SLOWF blog

山口市一の坂沿いから大内に移転し、「nanten」という名前のcafeも隣に併設しました。あいかわらず気ままな日記です。

〒753-0241 山口市大内問田3丁目23番18号 TEL/FAX:0839200256 OPEN:10:30〜19:30 CLOSED:MONDAY PARKING:15

みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。



「やー。」

と、毎回書割始まってしまいます定番の出だしから始まる時候の挨拶、代わり映えのしない前説ですが、本日はですね、その「やー。」までは従の来に変わらず同じ出出しではございますが、ちぃようっとこれから先のその普段の長い前説。

こちらを大変申しわけありませんが、「割愛」、させていただけたらなと思います。

(…?なんで?)

って、思っていただいた方、もしもこのパソコンの画面の向こうにいらっしゃいましたら、それはそれで嬉しくまた同時にその申し訳なさが実感をもって身に迫ってまいる気もいたしますが、それもこれもすべては私の行き届かなさの末…

段取り、もっと砕けて言えばスケジュール管理能力の破綻が原因で、現在ちょっと、頭の中が魔境に入るほどの、



「オーダーの締め切り」


を抱えてしまっております…。

最短のもので本日夕方まで…

猶予があっても、明日の朝まで…

しかも明日は展示会出張で終日お店には立ち寄れないので、どうしても本日中に済ませなければならぬならぬならぬならぬならぬ…


と、いった、ちょっと本気でしっかり考え込むと、目の前が真っ赤になりそうなプレッシャーの最中でございます。

やー。

ね。

年年色色なものが緩やかになってしまってきておりますが、こう、その緩んだところに「締め切り」というフレーズは、実によくずぶずぶと刺さってくれるものですね…。

以前はもう少し(何とか…なる!)と、前向きな反発、怖気を抑えたここぞの一歩が踏み出せたものですが、最近はやにわに人間が緩みすぎてしまいましたので、もう、すぐ、一気に、心が魔境に踏み込んで、ただただ手先を冷たくして虚空一点をぼんやり眺めているような体たらくでございます…。

ですので先にも申し上げましたが本日、大変に大変申し訳ございませんが前説の方を割愛、実にスムーズに本日更新の肝、こちら「SLOWF」のブランドごとの新作の触り、ダイジェストをご覧になっていただく段に移らせていただけたらと思います。



と、この「思います」、まで書いて思ったのですが…本日この「前説割愛させていただきますね」と、一行数文字で済む事をここまでだらだら長く書いてきた、これがすでに「前説」になっているんじゃあ…





気のせい、ですか…。

ですか、しかし、今はっと気が付いたせいか、心の魔境感が一段と濃く増したような気がいたしておりますことを思いますと気のせいでは…



もう、切り上げます。

…大変右往左往して、お見苦しいところお見せしておりますが、本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいね。







(MENS)




001


002


003


OUTER:MONTURA
INNER:MANUAL ALPHABET
BOTTOM:RINEN
SHOES:RFW
CAP:morno




(LADYS)




004


005


006


ONEPIECE:UNIVERSAL TISSU
LEGGINGS:doux bleu
STOLE:hinthint
BACKPACK:MOUNTAIN HARD WEAR
CAP:Nine Tailor
SHOES:La Tenace




(RINEN)

007


008


009






(VOO)

010


011


012





(SPELLBOUND)

013


014


015





(RIDING HIGH)

016


017


018





(MONTURA&Columbia)

019


020


021





(Sanders)

022





(SOUTIENCOL)

023





(Lim home)

024





(ORDINARY FITS)

025








(prit&RINEN)

026


027


028


029


053





(doux bleu)

030


031


032


052





(lilou&lily)

033


034


035





(UNIVERSAl TISSU/UNIVERSAL SEVEN/TISSU)

036


037


038





(Lim home stir&haolu)

039


040


041


042





(isato)

043


044


045





(le minor)

046


047


048





(ADOLFO CARLI)

049





(odds)

050





(hinthint)

051








さ、本日はここまででございます。

いかがでしたでしょうか?

もちろんこれはごく一部になります。

ここ最近お越しいただいた方には見ていただいているとは思いますが、もうですね、店内も一つの魔境になっております。

こちらの魔境は新作続きで迷いが「魔境」という、ちょっと前向きでハッピーな魔境ですが。

他の多くのショップさんが「入荷ラッシュが止まりません!」「写真撮影が追いつきません!」などの明るい悲鳴(?)の文章を載せられているのを色色な媒体で目にいたしますが、弊店もご他聞にもれず、ここ最近そんな感じが続いております。

もう最近運送会社さんのトラックが停まり、荷台の開く音が聞こえ、続けて「台車」を降ろされる音が聞こえましたら小さく


「ひっ」


って言ってますもんね(笑)

(こ、これ以上ど、どこに出せるっていうんだ…!)

って。

そのくらい、盛りだくさんです。


今年は昨年と違い、西日本らしい暖冬の気候のようですね。

すぐすぐ暖かすぎるものはまだぴんとこられない方も少なくないとは思いますが、その分ゆっくりじっくりいずれ来る本当に寒い季節へのイメージを焦ることなく膨らませる事ができますね。

よろしかったらちょっとちょっと、その次の季節へのイメージを膨らませに覗いてみられてくださいね。


結局本日も急いでいますとは言い条、いつものような長さになってしまいましたね。

長くなった本日も、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとお店でお待ちしております。


それではみんなさん、

またー☆

有名な人だよ、それ

001



みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

朝晩のひんやりとした空気と、こう、昼中の、少し汗ばむような陽気との寒暖の差がこっそり激しい今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

