その昔スロットにも裏モノ全盛期と言われる頃には「アラジン2」、 「トライアンフ」、「ミスターマジック」などの爆裂機には5400通りの設定が存在していましたが、これと比較すると可愛いもんですね。

この不正基盤は稼動アップを目的として使われるのでしょうが、打ち手にとってメリットがあるだけではないのは分かりますよね。こんなインチキをしないと利益をとれないような経営者はとっと消えてほしい。中にはこの基盤を取り付けるという業者にセットロムも同時に仕込まれ、ゴト師に思いっきり抜かれた間抜けなホールも存在するようです(笑)。

僕にも「この手の基盤を専門に扱っている業者を紹介するよ」なんて話が来ますけど、こんな物に手を出したら終わりだと思っているので、全て断ってます。ノーマルの機械を扱えない人間は、Bモノだって扱えるはずがないんですよ!

現在、メーカーでは対策としてこの不正基盤を対策する為に封印作業を行っていますが、台数が多いだけにかなり時間がかかるでしょうね。早く安心して打てる環境を作りたいものです。皆さんが何気なく打っている海も魔の手にかかっているかも・・・


slotexpress at 12:00|PermalinkComments(0)

2006年04月03日

2代目モグモグ、その真相は

いよいよ桜シーズンが到来し、気分も新鮮になる今日この頃。そして、このシーズンと言えば、お花見。この業界には酒大好き人間が腐るほどいて、何かにかこつけて酒が飲めるとなれば、何でもします。結果、色んなホールから呼び出しがかかり飲む機会が多くなるんですよね。僕も決して酒は嫌いではないですが、何日も続くと少し憂鬱になりますね。

さて、今回はネットの「モグモグ風林火山」の設定状況について。俺の空とほぼ同時期に導入された為、導入台数は厳しいかなと思われましたが、以外に伸びましたね。時期をずらせばもっと伸びたと思うんだけど。まずは下記の設定状況をご覧下さい。

某等価交換店新装初日
3 4 5 6 3 4 5 6 (平均設定4.5)
新装2日目
3 4 2 5 4 3 3 4 (平均設定3.5)
通常営業
1 2 3 5 1 4 2 4 (平均設定2.7)

新装初日は赤字覚悟と様子見で3〜6を各2台ずつ投入しました。結果は、予想を下回る14割(損益分岐点は10割)。とりあえず、ドル箱が積めたのでそれなりに出ている様に見えましたけど、イマイチでした。この台の6は本当にダラダラした出方ですね。この日も6の最高出玉は3700枚。良く言えば、安定してるんでしょう。僕もそうですが、大部分の打ち手は連チャンを求めて打ってるんと思うんですよ。モグモグに限らず、最近の台の6はこんな仕様の台ばっかりですね。

ということで、2日目は連チャンモードの移行率が一番高い4を3台入れてみました。これが大変なことになって、この日の最終割数は29割!予想以上に4が爆発しました。最高出玉は4の8000枚!ホールのオーナーはこの数字を聞いた時に一瞬動きが止まってましたけど(苦笑)。これでこの台の良さを引き出せたと弁解しましたけどね。

通常営業では、波の荒い奇数設定をメインに4を入れてます。さっきも言ったように出方が面白くないので、6は使いません。これでも十分な稼動&利益が確保できますからね。ただし、導入から時間が経過した今、狙い目ゲーム数(257〜384,513〜640,769〜896)が判明し、空き台がチラホラ出てきたのも事実です。まぁこの現象も客層にもよりますね。やはり若者がメインのホールではそうなりますし、逆に中高年層がメインの客層では純粋にゲーム性を楽しいんでますね。全体的には連チャンやボーナス間近の演出も完成度が高いので、個人的には俺のそらよりも好きですね。貴重な4号機ですからね、少しで稼動するように上手く使うのが、設定師の腕の見せ所です。


slotexpress at 12:00|PermalinkComments(0)

