SLOWF blog

山口市一の坂沿いから大内に移転し、「nanten」という名前のcafeも隣に併設しました。あいかわらず気ままな日記です。

〒753-0241 山口市大内問田3丁目23番18号 TEL/FAX:0839200256 OPEN:10:30〜19:30 CLOSED:MONDAY PARKING:15


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

(…んー…そろそろ更新しなきゃかなあ…)

なんてな悠長、椅子に深深く腰掛けたかのような発想で当blog、管理画面を開きまし鱈ば、

最終更新が「4月7日」…

…一ヶ月以上ぶりの本日でございました…。

こんなに一ヶ月以上間が空いたのも、それとは違った感覚で久しぶりなんじゃあないでしょうか…。

先だってもおんなじような事を書いたやもですが長らくの無音、大変申し訳ありませんでした。

4月…

なにしていたんでしょうかね…?

記憶が…ほぼございませんですが…

なにしていたのでしょう…。

なんだか漠然と、色々とあわあわとしておったような感じだけがうっすらと思い出されます…。

これからも不定期に過ぎる更新になるやもですが引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


やー、それにしても世界は…様々な形に、様々な形が、変化していっておりますね。

昨日までシロだったものが、クロに。

クロ、ではなかったとしてもそれを「クロに見える努力」をしなければならなかったり。

当たり前だと思っていたことが、個々人の努力不足、勉強不足なのではありますが、根底から覆されるような出来事が様々起こっております。

何年か前に感じていたことですが、様々な事柄について今後、「知ってるよ」や、「話せるよ」、くらいじゃあもうちょっと、色々と足りない事が増えてくるんじゃあないかと思います。

これからはその様々な事柄について、「やったことがあるよ」や、「できるよ」などの、実際に関わることが可能な「距離」

この距離を、様々なジャンルにおいて今までより、より「短く」、持てるようになる、捉えられる力が必要になりそうです。

例えば「野菜が不足している」「野菜が高くなっている」「野菜が手に入りにくい」こんな状況があったといたします。

今までは「あそこの地方が冷夏でさ」とか、「需要がこの数年跳ね上がって単価がそれに乗っかってしまってさ」、など、状況の把握や説明ができるだけで、「へー」とか、「ほー」とか、「すう」とか言っていれば、それでも世界はどこかうまく回り、無い中でもやはり、「有った」んですよね。この話だと野菜が。

ですがこれからの世では、その現状や原因雅がしっかり把握でき、なおかつそれに対して何らかの「対策」や「対応」の「行動」、もしくはそこまでへの「距離」がどれだけ短くできるか

そういう段階にまで能力を求められる時代になりそうな気がいたしております。

例えばこのお話の「野菜」でしたら、「農家の友達がいるから聞いてみるよ」や、「使っていない田畑があるから、遅まきながら勉強してみるよ」など、実際の「解決」への「行動」、それに「距離」

そこまでワンセットで初めて「解決」、と「平常」の維持ができるかと思います。

それって実は難しいことでもなんでもなく、僕たちの仕事は昔から、多かれ少なかれそういうものの上に成り立っているんですよね。

「〇〇って新しい店知ってる」「こうこうこういう評判らしいね」

そういう話はそれこそ百通りくらいあって、確かに「知っている」「話せる」ことに価値がまったく無いとは言えません。

ですがそこからもう一歩踏み込んで考えたら、「だから?」というお話にもなります。

「だから、どうしたのか?」「どうしたいのか?」

「〇〇という新しいお店が雰囲気がいいから、自分のところももう一度「よくしたい」とか、「そういう評判を自分のところももらいたい、じゃあどうしたらいいのか?」

と、それを「知った」上で行動を起こす。行動を起こす方向を決め、距離を縮める。

どんな業種の方たちも、ほぼ同じような考えを一度は胸に兆し、頭を過ぎられてきたことと思います。

それが今後、「お仕事」ベースだけでなく、「日常生活」の中にも、「評価」や「情報」というだけでなく、実際のその「生活」に影響のある「行動」、「活動」

これが求められてくる、もしくはもうとっくに求められているのやもしれません。

そしてそういう行動(微々たるものですが)の一つ一つが、きっとなにか「よりよいもの」のようなものへのイメージに、せめて繋がって行ってくれるのではないかと思います。

長々とこちらに書いて、何が言いたかったかというと、「あの人もしばらくblog書いてないからな…」とか、「最近insutagramへシフトされてるから、おれも…」などの「知識」、それに「情報」だけで安穏とするのではなく、実際に、


「書け」


と、自分へ向けて「叱咤激励−激励=叱咤」しているのですということです(笑)

周りがああだこうだ言ってないでそうですね、まずは書くための時間を作るとか、効率的な仕事を考えてみるとか、できる所からまたしっかり考えてみますね。


さて、本日はここからこちら「SLOWF」の店内の様子、こちらをまたぐるっと一周写真に収めさせていただきましたので、そちらをご覧になっていただき、(そういやー最近あんまり行けてなかったよなー…)なんてな方がいらっしゃいましたらまずはリハビリ

(へー、今こんななんや)と店内をリハーサル一周、ぐるっと巡ってみられてくださいませ。

本日も長々に過ぎます前説、大変お目汚しでございました。

お時間ございましたらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。




001


002


003


004


005


006


007


008


009


010


011


012


013


014


015


016


017


018


019


020


021


022


023


024


025


026


027


028


029





さ、本日はここまででございます。

いかがでしたでしょうか?

店内はもうあとすこしですっかり夏模様に切り替わりそうです。

昨日よりのこの梅雨の「はしり」のようなお天気を通り、本格的な梅雨が通り過ぎると今年も長く、そして暑い日々がやってきます。

そんな長く暑い日々を装いだけでも心地よく、そして少しだけ気分を浮かび上がらせてくれる一枚をこれからもご紹介できたらと思います。


本日も最後のこちらまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとこちらでお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

…取り上げるとそんな弊害が…ふーむ…


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

…いかがですか…?