本日更新当blogですが、タイトルにもありますように、今週木曜日、展示会出張に出かけさせていただく事になりましたので、そのご報告になります。

以下いつもの感じにはなりますが、お知らせさせていただきますね。


10月18日(木曜)こちら「SLOWF」、展示会出張のためお休みとさせていただきます。

※おとなり「nanten」も定休日のためお休みです。



今月も早いものでもう半分が過ぎましたね。

10月も後半戦に入りましたが、その後半戦の週、それぞれどちらも1日づつ、今回のような展示会によるお休みをいただく事になりそうです。

今月毎週に渡って営業日が不規則になっており、分かりづらくなっております。

いつもその当日遠方にいまして、ピキーンと第六感、(今…ひょっとしてお客様がお見えになられた…)と、心を痛める事しばしばでございます…。

そんな痛んだウスハリガララスのような心を抱えて足早一路、駆け足帰山いたしまして、ちょっと立ち寄った店頭に休みの日に新しいメニューなんかの試作をしておりますサイを見つけ、「どうだった…?今日、お客様お見えになられて帰られた…?」と、聞くと、すわ一瞥の逡巡迷いなく、「いや、誰も来ぬ」





くっ…う、うれしい、ような、ほっとしたような…

もちろんこのblogでのお知らせを読んでいただき、「ああ、今日はダメなのね、日をずらすわ」とご確認、判断していただいている事、それが分かり、どなたにも二度足を踏んでいただかなかったと安心する事、それはひとしきり、ひとしきり、なのですが、…ですが…

反面、それでも、…それでも、…こう、…、ね!(笑)

皆まで言えぬ心もちもまた、正直に告白すれば、沸き出って参ります…。


ママ、冗談はさておき、みんなさんにご確認いただけて、安心して遠方に足を伸ばす事ができております。

せっかく一日、お休みをいただきますので、しっかりいいいもの、見てこさせていただきますね。

また来年の春も、みんなさんに楽しく悩んでいただけるよう、ご準備いたします。


さ、本日もここまででございます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

先にも書きましたが寒暖の差が激しいこの時期です。

日々何かしら忙しく立ち回られていらっしゃる事と思います。

くれぐれもお体にだけはお気をつけくださいね。



それではみんなさん、

またー☆

勉強会をせねばね


みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。



やー。

今朝より一気に朝起き抜けの気温、と言いますか室温、と言いますか、それらがぐっと、「冷えたなー…」と実感されるようになりましたね。

朝風を通すために明けるベランダや窓、その時間もこれからぐんぐん短くなっていきそうです。

こういう気候、気温の時に困るのは、就寝するときの装い、準備ですよね…。

半袖、ではさすがに寒いが長袖…ではどうにももぞもぞとした感じが慣れずに着づらいし…

毛布、があると安心は安心だけれでも、きっと夜中に「暑い…」かなんか思って足で蹴飛ばしてるんだろうなあ…

とか。

ある意味外に出かけて行くときの洋服以上に難しい問題やも知れません。

まま何にせよ、朝晩の気温と日中の気温、その寒暖の差が激しく、気が付かない間に空気が乾燥していたりいたしますと、てきめん重なった疲れなどが身中で勢力を増し、思わぬ体の不調に陥ったりしがちです。

用心に用心を重ねて、上はスウェット、下はショーツ、毛布は頭寒足熱、足元にもそっと用意しておくに留めるなどなど、みんなさんそれぞれの折衷案を模索され、体調に気をつけながら日々移ろってゆく季節に従ってまいりましょうね。


さて、そんなこんなの本日でございますが、タイトルにもありますように本日もおとなり「nanten」の新作のメニューにつきましてご紹介させていただけたらと思います。

今回ご紹介するのがこちら、


「渋皮栗のパウンド」


新メニュー、とは言い条、実は昨年も期間限定でご紹介させていただいておりました限定のメニューになります。

今回もいくつか写真に収めましたので、まずはそちらからご覧になっていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいませ。




001


002


003


004


005


渋皮栗のパウンド 240yen


生地に渋皮栗、生クリーム、それに香りのよいラム酒を混ぜ込み、しっとり焼き上げたパウンドケーキになります。

香りのよい洋酒が、素朴な栗の甘さをしっかり引き立て、生クリームのしっとり感が優しい気持ちにさせてくれます。

…「香りの高い洋酒」、と今書いたのですが、実は今回のこのパウンドケーキ、先にご説明いたしました「生地に混ぜた洋酒」、だけではなく、焼き上がりに「ブランデーシロップ」をたっぷりと染み込ませております。

当初ラム酒を加えただけのもので仕上げて見たのですが、どうにもその香りが薄く感じられ、それではと仕上がりにラム酒を染み込ませてみると、どうにも味がとんがりすぎているような気がして…。

そこでパウンド生地と相性のいいブランデーシロップに切り替えて試して見ると、これが不思議とラムの香り、ブランデーの香り、それに寄り添う栗の甘み、それぞれが邪魔せず収まってくれる、素朴な、だけどもどこか上品なケーキに仕上がりました。

少しづつ深まる秋の気配に寄り添うように、渋皮栗の優しい甘さのパウンドケーキ、よろしかったらお楽しみにされてみられてくださいね。




さ、本日はここまででございます。

しばらくにらめっくらしておりましたパーソコンから目を上げ、外を見晴るかしますと、秋晴れのいいお天気になりましたね。

今週末も久しぶりにお天気の心配をしなくても良さそうな、秋の秋らしいお休みになるようですね。

花に誘われ風に誘われ、一壷を携えてお出かけになられてもよさそうですね。


本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとお店でお待ちいたしております。



それではみんなさん、

またー☆

残念ながら、行かねばならぬ

みんなさんこんばんはー。

slowf blogでございます。


やー。

今回の台風25号。

恵まれてと言いますか、おかげさまでとは誰に言いますか、今回もお店のあります市内山口市は今のところ大きな被害の話も耳にせずに済み、ほっと一息胸を撫で下ろすやらといったところでございます。

