SLOWF blog

山口市一の坂沿いから大内に移転し、「nanten」という名前のcafeも隣に併設しました。あいかわらず気ままな日記です。

〒753-0241 山口市大内問田3丁目23番18号 TEL/FAX:0839200256 OPEN:10:30〜19:30 CLOSED:MONDAY PARKING:15

001




みんなさんおはようございます。

slowf blogでございます。


やー。

昨日は一日、久しぶりにですがよく降りましたねー。

お昼過ぎ、夕方くらいまでには収まるか知ら…と、根拠もなくぼんやり考えておりましたが、結局陽が暮れ夜になっても反対に、雨脚を強くしたくらい、雨に降り込められた一日になりました。

お出かけごと等あった方も多かったのではないかと思います。

雨に当たられたりしていませんか?

お店にいらっしゃる方からはまだ耳にいたしておりませんが、なにやら早速インフルエンザや、その他の流行り病の噂も、ニュウスその他で耳目にいたします。

どうぞお部屋を暖かく、お風呂で温かく、お体ゆっくり休められてくださいね。

平成最後の今年も残すところ、いよいよあと半分程度になってまいりました。

そろりそろりと年の瀬に向けて、体に向き合い無理せずゆっくり一日一日を過してまいりましょうね。


さて、そんなこんなの本日更新こちらのblogでございますが、その、「年末」そして「年始」

まだちょっと気の早い…鬼に笑われそうなタイミングではございますが、ありがたい事に最近店頭やお電話で、その予定や具合をお尋ねいただくことが増えてまいりまして。

本日はそんなお声にお応えいたしまして、こちら「SLOWF」、おとなり「nanten」の、この年末年始の営業予定をお伝えさせていただけたらと思います。

…相変わらずこういう予定ごとを「分かりやすく」そして「見やすく」書くことに不慣れでございます…。

少々見苦しい書き方になるやもですが、ぐっと堪えて、ご覧になっていただけたらと思います。



(nanten)

12月29日(土曜) 仕事収め

12月30日(日曜)〜1月2日(水曜) 冬季休業

1月3日(木曜) 仕事始め




(SLOWF)

12月30日(日曜) 仕事納め

12月31日(月曜)〜1月2日(水曜) 冬季休業

1月3日(木曜) 仕事始め





1点だけですね、違うの。

仕事納めの日が1日、こちら「SLOWF」の方が長くなっております。

おとなり「nanten」はその日お店の営業はお休みさせていただきまして、毎年恒例の大掃除をさせていただきたいと思います。



今回、今までで書いてきたこのようなものの中で、一番うまく書けたかも…。

今、ちょっと手が、指先が、わなわな震えております…。

…ちょっと時間置いて見返すと、(…そうでもねえな…)

って、しらーっとした気持ちになるんでしょうが…(笑)


それはそれとして、こちらが今のところ予定しております、こちら「SLOWF」、おとなり「nanten」の年末年始、その予定になります。

それでもあともう、2週間後、くらいの話ですか?

改めて考えますと、あっという間でしょうねー…。

私もですが、それ以上にみんなさん、何かと気ぜわしく、お忙しくなられるかた、多いんじゃあないかと思います。

お付き合いごとも増えたりなんだり、いたしますか?

先にもすこし書きましたが、お体にだけはどうぞお気をつけられて、年末に向けて、なるべく穏やかに過してまいりましょうね。


本日も長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またお店でゆっくりお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

ちゃんと前見る


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

なんだか冬の実感の遠い、ゆっくりな今年でございましたが、やはり今年もここ今月12月の半ばを目前にいたしますと、日一日と陽は短く、空気の温度の下がるのもすばやく、なってきているように思います。

やっと、という頭言葉はついてしまいますが、冬ですね。

今年も。


加えて本日は予報どおりの静かな冬の雨に降り込められた一日になりました。

夏の、いろいろを洗い流してくれるような一気の、激しい雨も、それはそれで風情がありますが、やはりこの冬のし静かな、降り込められるような音の小さな雨のの方が、ゆったり落ち着くようにも思います。

…歳ですかね…。

そんなこんなの本日でございますが、タイトルにもありますが、おとなり「nanten」のこっそり裏オーダー(?)、裏メニュー(?)…どれもはっきりとしたタイトルでお誘いさせていただいた事がありませんので、なかなか今この瞬間のセッション感だけでタイトル付けできませんが兎に角、


「お弁当」


本日はこちらを少しクローズアップして、ご紹介させていただけたらと思います。

本日ご紹介させていただくものは、ご予算、内容、共に一例の形になります。

その辺り、後ですこしご説明させていただけたらと思います。

まずはいくつか写真に収めましたので、そちらからご覧になっていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。




001


002


003


004


005


006


nanten 「お弁当」


気温気候にもよるのですが、毎年夏が過ぎた10月末、11月頭頃より、明けての夏の手前、4月の中ごろくらいまでを目安にテイクアウト限定での「お弁当」のご注文をお受けいたしております。

今回頂いたお弁当を、まずはその中身のお品書きなどを一例といたしましてご紹介させていただきます。


・たらと芹とゆりねの混ぜご飯
・牛肉の八幡巻き
・しいたけのえび団子詰め
・さわらの幽庵焼き
・あおさのだし巻き玉子
・さつま芋マッシュ
・カリフラワーと金柑のピクルス
・小松菜のしょうが炒め
・人参のカレーきんぴら
・赤カブのマリネ
・小さなデザート


こちらが今見ていただいた写真の内容になります。

季節のお野菜をなるべく多く取っていただけるようにや、もちろん「お弁当」と形はフランクですが、その栄養もバランスよく摂っていただけるように、その季節々で毎回変化させていただいております。