今年は。

詰めてたりいたしますか…鼻に…。

点してたりはされるでしょうね…目に…。

いやー…

今年も絶賛不機嫌中ですよ…

目口鼻及びその周囲。

これは…

これだけは…どうにかなりませんかね本当…。

薄ら白む遠くの空、大気を目にするだけで、どこか、(…ぃいい…!)とした不機嫌な感覚が押し寄せてまいります…。

そのせいばかりではないのですが、ですがそのせいもまったく無いとは言えない、そんなここ最近、三月よりこちらを過しておりました…

こちらのblog、そんなこなに取り紛れて、随分と更新を怠ってしまっておりました…。

大変にすんみませんことでした…。

ここ最近、…とはいっても本当、昨日やその前、辺りくらいからですが、なんですかね…

わずかにですが不思議と諸症状が軽くなってきているような…

そんな気がしてきております。

それに引き連れられて、久しぶりに他人にやさしくできる、人の心も戻ってきているように思います(笑)

その人の心をまた失わないうちに、本日は久しぶりにこちらの「SLOWF BLOG」、更新させていただきますね。

とは言いましても、先だってにもお話いたしましたが、最近一点ごとの詳しい新作のご紹介はinstagramで。

店内の大きな雰囲気はこちらのBLOGでといった、いつの間にやらそんな住み分け、分担になっていますので、本日もこちらSLOWFの店内をぐるり一周、今こんな感じで展開していますよーというのをざざざっとですが、ご覧になっていただけたらと思います。

私と同じく、今も生産性の無い、不毛な戦いを強いられてらっしゃる方も少なくないかと思います。

どうぞ楽な姿勢で、どうぞご気分のそれでも優れる時にでもよろしかったら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。




005


006


007


008


009


010


011


012


013


014


015


016


017


018


019


020


021


022


023


024


025


026


027


028


029


030


031


032




さ、本日はここまででございます。

…の、一番最後の写真。

(!?…だ、大丈夫…!?)

と思われる方もいらっしゃるやもしれませんがどうぞご心配なく(笑)

職業柄でしょうか、どのジャンルでも極端な主義主張が抱きにくい環境が長かったもので、あくまで「外野」として接しております。

ですがここ最近の情勢云々を見たり、聞いたり、そして考えさせられたりしておりますと、今更ながら「この辺りの事」についてまるで無知な自分というものに行き当たりまして…。

そしてその「ここ最近」であったり、または「情勢」であったり、そういったものを「無知」を土台に考えていることの…それこそ「偏り」と言いますか…

なんだかそんな薄ら怖さのようなものを感じ始めまして。

近頃は「まずはその辺りの事を知らなきゃな」と、こういった類の書物をちこちこ読むようにしております。

どのこ立ち位置で話すのか、考えるのか、行動するのか、それこそ登場する人の数ほど本当のことが、真実本当のこととして厳然と「在る」わけで、そこにさらに偏った主義や主張は、それこそまったく控えなければいけないと思います。

たとえ「知った」からといってそれはあくまでも「知った」だけであって、実際に「見た」わけでも「経験した」わけでもないのですから。

その読む前と読んだ後、決して変えてはいけないのは自分があくまでも「読み手」で「外野」であるという「実感」だと思います。

その上で思うことは、ずっと「同一線上の上の話なんだな」という実感が強くなった事です。

学校でも不思議と細切れにされているような記憶があったり、大人になるとそれこそ冗談でもタブーになったり、どうにも生活のそばにあるはずなのに、どこかぶつぶつと色々な場面で区切られ、切り離されているこういった類の話。

ですが現在の「ここ最近」、や、「情勢」なんかを知るためにはあんまり避けないほうがいい事も…あるんじゃあないかなー…と、思います。

それこそ僕なんかよりもっと頭のいい先生方が、どうか後世への教訓になるようにこの辺りの事を、「興味のある人だけのための、ミクロでマニアックな歴史」、としてだけでなく、教えても、伝える場面が、時間があってもいいんじゃないかなー…という気がしています。

まだこの写真の三冊しか通読しておりませんが、もうすでに…

お腹はいっぱいです(笑)

それぞれ切り口も内容もまったく違うのですが、その考え方、習俗、もしくは現代の感覚でもなんとか追いつけそうな、ぎりぎりの場面での思考の道順などを思うと…

うーん…

人人人人…

それを強く思い知らされますね…。

もう少し自分の中にすとん、と何かが落ちるまでこのジャンル、読んでみたいと思います。


外を見ますと先程からやや強くなりました春の風が、遠く、どこからでしょうか砂塵、のようなものを運び、時折景色に濃淡をつけております。

煙るその空気をみるだけで…

鼻の奥がどうにももごもごする思いがいたします(笑)

いやはや

春の風春の嵐、それの運ぶ砂塵に花粉、それら現代版春の季語のようなものの一日も早い終息を願いつつ祈りつつ、本日も筆を置かせていただけたらと思います。

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとこちらでお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

また、行こ


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

…どうですか?

この季節の、アレ…。

アレですよ…アレ…。

なけなしの他者に対する優しさを摩滅させてゆく、アレ…

そう、花粉ですよ花粉…。

今年もまた先週くらいより、大陸から飛来します黄砂、それにその砂粒に乗っかった各種ケミカルな物質の集まり、PM2.5…

さらに加えての杉より始まる花粉の猛威…。

今年は昨年に比べて、片時も離せないマスクの効果もなんだか薄いような…

くしゃんくしゃんと、どうにもこうにもならない日々が続いております…。

いやー…これは…

これは、辛い…

例年の事とは言え、やは今年もですか…。

いらっしゃるお客さまの中にたまーに「去年まで辛かったけど、今年から全然大丈夫、不思議ね」なんてなまるで一抜けた、みたいなお話を聞かせていただくこともあるのですが、「うわー!よかったですねー!」なんて手放しで喜んでいる、その身の内側で、仄暗いキィィ…が、渦巻いております…(笑)

いやはや。

に、加えて、目も、やはり思わずくしくししたくなるカユさ、不快感でして、それを緩和させてくれる目薬、こちらがしばらく手元から離せないのですがこの目薬…

普段机の下や、宅でも棚の途中の決められた場所にちょんと置いて、いつでも使えるようにしてあるのですが、なんで入ってるんでしょうね…思いも出せませんが、何か入れて持ち歩く用でもあったのでしょうかね…いつの間にかポケットに入れてあったりしており、いざ点したい点したいと探したときに、ない…

ないないないないと、ある場所にない不安や苛立ちがそうさせるのか、その探す間のより一層に感じられるカユみ…

探しても探しても出てこない目薬…そのうちにふっと気が付くんです、

(…あれ…またズボンか…?)