それでもここ最近続いておりました台風の中では最も窓を、雨戸を、それに雨脚を叩き、運んできたように思います。

県内以外の各地の情報は今ちょっと耳にしておりませんが、今回の台風、どちらにつきましても被害の少ない事を祈るばかりでござます。


そんなこんなの昨日昨今、本日でございますが、先だって少しお話に…

乗せましたかどうかがちょっとあやふやなのですが、久しぶりにおとなり「nanten」の新作のメニューをご紹介させていただけたらと思います。

こう、タイミングが合わない時には合わないもので、ここ最近ずっと書かなきゃ書かなきゃ…写真を撮らなきゃ撮らなきゃと、ほそほそと心配しておりましたその思いもついぞ達せず、こちらとおとなりでうまく時間が取りあえず、ご紹介の準備が出来ておりませんでした…。

ですが昨日、やっと午前中のちょんの間、おとなりと時間が合いましたので、ここを逃してはと写真に収め、お誘いの文章も拙いながら収められるようになりましたので、今回は改めてやっとですね、おとなり「nanten」の新作のメニューの一つ、タイトルにもあります


「エンガディナー」


こちらをお誘いさせていただけたらと思います。

まずはいつものようにいくつか写真に収めましたので、そちらからご覧になっていただけたらと思います。

連休中日、お天気のような薄ぼんやりとしたような、秋の秋らしい一日です。

もしもお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいませ。






001


002


003


004


005


エンガディナー 350yen


「エンガディナー」

正式名称は、「エンガディナー・ヌストルテ」という、スイスはエンガディン地方の銘菓になります。

ショートブレッドに似たさくっとリッチなサクレ生地で、くるみをたっぷりと入れたキャラメルをその間に挟みこんだ焼き菓子です。

小麦、バター、砂糖、卵、くるみ、蜂蜜、生クリーム…。

使われている材料はとてもスタンダードなものなのですが、挟む生地も、そして間の挟まれるキャラメリゼされたフィリングも、そのどちらもがそれぞれに負けない力強い味わいを感じさせてくれます。

それと、先程の材料、それにキャラメリゼ、などの単語を見てしまいますと、「か、カロリー?」と、ご心配になられる方、ひょっとして少なくないかもしれません(笑)

そうですね、カロリー、そんなに低くはありません。

スイスの冬の寒さを乗り切るためには、このくらいのカロリーを間食に摂って、しっかりエネルギーを蓄えなければいけないんでしょうね。

ドライフルーツや洋酒など、華やかな味わいの外国のお菓子ももちろん素敵ですが、こんな素朴な素材の味が、素朴な甘さを感じさせてくれる一品も同じように、いやそれ以上に、魅力的だと思います。

今季新作のおとなり「nanten」の焼き菓子、「エンガディナー」

よろしかったらどうぞお楽しみにされてみられてくださいねー。





さ、本日はここまででございます。

先日の台風の反動からか、本日はみんなさん、朝早くからお店を気にしていただいてる気がいたしております…。

まだお仕事らしいお仕事をこのblog以外、本日できておらないようなこちら「SLOWF」、気がいたしますので、ここらでささくさ筆を置き、店内へ戻らせていただけたらと思います。

今日、明日と残りの連休、どうぞよいお休みにされてくださいね。

こちら「SLOWF」おとなり「nanten」、それぞれお店をゆっくりご用意して、お待ちいたしております。



それではみんなさん、

またー☆

ロッケンロール


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

早いものでもうすっかり10月の顔を、周囲はしてまいりましたねー。

今日なんかは今週末よりの台風の影響か、どうにも薄暗い一日になりましたが、それを除いても、日々ずいぶんと日が暮れるのが早くなっているような気がいたします。

ですので今日、これを書き始めております今現在16:09ですが、外はさらにぼんやり、フェードのかかった秋の、しかも夕暮れの、それの空気、色目になってきております。

ですので出だしの「こんにちはー」が、「こんにちはー」でおそらく時間的には正解なのでしょうが、どうにもお尻の座りがよくないような、どこか間の抜けたような、そんな心細い思いがいたしたりいたします。

そんなこんなの今週もやっと折り返しを過ぎ、週末が視界に入ってくるようになりましたね。

ですが先にも少し書きましたが、今週末も先週末に引き続き、台風、今度ので25号ですか、そちらが日本にかかってくるような予報になっておりますね。

何も毎週末かかってこないでも…

と、愚痴の一つもつい兆してしまいそうですが、それならそれでの楽しみ方をまた、週末考えてみられるのも、一興一興かもしれませんね。

どうやら県内は土曜日が一番ちょっとしんどそうですね。

明けての日曜日、保育園や幼稚園で運動会のお話を耳にするその日ですが、その日は今のところ曇りのち晴れになっておりますね。

台風のピークはもちろん、その後の子供たちの晴れの場の一日が、どうぞ穏やかに訪れますように、ひっそりと祈りたい気持ちです。

毎回こうした予報のときに心配性、申しておりますが、改めて、今回もくれぐれも用心に用心を重ねてお過ごしくださいね。

ぼくたちも、当日の天候次第で万が一お店の営業時間を短縮したりさせていただくこと等なりそうでしたら、こちらではなくinstagramで、なるべく早めにご相談させていただきますね。


さて、そんなこんなの本日でござますが、本日もこちらSLOWFの新作のご紹介をさせていただけたらと思います。

秋モノ、を少し通り越して冬モノ、並び始めました。

お天気の心配を頭の片隅に、よろしかったらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。






(MENS)