年度の変わり目のちょっとした集まりごと、お昼間お友達のお宅へ集まっての忘年会、などなど、この時期この季節特有のご相談をいただきます。

外食未満、だけどもちょっとだけ「わっ」と目にもおいしそうなお弁当でひと時過せたら…

そんな機会、もしもございましたら、よろしかったらご一考されてみられてくださいね。

となりのツマも、「お弁当作り」、大好きなようです。

本日も少し世が暗いうちからいそいそと出かけておりました。

表立ってやってますよーとなかなかお誘いしてないのがこちらの「お弁当」

よろしかったらどうぞお楽しみにー。


あ、そうだ、大切な事を…。

この「お弁当」、ですが、2つだけこちらからお願いさせていただく事がございます。

その1つが、

「配達はすみません、しておりません。お引取りをお願いしております」

という事と、

「総額7000円以上のご注文からお受けいたしております」

という事です。


1つ目はそのままなのですが、なかなか日々ぎりぎりのスタッフの数でお店を営業させていただいておりますので、どうしてもご指定の時間での配達、というのが難しくなっております…。

ご足労ですが、お引取りにいらしていただく形を取らせていただいております。

そして2つ目の「総額〜」のお話ですが、例えば「700円を10個」、ありがとうございます、問題ありません。

反対に、「1000円を7個」、こちらもありがとうございます、問題ありません。

ですが、さらに例えば、「500円を10個」…

大変に勝手を申しますが、材料費の高騰、容器代の高騰…諸々昨今の状況を鑑みまして、お断りさせていただかざるを得ないケースになります…。

以前は「総額5000円より」とさせていただいていたのですが、やはりそのご予算に合わせて仕上げさせていただくと…

ぼくたちとしても心残りな仕上がりになってしまいそうな…でもそれじゃあ…ううむ…

といった葛藤を抱くケースが多くなってきていたんですよね…。

「まず何はなくとも喜んでいただけるものを」、その一念でご予算を以前より少しだけ上げさせていただいております。

…あ、ちなみに今回ご紹介させていただきましたお弁当ですが、こちらのご予算は少し多めにご依頼いただいた分になりますので、少し豪華なものになっております。


少し堅苦しい話に最後なってしまいましたが、以上が今回ご紹介のおとなり「nanten」の「お弁当」のお誘い、そのご説明になります。

もしも何かの折、ございましたら、よろしかったらお悩みの片隅に、思い出してみてみられてくださいね。

蓋をぱかっと開けていただいた時に、「わっ」と喜んでいただけそうな「お弁当」、しっかりご用意させていただきますね。



本日はここまででございます。

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

雨、少し小降りになりましたが、夕方になりぐっと冷え込みが厳しくなってまいりました。

足早に家路につかれる方もいらっしゃる事と思います。

冷えた体をゆっくり温められて、どうぞ穏やかな冬の午後をお過ごしくださいね。


それではみんなさん、

またー☆

わ、か、っ、た、か、ら

みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

穏やかに過ぎましたこの冬、今月12月でございますが、予報どおり、お話どおり、本日よりの寒気の流れ込みにより朝よりぐっと、昨日よりぐっと、冷え込んでまいりましたね。

午前中なんとかちらほら顔を覗かせておりました晴れ間も、出てきた風が連れてきた、低く厚めの雲に遮られて、今は仄明るい曇り空、その色目に目に入る景色は覆われております。

冬ですね。

やっと、と今年は思わず言ってしまいそうになりますが、冬ですね。

そこかしこ、どこを見ても途端に冬々なってまいりました。

先週よりのおかしな暖かさに一時片付けられましたであろう暖房器具各種、本日よりそろそろと引っ張り出して、また活躍してもらわねばなりませんね。


そんなこんなの本日更新こちらのslowf blogでございますが、本日はこちら「SLOWF」の新作…と言うよりは久しぶりですね、お店の中をぐるっと一周ダイジェスト。

こちらをご覧になっていただけたらと思います。

この冬の大きな山場は昨日無事に終えましたが、それでも以降も、少し少し新しいもの、実はこっそり届いてるんいるんですよ。

その一つ一つを本当はしっかりお誘いしたいのですが…

なんなんでしょう…この、今月特有の、気ぜわしさ…。

こちらにざあざあ流されて…すんみません、ちょっと、ダイジェスト形式でさっくりご紹介、させていただけたらと思います。

先程少し店外に出ましたら、朝より気温、下がっているようですね。

体を冷やされないよう、どうぞ温かな飲み物片手にごゆっくりとご覧になってみられてくださいね。






(MENS)




001


002


003


OUTER:VOO
INNER:Drole&FUN
DENIM:SPELL BOUND
CAP:VOO
SHOES:RFW
BAG:Columbia




(LADYS)




004


005


006


OUTER:Le minor
PARKA:D.M.G
INNER:Lim home stir
DENIM:sunny side up
VELLET:odds
BOOTS:ADOLFO CARLI
BAG:Pragment




007


008


009


010


014


011


012


013


015


016


018


017


020


019


021


022


023


024


025


026


027


028


029


030


031


032


033


034


035


036


037


038






さ、本日は以上でございます。

レディースは、先だってより全体的に色目やサイズなど、その数を減らしてきておりますが、それでもフランスの「Le minor」より、追加でボトムスを何型か追加で届けていただきました。

肌当りのソフトな、軽めのウールのものが中心です。

「上」って、いかようにも暖かい装いって出来るのですが、「下」って…意外と比べると、寒かったりしがちですもんね…。

これから日々冷たくなる気温に歩みを合わせてくれるようなやさしい温かさの1本、よろしかったらお楽しみにされてくださいね。

そしてメンズですが、…こちらは多分に私の「好み」、や、「趣味」、のようなアイテムを、あれから少し手配させていただきまして…。

ちょっと、どうでしょう…どうでしょうと言うのも、どうでしょう…なのですが、よろしかったらお楽しみにされてください(笑)

北アイルランドの「Aclimatise」(アクリマティス)のスノージャケットや、イギリスの「BRICK」のニットなどです。

特に「BRICK」のニットは、幾人かの方に今年はずいぶんお待たせしてしまいました。

今回は写真の3色を選んでみましたので、よろしかったらお楽しみにされてみられてくださいね。

それと、「Aclimatise」…これ、かっこいいんですよ…。

ぼくは今年初めてその存在を知ったのですが、冬はアウトドアモノが一番だよねーな方、いらっしゃいましたら、ちょっと耳慣れない、マイナーなメーカーですが、クオリティーはすばらしい一枚です。