と、そして一条の光、昨日履いておりましたズボンの今の在り処を思い出し、向かう、…向かう先は…

…洗濯機…

ピピピーと終わりを告げる電子音が鳴り響き、急いで槽より引きずり出すそのズボンのポッケから出てくる昨日の記憶よりも「嵩の増えた」目薬…





(くしくしくしくし)

(くしくしくしくし)

猛烈な黒い炎が胸に着火、カユみも、着火、深海魚のような顔をしてまたぞろ黄砂花粉、PM2.5の満ち満ちる空気の中ドラッグストアに向い、今季何度目のリピートでしょうか…消して安くない目薬を購入するのです…。



ううううううう…



もしもお店でも、私が深海魚のような顔をしていても、どうぞ優しくしてあげてください…(笑)

きっと嫌な事があったんです…(笑)

ママ、そんなこんなはさておき、今年も早く風向きが変わるか、花粉が飛びきるかして、どうにも過しにくいこの時間が足早に過ぎていってくれる事を祈るのみです。


さて、そんな本日は久しぶりの更新になりましたが、こちら「SLOWF」のこの春の店内のご案内、その2回目をさせていただけたらと思います。

…なんだか最近、お店の全体のイメージをこちらで、一点ごとの新作のご紹介はinstagramで、みたいな形が固定化されてきている気がいたします…。

すこしづつ様々なものが変化していく事とは思いますがこちらもどうぞ細くとも長く、ゆっくりと続けさせていただけたらと思います。

なかなか更新のないこちらではございますが引き続き、どうぞお楽しみになってみられてくださいね。

それでは本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてください。






001


002


003


004


005


006


008


009


010


011


012


013


014


015


016


017


018


019


020


021


022


023


024


025


026


027


028


029






さ、本日はここまででございます。

本日は市内小学校の卒業式だったようですね。

生憎のお天気ですが、まずはご卒業、おめでとうございます。

私のムスメもですが、



という間に大きくなってしまわれるやもですが、こんな世間です。

どうぞゆっくりと大きくなられてくださいね。

あまり早く、進まれなくともこれからはよいような気がしています。

余計なお話ですが。

これからの日々が楽しい事に囲まれた、素晴らしい毎日になられる事を、勝手に祈り、勝手に応援させていただいております。


本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またこちら、それにおとなり共にゆっくりとお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

ハードな峠は抜けたね


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

気が付けばこの二月も早いもので、いよよ最後の週を迎えております。

ゆるゆると伸びた寒さの尻尾がここへ来て、勢いその冷たさを増し、幸いに積もる、程ではないにせよ、連日中に雪を舞わせる、目には美しくもある周囲世界を見せてくれておりました。

昨年、一昨年から続きますマスクの手放せない事情に加え、どうにも心を沈めさせるようなニュウスがばらばらと目に耳に入ってまいりますが、まずは手元の、目先の一つ一つをその折その折にしっかり向き合い、後々なるべく悔いの少ないような日々を過さねばなーと、改めて思わされたり、一人で勝手にぐっときたり、いたしております。

冬の名残の雪を穏やかに、美しいなーと思い続けていられたり、今日もいい一日だったなーと、安心に、安全にゆったりと思える日の続く事を、心より願います。

さて、そんなこんなの本日更新こちらの「SLOWF BLOG」でございますが、…いつ以来でしょうかね…こちらの更新…。

気がつけばバレンタインデーにまで遡ってしまうような…。

いつもの事ながら長らくの無韻、大変ご心配をおかけいたしました。

またこうしてちょんの間時間を作って、こちらでもいろいろのお伝え事やお話や、そんなものを交えながら今のこちら、それにおとなり「nanten」のあれこれをご紹介させていただきますね。

本日は久しぶりの更新とありまして、実はそのバレンタインデーの時点よりもお店の内容、中身、やはりすこしばかり次の季節へと景色模様を変えております。

今年は早いもので、もう「晩春」…言い換えたら「初夏モノ」、に近いものも届けていただいておったりいたします。

そこで本日はそんな少し間隔の空き、雰囲気の変わった店内を、ダイジェストで、しかも、「余計な事は話しかけませんから、どうぞごゆっくりとご覧になってくださいませね」テイストに、無音でご覧になっていただけたらと思います。

(…単に文章書くのがノらないだけじゃ…?)


なんてなふっと、過ぎられた方…

…ありがとうございます、長いお付き合いの、賜物でござます(笑)

そんなこんなで本日も、もしもお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。




001


002


003


004


005


006


007


008


009


010


011


012


013


014


015


016


017


018


019


020


021


022


023


024


025


026


027


028


029


030



さ、本日はここまででございます。

いかがだったでしょうか…ほんの少しでも今現在のお店の雰囲気の端っこだけでもお伝えできていたら、嬉しく思います。

予報のお話ですが今週末くらいより、この長く尾を引きました冬の冷たさもひと段落、やや暖かに思われる日々が訪れるようです。

どうぞその日まであとしばしの用心をしっかりとされ、暖かな春の陽を待ち望んでおりましょうね。


本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またこちらでゆっくりとお待ちいたしております。


それではみんなさん

またー☆

そんくらいの時にはそういうん、あったような気ーするけどなー

031


032


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

一月は行く、二月は逃げる、三月は去るなんどと申しますが事実、…早いものですね…。

もう二月ですよ…。

先だってみんなさんにこうした場でや、実際にや、年始のご挨拶、お互いの本年一年の安心と安全を祈りあったのも床の間束の間…

もう、二月ですよ…

早いですねえ…。

それでなくともこの月二月は他の月々と比べて二日から三日、ひと月の日数が少なくなっておりますものですから、うかうかぬくぬくしておりますとあっという間に月中月末と、日々や時間が正に矢のように後ろに飛び去って行くことでしょう。

おそろしい。

つい年末年始の慌しさの僅かに緩む間隙二月、この月。

その狭間にほっと息をつきすぎることなく、やらねばならぬことをこさえてこなして、思う限りの充実さで日々を、時間を、過していけたらと思います。


そんなこんなの本日更新こちらの「SLOWF BLOG」でございますが本日は、そんな二月の、二月と「言えば」ともはや言ってもいいではないかと思われますその月中十四日に今年も来たり参ります恒例の年中行事、「バレンタインデイ」