2006年03月27日

今春の目玉「俺の空」。その結果は・・・

この春の目玉、そして残り少ない4号機として多くの注目を浴びていた「俺の空」がホールデビューして2週間。既に打たれた方も多いと思いますが、戦績はいかがでしたか?その演出内容、出玉性能には賛否両論の声がありますが、今回はこの「俺の空」の設定状況についてお話します。まずは下記の設定状況をご覧下さい。

某等価交換店新装初日
5 3 2 2 4 6 3 2 3 (平均設定3.7)

新装2日目
5 4 3 6 2 4 5 6 (平均設定4.3)

通常営業
3 2 2 6 2 4 3 4 (平均設定3.2)

新装初日は思いきって出すか迷ったのですが、設置時点でストックが無く、スタッフの手で回しても高設定の性能を活かしきれないと判断して、あえていつもの新装より平均設定を低めにしました。結果は店側が黒字となる5.3割(損益分岐点は10割)。それでも6は3500のプラスでしたけどね。ちなみに最低出玉は3の3600枚でした。ストックも十分に貯まった2日目は初日よりも平均設定を高めにして、お客さんに還元することを狙った設定にしました。少々不安になりながら結果を見守っていましたが、この狙いが見事に適中して5の7800枚を筆頭に6の4200枚、4の3100枚など8台中5台が打ち手のプラスとなる15割の出玉となりました。通常営業となった現在では2,3をベースに6や4を2〜3台入れて薄利多売の設定を打って様子を見てます。

この台は現在、多くのホールに導入されている機種ですから、他店との差別化をはかる為には多少設定を高めにして、出玉でお客を呼ばないときついと思います。扱っている機種は一緒ですからね。中には15台ほど導入しているホールもありますが、設定がきついのか空き台が目立って、見栄えの悪いホールもありますね。そう考えると10台位の導入で良かったと思っています。

この「俺の空」、個人的な感想としては演出は今までのロデオ系の機械(サラリーマン金太郎、旋風の用心棒、鬼武者)の集大成、皮肉な言い方をすれば良いとこ取り(苦笑)、出玉性能は巨人の星3をベースした感じの台だと思いましたね。あとは、打ち手の引き(リプ3連、俺タイム中のリプレイの引きなど)によって展開がかなり変わってきます。高設定でも俺タイム中で解除しないと負けるし、逆に低設定でもリプ5連で大連チャンモードに入って、一撃5000枚!なんてこともありますしね。

やはり高設定は俺タイムの突入回数が多くなりますので、5,6は安定して勝てる設定ですね。もうお分かりだと思いますが、この台で勝には俺タイムの突入率を見極めることです。基準としてはリプ3連で2回に1回、チャンス目出現時の3回に1回、俺タイムに突入する台となります。
それでは皆さんの健闘を祈っています!



slotexpress at 12:10|PermalinkComments(0)

2006年03月20日

サミーまたしても失態

サミーさんまたまたやってしまいましたねぇ〜実はこの春、同社から販売予定の「CRガッチャマン」が急遽販売中止になったんです。何でも、100〜150台に1台ほどの割合でスーパーリーチになった時に初期画面に戻ってしまう不具合が発覚したから。
もちろん、このままホールに設置されれば、打っているお客さんからはクレームの嵐ですからね。

最近のパチンコ、演出の内容も高性能化してますからね、その影響もあるのでしょうか?それでも許されることではないぞ!さらに問題なのが、当事者のサミーのHPにはその件について、販売が延期されることだけが掲載されているだけで、具体的な理由が載ってないんですよ!反省してるのかよ!って感じですよ。僕の担当ホールでも入れ替えの予定があったんですけど、この件のお陰で代替え機種を探すのに大忙しだったし。つい最近も「CRチョロQ」でも不具合があったばかりなのに、大丈夫ですか?サミーさん。このままじゃ、アルゼと同じ運命を辿りますよ。

そういえば、ちょっと笑えたのが、最近までガッチャマンのCMが流れていたのですが、それが今さらアラエボに差し換えられていたんですよね。このままお蔵入りする可能性もあるかも。ふと思い出したのが、爆裂AT機「灼熱牙王」が急遽販売中止になったことです。あの時は「灼熱牙王は燃え尽きた」と迷セリフを残していましたが、今回はどんな言い訳をするんでしょか?