よろしかったら袖を通してみられてくださいね。



そんなこんなで改めて本日はここまででござます。

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

今夜半からさらにぐっと冷え込むようです。

どうぞ暖かくして、風邪など召されないようお気をつけくださいね。


それではみんなさん、

またー☆

ちょっとちょっと大掃除前の小掃除、するべしするべし


みんなさんこんにちは。

slowf blogでございます。



やー。

先日日曜日にこちら「SLOWF」の店頭で催させていただきました「STAFF MARKET」

こちらのblogと、当店のinstagramでしかお知らせ、お誘いさせていただいておりませんでしたので、

(うん、まあ、ね、知らずにいらっしゃった方にちょっとびっくりお楽しみいただくくらいになるだろうね…)

なんて甘い踏み込み、考えで、実はその日その時までちょっと余裕を構えておりました…。

ですがこれこそ嬉しい悲鳴…

オープン前の10:00頃よりそろろそろりと幾足かお車を覗かせていただく方がいらっしゃっていただいた、ありがたやありがたや、ナンマンダブと、思う間に、正に、その間に、あれよあれよと埋まる駐車場…。

うっすらお伝えいただくさざ波のような期待の電波…。

ゆっくり準備しようねーなんてスタッフと話しておりました5分前の自分の横っ面をカシミアのニットでぶん殴ってやりたい気持ちに駆られました…。(痛い事はいやです)

そんなみんなさんのご期待、電波に背中を押され、定刻どおりオープンさせていただきましたが、…



当日お越しいただいた方にはご理解、思い出していただけると思いますが、多分の多分にあわあわに過ぎる様相を呈してしまいました…。

本日もでございますが、この冬、数年数十年、いや、一説には百年ぶりじゃあないかと言われる12月とは思えない陽気の日曜日でございました。

blogでのお誘いに、「12月の凛とした空気の中〜」なんてなお誘い文句を書かせていただきましたがとんでもない、陽射しにも気温にも恵まれすぎた、「もっ」とした空気の中、マーケットのひと時を過していただく事になってしまいました…。

気温ばかりはどうする事もできませんが、それでもあの良すぎる陽気の中で、加えてぼくたちのあわあわとしたご対応…思い返しても本当に申しわけありませんでした。

すべてはぼくの踏み込みの甘さ、予想の甘さに尽きます。

次回、もし同じような企画をまた催させていただく機会がありましたら、次回こそはばしっと、ああいいねと、みんなさんに言っていただけるような、そんな形を目指していけたらと思っております。


そして、そのあわあわを作っていただいた、当日を楽しみに足を伸ばしていただいたみんなさん、当日あの暑さの中、マーケットにお立ち寄りいただき、本当にありがとうございました!

数年ぶりにお顔が見れた方も何人かいらっしゃって、一方通行かもですが、それだけは、ああやってよかったなー…って、素直にじんわりいたしました。

次回は…次回はそうですね…真冬中の真冬に…しましょうね…。

今回も本当は11月に催す予定だったのを、おそらく暑気や陽気がずれ込む可能性があるから、ちょっと寒さに過ぎるかもしれないが、12月にしよう、と、それでも後ろにずらしたつもりだったのですが…。

さすがにちょっと、この陽気は読みきりませんでした…。

次回は2月、とか、雪の降りしきる中とか、そんなのをテーマにいたしましょうかね…。

12月にもうあんなに汗をかきたくないのが本音です(笑)


最後になりますが、今回の「STAFF MARKET」、多くの方に足を運んでいただき、ぼくたちも普段と違った慌しさの中、充実した一日を過させていただきました。

言葉が重なってしまいますが、この度も本当にありがとうございました!

また次回、今回よりもよりよい「MARKET」をご用意して、またお誘いさせてくださいね!




…さて…ここまでが、ご挨拶の形を借りました前説…ですよ…?

そしてここからが、本文です!

今日も…と言うか、今日は…また…長くなりそうですねー(笑)


タイトルをご覧になっていただいたみんなさんの中にはピンときていただける嬉しい方もいらっしゃるんじゃあないかと思いますが、おとなり「nanten」の毎年この時期のお誘いごと、


「十二月のオモタセ」


こちらのタイトルで今年も「当月限定のホールケーキ」のお誘いをさせていただいております。

先程の前説にも何度か書きましたが、今年はちょっと経験の覚えがないような良すぎる陽気に包まれた12月になりました。

そのためどうにも「ホールケーキ」「クリスマスケーキ」と言葉にいたしましても、どこかもやっとしたフィルムを頭に感じてしまい、いまいちリアリティが遠かったりいたします…。

それが理由でもう少し早めに本当はお誘いしたかったのですが、日延べ日延べになってしまっておりました。

ですがさすがにもう暦も師走、12月に入りましたので、相変わらずのこの陽気の中ではありますが、遅ればせながら今年も、今年の最後のお誘い、させていただけたらと思います。


今回もいくつかその内容、ケーキにつきまして写真に収めましたので、まずはそちらからご覧になっていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。




(nanten 十二月のオモタセ)




001


002


003


004


いちごたっぷりのタルト 15cmホール 3500yen (30個限定)


発酵バターを使用したさくさくほろほろのタルト生地に、生クリーム、クリームチーズ、きび糖、はちみつを混ぜたさっぱりした甘さのハニークリームチーズを敷きました。

ハニークリームチーズ…そうです、お店のショーケースに毎日並べさせていただいております季節の果物を使用したあの「フルーツサンド」のクリームです。

その上に、山口市内のいちご農家さんに分けていただいた甘酸っぱいつやつやの苺をまるごとどっさり載せて、贅沢に仕上げました。

小麦の香りがそのまま感じられるさくさくほろほろの香ばしいタルト生地に、ハニークリームチーズと苺の瑞々しい爽やかさが、ちょっと自分の分だけ大きめにカットすればよかったかも…

といった気持ちにさせてくれそうなおいしさです。

ゆっくりと過される静かな夜に、少しづつ切り分けられてコーヒーはもちろん、軽めのお酒なんかもいいですね、よかったらご一緒に召し上がられてください。





014


015


016


018


木苺のフラン 15cm 2600yen 

「フラン」

もともとフランスの庶民的な焼き菓子の一つで、ケーキ屋さん…と言うよりはむしろ、「パンも売ってるケーキ屋さん」、のようなところで取り扱っていることが多いお菓子の一種です。