その日にちなんだ限定のお菓子を今年もおとなり「nanten」より期間限定にはなりますが、都合三種ほど、「二月のとくべつなオモタセ」と名前しましてご用意させていただきましたので、本日はそちらのお誘い、ご紹介をさせていただけたらと思います。

大切な方へのお渡しに、日頃お世話になった方へのお気持に、もしくはもしくは、純粋においしいものが食べたい!の一念でご自分用になど、みんなさまそれぞれの用途に沿ってこの度の限定企画、「二月のとくべつなオモタセ」どうぞお楽しみいただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。




nanten「二月のとくべつなオモタセ」




001


005


006


012


ロッキーロード 669yen(税込み)


ついそのビジュアルを見ますと何の根拠もなく、「アメリカ発なんだろうなー…」ってよぎってしまう「ロッキーロード」

実はオーストラリア発のチョコレート菓子の一つらしいですね。

イメージの持つ力、や怖さ、のようなものを感じさせます。

本国でもマシュマロやナッツなどを加えて作られる、「チョコレートと言えば」、あ、一品のようです。

今回お店ではたっぷり濃厚なチョコレートにふわふわのマシュマロと、歯ごたえのある四種のナッツ(アーモンド、くるみ、ピーカンナッツ、へーゼルナッツ)をメインに、酸味のあるドライフランボワーズと、ぴりっとした辛みをもつドライジンジャーをアクセントに加えてお作りしております。

チョコレートやマシュマロの持つダイレクトな甘さ、おいしさを、四種のナッツがその脂質、芳ばしさで引き立て、まとめたものを、効かせたドライフランボワーズ、ドライジンジャーが少しだけ本国のその解放的なおいしさを内側に、わずかにしとやかな表情にしてくれています。

それに合わせるように深く濃く、苦くて甘い珈琲などで、ぜひ少しづつゆっくりとお楽しみいただけたらと思います。




002


007


008


013


ダックワーズショコラ 561yen(税込み)


元々アーモンド風味のメレンゲを使用して作られるフランス菓子のひとつ、ダックワーズ。

今回は「二月の」というタイトルに合わせてその風味を「ココア」に変更してお作りしております。

そのココア味のダックワーズ生地に、フランボワーズの華やかな香りを付けた、するっとなめらかなチョコレートバタークリームを挟んでいます。

さらにそのクリームの周りに砕いたピスタチオ、フランボワーズ、ほろ苦いカカオニブをトッピングし、全体のアクセントにはもちろん、かりっと香ばしい食感もプラスしております。

表面の軽い口当たりと、内側のしっとりとした表情の対比が難しくもありまたなによりの魅力でもあるダックワーズ。

それにチョコレートバタークリームにはじまる二月らしく、少しだけ華やかさを纏った今回のダックワーズショコラ。

目にも満足感のある一粒かと思います。

よろしかったらどうぞお楽しみにー。




003


009


010


011


ロシェ 2376yen(税込み)


こちらの「ロシェ」 元は「料理名」、というよりもイタリアのあるチョコレートメーカーが製品化したその内の一種の名前になります。

今回その本場「ロシェ」そのものが主にローストしたナッツとチョコレートを用いて作るお菓子…という部分をちょっと広げて解釈し、「ロシェ」に似たチョコレートケーキとして仕上げさせていただいております。

オレンジ風味のチョコレートケーキを二つに切り分け、チョコレートリキュールを加えたシロップをその全体にうち、間にガナッシュを挟んでいます。

さらにその全体に同じガナッシュを纏わせ、その上からアーモンド入りのチョコレートでコーティングし、仕上げています。

リキュールやケーキなどは、本家の「ロシェ」には用いられない要素ですが、主に使用される材料、製法、仕上がりについては「ロシェ」(岩)の名前に恥じない仕上がりかと思います。

くっ、と全体を大人顔にしてくれるチョコレートリキュールと、それに付かず離れず引き立てあってくれるオレンジのゆったりとした香り。

そしてそれをこっくりとまとめるガナッシュ、それにアーモンドの持つ豊かな脂質。

珈琲や紅茶はもちろん、香りで楽しませてくれるお酒にも合いそうです。

少しづつ切り分けられながらお楽しみくださいね。





004


nanten「二月のとくべつなオモタセ」






さ、本日はここまででございます。

いかがでしたでしょうか…この度の「とくべつなオモタセ」

どなたかもしくはご自分か、兎に角喜ばれそうな、綻ばれそうなお顔が浮かばれましたら、よろしかったらどうぞ、お楽しみになってみられてくださいね。


本日も長々になってしまいました。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとこちらでお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

めっちゃかっこええやん


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。



唐突ですが、「老眼」…ですわこれは…。

以前より先輩の世代の方々より「急に来るよ」「いきなり来るよ」「徐々に来るって人もいるけど、気がついた時は、そら、いきなりよね」

などなどさわさわとその噂には、その不便さのお話には耳にさせていただき、「ほーん、そんなもんすか」くらいのどこか川の対岸どころか海の対岸の事のように心を白めにしておりましたがこの最近…

…いきなり来ましたわ…。

や、前々からうっすらと(…なんや手元のピント合い辛いなあ…)くらいの感じでは気がついていたのですが昨日、ん、今もですが昨日も同じようにこんな風にある程度(腕の楽な位置)の距離感でパーソナルの前に座り、かたかたと検索、もしくいただいたメイルへのお返事なんかを書いておりましたがふと、

(…なんか、見辛い…?)

眼鏡を外す

(わお…ぼやけて全然見えへん…)

眼鏡をかける

(…見…辛いぞこれ…)

と、こう、眼鏡の有る無し、距離の微妙な差異などもろもろ諸用件の差はそれぞれのシーンであるのはあるのでしょうがですが総じて…「なんか」

見辛い…。

以前よりお話のそれこそ折折にお話を聞かせていただいたり、おそらかされたりしていただいておりましたので、ありがたい事にダシャン!とした衝撃はそこまでではなかったのですが、ですがその…今も少し「」で書きましたその、

「なんか」

この「なんか」、っていうこの絶妙な「不便さ」の水位。

こちらだけは、もう、「…んいいいいいい…」って気持にさせられますね…。

見え…なくは、ありがたい事にもちろんない…

ですがイメージどおりに見え…るかというと、その距離は眼鏡が要るの?眼鏡は要らないの?