001


002


003


004


VOO
VO871
WISE SHIRTS
RED
1 2 3
ポリエステル65% レーヨン35%
¥18360




005


006


007


008


RIDING HIGH
R1830403
EMBROIDERY PARKA
WHITE
S M L
綿100%
¥14040





009


010


011


012


Columbia
PM3361-366
ヴィザヴォナパスパターンドジャケット
SAGE CAMO PATTERN
M L XL
ナイロン100%
¥11340




013


014


015


016


MANUAL ALPHABET
MA-P-142
ナイロンイージートラウザース
NAVY
1 2 3
ポリエステル62% レーヨン33% ウレタン5%
¥19224







(LADYS)




017


018


019


020


doux bleu
DB-84-040
ビッグスリーブクルーネック
NATURAL GRAY
FREE
綿100%
¥8532




021


022


023


024


UNIVERSAL SEVEN
US183CT036
スウィートベロアモックネックワイドワンピース
KHAKI BROWN GRAY BLACK
FREE
綿70% ポリエステル30%
¥14580




025


026


027


028


TRAVAIL MANUEL
482002
ナイロンコットングログランボタンパーカ
CAMEL
FREE
綿60% ナイロン40%
¥25920




037


038


039


040


HARVESTY
A11716
コーデュロイサーカスパンツ
IVORY BEIGE BROWN
1
綿100%
¥19224




029


030


031


032


033


034


035


hinthint
STOLE02
ミックスストール
PINK PURPLE YELLOW KHAKI NAVY BLACK
綿68% アクリル32%
¥4860




(etc)




036


ちょっとちょっと今考えている事があって、ちょっとちょっと変えていけたらと思っております。

ちょっとちょっと、ですので、途中の時が、ちょっと「?」って見えてしまう事もきっとあるんだろうなあとか、ぼんやり思ったりもいたします。

なにせちょっとちょっとでしかできないものですから。

よろしかったらちょっとちょっと気にしてみられてくださいねー。





さ、本日はここまででございます。

書き始めてより早いものでもう1時間半くらい経ちましたが、見やります外は一段ぐっと、夕刻めいてまいりましたね。

段々に晩御飯が恋しくなるような、どこかそんな色目です(笑)

あと少し明日にかけてのお店の仕事を済ませて、本日もしめやかにお店を閉めさせていただけたらと思います。

みなみなさまも本日もお疲れ様でした。

週末まであと少し、やっとこやっとこ乗り切りましょうね。



それではみんなさん、

またー☆

ぺこり

001




みんなさんこんにちは。

slowf blogでございます。



やー。

まだすこし、どこか残暑のさらにその残りのような、どこかしんめりしたり、陽が差したらひりっとしたり、そんな熱さを残しております昨今、最近でございますが、そう気づき、じゃあ扇風機でもと、スイッチを入れてみましたら、首振り吹き来る風がどうにも冷たく感じられ、ささくさとまたスイッチを切ってみたり…。

なんだかそんな、どっちつかずなお天気であり、気候の昨今、最近でございます。

ここで気を抜き、クーラーなんぞを点けっ放し、切り忘れて一夜などを過しまししょうものなら、途端に風邪等ついてしまいそうです。

季節の変わり目移ろい目、比較的過しやすい、穏やかな気候が続きますが、ちょっとした事からのお体の不調、どうぞお気をつけくださいね。


さて、そんな取ってつけたような前説はこのくらいにいたしまして、本日はタイトルにもありますが、展示会出張に伴いますこちら「SLOWF」の、明日の営業の変更に付きましてのご報告になります。


9月27日(木曜)、こちら「SLOWF」、展示会出張のためお休みとさせていただきます。

※おとなり「nanten」も定休日のためお休みとなります。



来春の新作の展示会ラッシュ、その一つ目のヤマが明日でどうやら越えられそうです…。

二つ目は10月いっぱい…かかりそうですね…。

何はともあれ、せっかくお店を一日閉めさせていただきますので、しっかりいいもの、見てこさせていただきますね。

毎回の事で大変申し訳ありませんが明日のこと、どうぞよろしくお願いいたします。



本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとお店でお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

ぶつくさ言わない

001



みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。



やー。

花曇り、とは春の季語、春の言葉でこの季節にはふさわしくはないのですが、思わずそんな言葉が頭に浮かんでしまうような薄ぼんやりとした、どこか眠気を誘うような明るさの秋の一日、連休中日の本日になりました。

昨日は市内のいくつかの小学校で運動会が催されたと聞きます。

今日に比べてずいぶんと暑さに過ぎる一日でしたね。

生徒さん、お子さんはもちろん、父兄のみなさまもお疲れ様でした。

秋の夜長ならぬ薄ぼんやりとした午前中のまどろみ、今日だけでも疲れられた体にしっかり取られてくださいね。


さて、そんなこんなの昨今、今月二度目の連休その中日でございますが、タイトルにもありますように、明後日、連休明けの火曜日のお店の営業につきましてお知らせさせていただけたらと思います。


9月25日(火曜)、こちら「SLOWF」おとなり「nanten」ともにお休みとさせていただきます。


今月どうにも走り方がいつもの踵からゆっくり足を落としてすっすっと、という理想的なフォームよりむしろ、後先を考えずつま先でだだだだーっと走ってしまっていたような…

どうにもそんな気が、こちらもおとなりも、この月末を前にして感じ初めてございます…。

火曜日をお楽しみにしていただいていらっしゃった方がございましたら、多分に申し訳ありません。

一日しっかりゆっくりさせていただき、また明けての水曜日より、しっかりお店を開けて、お待ちいたしております。

水曜日は早速「限定コッペパン」の日ですしね。

ちょっとリセット、今一度ここでいろいろの水嵩を落ち着かさせていただけたらと思います。



あ。

「走り方」のくだり、「営業」、の事ですよ…。

きっと察していただいているとは思いますが…。

決して「現実的なランニングのフォームが悪くて体を壊した」、とかではありませんからね(笑)



