2004年12月28日

終わりの話

いやあ、発売からあっという間。もうすぐ2004年も終わりです。HMVでのインストア(12/25)も無事終わり、今年最後、『Ensemble』な1年となりました。インストアにきてくれたみなさん、ありがとうございます!
発売前から、1ヶ月以上続いた、この特設ブログもとりあえず終了です。といっても、しばらくは、残しておく予定ですので、たまにちらっと見てみたりしてください。『Ensemble』な気持ちを忘れないように。。
by フカノマサト  

Posted by slowcamp at 14:52Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月20日

『emotion』の話

発売からもう5日。『Ensemble』聴いてくれた人は、どれくらいいるんだろう?多くても少なくてもとにかく自分達のつくったものが聴いてもらえるってのは、うれしい限り。ほんと、感謝。そんなこんなで、今回は、まだ書いてなかった『emotion』の話。
『Ensemble』を聴いてくれた人は、わかると思うんだけど、この曲だけ、他の曲とは、違った感じで。別に意図的にってわけじゃないんだけど。結果として、なんかアルバムのスパイス的要素になった気がする。ただ単純にこういうのも好きだし、出るべくして出たんだよ、きっと。っていう、自分の中から沸いてきたものに素直にさっと仕上げたくて。最初は、ちょっと迷ったけど、やっぱりいれてよかったと思う。
「fly this slow emotion!」そういうことなんです。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 18:53Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月19日

うお〜っ

40c70140.jpgこれすごいね。
こんなパネルまで。
やっぱこのジャケかっこいいわ。
名古屋のHMV栄店の模様です。
スロウキャンプ Ensemble!!!!!  
Posted by slowcamp at 00:04Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月16日

LET'S 関東圏(でも)ブレイク

ちまちま独り作業するデザイン班(一人)にとって、やはり店頭に自分がデザインしたものが並ぶ時、それがやっぱ一番嬉しい時なわけで。さっきタワレコ新宿店見に行ったら、フジファブ、スネオ、サンボ、Bump、といった錚々たるバンドに並んで、『Ensemble』がおんなじ試聴機入ってました! 関東圏の人は今すぐゴーですよ。ってか、喰いますよ、そのへんを。試聴して、はまって、購入して、公式サイト遊びにきて、掲示板やらメールやらでメンバーを誉めまくりましょう。誉められて伸びる子たちやでね。
by タケウチ  
Posted by slowcamp at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月15日

アンサンブルの巻

とうとうこの日がやってまいりました。店頭発売っすな!!
なんつーか『生々しく感動』です。前作から結構時間が経っただけに尚更ですな。しかしながら沢山の人に支えられて、この日を迎える事ができたんだなと思います。まずは協力してくれたすべての人々に感謝。そして『スロウキャンプ』を応援してくれている皆々様に感謝感謝。んでスロウキャンプの面々にこっそり感謝。
byタケダ
  
Posted by slowcamp at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

ついに発売の話

今日、ついに『Ensemble』が発売となりました!ほんとついに!CD聴きながら見るこのBlogもまた面白いと思うので、もうちょこっとだけ続く予定です。聴いてくれた人は、どんなことを思ったのかな?つくったボクラは、ここに書いてあるこんな想いで『Ensemble』をつくりました。「へぇ〜、そんなんだ〜。」ってぐらいの感じで曲も聴きなおしたりしてもらえるとうれしいです。それもまた、音楽。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 22:12Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月13日

あとすこし。。。

「Ensemble」発売もうすぐです。
聴いてくれた人がどんなふうに思うのか
すごく楽しみ。
初めて聴く人のほうが多いかもね?
スロウキャンプ。
たくさんの人に聴いてもらいたいな。
いろんなバンドさんとライブしてきたけど
スロウキャンプって演奏的にはまだまだ
で伝わらない部分はあるとおもうけど
音的にある意味個性があっていいんじゃないかと。
こ〜ゆ〜のもありね。みたいな感じに
最近すごい思う。
スロウキャンプらしくね。
byメグ
  