ちなみに間もなく登場が噂されている「北斗SE」ですが、設定6の出玉率は当初の117%ではなく108%ほどになると、その出玉性能はかなり落ちそうです。これだと、今の北斗を全台入れ替えるのはきついですね。

業界のリーダーとして頼むぞ!サミー


slotexpress at 15:10|PermalinkComments(0)

2006年03月13日

最後のAT機、その実力や如何に?

春の新装ラッシュ&ホールイベントの企画が重なり睡眠不足の筆者です。体力的にはきつい時期ですが、成功した時に飲む酒は格別に上手い!疲れも吹き飛びます。ただ打つ時間が無いので、少々ストレスがたまってますが(笑)。

今回は山佐のAT機「狼列伝」について話します。4号機爆裂時代を築いた「AT機」ですが、今では懐かしささえ感じる響きですね。実際、僕自身もAT機を扱うのはいつ以来か記憶に無いほど久しぶりです(猪木自身以来かも)。それでは、新装初日と通常営業の設定状況をご覧下さい。

某等価交換店新装初日
3 5 4 6 6 3 2 5 (平均設定4.25)

某等価交換店通常営業
2 1 2 3 6 2 2 3 (平均設定2.65)

久しぶりのAT機ということで初日は盛り上げていこうと思い、高設定主体で様子を見ました。不安と期待の中で行方を見守りましたが、結果6は順調に出玉を増やし万枚オーバー、かたやもう一方の6は打ち手が1500枚のマイナス、3が2000枚のマイナスから夕方頃から一撃6000枚をたたき出し、4000枚のプラスなる、まさにAT機らしいドラマチックな展開となりました。割数的にも15割(損益分岐店は10割)と想定内に納まり、満足のいく結果となりました。

逆に通常営業は2,3をベースに5or 6を1,2台入れて様子を見てます。この設定だと、低設定が噴いて赤字になる時もありますが、据え置いておけば、勝手に収束するので結果として利益が採れています。

全体的にはAT機の中でも割と扱いやすい機種かなと感じました。特に6はビッグ確率が他の設定よりも高いので、コンスタントにビッグとATを引いている台は狙い目です。今の6のようには蓮チャンしないが、安定して出やすいといった分りやすいかつ面白味の無い出方ではなく、ほぼ確実に爆裂してくれるので、入れ甲斐がありますね。夢の6って感じでしょうか。

この狼列伝のマイナス点として、液晶ではなくドットの為、演出が単調になってしまうことですね。かつてのデストロイヤー、ザクザク千両箱もドット演出であまり良い評価は得られなかったですからねぇ〜。また、設置期間が半年だけなので、導入当初から回収設定にするホールもあるので注意して下さい。

残り期間もあまり無いことだし、万枚オーバーの経験の無い人には最後のチャンスかもしれませんね。


slotexpress at 13:13|PermalinkComments(0)

最後のAT機、その実力や如何に?

春の新装ラッシュ&ホールイベントの企画が重なり睡眠不足の筆者です。体力的にはきつい時期ですが、成功した時に飲む酒は格別に上手い!疲れも吹き飛びます。ただ打つ時間が無いので、少々ストレスがたまってますが(笑)。

今回は山佐のAT機「狼列伝」について話します。4号機爆裂時代を築いた「AT機」ですが、今では懐かしささえ感じる響きですね。実際、僕自身もAT機を扱うのはいつ以来か記憶に無いほど久しぶりです(猪木自身以来かも)。それでは、新装初日と通常営業の設定状況をご覧下さい。

某等価交換店新装初日
3 5 4 6 6 3 2 5 (平均設定4.25)

某等価交換店通常営業
2 1 2 3 6 2 2 3 (平均設定2.65)