本日はこのご報告まででございます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


それではみんなさん、

またー☆

猫舌


みんなさんこんにちはー。

slowf logでございますー。


やー。

先だっての三連休も、どこか思わず空に目をやってしまう、今にも降りだしそうであったり実際降ったり、そんな心細いお天気が続いておりましたが、本日よりの今週末にかけて。

そう、今月二度目の週末三連休も、どうやら本日のような雨模様のお天気になるみたいですね…。

「一雨ごとに、寒くなる」

のように、雨が一度二度と回数を重ね過ぎてくれるごとに次の季節の気配がより色濃くなってゆくのは心から歓迎したいのですが、こう週末ごとに示し合わせたかのように崩れるお天気だけは…

ちょっと手放しで喜びづらいところもありますね。

お出かけのご予定を立てられていた方もいらっしゃったんじゃないかと思います。

そのご予定も、ちょっと変更しなきゃかもなという方も。

せめて大きく降らない様、お祈りしておきますね。


さて、そんな本日こちらslowf blogを久しぶりに更新させていただきました。

ちょっと最近この秋の入荷のおそらく一つ目のヤマでしょうか…

毎日思わず「ひっ」って言ってしまいそうになる位の新作(のいっぱい詰ったダンボール)が届けられております。

その都度店頭を作ったり、もちろんいらっしゃっていただいた方へ少しですがご説明させていただいたり、そんな日常をうろうろしておりましたら、ついぞ更新の間隔が開いてしまいました…。

本日木曜日。

おとなり「nanten」が定休日のため、お店の時間の流れが普段よりぐっと緩やかになっております、その隙を見計らって本日。

久しぶりになりますがこちら「SLOWF」の秋の新作のその一部をご覧になっていただけたらと思います。

先にも書きましたが週末にずっと続いていきそうな本日よりのこの雨の影響で、どうにも写真の色写りが悪くなっているやもしれません…。

なんとはなーしに今日のお天気が、今日のしんめり感が、写りこんでいるような気がしております…。

ちょっと普段より明るさに欠けるところもあるやもですが、もしよろしかったらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいね。






(MENS)




001


002


003


004


MANUAL ALPHABET
MA-S-450
ビッグポケットワークシャツ
WHITE OLIVE
1 2 3
綿100%
¥12960




005


006


007


008


SOUTIENCOL
282017
San Francisco
BROWN×PINK
1 2 3
綿100%
¥21384




009


010


011


012


RIDING HIGH
R185-0301
LOOP WHEEL CREW SWEAT
MIX GRAY
S M L XL
綿100%
¥14040




013


014


015


016


RINEN
23905
ツイードヘリンボーンベスト
BROWN
1 2 3
毛100%
¥25920







(LADYS)




017


018


019


020


Le minor
EL39807
レースブラウス
CLEAM BEIGE BROWN BLACK
38
綿100%
¥15660




021


022


023


024


UNIVERSAL TISSU
UT183SH038
東炊きシャツカラースクエアSH
WHITE MOCA BLACK
綿60% 麻30% 毛10%
FREE
¥17280




025


026


027


028


Le minor
EL35808
ロングテーラード
BEIGE BLUE
38
綿100%
¥24840




029


030


031


032


D.M.G
13-908B
アンクルワイドデニム
USED WASH
S M
綿100%
¥16200




033


034


035


036


037


HAIKON HADA
コインローファー
BLACK
36 37 38 39
牛革
¥22140






(etc)




038


買ってしばらくになりますが、まだ一頁も開けていなかったりいたします…。

そんっなに毎日忙しいわけではない(はずな)のですが…

やはり年年いろいろな衰えなんでしょうかね…

一つびとつの作業に対する時間が以前より多めにかかっているのでしょうか…

気が付くと一日がもう暮れて嗚呼…ってなってたりいたしております…。

現在真っ盛りの来シーズンの各ブランドさんの展示会、それにオーダーがひと段落したら、ゆっくり読みます…。

三日月宗近や骨喰など耳覚えのある銘のものから髭切や鳴狐など、ちょっと不勉強、耳覚えのない銘のものまでいろいろのようです。





い、いろいろ置いておいて、いっそ読もうかな…。(ダメ)




い、いかがでしたでしょうか色目…。

やっぱりちょっと全体的に青い…というか、冴え冴え…というか、どうにも暖かさが低めの色合いになってしまっているような気がいたします…。

ちょっとぜんぜん知識がありませんので総称してこう呼んでいるのですが「いいカメラ」

そろそろ買った方がいいんでしょうかね…。

(etc)にも少し書きました諸所の衰えは、そのうち目や耳にも現れてきますもんね、きっと。

ちょっと今のうちにきちんとしたそれを補う道具に慣れておいたほうがよいでしょうね。

「いいカメラ」

くださいって言って、ちょっと近いうち誂えてみます。


また更新いたしますね。

すみません、ちょっと実は今日の雨の降り始めに合わせるかのように、今日からなんだか風邪気味初めなんです実は…(笑)

ぜんぜん元気なんですけどね。

なんか、ちょっと、日常の色々なことと体との距離感が普段より遠めに感じてしまっている、くらいのことです。

ですが今日は週末に向けて、少し早めに店じまいさせていただくやもしれません。

用心用心。

またしっかり体を戻して、ゆっくりお店でお待ちしておりますね。


本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


それではみんなさん、

またー☆

かなり助かってるよ

001



みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。



やー。

日増しに秋が深ま…

って、ってほどでは、そんな強い言葉ほどではないのですが、それでも日増しに世の色がそこかしこで秋めいてまいっておりますね。

一年でも最も好ましい、わずかな時間かもしれません。

この時期はどうにもついぞ日々に流されて、はっと気が付けばこの月ももう半ばに差し掛かっていたり…。

ちょっとちょっと毎日を大切に使って、過していきたいものですね。


そんなこんなの秋の立ち上がり、月の半ばの明日13日木曜日ですが、また展示会出張に出かけさせていただけたらと思います。

以下にいつもの形ですが、ご報告させていただけたらと思います。


9月13日(木曜)、展示会出張のためお休みとさせていただきます。

※おとなり「nanten」も、定休日のためお休みです。



明日の展示会を皮切りに、おそらく11月頃までなにやかにやと、こういう日が続くかと思います。

ご迷惑、なるべくおかけしないように、必ずご報告はさせていただきますね。

この時期の展示会は、早いもので来年の春の新作が並んでいたりいたします。

しっかりいいもの見てこさせていただきますね。

明日の件、お手数をおかけいたしますがご確認のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、本日は以上でございます。