…この絶妙な「不便さ」…

先輩の世代のみんなさん、分りましたよ…。

いよいよ追いつきましたよ…。

すんみませんね…今まで「ほーい」みたいな軽い感じで相槌を打ってて。

こら確かにうっすら日々、ミルフィーユの如くのストレス未満のストレスが溜まりますねえ…。

とほ

ですのでみんなさん、これより先、「ちょいと、これ、幾らよ?」などお尋ねになられる事もあるかと思います。

その時に「えいっとちょっと待ってくださいよ…」なんてな一拍、入ることもあるやも知れません。

お急ぎの方もいらっしゃるでしょうが申し訳ありませんね、そこは同じくの合いの手一拍、心に抱いていただけたら幸せでございます。

とほ


そんなこんなの本日更新こちらの「SLOWF BLOG」でございますが本日はですね、こちら「SLOWF」の新作のご紹介、それも久しぶりに1点ごとのご紹介をご用意することができましたので、そちらをご覧になっていただけたらと思います。

昼中はたまに、一月のそのイメージよりも暖かな日もございますが、それでも朝、それに晩はやはり一月のそのままの冷たさを見せてまいります。

どうぞ暖かくされて、ゆっくりと体を休められられ、よろしかったらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいね。






(MENS)




004


005


006


COAT:ORDINARY FITS
PARKA:bettaku
PANTS:ORDINARY FITS
SHOES:PICCANTE
CAP:NINE TAILOR





007


008


009


010


bettaku
BET-K17001
"HOUSE BAR ROOM BAR"CREW SWEAT
BLACK
1 2 3
綿100%
¥11000




011


012


013


014


VOO
VOO-1078
TRICK LAYER
BLACK
Q K
綿50% ポリエステル50%
¥23100




015


016


017


018


ORDINARY FITS
OF-P109
RANCH PANTS
INDIGO
0 1 2 3
綿100%
¥19800




019


020


021


022


ORDINARY FITS
OF-J029
GAME PARKA
NAVY
1 2 3
綿100%
¥35200






(LADYS)




001


002


003


LONG SHIRT:prit
INNER:prit
PANTS:FOB FACTORY
SHOES:HAIKON HADA
BERET:odds
BAG:PRAGMENT
STOLE:hinthint





023


024


025


026


prit
P81229
60/1ラペット織りスタンドカラーギャザーブラウス
WHITE
ONE SIZE
綿100%
¥12980




027


028


029


030


LILOU+LILY
2108TS-1224
16/1CARD BORDER PULLOVER
WHITE/BLUE BLACK/WHITE
38
綿100%
¥8250




031


032


033


034


UNIVERSAL SEVEN
US220KN016
コットンニットボレロカーデ
アイボリー チャコール クロ
FREE
綿100%
¥13750




035


036


037


038


TRAVAIL MANUEL
TM5012-221
ストレッチデニムペグPTS
BLUE INDIGO
S
綿95% ポリウレタン5%
¥13200




039


040


041


042


043


OPANAK
10542
ラバーシューズ
BLACK
23.0cm〜25.0cm
¥6380





(etc)




044


昨日ふっと本屋に立ち寄りそれこそふっと目に留まり思い出した

彩瀬まる著 「不在」

どこかで文庫化されるよーの生地を目にして、しばらく失念、そのままになっておりました。

彩瀬さんの著書はそれこそそんなに語れるほど読んではいないのですが、「くちなし」や「朝が来るまでそばにいる」など、初めて手に取り読んだときの柔らかな衝撃はいまだに肌に思い起こせます。

今の場所とその他の場所との不穏なあわいを淡々と、ですが決して押し付けてはこられない程度のほんのりとした熱量、それにどこか最後に救いの用意されている物語…

ここ数年齢のせいでしょうか、「小説」、というものそのものに昔ほど「感情移入」出来にくくなってる自分に気がつき、読み進める中のひっかかりの大きさ、数にどこか辟易としたものを抱えておりましたがその中でも彩瀬さんの各著書はなんと言えばいいのか…「そういうモノ」とは、「そういうモノに繋がるモノ」とはどこか数センチずれた場所にある内容なんですよね…。

不思議。

今回の「不在」もまったくお話の欠片も現在知っておりませんので、とぷっと無垢にその世界に浸れるのが今から楽しみです。






さ、本日はここまででございます。

本日はいいですね、春の春らしい、日差しこそここまで届くような届かないような、そんなおぼつかないまさに花曇り。

初春の初春らしい、穏やかな色目景色に包まれております。

こんな穏やかな季節の穏やかな一日が、これよりもどうぞ長く続きますよう祈りつつ願いつつ、本日は筆を置かせていただけたらと思います。

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またこちらでゆっくりとお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

笹は痛いよね


みんなさんこんにちはー。

slowf blogでござます。




本日1月20日木曜日…

「お久しぶりですねー」や、「お天気がねー」や、「お正月気分って、年々抜けにくくなりますねー」や、「お正月明けの「やる気」って…どうやって取り戻すんでしたっけ…?」や、なんやかや、またうちゃうちゃと書き進めてまいりたいなー、迷惑かなーなんてな事をぼんやり先程まで考えておったのですが…

多分に申し訳ありません…。

急に身辺が慌しくなり、急遽の急遽、時間に追われる身の上になってしまいました…。

新年2回目の更新のこちらがどうにも私の心のアワアワ、心のバタバタまでもが足音のようにお伝えしてしまうような慌しい雰囲気になってしまいましたが本日はが、ため、お話させていただきたい前説はいくつかあれど、大変にすんみません…ささくさっと前説を終え、本文に移らせていただけたらと思います。