久しぶりのAT機ということで初日は盛り上げていこうと思い、高設定主体で様子を見ました。不安と期待の中で行方を見守りましたが、結果6は順調に出玉を増やし万枚オーバー、かたやもう一方の6は打ち手が1500枚のマイナス、3が2000枚のマイナスから夕方頃から一撃6000枚をたたき出し、4000枚のプラスなる、まさにAT機らしいドラマチックな展開となりました。割数的にも15割(損益分岐店は10割)と想定内に納まり、満足のいく結果となりました。

逆に通常営業は2,3をベースに5or 6を1,2台入れて様子を見てます。この設定だと、低設定が噴いて赤字になる時もありますが、据え置いておけば、勝手に収束するので結果として利益が採れています。

全体的にはAT機の中でも割と扱いやすい機種かなと感じました。特に6はビッグ確率が他の設定よりも高いので、コンスタントにビッグとATを引いている台は狙い目です。今の6のようには蓮チャンしないが、安定して出やすいといった分りやすいかつ面白味の無い出方ではなく、ほぼ確実に爆裂してくれるので、入れ甲斐がありますね。夢の6って感じでしょうか。

この狼列伝のマイナス点として、液晶ではなくドットの為、演出が単調になってしまうことですね。かつてのデストロイヤー、ザクザク千両箱もドット演出であまり良い評価は得られなかったですからねぇ〜。また、設置期間が半年だけなので、導入当初から回収設定にするホールもあるので注意して下さい。

残り期間もあまり無いことだし、万枚オーバーの経験の無い人には最後のチャンスかもしれませんね。


slotexpress at 13:13|PermalinkComments(0)

2006年03月06日

3月の出玉予想

暦も3月になり、少しずつ温かくなってきましたね。スロット業界も無事に春を迎えられるといいのですが、なかなか難しい状況ですね。僕の知っている某大手チェーン店の幹部もしばらくは新規出店をせずに様子を見るスタンスを取っていますし。

さて、今回は3月の調整状況について話します。

今月は久しぶりに4号機が導入されます。1つはネットの「真・モグモグ風林火山」、そしてロデオの「俺の空」の2機種です。この2機種、以前から名前の上がっていた機種ですし、今では貴重なストック機なので多くのホールで導入されるでしょう。特に「俺の空」は強力な営業網を活かして、既に10万台の受注を受けています。もちろん、僕もこの2機種の導入を決めています。運良く「俺の空」もトップ導入が決まりましたし、とりあえずは一安心です。

ただ不安というか予想通り、ストック機といっても4.7号機ですからね〜その出玉性能には大きな期待はできないでしょうね。某所から入手したスランプグラフを見ても、基本的にはダラダラした出玉推移を描き、特殊なモードに移行すれば爆発が期待できるといった感じですね。3年前ならこの手の台は、バラエティーコーナーに設置すればいいと思う台ですけど。ただ、先月は5号機ばかりが発表され、どれも使い物にならない台で新装も行なっていませんし、この2機種に関しては平均設定を高めにして様子を見ようと思います。

基本的なスケジュールとしては、3/6〜8は回収する設定を入れます。これは次の週の新装で出す為の回収ですね。逆に3/13〜17は開けていきます。これは先程も言ったように、「俺の空」と「風林火山」がメインになります。ただし、全ての機種が高設定という訳ではありません。新台の出玉で煽って、他の台で回収することになりますので、気をつけて下さい。僕の予定では、新台以外にもアラエボ、番長はいつもより高めでいこうと思っています。簡単に言えば、「出る」イメージを植え付けるのが狙いです。そして、3/18〜26は回収設定です。この週は祝日も絡んできますし、前の週で出した分を回収することになります。まぁこれも新台の出方次第になりますね。最後の週になる3/27〜31は今までの結果を見て判断する予定です。基本的に、月末は渋いと思われ、稼動率が下がりがちになりますが、僕自身はお客さんにそのイメージを払拭してもらう為に週末の設定を高くしたりして、極力締めないようにしています。