先程ご紹介したさくさくほろほろのタルト生地に、牛乳と生クリームを使ったリッチな味わいのアパレイユ(タルトの中に入れる生地のことです)をたっぷりと入れました。

フランのレパートリーは無限にあるそうなのですが、今回は一番ベーシックに、カスタードプリンのような味わいのものを基本にさせていただきました。

そこに爽やかな酸味のフランボワーズをアクセントに載せ、オーブンでしっかり色目をつけました。

おばあちゃんが焼いてくれたような、どこか懐かしい温もりを感じられるフラン。

こちらも少しづつ切り分けられて、穏やかに交わされるお話の間に、よろしかったらお楽しみくださいね。





今回の「十二月のオモタセ」は、こちらの二種類になります。

今年はどうやら「タルト」、に絞ったようです。

ぼくもタルト、そのハッピーな響きやもちろん甘さや、そういう細々じゃあなく、ただただ無条件に大好きだったりいたします。

中のアパレイユと言いますか、フィリングと言いますか、その楽しみももちろんあるのですが、実はこっそり、その一番外っかわの、土手になったかりかりの部分…あそこが地味に、好きだったりいたします(笑)

あそこにたどり着いたときにちょうどいい量のコーヒーが残っていたりすると、(合うねー!)って、一人で心の中をふくふくさせていたりいたします。

…ぼくの話はどうでもいいですね。

そう、今回の「十二月のオモタセ」

このようなラインナップでお誘いさせていただけたらと思います。

一つ一つ丁寧に、召し上がられるその日のその時間を、ほんの少しゆったりと暖かく、豊かに過していただけるよう、焼かせていただきます。

よろしかったらどうぞ、お楽しみくださいませ。



そしてここからは例年の事ですが、今回のこちらのお誘いの「期間」や、「お会計」についてのお伝えごとを箇条書きですが簡単にご紹介させていただけたらと思います。


・期間

ご予約: 12月16日(日曜)まで
お渡し: 12月21日(金曜)〜12月25日(火曜)まで

・お会計

ご注文時、お渡し時、どちらかをお選びいただけます




以上が本日の内容になります。

長くなる長くなるとの予感がひししとしておりました本日ですが、やはりすっかり長くなってしまいました…。

読み難い長文、大変失礼いたしました。

今年最後のおとなり「nanten」発のお誘い、催し「十二月のオモタセ」

よろしかったらどうぞ、お楽しみにされてみられてくださいね♪

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとお店でお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

それ禁句ね



みんなさんこんばんはー。

slowf blogでございます。





な、なんだか…暖かい…ですか…?

寒くなりましたねうひひとこちらで書いておりました昨今がまるで嘘のように、特に昼中の暖かさときましたらもう…

上がダウンベスト、下がショートパンツなんていう、間違ってもご提案できないような、そんな着こなしすらそれでいいんじゃあないか知ら…と、頭をよぎってしまう、そんな温さ、暖かさでございます…。

それでもやはりこうしてblogを書いております、外もとっぷりと暮れたこの時間帯になりますと、さすがに夜気にも冷たさが混じり始め、昼中過した薄着で大丈夫、とはいかないような、気もいたします。

今年は昨年よりも秋冬が素直じゃあありませんね…。

朝晩と昼中の寒暖差も大きいところもあるかと思います。

つい振り回され、それに日ごろ知らずためられた疲れが加わりなんだり…

気が付くと、お体壊されやすい今年の冬に、なりました。

朝白湯を飲んでー、とか、普段よりゆっくり長めにお風呂に浸かってーとか、なにかしらどこかでこの身の置き所の難しい冬を乗り切られそうな、そんな体調管理のスイッチをパチンと入れられながら、なんとか乗り切ってまいりましょうね。


さて、そんなこんなの本日更新でございますが、本日は久しぶりになりましたが、こちら「SLOWF」の事についてご紹介させていただけたらと思います。

やっとこの冬の大団円を迎えられそうな、そんな店頭になってまいりました。

その大団円を構成しております新作や、定番のものを、各ブランドさんごとによるダイジェストでご紹介させていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞお仕事終わりのお疲れをぷしゅっと癒されながら、よろしかったらごゆっくりご覧になってみられてくださいませ。




(MENS)



001


002


003


FLEECE:MONTURA
DOWN VEST:MONTURA
PANTS:ORDINARY FITS
CAP:VOO
SHOES:RFW




(LADYS)



004


005


006


CARDIGAN:prit
KNIT:Aparaya
PANTS:D.M.G
VELLET:odds
SHOES:ADOLFO CARLI
BAG:motte





(RIDING HIGH)



007


008


009


010







(Drole&FUN)



011


012





(VOO)



013


014





(MONTURA)



015


016





(MOUNTAIN HARD WEAR)



017





(ORDINARY FITS)



018


019





(morno&VOO)



020


021





(SPELL BOUND)



022


023








(prit&RINEN)



024


025


026





(UNIVERSAL TISSU/UNIVERSAL SEVEN/TISSU)



027


028


029


030





(Tous les jours)



031


032


033


034





(Le minor)



035


036


038


037





(lilou&lily)




039


040


041





(MICHEL BEAUDOUIN)



042


043


044






(LAITERIE)



045


046




(hinthint&odds)



047


048










足早…でしたが、本日は以上でございます。

いかがでしたでしょうか?

あ、これこないだ見たなーや、あれこれ見た事ないかも…などなど、もろもろだったのではないかと思います。

先にも大団円、と書きましたが、この冬もおかげさまで新作の大団円、迎えられそうでございます。

この冬も少しづつ新しいもの、懐かしいもの、いつかは欲しかったのよねなもの、いろいろな思いを抱かれながら手に取っていただき、その一つ一つの理由に私自身楽しませていただき、ときめかせていただきました。



こんなにしんみりしてしまうつもりはなかったのですが(笑)、大団円なんて書くと、つい頭から指先までの関所があけっぴろげになってしまいました。

すこし気が早い気もいたしますが、改めてこの冬もお店を楽しくしていただき、本当にありがとうございました。

残すところあと一と月となったこの冬、今年ですが、今回ご紹介させていただきましたものを初めとして一点一点、改めてしっかりご提案、させていただきますね。

残りの一と月もどうぞ、楽しくよろしくお願いいたします。



あ、そうそう、先だってお誘いさせていただきました「STAFF MARKET」

いよいよに迫ってまいりましたね。

みんなさんに朝の一時楽しんでいただけるよう、しっかりこそこそ準備、させていただきますね。

当日をどうぞお楽しみに!