その本文でございますが、本日は昨年よりひっそりと催しておりましたこちら、

「2021 SLOWF WINTER SALE」

こちらの、「その後」の店内…。

もちろん日々届けていただいておりますこの春の新作も徐々に増え始めておりますその「店内」が今、どんな感じになっているのか、こちらを…

これまた気ぜわしい感じにならなければよいのですが…「ダイジェスト形式」にてご覧になっていただけたらと思います。

今回は写真だけをぽつぽつ、に加えましてすこしだけご説明のキャプションも付けさせていただいております。

足早にすぎる内容になってしまいましたがよろしかったらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。







001


入ってすぐの、カウンター正面のテーブルにあと少しだけ(本当に)、レディースの冬のボトムスを並べています。




002


正面の四角なテーブルの上に、この冬の小物、雑貨などをまとめています。

写真手前のイギリス発の「Aiguille Alpine Equipment」のナイロンポーチ。

昨年末で当面のお取り扱いをお休みする事にいたしましたので、気にはなってたんだけどね…などの方いらっしゃいましたら、最後にちょっと、目を遣ってみられてくださいね。

私もLsize、数を持ってバッグの中の整理に、取り出してクラッチバッグ代わりになどなど使いまわしております。




003


004


現在のレディースのディスプレイです。

LONG SHIRT:Le minor
INNER:Crespi
VEST:YOSOOU
PANTS:LILOU+LILY
SHOES:DOVER
CAP:NINE TAILOR
STOLE:NINE TAILOR




005


大阪の「huchbuch」さんよりの定番、「はまぐりがた」も今回各色1足づつになりましたので、マークダウンさせていただいております。




006


007


レディースのこの冬の最後の最後をこちらにまとめています。

改めてこのひとラックを眺めますと…

この冬もみんなさん、ありがとうございました。

残り少なですが、よろしかったらお手に取ってみられてくださいね。




008


お店の壁側、その真ん中の位置にありますこちらの一角には主に定番として扱わせていただいているものを並べています。

東京の「RFW」やイタリアの「M」など。

それにアパレルでしたらフランスの「MICHEL BEAUDOUIN」や福岡の「Lim home」のものなどが今少しづつ並べられています。

ここよりも店内奥が、この新しい22年の新作になりますね。




009


岡山の「FOB FACTORY」より新作のデニムを届けていただいております。

久しぶりのノンストレッチ。

レディースらしさをぐっと堪えた、男前な一型です。




010


レディース奥のディスプレイです。


LONG SHIRT:prit
INNER:GALERIE TISSU
STOLE:hinthint
BERET:odds


COAT:TRAVAIL MANUEL
INNER:UNIVERSAL TISSU
STOLE:GLEN PRINCE
CAP:H.UNIT




011


奥のラックに東京の「UNIVERSAL TISSU」より22年の新作を。

手前のテーブルには同じく東京の「TRAVAIL MANUEL」よりの同じく新作をそれぞれまとめて並べています。




012


その奥のさらに一角に、現在フランスの「Le minor」、それに「MICHEL BEAUDOUIN」の新作をまとめています。

今年はどうなるのでしょうかね…卒入園式や卒入学式。

状況次第ですがお子様の再びとない晴れの場、叶う事なら目にしたいですね…。

そんなオケージョンをイメージして現在、セレクトさせていただいたものを並べています。

セットアップなど、少し数が減ってしまいましたがまだあと数型見ていただけそうです。

よろしかったらお選びの悩みの一角に、どうぞ加えてみてやってくださいね。




013


と、そのとなりのラックには福岡の「LILOU+LILY」よりの新作を並べています。

毎シーズン新しく企画されるオリジナルの生地からなる新しい一枚を、この春もいくつか届けていただいております。




014


そこから店頭に目を遣りました店内中央のラック。

こちらに大阪の「prit」、それに「RINEN」の新作をまとめています。

冬のそれぞれのラインナップももちろん大好きなのですが、昔からこのそれぞれ、どうしても「春」や「夏」の方に好ましい思いが偏ってしまいます。

今から17年位前、一番最初に社にお伺いした時のあの晩春初夏の空気や明るさが、ずっと残っているせいかもしれません。

お店にも私にもなくてはならない大きな存在です。

今年も一年を通して少しづつこれはと思うものを選んでまいりますので、どうぞご一緒に、お楽しみくださいね。




015


016


店内中央のガラスのショーケースに、アメリカの「CINQ」のアクセサリーを。

昨年の末に届けていただいた22年のもの、今回はネックレスの幅を増やしてご紹介させていただいております。




017


018


と、その近くの同じく店内中央よりのこちらに、「Hoffmann」を中心としたレディースのソックスをまとめています。




019


ここからメンズのコーナーですね。

現在のメンズのディスプレイは、

JACKET:ORDINARY FITS
PARKA:bettaku
PANT:ORDINARY FITS
SHOES:PICCANTE
CAP:NINE TAILOR




020


このアイアンのラックに並べているものがメンズのこの冬のマークダウンさせていただいておりますほぼ全てでございます。

…レディースと同じく、この数の景色を目にしますと、改めて男性のみんなさんにも支えていただいたなぁ…と、しみじみとした気持が湧き上がります。

もしもまだ「ん?まだあれあんの?」などございましたら、どうぞお楽しみにされてみられてくださいね。




021


先程メンズのディスプレイのご紹介をいたしましたがそのボトムスに履いているのがこちらの「ORDINARY FITS」のコーデュロイです。

太からず細からず…細からず太からず…。

ジャスト、よりも心持大きめにおすすめしたい一型です。




022


と、その下に写真ではまったく分りませんが岡山の「VOO」よりこの新作を2型、届けていただいております。

リリースされる時は欠かさず購入しているダメージスウェット。

この度も非常に良き仕上がりです。




023


こちらの一棚には当店の定番を主にまとめています。

和歌山の「PATTI」よりのサーマルTee…。

年末はあまり見向きをされていなかったように受けるのですが、年が明けると「ん?」と思うくらい、引き取られていっている気がいたします…。

残り少なですが、「High Flutter」などを手がけられるファクトリーものの一枚、一日着用していてストレスを感じさせないさすがの生地感、縫製です。

そろそろニットはなんか、ね…なんかの気持がもたげられてらっしゃった方がいらっしゃいましたら、よろしかったら手にとってみられてくださいねー。




025


メンズのコーナー真ん中の、頭の上に一つディスプレイを吊るしています。

JACKET:ORDINARY FITS
PARKA:RINEN
VEST:RINEN




026


メンズの一番奥のラック、こちらに東京の「RIDING HIGH」よりの新作のスウェット、それにパーカをまとめています。

ふっくらとした生地感に程よいぬけたシルエットが春の暖かな空気を楽しみにさせてくれる一枚かと思います。

冬のがしっと、重厚な、質実なスウェットの後を引き継いでくれるような「RIDING HIGH」のスウェット。

よろしかったらご紹介させていただけたらと思います。




027


先程のメンズの真ん中に吊るしてありますディスプレイのその真下に、東京の「RFW」よりのスニーカーを少しだけピックアップして並べています。

定番はそれに漏れるのですが、昨年のデザインのものにつきましてはマークダウンさせていただいております。




028


と、(こんな下に置いておいて、だれが気づかれるんだろう…)と、思わなくもないところに置いてあります大阪の「anapau」のボクサーショーツ。

昨年に引き続き少しづつ新デザインを加えながらこっそりとご紹介させていただいております。

…あの場所でもみんなさん、よく見つけてしゃがんで見ていただいているんでよね…。

ありがとうございます。




030


最近ずっとこちらの

「平家物語」 古川日出男訳

を読み進めております。

よく考えたら「平家物語」も「源氏物語」も、きちんと読んだことってないなぁ…と思っていた矢先の「古川日出男」さん訳の「平家物語」!