以上が簡単な3月の調整予定です。やはり、今月の注目は新機種導入ですね。ただし、その地域でトップ導入される場合、他のホールが導入するまで低設定で回収する場合もありますので、気をつけて下さい。ホールの調整状況は立地や客層、機種によって様々です。皆さんもこれを参考にして、上手く立ち回ってくれれば幸いです。
それでは、これから新台(CRFジュリーザピンボール)の釘を叩いてきます(眠い)。


slotexpress at 10:10|PermalinkComments(0)

2006年02月27日

バラエティーコーナーの真実

ここ数年、スロットにも様々な機種を1台もしくは2,3台設置する「バラエティーコーナー」を設けるホールが増えてきましたね。このバラエティーコーナー、今では残り少ない機種が打てたり、マニア向けの機種が打てたりとその目的は人それぞれ。実際、このバラエティーコーナーの設定状況はどうなっているのか?今回は僕の視点からこのコーナーの実状を述べたいと思います。

まず、このバラエティーコーナー、元はパチンコが最初でした。羽根物をメインに設置して、そのコーナーだけ持ち玉で台移動を自由にして、まさに遊べる感覚で打てるようにしたのがルーツだと言われています。それが徐々に広まっていき、スロットにもできたということです。入れ替えの激しい時代ですから、自分の思い入れのある機種を打てる人にとってはありがたいコーナーですよね。

ホール側からすると、外す予定の機種をそのまま使えたり、低予算で設置できるので、十分に利益を上げることができます。しかし、それもそのホールの考え方次第です。このコーナーでしかできないメリットを活かし、打ち手に「遊べる」、「設定が高いかも」と思わせることができるように平均設定を少し高めにすれば、薄利多売でも利益は出ます。

逆に他のホールもやっているし、とりあえずバラエティーコーナーを設けておくか程度の考えのホールでは万年低設定です。それは出玉状況を見れば一目瞭然ですけどね。

僕の担当のホールでもバラエティーコーナーを設けているホールがいくつかありますけど、台数が少ないので、きっちり割数が合うように設定を打つのは難しいんですよね。まぁ、全台低設定にすれば話は簡単なのですが。もちろんそうはいかないですけどね。ですので、稼動を重視してギリギリ利益が採れる設定を打つように指示しています。簡単に説明すると、

2 1 4 3 2 5 3 2 4 (平均設定2.8)

上図は左から石松、鉄拳、ストリートファイター各3台の平日の設定です。これはあくまでも一例ですので、日によっては6を入れたり、もう少し下がる場合もありますが、基本的には薄利多売の設定を打っています。

さっきも言いましたが、出玉状況を見ればそのホールの考え方が見えてくると思います。このバラエティーコーナー、予算管理が簡単ではないので、その賛否は様々ですが、僕個人は色んな打ち手に合わせた台を設置することはいいと思います。4号機の設置期間の残り少なくなっていますから、今のうちに好きな台を打っておきたいですね。



slotexpress at 14:00|PermalinkComments(0)

2006年02月20日

刻々と迫る世代交代

最近、「電源が入らない」とか「●●の部品をすぐに取り寄せてくれ」など、機械トラブルが続出してホールから時間を問わず電話が鳴りまくり、寝不足気味の筆者です。まぁこの業界では当り前のことなのですが、やっぱりきついですよね。こういうトラブルって、結構集中するんですよ。

今回は、残り少ない4号機の情報について。まずは、以前から存在が噂されていた大都の「伝説の道」。吉宗検定切れ(7/28)に合わせて6/19頃に導入されると具体的な日にちも出てきました。ただし、初期ロッドが5万台位しかないとの話なので、争奪戦になるのは必至ですね。吉宗、番長と続けて20万台以上の大ヒットを飛ばしてきましたが、この機種はどうでしょうね。期待はしてますけど。

続いて山佐の「ジャイアントパンサー」。一説には大量獲得機とも言われていますが、カンフーも最後の大量獲得機なんて言われていますよね?何が最後が分からないですよ。まぁ、この手のうたい文句はよくありますけどね・・・導入は6月頃。

そして、こちらもかなり前から噂が流れている「北斗SE」。吉宗同様10/27に北斗の検定が切れるので、それに合わせての導入になります。早ければ、GW明けに導入されます。