それではみんなさん、

またー☆

ありがとう、助かったよ


みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。



やー。

最近ちらちら更新させていただいておりますこちらでも、寒くなりましたね冷たいですねと、たらたらお話させていただいておりましたが、本日、というか、昨日夜半?

かなり市内山口市は冷え込んだのでしょうね…。

今年初めて車のフロントガラスが凍っておりました。

わっ…というほどの驚きもなかったのですが、相変わらず朝の店舗の掃除用に、パーカーに短パン、スニーカーというラフな出で立ちでそのフロントガラスの凍った車の傍におりましたので、その姿を見られた方などには、ちょっとどこかファンシーな人なんじゃあないか知ら…と、不安なお気持ちにさせてしまったやもしれません…。

本日のようにそろそろ色々なものが凍ったり、霜が降りたり、木枯らしが吹いたり…

そういう冬の気配がぐんぐん濃くなってまいります。

体感的にはまだぜんぜん大丈夫な短パンも、名残惜しさは尽きませんがそろそろ片付けて、周囲の気温や風景に合う装いを心がけてまいりたいと思います。


そんなこんなの寒さが一層噛み付き始めた昨今ですが、本日はですね、昨日更新させていただきましたこちらslowf blog。

その中、最後の方に少し触れさせていただきました、「数年ぶりのお誘い」

こちらのご紹介をさせていただけたらと思います。

タイトルでもう「ああ」と、ご理解いただけているとは思いますが、数年ぶりにこちら「SLOWF」の店頭にて、一日限りの「STAFF MARKET」

こちらを催させていただけたらと思います。

詳しくは後ほどすこし述べさせていただきますので、まずは今回作らせていただきました、そのMARKETのチラシを写真にしてみましたので、そちらからご覧になってくださいませ。



010


011


012


SLOWF&nanten STAFF MARKET


今回久しぶりのMARKETですが、内容はこちら「SLOWF」より、私の私物…

私がLサイズはLサイズでも、まだ「ほっそりしたLサイズ」だったころの、「Lサイズ」の洋服全般、こちらをほぼすべて500yenで出させていただきます

身から出た錆がすべてではございますが、自分ではもう着られないという悲しみを、そっと当日MARKET会場でお伝えできたらと思います。

それと、おとなり「nanten」からは、今回限定の「とくべつなドーナツ」

こちらを現在すこし悩みながらですが、おそらく「3種」程度、出させていただく事になりそうです。

その他にはホットコーヒーと、こちらもまだ未定ですが、温かなチャイなどをご用意させていただけたらと思います。

他にこちらもまだはっきりとは、ですが、以前にもこっそり並べておりました、弊店スタッフの私物…。

現在洋服少し、什器…什器?少し…なんだかそんな不確かな感じではありますが出せるかもと、耳にしております。

冬の凛とした空気の中、朝ごはん代わりのドーナツをもくもくされながら、よろしかったらがやがやわいわいMARKETをお楽しみくださいね。


SLOWF&nanten STAFF MARKET

時・12月2日(日曜日) 10:30〜 (どちらもなくなり次第終了とさせていただきます)

場所・SLOWF前

※雨天の場合、縮小開催させていただきます



あ、ちなみになのですが、その日の午前中、こちら「SLOWF」の私ですが、MARKETの方にべったりいることになりそうです。

ですのでその日だけはこちら「SLOWF」の営業時間を「12:30〜OPEN」とさせていただく事にいたしました

おとなり「nanten」に関しては通常通りの「10:30〜OPEN」させていただけると思います

1点追加で変更事、大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。




ちなみに今回のこのチラシ、おとなり「nanten」のツマが書いてくれました。

発祥がどこで何なのかよく分からない、いつの間にかおとなりの「ヤンニョムジャン」のビンなんかにもメインに描かれております通称「ぶたの店長」



「ぶたの店長」という言葉の響きを口の中でも、頭の中でも音にいたしますと、不思議と胸の奥がちくっとするのはなぜでしょうか…。

頑なに私(あなた)ではないよ、と、言ってはくれるのですが…(笑)

と、兎に角今回はこのチラシを、それぞれのお店のカウンターに置いておりますので、気に留めていただけましたらよろしかったらお手に取ってみられてくださいね。

開催まであと2週間弱です。

しっかり準備をして、みんなさんをお待ちいたしておりますね。

よろしかったらひと時、わいわいどうぞご一緒にー。



それではみんなさん、

またー☆

似合うちょったね

001




みんなさんおはようございます。

slowf blogでございます。



昨日夜半より降り始めました冷たい雨の、余韻が今朝もしっとり残った、初冬の初冬らしい明るさの一日になりましたね。

降って、というほどはっきりとは落ちない雨が、時折さらさらと目に見えます。

お車でのご移動など、お気をつけくださいね。



そんなこんなの昨日に引き続きの本日更新こちら、slowf blogですが、タイトルにもありますように、明日金曜日、こちらの営業の変更に付きまして、お知らせさせていただけたらと思います。

と、言ってもですが、この出だしですと、大体こちら「SLOWF」の出張に伴う…といった流れになる事がほとんどなのですが、明日はおとなり「nanten」

こちらを臨時でお休みをいただく事になりましたので、そのお知らせになります。


11月23日(金曜)、おとなり「nanten」所用のためお休みをさせていただきます。

※こちら「SLOWF」は、通常通り営業させていただいております。




…ちょっと、目立つように赤文字にしてみました…。

明日は勤労感謝、祝日三連休の始まりの日になります。

いつもより心苦しさみなぎる感じですが、どうぞご了承くださいませ。

また土曜日より、温かな一皿をご用意してお待ちいたしております。


と、(まだ続くのかよ…)ですね、明日、か、明後日、もう一度こちらでご報告…と言うか、お誘い、させていただきたい事がございますので、更新させていただく予定でございます。

もう2年ぶりくらいにはなりますかね…「アレ」を、久しぶりに催させていただけたらと企画しております。

来月12月の話なんですけどね。

ちょっと早めにお誘いをと思っております。


と、(まだ!?)ですね、その後ですが、こちらは毎年この季節恒例の…と言っては色気がなさ過ぎですが、この時期ならではのお誘いをまた別件として、お伝えさせていただけたらと思います。

この年ももう指折り数えようかというこの段になって、どしどしとお伝え事が増えておりますが、残すところのこの年最後のもろもろを、よろしかったらどうぞご一緒にお楽しみいただけたらと思います。



本日はここまででございます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

日に日に寒さの身に迫る季節です。

引き続き、お体どうぞご自愛くださいね。


それではみんなさん、

またー☆

来たね…ついに!


