SnapCrab_NoName_2017-4-21_3-13-3_No-00



稼動好調な「CR北斗の拳7転生」が抱える問題点とは!?

 現時点でホールを最も盛り上げているのは、間違いなく4月17日より全国導入が開始された『ぱちんこCR北斗の拳7転生』だ。
 本機最大の魅力は"北斗史上最高峰"と銘打たれた16R比率だ。スペックは確率約1/319・確変割合65%となるが、電サポ中の確変大当たりは「すべて約2400個」という一撃に重きを置いた仕様。基準内で「最大限まで尖らせた」1台と言えるだろう。
 
 その破壊力は、規制後に発表された台の中でトップクラス。その威力を堪能したユーザーより「大量出玉獲得」「大連チャン達成」の報告が届いている状況だ。
 
 もちろん良い意見ばかりではない。ヘソからの当たり35%が「4R(約600個)通常」で「時短7回のみ」という点への不満も存在している。「バランスを考えて欲しい」という声が上がっているのだ。

 ただ本機に関する感想で最も目立つのは"演出面に対する不満"ではないか。その種類は様々だが「激アツ演出の期待度が低い」といった意見が存在している。
「以前は激アツだった赤保留が出現しやすくなるなど、最近のパチンコはアツい演出の大安売りとも言えるでしょうね。外れることも多くなっていることに、ウンザリされている状況です。
 
 今回の『北斗7』も同じような感じでしょうか。『何の演出なら当たるの?』『全体的にアツい選出の信頼度下がった』『チャンスきても発展しないとか......』という声が上がっています。激アツと言われる演出に不満を持ったユーザーが多いようですね。
 
 しかし意見を総合すると評価は高いのではないでしょうか。『出玉スピードは早い』『バトルは歴代でいちばん面白い』と革新的システムを搭載したバトルや、シリーズ最高の16R比率を賞賛するユーザーも存在してます。

 『激アツ系演出に不信感はあるがバトル中は最高』という感じですね。苦戦が続いている今のパチンコ業界において『新基準機の中では十分に楽しめる』と思ってもらえたのは大きいと思います。さすがは『北斗の拳』ですね」(パチンコライター)
 
 近年の「パチンコユーザー減少」を引き起こしている要因の1つに、記者が語るような演出面への不満があることは間違いない。ユーザーの間で「過剰な演出や煽り」に対する不満や、改善を求める声は年々強くなっているのだ。
 
 他の新台が苦戦していることに、その問題が関係している可能性は十分にあるだろう。そのような状況下、同じ感想を持たれたとしてもヒットの兆しを見せている『北斗の拳7』。さすがはパチンコ業界を牽引する存在だということか。

http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3166.html
 


スロの修羅の国編はこけてしまいあっという間に減台されてしまいましたが、こっちにはなんとか頑張って欲しいです。
お店も大切に扱ってくれると思いますし、長生きするといいなぁ