こうやって見ると4号機に関する機種情報も本当に少なくなってきましたね。それに使える機種かどうかも分からないし。5号機よりはましかな。それとは反対に5号機の適合ペースは上がっていますからね。恐らく5〜7月あたりがホールの運命を握ると言っても過言ではないでしょうね。僕自身も慎重に機械選定をしようと思っています。しかし、約40%近い設置率がある北斗、吉宗が今年の10月末に全て撤去されるわけですから、ホールの雰囲気もガラっと変わるでしょう。とにかく上記の機械が良い機械だと願ってます。



slotexpress at 15:15|PermalinkComments(0)

2006年02月13日

今明かす、「裏」お薦めの機種

先日、フラっと座ったカンフーレディーが2000円で当り、そこから訳も分からず試練の刻に入りまくって、あれよあれよと2時間で7000枚程出てしまいました。今までは僕の好みではなかったのですが、それ以来、印象が良くなりました。人間って単純ですよね(苦笑)

さて、現在ホールではアラエボを始め、番長、北斗などの人気機種がホールを賑やかせています。これを読んでいる皆さんもこれらの機種のとりこになっている方もいると思います。確かにゲーム性も充実してるし、爆発力もありますからね。しかし、それだけ人気のある機種は、高設定に辿り着くのもなかなか困難なのが現状です。そこで、今回は個人的にお薦めする高設定台が潜む機種について話します。

1. おそ松くん
某等価交換店通常営業
2 1 4 2 3 5 1 3 (平均設定2.6)

どの設定でもツボにはまれば、万枚突破の可能性があるおそ松くん。導入当初は設定1で万枚オーバーした時は「なんじゃ!こりゃ?」と驚いていましたが、今では何とも思わなくなりましたね。恐らく多くのホールでは、1&2をベースに3を1,2台混ぜる感じになっていると思います。僕も導入当初は同様な設定を打っていましたが、最近はお客さんも少々ハマリに疲れてきた感があり、ホール側も機械代を回収できたので、平均設定を上げました。さすがに6は即バレ&ほぼ万枚確定なので、イベント時以外は入れませんが。それでもこの設定だとギリギリ利益が採れたるかどうかで、日によって状況が変わります。

ポイントとしては、ボーナス後はもちろん、通常時にもおそ松チャンスに入る台。これに限ります。データが見られるホールでは、棒グラフの短い台になりますね。

2. さくら大戦
某等価交換店通常営業
6 6 1 6 1 1(平均設定3.5)

5号機の中ではRTも重複フラグも搭載していない純粋なAタイプのさくら大戦。導入当初は、その緩やかな出玉に稼動はイマイチでしたが、最近は割り切ってゲーム性と出目を楽しむお客さんも増えてきました。僕自身も昔のAタイプを彷佛されるエヴァやこの台はまったり遊べるので結構好きですね。

他の設定師の話だと「どうせ6を入れてもたいして出玉のアピールが出来ないから6はあまり入れないよ」なんて声も聞きますが、僕はそうは思わないんですよね。確かにあまり売り上げの上がらない機種ですが、こういう安心して遊べる台があることをお客さんに分かってもらえれば、ホール全体の稼動UPに繋がると考えているからです。ホールの立地状況にもよりますけどね。

ポイントはずばりボーナス出現率のみ。ビッグ出現率が1/300を上回っている台は狙い目です。

3. アントニオ猪木自身がパチスロ機
某等価交換店通常営業
1 1 5 1 2(平均設定2.2)

最後は爆裂AT機として名を馳せた猪木です。一時期よりも台数が減りましたが、まだ見かける台ですね。設置期間もあと僅かですが、爆裂機が好きなお客さんが多いホールでは稼動状況はなかなか良好です。この猪木、トータルで見ると甘めの機種なので、1&2をベースに5を入れる設定を打っています。この手のAT機も今では万年低設定なんてホールが多いのですが、中にはきっちり高設定を入れてあるホールもありますので、注目してみるのもいいですね。