みんなさんこんにちは。

slowf blogでございます。


やー。

昨日月曜日くらいからでしょうか、朝晩がぐっと一気に秋めいて…というより、いよいよ冬めいてまいりましたね。

宅でも今朝より「ストーブ及び灯油解禁令」が発令されまして、本日より朝晩の冷え込みが肌に骨に迫る時には使用を許可する旨、通達が下りました。

ですもんで現在私の車の助手席の足元には灯油缶が一つ、ぼこんと乗っております。

冬に、なりましたねー。


今年の秋は、昨年の寒波と打って変わってずいぶんと暖かな日が続きました。

そのせいか道々の街路樹や、ふっと目を向けました山々のところどころに燃えるような、または輝くような、赤や黄、もしくはその間くらいの美しい紅葉を目に楽しませてくれております。

つい寒さに首をすくめたり、布団との親和性が高まりすぎて、あと5分…が、2セット目に突入してしまったり、寒い季節ならではの厄介ごともやはりありますが、そこここにある、その季節ならではの美しいものであったり、肌に触れるものであったり、そういったものを気が付いたときだけでも、しんみりと暖かく感じていきたいものですね。


さて、そんなこんなの本日でございますが、先だってより少し間隔が空いてしまいました。

おとなり「nanten」のこの冬のいくつかの新メニューの内の一つ、こちらをご紹介させていただけたらと思います。

今回ご紹介するのがタイトルにもあります、こちら


「豚ばら肉の赤ワインレーズン煮込み」


ぐっと冷えてきた気温と共に知らず疲れたお体に、ほっとおいしく温かな一品、ご紹介させていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいませ。





001


002


003


004


005


006


豚ばら肉の赤ワインレーズン煮込み 980yen


フライパンで香ばしく炒めた豚ばら肉に、赤ワイン、バルサミコ酢、おしょうゆ、レーズンを加え、圧力鍋でほろほろやわらかく煮込みます。

とろりと甘い豚ばら肉に、全体の味をまとめてくれる香辛料のクローブ、バルサミコ酢と赤ワインの爽やかな酸味、それに、豚肉そのものの味を引き立ててくれるレーズンのフルーティーな甘さが絡み合い、ご飯がすいすい進みます。

「豚肉にレーズン」…と、耳にされると、「うーん…イメージが…」と過ぎられる方もいらっしゃるんじゃあないかと思いますが、分かりやすい言い方でしたら、「洋風の角煮」と、ちょっと乱暴ですが、言えるかもしれません。

どこかヨーロッパのおばあちゃんの作った家庭料理…そんなどこか素朴な印象も受ける一皿です。

…どこかヨーロッパと書きましたが、今回の料理、どこの料理なんでしょうかね…。

赤ワインにバルサミコ酢、それにレーズン。

実は味を決定付ける主役すべて、元をたどれば「ぶどう」、なんですよね。

特にバルサミコ酢は、発祥がイタリアと言われていたりするそうで、ひょっとしてイタリアの片田舎の食堂なんかでこんな料理、出されていたりするかもしれませんね。

毎日少しづつ冷たくなっていく空気に、そっと、ぽっと、温まっていただけそうな「豚ばら肉の赤ワインレーズン煮込み」

その冷たい冬の似合う一品かと思います。

よろしかったらどうぞ、お楽しみにされてくださいね。




さて、本日はここまででございます。

本日も朝より少しづつ初めておりましたが、気が付けばもう陽が落ちてずいぶんになります。

まお伝えしておりませんが、先だってより毎年恒例ですが店頭に、小さなツリーを出しております。

インスタ映え、は、まったくいたしませんが、素朴な小さなツリーがこの時間、きらきらと目に嬉しく映ります。

少し少し冷たい日々に嬉しみを感じながら、過してまいりましょうね。

暖かな一枚と、温かなお料理をご用意して、また、お待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

欲をかくべからず


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。




やー…




今日は木曜日。

おとなり「nanten」はお休み。

そんな木曜日は毎週の如くですが、普段のどのくらいか分からないくらい、お店はゆっくり。

ですのでこの日にディスプレイを変えたり、こうしてblogを更新したり、なかなか日々できない事、できていない古都をまとめてぱっと、やってしまう日に、自然となっているのですが。

本日は少し楽しい事や、嬉しい事、心から嬉しいのだけれども掘って掘って掘ってーみると、やっぱりそれは寂しくなることなど、いろいろ、もう本当いろいろありまして、気が付きましたら時計は営業時間おしまいを回り、19時を47分

さらに進もうという時間になっております。

その諸々はちょっと小脇に抱えて持ちまして、本題本文、本日は時間もこの通りのことになっておりますので、ささくさと本題本文、こちらに入らせていただけたらと思います。

すんみませんね、短めで。

本日はですね、久しぶりになりましたがこちら「SLOWF」の事、形式は店内のダイジェスト

こちらでご紹介させていただけたらと思います。



この文章ですら、足早感がそこはかとなく漂っておりますね…。

さすがにいかんいかん。

足早に過ぎる足早な本日更新ですが、本日もお時間ございましたらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいませ。










(MENS)




001


002


003


JACKET:RINEN
INNER:VOO
DENIM:ORDINARY FITS
SHOES:RFW
CAP:morno





(LADYS)




004


006


005


OUTER:LAITERIE
INNER:LAITERIE
PANTS:D.M.G
BERET:odds
STOLE:hinthint
BAG:motte
SHOES:ADOLFO CARLI