もう、買う以外の選択肢は残されておりませんでしたよ…。

物語だけで、800頁以上。

ふふふ…幸せすぎます。

しばらく「古川日出男」期がきそうです。






さ、本日はここまででございます。





時間が…!!

す、すんみません…ちょっと、出かけて、まいります…!


本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

またゆっくりとこちらでお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

あんま無理せんこよ

001




みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

関東より以北の方には「は?」と言われてしまいそうですが今年、ひょっとして…

なべて、ですよ、なべて、言えば、…暖冬…なんでしょうか…?


来るよ来るよと幾たびかおそらかされました寒波の予報、寒波の知らせ。

そちらもやはりね、言われたとおりだね、と、天気予報の大まかなお知らせと同じくして訪れ、身を縮こまらせ、家までの足を早めさせておりましたがふっと、それこそふっと気がついて周りを見回しますと…

(…なんか、今日、あったかい…?)

と思わず思わせる穏やかな気温にまたぞろ戻っておったりいたします。

ですので総じてこの冬の感想を言え!と、誰が聞くんだろう…もしも誰かに聞かれる事がありましたら、

「いっやー、寒いことったらないですよ今年は」

とは、一瞬でもシナプスに過ぎりそうもなく、逆に

「んー…寒い、っちゃあ寒い、けど… まあ、今もスウェットで話してるしね…んー、そんな感じ」

くらいのどうにも「真ん中」くらいの返答になってしまう事が楽々に予想されてしまいそうです。

現に今年、ものっすごいあったかい一枚を着たかどうかと聞かれましたら…

んー…「出しは、した」、が正直なところですね…。

暖冬…暖冬なんでしょうかね…。


それでも先にも書きましたが関東以北の方にとっては今年は雪の、害、とも言えるほどの雪に寒さに見舞われたところも多く耳にいたしました。

地域差、が非常に出ておりますこの冬ですね。

そう言っても昨日ちょいと覗きましたお天気予報ですとこの火曜…今日か。

今日くらいよりぐっとまた気温が冷え気味になり、水曜から木曜にかけて雨に、それが雪に、移るようなお話が出ております。

…と、書いて目を上げ顔を上げ見ます外界は、小雨と霧の間のような雨こそ降れど、燦燦としたお日様に恵まれた、なんとも年始らしい明るい天気雨の様相を見せてくれております。

出てはいないので確かな事はいえませんが見えております世界色目からは寒さ、のようなものは今のところ感じられません。

ですが出ている予報を心に留めて、もしもまた寒波がぐっと迫るような気配を感じられましたらすぐに対応できるように心構え、身構えだけでもしておきたいものですね。

引き続きの用心、相身互いにしてまいりましょう。


そんなこんなの本日更新でございますが本日はですね、タイトルと、その下の写真でこちらをご覧になっていただいておりますみんなさんにはもうすっかりご理解いただいてることと思いますが本日より、年末以降お誘いさせていただいておりましたこの冬のSALE

「2021 SLOWF SECRET WINTER SALE」

こちらが佳境に入ってまいりましたのと、そろそろとこの新しい2022年の新作、こちらも少しづつ店頭に幅が見えてまいりましたので、冬のSALEの%OFFを現在の「30%OFF」より「50%OFF」に改め

「2021 SLOWF WINTER "MORE" SALE」

といたしましてこの冬のラストスパート、こちらを催させていただけたらと思います。

随分と長くうーんうーんと書き進めてまいりました本日の内容のように、どうにも暖かさ、寒さの立ち居地のはっきりしないこの冬ですが、もしもまだお忘れものがございましたら一段ぐっと、見えるプライスを「え?」とさせた内容、お楽しみになってみられてくださいね。

また同じく本日の内容の通りにどうにも寒くなりきらんね…が、高まられましたら、どうぞ新しい季節に思いを馳せさせてくれるこの春の新作、そちらも同じくにお楽しみになってみられてくださいね。

本日こちらを書き終えましたら…ちょっと甘いもの休憩を挟みそのプライス変更の作業、ちまちまとしてまいりたいと思います。


さ、本日はここまででございます。

…お天気の話しかしておりませんが、随分と長くなってしまいました…。

暖かい寄りのこの冬とは言え、油断は禁物、寒さ冷たさを感じられましたら内に外に温かな、そして暖かなものを摂られ取られ、しっかりと用心されてくださいね。

またゆっくりとこちらでお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

うひゃあ

001




みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


新しい年が始まりましてこちら、早いものでもうその一週間が過ぎようとしておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日より仕事始めだよー、や、なかなかお正月休みが抜けなくてね…など、それぞれ恐る恐る以前のご自身や、ペースを取り戻されよう、思い出されようとしてらっしゃる方も少なくないのではと思います。

私はですが、年齢のせいもあるのでしょうかね…なかなかこうした長期のお休みのあとの、そういったリズムのばらつきのようなものからの脱却といいますか回復といいますか、そういったものに時間がかかるようになっておりますのを年々折に触れて痛感しております。