以上が僕のお薦めする裏機種情報です。地域によってはまだ高設定が入っている機種があります。ご自身で探してだして、人とは違った機種で稼ぐのも一つの方法ですよ。


slotexpress at 13:30|PermalinkComments(0)

2006年02月06日

業界の健全化はいずこへ

今回は、あるメーカー営業マンから聞いたこの業界の裏側を垣間見る話について。

実はこの話を聞いたのは2ヶ月ほど前だったのですが、公表した時の影響を考慮して、掲載を控えていたんですよね。今回はもう大丈夫だろうという僕自身の独断で書きたいと思います。

その話というのが、「現在でも市場に存在する某スロット機(さすがに機種名は出せませんが)に出荷時点から裏ロムが仕込まれていた」ということ。
裏ロムを仕込むことによって、正規のプログラムでは考えられない連チャンが発生するBモノや遠隔操作をする為の裏ロムなどがありますが、今回は「ある特定の打ち方で好きなだけメダルを吐き出せるセット打法」が仕込まれていたのです。

通常この種のネタは、カバン屋と呼ばれる裏ロムを作る人間が一部の台に仕込んで、一部の人間にネタを売るのが一般的なパターンなのですが、今回の某機種はメーカープログラマーが意図的に仕込んだもので、出荷された全ての台に通用したというから、驚きですわ。だって、僕が担当しているホールさんにも設置している台ですから!

もし、このネタでコインを抜いた人間がいると思うと腹が立ちますよ!現時点では目立った差玉は無いですけど・・・

このセット打法、出荷当時は400〜500万で取り引きされたそうです。しかも、あるゲーム数を消化するとセット打法の効果が無くなるという巧妙な手口なんですよ。

まぁこんな事をすれば、弱みを握られるだけだと思うんですけどね。実際に僕の知っている業界関係者でもこの手の話に関わった挙げ句、生命の危機を感じて、消息が不明になった人間がいますから。「悪銭身につかず」ってことですね。

一説には年間で500億円近い金額がゴトやセットで抜かれているというのですから、一般の打ち手の方にとっては甚だ馬鹿らしくなる話ですよね。いつになったらこの業界は健全な方向に向かうのでしょうか?そんな事を憂いながら、言う事を聞かないカンフーレディの設定でも打ってきます。



slotexpress at 15:15|PermalinkComments(0)

2006年01月30日

スロットにCR機登場!?

鬼浜の評判が高く、次機種が注目されているアビリットから待望の新機種が発表されました。それが「CSオトコアミヘイ」。機種名の前にCSと英字が並んでいますが、この英字、機種名の一部ではないのです。実はスロットのCR機版で、スロットの場合、カードを使って遊技する機種を「CS」と頭につけることが決定したのです。

実は、以前からスロットのCR化の話は浮上していたのですよ。その証拠にサミーの獣王やアルゼのドンちゃんの頃の筺体にはCR化を想定した箇所があるんですよ(分かる人はいるかな?)。

しかし、パチンコのように確変や連チャンが認められなかったことが原因で、その話もいつの間にかうやむやになり、無くなってしまったんですけどね。

そこで今回、目つけたのがアビリット。元々、CRサンドの周辺機器を扱っているメーカーなので、これを機にCS機の導入が広がれば、CRサンドの販売も見込めると考えたのでしょう。

このスロットのCR化、脱税の多い業界として有名なこの業界とっては、CS化で経営の透明化を図るのはいいと思います。打ち手としても、わざわざコインを手で移さなくても遊技が出来るので、楽になるでしょうね。しかし、裏ロムやゴトのなど現時点でも問題は多々ありますからね、なかなか難しいでしょうね。

この「CSオトコアミヘイ」、当然5号機の基準に沿って作られた機械なので、出玉性能に多くの期待をすることはできませんが、これを機に少しずつCS化が進むかもしれませんね。まぁ確変を認めるのが手っ取り早いと思いますけど。

個人的には某攻略雑誌が架空で作り上げたCR金閣寺のような台は打ってみたいですね。



slotexpress at 14:00|PermalinkComments(0)