最後までご覧になっていただき、誠にありがとうございました。

なにやら本日、昼過ぎ頃から雨に変わるかも…のような予報が出ておりましたね。

お出かけになられる方は、どうぞ傘のご準備など、気をつけてお出かけくださいね。


それではみんなさん、

またー☆

すぐにゅってせんの


みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。



やー。

先だってこちらでご紹介させていただきましたおとなり「nanten」の秋の限定メニュー、「アップルパイ」

いくつかお尋ねいただきまして、(書いてよかったー…)と、重ねてうれしい気持ちにさせていただきました。

ありがとうございました。

今日もしっかりご用意させていただいておりますので、改めてですがこれからしばらく、どうぞお楽しみくださいませー。


さて、そんな先だってつながりですがその先だって。

こちらで近畿地方を中心にした台風21号の被害のことについて少し触れさせていただいたのですが、今回更新のその前日、今度は北海道を震源とする大きな地震がありました。

都市部より少し離れた場所が震源だったにも関わらず、耳慣れない震度の大きさとが相まって、各地に大変な被害をもたらしているようです。

停電を主な原因に、今も不自由な生活を送られている方、この度の地震でご不幸に見舞われた方、先日より同じような言葉にはなりますが、一日も早い、安心で安全な生活を取り戻されるのを心よりお祈り申し上げております。

聞けば21号が過ぎて日も浅くない現在、南方で台風22号も発生したとのニュウスも耳にいたしました。

さほどの規模ではなさそう、との事でしたが、やはりそこは自然天然の成すことです。

注意深く情報に耳を傾け、危急以前にさっと、体が動く、判断が出来るようにしておきたいと思います。


そんな本日更新、slowf blogでございますが、同じように先だってもこちらに書きましたが、運よくこの天才続きの晩夏、初秋を無事に迎えられております市内、山口市です。

その無事のありがたさはなかなかついぞ、日常にまぎれて失念してしまいがちになりますが、ちょっとちょっと思い出したり、よぎったりしました時に改めて大切にし、粛々と、日々を積み重ねていかねばなと、そうも思います。

ですので本日は久しぶりに、こちら「SLOWF」の現在、を、ダイジェスト形式でお伝えさせていただけたらと思います。



思い返せばもう、夏のSALE以来でしょうか…。

まともに「洋服」のお話をさせていただくの…。

一体何を…何をこの数ヶ月…していたのやら…。


お店はもうすっかり隅から隅まで秋めいておりますよ。

久しぶりの更新です。

いつものように一点一点のご紹介にさせていただこうかとも考えましたが、ほら、久しぶりに洋服屋さんなんか入ると、目が服の上を上っ滑りしてしまって、目には入っているんだけど、なんだかしっかり「見れてはいない」

のようなことって、ありませんか?

ぼくは往々にしてあったりいたします。

ですので今回はリハビリ、と言ったら自分への言い訳にもなっちゃいますが、少しづつ目を慣らしていただけたらという思いを込めまして、ダイジェストと言う形式をとらせていただきます。

よろしかったらぐるっと一周、店内を歩いて見られてくださいね。

それでは本日もお時間ございましたらどうぞごゆっくりご覧になってみられてくださいねー。




001


入ってすぐのメインのテーブル。

の、レジ側に、大阪の「prit」の新作を畳んでまとめて並べておきますね。




002


その同じテーブルの反対っ側にはイタリアの「Haikon hada」(アイコン アダ)のローファーや、福岡の「Lilou&lily」の別ライン、「READY LADY」のボトムスやカットソーを並べています。