007


和歌山のカットソーメーカー、「今城メリヤス」さんより、「kinako」、「HIGH FLUTTER」それぞれ今年最後の追加をいただきました。

これから寒くなるとニットもの、着たくなりますもんね。

肌に一番近いものですから、少しでも肌当りのいいもの、ご紹介できたらと思います。




008


向かって右のシューズがイタリアの「HAIKON HADA」

左のボトムスはフランスの「Le minor」のウールのイージーパンツです。




009


福岡の「lilou&lily」より、何かと重ためな生地感ばかりになりがちなこの時期の着合わせに、少しだけ軽さを出してくれそうなリネン素材の新作を届けていただいています。

つい無地ばかり、に、なりがちなインナーに、ちょっと動きを出してくれる大ぶりなストライプブラウス。

よろしかったらお楽しみにされてくださいね。





010


こちらのラックには「Le minor」「Crespi」「MICHEL BEAUDOUIN」など、少しすっと、きりっと、でも、柔らかい印象を持つそれぞれを主に並べています。

今年もいろいろめまぐるしく入れ替わりました。

最後の一回転、でしょうか、よろしかったらどうぞご覧になってみられてくださいね。





011


入り口のディスプレイの背中側に、先程もすこしご紹介しました福岡の「Lilou&lily」の新作を並べています。

…後光が射しすぎて、ほとんど見えませんね…。





012


大阪の「RINEN」のツイードのテーラードJkに、同ブランドのニットを素直に重ねています。

左のスカートは東京の「TRAVAIL MANUL」のもの、右のバッグは大阪の「TEHA'AMANA」のものです。





013


と、その下には同じくの「RINEN」のシャツ、それにそのレディースライン「prit」のベストなどをゆったり並べています。

ベスト、写真ではぜんぜん分かりませんが、すこしルーズ目、素敵ですよ。





014


と、その隣のこちらに、東京の「odds」のバスクベレー帽、同じく「hinthint」の毎年定番のストール、その今年分をすべて出させていただきました。

全部出して並べると、気持ちいいものですね。





015


大阪の「prit」「RINEN」のアイテムをすべてこちらに並べています。

こちらの一ラックも、ずいぶんくるくるいたしました。

後、このくらいですが、どうぞお楽しみに。





016


と、実はその上に、同じく「prit」のミニバッグを吊るしています。

意外と気が付きにくかったりいたします。

ちょっと高めのところにありますので、よろしかったらお声かけくださいね。





017


018


レディースの奥のコーナーですね。

福岡の「haolu」のチノに、イタリアの「ADOLFO CARLI」のサイドゴアブーツ

東京の「Nine Tailor」のニットキャップにイギリスの「TWEED MILL」のブランケット

それに東京の「UNIVERSAL TISSU」のブラウス

脈絡がありそうでなさそうで…でもまとめて合わせていただくと、ちょっといいかもねって言っていただける、かも、です。





019


そのさらにちょっと奥に東京の「UNIVERSAL TISSU」「UNIVERSAL SEVEN」「TISSU」、それぞれをまとめて並べさせていただいています。

このシーズンも初めましての方に袖を通していただけたり、今ちょっと思い出してもうれしい気持ちが思い出される「UNIVERSAL TISSU」のこのラック。

この秋冬はそろそろフィナーレを迎えそうですが、引き続き新しいシーズンのものも、少しづつ届けていただく予定ですので、ゆっくりお楽しみくださいね。





020


と、そのレディース奥のディスプレイです。

左は東京の「UNIVERSAL TISSU」のワイドシャツを中心に

右はイギリスの「LAVENHAM」のキルティングJKを中心に、それぞれかけています。





021


そのレディース奥の、一番奥。

こちらのラックにこの秋よりお取り扱いを始めさせていただきました大阪の「LAITERIE」の新作を並べています。

一番最初にご紹介させていただいたレディースのディスプレイのアンサンブルの色違いなど、並べています。

全体を軽くつかむような軽い素材感、デザイン、サイズ感が魅力の「LAITERIE」の洋服

これから少しづつご紹介させてくださいね。





022


と、そのコーナーからメンズの方をちょっと見ると、こんなです。





023


024


025


お店の真ん中

ぼくを含めて一日三、四人の方が肩をぶつけられるこちらのキャビネットに、実はこっそり新作の雑貨を並べています。

大阪の「PRAGMENT」のレザーのポーチ、東京の「PUEBCO」のキャンドルを始めとした新しいものたち

こまごまいろいろありますので、お時間許す間、ゆっくりご覧になってみられてくださいね。





026


こちらからがメンズのコーナーのご紹介です。

岡山の「SPELL BOUND」、同じく岡山の「VOO」、イギリスの「LAVENHAM」

そしてその下のラック





027


東京の「RIDING HIGH」、岡山の「ORDINARY FITS」

各ブランドより、そこまで重量感を持たせすぎていないアウターを並べています。

冬でも実はこれくらいで平気だよって方(ぼくもです)、よろしかったら軽く、着ましょうね。





028


メンズのコーナーの真ん中にあるテーブルに、いろいろこまごま並べています。

写真真ん中にありますギンガムチェックのシャツは大阪の「MANUAL ALPHABET」のものです。

…昔はよく着てた(サイズ的に着れてた)なあ…って、ちょっと時の流れの残酷さを思い知らされながら日々畳みなおしている一型だったりします。





029


アメリカの「Columbia」、イタリアの「MONTURA」、今年は昨年と打って変わってアウトドア寄りのアウターを、改めてご紹介しなおしております。

ここ数年お取り扱いをぐっと押さえ気味のジャンルでしたので、こんなのやってるの?って聞かれる事もありますが、アウトドア、それ自体はまったくしないのですが、「モノ」は、大好きです。

休みの日なんかはそればっかりだったりいたします。

よろしかったら少しづつおススメ…というか話を、聞いてやってくださいね(笑)