2006年01月23日

何でもあり?カンフーレディー

最後のMAX711枚獲得機として、早くからその存在が噂されていた山佐の「燃えよ!カンフーレディー」が導入され始めましたね。既に打った方も多いと思いますが、戦績はどうでした?スロッターとしての僕の感想は、演出もなかなか良くできているけど、勝ちにこだわるとなると厳しいかなって感じで、10点中6点ですね。ハマっている間の演出がワンパターンになっているのがきついですね。

設定師の立場でこの機械を見ると、アラエボ同様、訳分からない出方をするのが今の感想ですね。それでは、下記の設定状況をご覧下さい。

某等価交換店新装初日
3 4 5 6 2 4 5 6 (平均設定4.3)

某等価交換店通常営業
3 2 2 4 1 5 1 3 (平均設定2.6)

新装初日は全台500Gほど回しておいたので、立ち上がりはそんなに悪くなかったですね。7ライン機なので、ストック切れの心配はほぼ無いでしょうね。その結果、この日は15割(損益分岐点は10割)で少し赤字でした。思ったよりも出ませんでしたね。しかし最高出玉は設定5で14000枚出て、逆に4が3500枚負けました。初日から訳分からないですよ。

ちなみに開店前に1Gも回していないホールでは、開店してから1時間たっても10台中2台しか当らない寒い状況になったそうです。

通常営業では、2&3をベースに4&5を混ぜる感じで比較的高めで様子を見ています。まだ、お客さんを飛ばすわけにもいかないですからね。これでも、基本的にはホール側の黒字になりますが、薄利多売って感じです。ただし、日によっては、摩訶不思議な動きを始め、前日出なかった台を打ち変えると(4→2)、逆に8000枚出たり、6にして3000枚負けたり、色んなドラマがありますよ。

しばらくは試行錯誤しながら、様子を見ていこうかと思ってます。イベントなどの出したい時に素直に出てくれないのが、困りますが・・・

皆さんが実際にホールで爆裂している台を見ても、高設定だと決めるのは危険かもしれないですね。一撃で5000枚出ても、その後で3000枚飲まれて、トータルでは店側の黒字のパターンもありますし。そんな時は店側の黒字なので逆に設定を上げます(翌日は出ないパターンの方が多いけど)。

基本的な立ち回りとしては、一撃の出玉に惑わされずに、初当りが良く、適度に連チャンしている台がいいですね。でも、ビッグバンモードに入ってみたいですね。


slotexpress at 13:05|PermalinkComments(0)

2006年01月16日

俺の空って・・・

4号機の未発表機種も残り数機種となりましたが、ロデオから最後の4号機「俺の空」が発表されました。既にCM等でその存在はご存知の方も多いと思いますが、その概要が判明したので、お伝えします。

基本スペックはA-400のストック機で、ドーナツビジョンを搭載。ストック機ということから、当然連チャン性が気になるところですが、この機種の鍵を握るのが「俺タイム」です。俺タイムの詳細はとしては、
・ 突入契機はリプレイ3連続とチャンス目出現時で、ここに設定差が存在する
・ 俺タイムは15ゲーム継続し、その間はリプレイ確率がアップして、リプレイが4連続するか、合計7回揃うとボーナス確定
・ 俺タイムが15ゲーム以上継続すると、大チャンス
・ 俺タイムには連チャン性あり

以上が俺タイムの概要となります。また、連チャン率は 50%と80%のモードが存在し、リプレイが5連続すると、80%のモードに昇格します。このモードに昇格して、一気に出玉を増やすって感じですね。

僕の第一印象では巨人の星3と一緒?なんて思いましたけど、どうでしょう?
まぁ、設定3から出玉率も100%を超えますし、甘い機械かもしれませんね。

ロデオの機種の中では最多の演出数を搭載し、メーカーの営業マンも10万台は売れるなんて豪語していますから、多くのホールに導入されるでしょう。僕も入れるつもりだし。この台が予想以上に売れれば、北斗SEの導入も予定より遅れるかもしれないですね。3/12の導入日に注目です。

slotexpress at 12:15|PermalinkComments(0)