003


店頭のディスプレイの背中のラックには福岡の「doux bleu」、「Lilou&lily」、岡山の「D.M.G」などをまとめてかけています。

この秋から本格的にお取り扱いを始めさせていただきました「doux bleu」

こちらが加わり、昨年より少しだけ、ご提案できる幅が増えたような気がしています。

よろしかったらこれからもお楽しみにされてくださいね。




004


そのコーナーのディスプレイです。

「Le minor」の新作のワンピースに、岡山の「D.M.G」のスウェットのパーカをざっくりかけています。

ちょっと帽子がもう、アレかもなので、後でベレー帽に替えておきます。




005


その右上にちらっと見えています丈の長いものを、さらに、ちらっと。

毎シーズン展開されるオリジナルの刺繍ものが魅力の福岡の「Lilou&lily」の今季の新作のロングシャツです。

コートくらいの丈に、さまざまに見て取れるモチーフをモノトーンに施されています。

今くらいの季節でももちろん立ち回ってくれそうですが、しっかり着まわせる季節が待ち遠しくさせてくれる一枚にもなりそうです。

同刺繍で、ブラウスもありますので、よろしかったらお楽しみにー。




006


ちょっと店頭ディスプレイ後ろの先程のラックに戻りまして。

実はこっそりと今年、久しぶりにイギリスの「LAVEHAM」(ラヴェンハム)を展開しております。

この数年展開を見送っていたのですが、久しぶりに見ると…

変わらぬ佇まいがきれいです。

後でメンズも少しだけ写真に収めていますので、そちらも触れますねー。




007


とまたまたちょっと前後しちゃいますが、壁にかけたディスプレイの下に、岡山の「D.M.G」の今季の新作、それに定番のデニムをまとめて並べています。

アンクル丈にスキニー、ハイライズにワイドシルエット。

いくつかこれはいいんじゃないか?を、選んでみましたので、よろしかったらどうぞー。

あ、あと、白、入りましたよー。




008


そこからちょっと上を見上げていただきますと、けもけもとしたもを目にしていただけるかと思います。

「motte」のエコファーバッグです。

すべすべふかふか。




009


で、こちらのコーナー最後ですね。

メインのラックには、フランスの「Le minor」、「MICHEL BEAUDOUIN」、神戸の「isato」などをまとめて並べています。

「Le minor」は、普段よりもより女性らしいものを、「isato」のものは普段よりもすこし女性らしすぎないものを、それぞれ選ばせていただきました。

ちょっとだけいい意味での違和感を感じていただけたらうれしく思います。




010


店内奥にちょっと足を向けまして、その丁度店内の真ん中のラックに、大阪の「prit」、「RINEN」のアイテムを並べています。

一見毎年毎シーズン変わらなく見えるそのラインナップへの安心感と、実際に袖を通して全体を見たときに感じられるちょっとだけ(あれ、以前よりちょっと着心地いい気がする…)などの、心地よい驚きがあるブランドです。

お店では「デイリーウェア」って言葉で少し濁していますが、そんな、肩の力をふっと抜かれる週に一度のオフのときに、袖を通していただきたい洋服です。




011


012


と、そちらからまた壁の方に向き直っていただいて、壁面に3段あります廃材を使った棚。

こちらにこの秋よりお取り扱いを始めました東京の「TEMPERATE」(テンプレート)のシューズを並べています。

2017年にスタートしたまだ若いシューズブランドですが、主にゴムを用いたシンプルだけど、程よく女性らしく上品なルックスを持った靴作りをされているブランドです。

オールオケージョン、オールシーズン、さらには雨などの天候も気にすることなく履いていただける「TEMPERATE」のシューズ。

価格はあえて写していませんが、きっと、「え?」って、驚いていただけると思います。

これからしばらくお取り扱い予定ですので、これからどうぞ、よろしく願いいたしますー。




015


その下の段には東京の「TRAVAIL MANUEL」のオフタートルニット、同じく東京の「gardens of paradise」のブラウスを隣り合わせて畳んでいます。

どちらもゆったりリラックスして着ていただける雰囲気ですが、どこかゆっくりすっ、と、背筋を伸ばしてくれる、大人顔の一枚です。




014


レディース店内奥のディスプレイです。

左は福岡の「doux bleu」のブラウス、右は東京の「TRAVAIL MANUEL」のボールパンツ。

かぶっている帽子は同じく東京の「Nine Tailor」のベレーです。




016


その隣、壁沿いのラックに福岡の「Limhome stir」、「HAOLU」の新作を並べています。

デザイナー2人、それぞれがもちろん違うはずなのに、並べてかけるとどこかしっくりくる親和性のようなものがある不思議なブランドです。

ラック一番右にほとんど見えませんがかけています「HAOLU」さんのコート。

素敵ですよー。




017


と、そこから直角に曲がった一ラック。

こちらに東京の「UNIVERSAL TISSU」のアイテムをずらっと…

ずらっと、というほどもう数が多くはなくなってしまいましたが、すべて並べています。

今季から別ラインで通常のサイズ感よりもたっぷり大きめな、男性でも着ていただけるユニセックスラインも展開され始めました。

ぼくも今季、セーターを一枚抑えましたよー。

今まで「UNIVERSAL TISSU」をお買い上げいただいたみんなさんの話の輪の中に、やっと入れます。




018


と、そのコーナーの一番最後のラックですね。

東京の「TRAVAIL MANUEL」の新作、それに定番を、まとめて並べています。

初めまして、の方も、そうでない方も、人とすれ違わないお店の一番奥です。

ゆっくり時間をかけて見てみられてくださいね。




019


と、そこからちょっと、眺め疲れが出てこられたり、撮り疲れも出てきましたので、店頭のほうへ向き直って。




020


店内中央にちょっと戻ります。

中央にどーんとあるラックに、その「UNIVERSAl TISSU」のユニセックスのニットや、東京の「Nine Tailor」のニットキャップやヘアバンド、それに岡山の「ORDINARY FITS」よりの定番のバーバーシャツなどを畳んで置いておきますね。




021


と、ここからがメンズのご紹介になります。

今季も大阪の「MANUAL ALPHABET」より新作のシャツをいくつか届けていただきました。

今年は中にフードのカットソーやスウェットなどをしっかり着て、どこか羽織のように使っていただきたいなー…との思いを込めまして、身幅のややルーズなデザインのものをいくつか選びました。

それと、写真右端に見えますブラウンの一型…。

素材はナイロンなんですが…よかですよ。

どうぞお楽しみにー。




022


上のレディースでも少し触れましたが、メンズも今年はイギリスの「LAVENHAM」のお取り扱いを再開いたしました。

ジレタイプの「BATISFORD」に、フードが取り外しできるコートタイプの「DENSTON」の2型になります。

お色は従来どおりブラックのみの展開ですが、以前に比べて表面の素材感がぐっとソフトなものになり、上品な見た目になっていると思います。

お店ではオフの時、に選ばれる方ももちろんいらっしゃいますが、お仕事での用途にと選ばれる方が半分を超えるかと思います。

いつかは欲しいかもな一枚で今年は「LAVENHAM」、よろしかったら袖通ししてみられてくださいねー。




023


027


そのメンズの一番奥のラックに、アメリカの「Columbia」のワンショルダーバッグと、東京の「OUT PUT」のスウェットパーカーを並べています。

どちらもコストに対してのパフォーマンスが驚くほどよい仕上がりになっています。

よろしかったら店頭でタグともども、いろいろご確認くださいねー。




024


と、さっき少し触れました大阪の「MANUAL ALPHABET」の「いいですよー」の、一枚が、こちらです。

ナイロンだけの素材のすべらかさ、アウトドアモノほどではないほどよい防風性に、撥水性、それにもちろん見た目のデザインや体を入れられた時の、昔のハンティングジャケットを少し思わせるような野暮ったくない、ゆったりとしたサイズ感…。