Posted by slowcamp at 18:45Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月12日

『シンクロ』の話

『スワロウ』の次にできたのが『シンクロ』。これは、最初、ほんとゆるい弾き語りみたいな感じだった。アコースティックでいこうかって感じの。デモ段階では、波の音とか入ったりして、ゆる〜いサーフミュージックかよっていうぐらいで。でも、やっぱそれじゃあ、スロウキャンプじゃないってすごい違和感あったから、アレンジをいろいろ試して。そしたら、最終的には、すごいスロウキャンプ色の曲になった気がする。結構、このアルバムの中でもいい位置につける曲になって。アンサンブルの裏タイトル曲かもしれないな。個人的想いは、そんな感じがする。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 00:52Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月08日

アンサンブルの由来

タイトルを何にするか。
メンバーそれぞれ考えたわけですが
アンサンブルはボーカルの案です。
しかも全員一致で「いいじゃん!」
って感じですんなり決定です。
いまいち意味はわかってないですが
音が重なりあうって事ですか?
byメグ  
Posted by slowcamp at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月07日

スワロウな話

『永遠未来』ができてからは、ほんと早かった。なんか『Ensemble』への行き先がわかったって感じで。それから、最初にできたのが、『スワロウ』。ゆったりさらりと、まさに『Ensemble』の1曲目って感じで。アレンジも含めて、ギターで弾き語りながらつくった時点で、ほとんど、できあがりに近かった。なんか、今からできてくるアルバムの形がよりいっそう見えるようになった瞬間でしたよ。ほんと。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月06日

アンサンブル先行発売!

てゆーわけで今日から?です。
私も昨日できたてのCDもらってきたわけですが
いいね!
汗と涙の結晶。
ボーカルにとっては特に。
ライブでもいい演奏ができるようにがんばりますよ〜。
byメグ

  
Posted by slowcamp at 22:04Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月02日

『Ensemble』生みの親の話

ほんと、『永遠未来』ができてよかった。前にも書いたけど、僕にとって、スロウキャンプにとって、ほんと、目覚めの1曲になったから。それこそ、この曲ができてなかったら、『Ensemble』は、なかったかも!?それぐらい。本当の意味で、生みの親なんだよ、『永遠未来』が。だって、それからは、早かったもんな。とんとん拍子に曲があがって。ほんと、一気につくったって感じがする。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 19:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月01日

シンクロ2

そうそう戦いね。
まだまだ戦いです。
早くお客さんの口がパカ〜ってあいちゃうくらい
雰囲気が出したいな。
byメグ  
Posted by slowcamp at 22:43Comments(0)TrackBack(0)

真っ白い世界に僕らは描いたの巻

そうっだからスロウキャンプなのかも!!
でもそのシンクロって曲の、デモをマサトから始めて聞かせてもらった時なんだけど、すごくいい曲だなと思ったのと同時に『どーもスロウキャンプですっ』ってのを意識しすぎてる感がすごくあるなーと、んで、すごく違和感を覚えた。そしたら、そんな想いをマサトも抱いてたみたいで、『イメージはあるけどなかなか形にならない』と。あいあいっと完成するわけもなく、それからシンクロとの戦いが始まったのであります。
byタケダ  
Posted by slowcamp at 00:09Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月30日

シンクロ

アンサンブルにシンクロって曲があるんですけど
この曲初めて聞かせてもらった時
かなりビーンときました。
最近やっとこさライブでやりはじめたんです。
けどきずいたらスロウキャンプの曲って
SLOWな曲が多いような。
だからスロウキャンプなの?
byメグ
  
Posted by slowcamp at 22:41Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月29日