030


と、じゃあそんな休みの日って、どんな感じなん?って聞いていただいた時にこんな感じ、ってお答えできるようにこちらに一例でディスプレイしています。

年々「軽い」、っていうのも、自分の中でのキーワードになっている気がいたします。

そういう点でのアウトドアモノって、改めて優秀です。





031


岡山の「ORDINARY FITS」より定番のアンクルデニムの追加を届けていただきました。

26インチから34インチまでご用意しております。

そのレングス(丈)やシルエット感が、男女どちらでも受け止めてくれる、お店でも外す事のできない一型です。

よろしかったら足入れ、されてみられてくださいね。

ジャストでもやや大きめでも、それぞれの良さに、悩みを深めていただける事と思います。





032


左が岡山の「VOO」のもの、右がドイツの「seldom」のものです。

ドイツの「seldom」、素材はウール(羊毛)で、デザインはタートルネックなのですが、「ウールでタートルかー…好きなんだけどねー…」と、ちょっとおっかなびっくりなお話、よく、分かります。

ですがこちらはそんなちょっと、をお持ちの方に、試していただきたい一枚です。

「ウールでタートル」今まで自分で試してきた数多くの中で、これが一番肌辺り、サイズ感、文句がありませんでした。





033


実はここにこっそり東京の「Nine Tailor」のナイロンのベレー帽を積んでいます。

あまりの素朴さに、ここのところどなたにも触れられていないような気がして、ちょっと、写真にさせていただきました。





034


ぼくが一日の半分近くを過すこのレジの頭の上

こちらに大阪の「PRAGMENT」より定番の「山型」リュックを吊るしています。

「山型」…山の稜線、頂きを髣髴とさせるデザインは、一見言葉にすると奇抜すぎるように感じられますが、背負って見た後のシルエットには悪目立ちしない、静かな素朴さがあります。

何か背中のバッグが欲しいかも…って思われる方いらっしゃいましたら、お悩みの一角に加えてみてやってくださいませ。





035


と、ひょいっとそのレジを覗き込むと…



引き出しが…ない?

ふふふふふ…ちょっとだけ、変えます、近日、自分用に。





036


お店の植物たちも、今年のこの暖かさが幸いしてか、普段よりもゆっくり、色濃く、紅葉を見せてくれているような気がいたします。

写真、この色より実物はもっと、赤く、色づいています。

どこもかしこも秋ですね。

幸せですね。






さ、ここまで書ききりましたよ。

途中、レジ中を写していました写真がございましたでしょう?

あちらの一枚に時計、時間が写っていたと思うのですが、何時でしたでしょうか…。

…そう、午前中…午前中よりこの作業、本日はゆるゆると進めてまいっておったのですよ…。

おったのですが…ちょっと本日は時間がこう、押してしまいました…。

外はとっぷり当然の真っ暗です。

ささくさこれからお店の片づけをして、帰路につかせていただけたらと思います。

みんなさんも今日も一日、おつかれさまでした。

明日で今週のお仕事もお仕舞いーっていう方もいらっしゃいますよね。

あと一日、がんばっていきましょうね。

ぼくと同じで週末も仕事だよーっていう方、いい仕事、してやりましょうね。

それぞれに、がんばりましょう。

本日も一日、心よりありがとうございました。

またゆっくりお店をご用意して、お待ちしております。



それではみんなさん、

またー☆

単四電池ね、オケ

001




みんなさんこんにちは。

slowf blogでございます。



やー…。



何か…飛んでいますか…?


と言いますのも、先だって以来、なんとはなしの微熱、体の倦怠感、及び鼻腔のそこはかとない不快感に襲われ続けておりまして、暖かい日が続いておるとは言えやはりそこは季節の変わり目、気候気温の変化に置いていかれ、風邪気味諸症状をもよおしてしまったんではなかろうか知らと、葛根湯やのど飴などを摂取、様子を見ておりましたのですが…

その、どれもがこう、決定的な験がなくてですね…。

うーん、どうしたものやらと首をひねっておりましたが、ある時はたと、気がつきまして。

こんな諸症状、そういえば経験、あるなと。

どこだったかなーいつだったかなーと、さらに首を、折れんばかりにひねって思い出して見まするに、そうそうそうですよ、「花粉の頃」ですよ、このしんどさはこの種類はと、右手を親指の背が上になる角度で軽く握り、左手を手のひらが上になるように向け、自然に開き、右手をその左手にぽんと一つ打ち、気が付いた次第でございます。

やー、花粉です、これ。

もしくはその花粉が原因な症状と同じような状態を作り出している、何か。

おそらく舞っているような気がいたします…。


ですがいいこともややあって、そこにはたと気が付きましたら不思議と自然と、少しだけ体が楽になったような気がいたします。

「病は気から」なんて、手垢のするほど使い古された言葉ではありますが確かに確かに。

「原因不明の風邪ぽい感じ」と思い込んでいました先週中に比べまして、「うーん、時期性のアレルギーかも?」と、大まかな原因のガイドライン(?)が見えますと、どこか晴れ晴れ、…は、言いすぎですが、それでもどこか心なしかほっとして、軽くなっているところもございます。


ですので先だってお店に足を運んでいただいたみんなさんにご心配おかけいたしました事、こんな場ではございますが心より陳謝、頭を垂れ、お詫び申し上げます。

どうもご心配をおかけいたしました。

時期性、通りすがりのアレルギー反応のような気がいたしますので今日よりまた、症状は依然そのままですが、心持足取り軽く、お店でお待ちいたしておりますね。

どうぞよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします、つながりで、明日の件なのですが…こちらもどうぞ、よろしくお願いいたします…。


明日11月14日(水曜)、こちら「SLOWF」展示会出張のため、PM15:00〜OPENとさせていただきます。

※おとなり「nanten」は通常通り営業させていただいております。



またお待ちいたしておりますねと言った、その舌の根も乾かぬうちに不規則営業の告知で大変申し訳ありません。

ですが明日は久しぶりに少し短めの出張で済みそうですので、これまた久しぶりになのですが、15時くらいから、ゆっくりお店を開けてみようか知らと考えております。

それでもいつもより大分短めの営業時間にはなってしまいますが、もしもご都合の合われそうな方がいらっしゃいましたら、よろしかったらお立ち寄りくださいませ。

ゆっくりとお店を準備して、お待ちいたしております。



本日はここまででございます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

私もですが、何かと体調管理の難しい日が続きます。

お互いにですし、それぞれに、ですが、くれぐれもお体ご無理のないよう、そろりそろりと日々をやり過ごしていきましょうね。


それではみんなさん、

またー☆

いい質問してくれたね、考えさせられたよ

このページのトップヘ