どれもこの秋から冬にかけて、合わせるインナーでさまざまに表情を変えてくれる一枚だと思います。

今日なんかのちょっとした雨の日のめんどくさい傘、からも解放してくれそうです。

よろしかったらどうぞお楽しみにー。




025


店内壁沿いに少し進まれると、平置きのメインの棚があります。

そちらの上、ここ最近ずっと東京の「RFW」の定位置になっているような気がいたします。

今季もしっかりいくつか型と色を絞ってご紹介させていただきますね。

今シーズンより「ソール」と「シュータン」部分の改良、ロゴの一新など、デザインを初めとして履き心地などの機能美も、以前よりも進化しております。

今までいくつか「RFW」の靴を通っていただいた方も、また気になられましたら足入れ、してみられてくださいね。

きっとほんの少しだけ、「ん?」って、気が付いていただけることと思います。




026


その下に、…

今季お会いした方たちには「出たよ」って、苦笑いしていただけることと思いますが、今季個人的に一押しの、東京の「BROWN'S CRAFTTSMAN SHIP」のスニーカーです。

ブランドの方でいくつか他に色の展開はあったのですが、あまりにもこの「ピンク」が好きすぎて、向こうの方にご迷惑をかけましたが追加で生産していただきました。

「ピンク…よね」と、半歩後ろに下がられそうなお気持ちも、もちろん分かります。

ですが一度よろしければお試しになってみられてくださいね。

これからボリュームを増す一方の秋冬の着こなしの、一服の清涼剤(言い過ぎ)になるかと思います。

明日よりの週末どちらかは、こちらを履いてますねー。




028


メンズの姿見の上に、「HE」




029


そのさらに上に、「ハンモック」

(上に何が乗っているのかは、ヒツミです)




030


最後に、少し店頭レジ前、レジ上に戻りまして、ちょっと見上げていただくと…

子供用リュックが揺れています。

香港のバッグブランド、「hellolulu」のものです。

お色が少し欠けてきましたが、まだこの4色はございます。

「おかあさんとおなじので、じぶんの」

って、子供喜びますもんねー。

よろしかったらどうぞー。




031


032


033


034


今年はよすぎるお天気が続きましたので、これら店内の鉢物を、毎日店頭に出して、たっぷり抜けるほど水を遣ってたんですよね。

でしたらもう…

ぎゅんぎゅんに伸びてくれてしまいました…。

「お、お前…そんなところからも芽が出せたんや…」

みたいな(笑)

やー、うれしい。




035


と、最近読んでいた、もしくは読み中なのがこちらです。

「明治悲惨深刻小説集」

「編集者 漱石」 長谷川郁夫著

前者はもう、タイトルで「ええー…」や、「おおー…」とかいった、そういうどこかぞわっとした気持ちが裏っ側に忍ばされた感嘆吐息が漏れるタイトルなのですが、おそらく今ご想像されている、それで間違いありません…。

すべてを対称とさせることが出来ませんが、それでも私を始め老若男女、すべからく平成の御世に今生まれた幸せを、ある部分でしっかりと再確認できる一冊かと思います。

…もう、嗚咽号泣です。

後者はみんなさんご存知の「正岡子規」、「夏目漱石」、この2名を中心に、当時の文壇、俳諧、短歌界、漢文界、それらの変遷、推移、及び、この2名が自身の活動、執筆物などをいかに「プロデュース」、「編集」してきたか、それを両名の手紙でのやり取りなどから類型、解き明かしていくといった、世に膾炙しております「正岡子規」、「夏目漱石」の表現物の、その源泉を垣間見る一助になる一冊かと思います。

前者も明治、大正の時代の側面、現実。

後者も同じく同じ時代の側面、現実。

両方を読み進めて、その落差にくらくらしてきます。

なんだか明治とか大正の時代の人の写真って、どこからあんなオーラが出るんだろう…。

自分には一生かかっても、あんなオーラは出ないと思う…。

と、思うことがしばしばでしたが、なんだかそんな漠然とした不安に似たものの、答えも少し出たような気がいたします。

ご興味ありましたらお手に取られてみられてくださいねー。




036


と、長々書いたのはいいのですがその背中から…

「それはいいけどお前…これ以上どこに置くつもりや…」

っていう本棚からの圧迫を、ひしひしと感じております…。





ひ、久しぶりに書ききった感がありますね…。

長い…

長すぎる…

このblog…。

我が事なのですが、他人事のように、そう思います…。

しかもどんな洋服、どのコーナーの説明よりも、最後の本の説明が一番長いっていうのもこれはもう、どうなんだろう…。

このままアップしてもいいんだろうか…

いい…



ですよね?

ここまで書いてもう後には引き下がれません…

これより「更新ボタン」をして、投稿、させていただきます…。

近来稀に見る長文blog、本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

本日よりしばらく雨の予報が出ておりますね。

特に日の暮れての運転、路面の状況等々普段より危険になるかと思います。

くれぐれもお気をつけられてくださいね。

またゆっくりお店でお待ちしております。



それではみんなさん、

またー☆

よう見つけたねー、えらいっ!

このページのトップヘ