先だって4日より新しく初めさせていただきました今年2022年のお努めですが、どうにもその…「圧」がないと言いますか「覇気」がないと言いますか…

どこか薄ぼんやりとした心持で、本日新年3日目、のそのそとお店、開けさせていただいております。

ながながとした前置きになってしまいましたがみんなさん、明けましておめでとうございます。

前置きの私のような方もいらっしゃれば、新しい一年に向かわれるに当たり、人知れぬ心構え、目標を抱かれ
、早速邁進、勇躍されてらっしゃる方もおられることと思います。

今年もそれぞれのペースで、それぞれの無理のないところでゆっくりと、なるべく楽しい時間を共に過していただけたらと思います。

また今年も新しくみなさまにお会いできる日を楽しみにしております。


足早に過ぎる内容になりましたが本日はご挨拶まで。

また今週より少しづつこちら「SLOWF」はこの春の新しい一枚が、おとなり「nanten」からは新しいメニューのご紹介ができる事と思います。

時間を作り、そちらもまたぽつぽつとこちらでご紹介させていただけたらと思います。


来週中ごろよりまたどうにも寒い日が訪れるような予報も出ております。

それでなくとも朝晩の冷え込みは思わずぎゅうと、身を縮こまらせるほどです。

お体には十分気をつけられ、この冬を過してまいりましょうね。


それではみんなさん、

またー☆

大人買いですよ、大人ですから


みんなさんおはようございますー。

slowf blogでございます。


やー。

先だってこちらでお伝えさせていただきました予定通りですが、本日12月29日の15:30をもちましてこちら「SLOWF」おとなり「nanten」、それぞれこの2021年最後のお努めとさせていただきます。

ありきたりな言葉に過ぎますが…

という、「ありきたりな言葉」を頭にのっけたご挨拶を、もう何度こちらで繰り返してきたことでしょうか。

今年も無事、そのありきたりな言葉に続く御礼をみなさまにお伝えできる事を、ますは心よりありがとうございます。

昨年に引き続き、今年もどうにもマスクの手放せない、心細い日々が続いておりましたが、先のオリンピック以降でしょうか、その感冒数の落ち着きを見せ始め、今現在はやはり引き続きの予防、注意はまったく怠ることのできないものの、僅かにですが心持を明るくさせてくれる状況にはなってきているように感じております。

そしてそれらの感冒の状況に合わせてやはり今年も昨年と同じくして私たちの営みます両店の営業の形をその都度変え、みんなさまをお迎えさせていただきました。

なかなか思われたときに開いていなかったり、早仕舞いをさせていただいていたり、ご不便をおかけした事も多々あったと思います。

それでもこちらの不安やそこから考えられる安心と安全にご理解をいただき、以前の平時とは少しく趣を違えている部分もあったやもですがひと時、足を伸ばしていただけた事、何より嬉しく感じております。

本年も一年お店を支えていただき、誠にありがとうございました。

みなさまみなさま、お一人お一人のどなたが欠けても、同じ本日はきっとありませんでした。

また新しい年も、変わらず、こちらでお会いできる事をスタッフ一同楽しみにしております。


今年は例年に比べ寒く、随分と年の瀬らしい年の瀬になるようです。



こちらのお店で「ここ最近お正月も割りと暖かいから薄着でいんじゃないすか?」なんてな軽口を叩いておりました事を先だっての寒波より、かなりひしひしと罪に感じております(笑)

今年はどうぞ昨年一度も通さなかった(方もいらっしゃるかと思います)必殺のアウターなんかをずるっと引っ張り出され、どうぞ暖かくされてお過ごしくださいね。


そんなこんなの本日更新こちらの「SLOWF BLOG」でございますが、…本日はですね、毎年恒例になっております「年末のご挨拶」…こちらをささくさっとお伝えさせていただき、「また新年ー」って、流れになるかナーなんてな事をぼやっと考えておったのですがどうにもチクッと…

左胸の奥が僅かに痛むのを感じてしまいまして…

この痛みは…

このチクッ、は…





「最近全然BLOG更新してへんやろ自分?(特に年末)」

という、自浄作用の、チクッ…だと、思いました…

このまま「今年一年ありがとうございましたー」ってなんか、キレイキレイに袖に掃けていって自分…ほんまにそれで、ええん?

みたいな…。



ええ…く、ない…ス…。

ええ…く、ない、ので…

急遽ですが本年最後の店内一周ダイジェスト!こちらでこの年このBLOGの今年を締めくくらせていただけたらと思います!

ご存知の方も多々やもしれませんが現在、毎度の事ながら声の非常に小さいこの冬のSALE、


「2021 SLOWF WINTER SALE」


こちらを催しております。

それに平行して、すでに次の2022年の新作、こちらもいくつかのブランドさんより届けていただき、店頭にてご覧になっていただき始めております。

昨年よりは今年、今年よりは新しい年と、年を経る毎に希望、というものでしょうか、そういうものが膨らんできております。

新しい年の新しい全てに思いを馳せるまっさらな一枚、それに今年の全てをゆったりと振り返るようなじんわりと暖かな一枚、どちらもよろしかったらどうぞお楽しみになってみられてくださいね。


ちなみに本日は先だっての先だって、お店の終わった後の様子をダイジェストした事がありますが今回はお店の始まる前、私やスタッフした見ることのない、まだ始まる前の店内の様子、空気感でお伝えできたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいねー。







001


002


003


004


005


006


007


008


009


010


011


012


013


014


015


016


017


034


035


036


019


020


021


022


024


025


026


028


029


030


031


032


033


038




さ、本日はここまででございます。

今回はキャプションを付けませんでしたがどうでしたか?

なにやら気にかかるような場所や一枚がございましたか?

もしもそういったモノを見つけていただいておりましたら嬉しく思いますし、また明けての新年、1月の4日、12:00よりのお仕事初めの際にでもお手に取って、触れていただけたらと思います。


一年の最後の最後まで、ずいぶんと長々とした内容になってしまいました。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。


最後に、今年一年色々ありましたが最後の本日までしっかりお店を内から支え、励ましてくれたすべてのスタッフに、心よりの感謝を思います。

一人ひとりが精一杯体力を使い、考え、努めてくれたことが全てです。

新しい年もたくさん間違えることもあります。

私ももちろん。

ですが正しくても間違っても、その後に「考える」ということはどちらも同じことだと思います。

そして正しさの後考える事よりも、間違いの後考える事の方がより数も多く、時間も掛かりますがそれぞれの内側を、より豊かにしてくれる機会の多さもまた、あるかと思います。

新しい年もたくさんおいしいものを作って、たくさん間違えて、人知れず前に進んでやりましょう。

今年も一年、お店をありがとうございました。



それではみんなさん、

またー☆

来年はちょっと、ゆるうするね

↑このページのトップヘ