目覚めの話

メロがなんとなくあった、『永遠未来』に取りかかったのが、今年の夏前。サビメロが思い浮かんでから結構間があったんだけど、この曲にとりかかってから、なんか忘れてたことを思い出した感じになった。「こういうのじゃん、スロウキャンプ。」って。メロもそうだけど、アレンジ進めてくうちに吹っ切れたような感じになって。この雰囲気でアルバムつくりたいなって思うようになった。確か、スタジオ行った帰りだと思うけど、メンバーでご飯食べいったときに、そういう話になったんだよね。「スロウキャンプらしいやつやろうよ。」って。メンバー、みんな、そういうこと思ってたんだよね。なんだか。こういうのは、あのバンドがやればいいとか、こういう感じのは、あのバンドがやるんじゃないとか。やっぱり、スロウキャンプらしいものだけをやってたいよって。結局、なんかインディーズでいることとか、好きでバンドやってることとか、ちょっと置き去りだった気がしたな。ほんと、目がさめました。そういう感じ。
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月27日

2004年夏前の話

2曲目のインスト。これまた、結局収録されず。これが、2004年春ぐらいってことだったんだけど、そんなときに、『永遠未来』のメロがなんとなくできつつあって。まあ、ほんとメロだけで、曲の構成とかは、まだ全然ない状態。それと同時にもう1曲、そうそう、『world』みたいな感じの曲ができつつあって。こっちのほうを先にスタジオにもっていってみた。そしたらなんかいい感じで。結局こっちを先にアレンジを進めたんだよね。ちょうど、2004年夏前ぐらいかな?これで、アルバム用に『Leaf』『裏打ちの曲』『インスト』『worldみたいなやつ』の4曲になってて、あと、『永遠未来』を仕上げて終わりだねって感じだったんだけど。。このあと、衝撃的な事件が!!! 続く・・・
by フカノマサト  
Posted by slowcamp at 17:48Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月26日

いまはなきあの曲

なんか前のが出てから何曲かできてたんだけどやたらとライブで2,3回くらいやって消えた曲があります。
そんな中でもボーカルのまさとが「この曲も〜やらない」
と言った曲で私好みのがあっておしてたんだけど残念でした。
けど今思えばアンサンブルじゃないわ。
全然違う感じ。
私もかなり無理してた。
指が疲れる曲でした。
by メグ  
Posted by slowcamp at 21:47Comments(0)TrackBack(0)

迷い子ちゃんが舞い降りたの巻

『Ensembleへの長い道のり』って、マサトが最初に触れてたけど本当に長かったなって、発売を直前にして思うのでありますね、これしかし。
んで、RADIOやらなんやらで触れてた、一度録音した数曲をボツったアレなんですけど、あの時はどうかしてたよってくらいの迷い子ちゃんっぷりで、別に曲が悪いとかそうじゃなくて、ただ何となくスロウキャンプがイメージしてる、スロウキャンプとはかなりの距離があったと思う。けどそんな迷い子ちゃんが降臨してくれたからこそ、『Ensemble』が完成する為のスタートってか土台ができたのです。
byタケダ


  
Posted by slowcamp at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月25日

『Leaf』と言えば・・・

そういえばジャケラフ作ってた時にもらってた音って『Leaf』1曲のみでした。しかも歌詞ついてないデモもいいとこの音源で。はじめてちゃんと歌詞ついたものを聴いたのは、渋谷Take off7でのライブの時じゃないかな〜? まあ、そんなうっす〜い情報の中で、ボツった動物案に続くラフを作らなければな、と。で、例のごとくキーワードをもらうことにしたんですが、その時挙がってきたキーワードが「透明」。これは完成した『Ensemble』にもかなりつながっている言葉のような気がするんだけど、どうなんだろう? ってか、この言葉をもらわなかったら完成したジャケのようなデザインイメージは浮かんでこなかったな〜、きっと。もちろんこの時点でもまだタイトルは未定でした。
by タケウチ  
Posted by slowcamp at 23:44Comments(0)TrackBack(0)