みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。



やー。

…暖かいですね…(笑)

朝晩は所によると、10℃を大いに下回り、6℃や5℃のところもあると耳にいたしますが、これが時間をぐっと経て、昼中の最高気温になりますと、10月初旬か中頃あたりの21℃や22℃まで上がっておるようです…。

うーん…

うれしい…やら、なにやら…。

先だっても少し車を走らせる事がございましたが、街路樹や山際の木々は、すでに6分以上紅葉しているところもあり、明るさに過ぎるような気もいたしますが、この暖かな陽射しの下でゆったりと眺められる方はずいぶん凌ぎやすく、気色のよいお時間を過されているんじゃあないかと思ったりいたしました。

ですがちょいと朝、ちょいと夜、または昼中でも家内や外でもちょいとした風の吹き抜ける日陰。

こちらなどにふっと足を踏み入れますと、外でしたら心地よく吹き渡る風も、秋の気配をよりたっぷりと含んだ冷たいものに感じられますし、その外の明るさの反面の冷たい暗さに、思わず首をすくめるような、そんな時もしばしばでございます。

寒暖の差、こちらが10℃以上離れておりますもんね…。

西日本らしいとは思いますが、どうにも身の置き場の難しい、今年の秋模様になりました。

加えて今年は、と言いますか、この時期も実は、と言いますか、季節特有の空気の乾燥に加えて、大陸からの黄砂、こちらもまた春先に引き続き、飛来してきているようでございますね。

お客様の中でも「なんだか微熱が…」や、「鼻と喉がいがらっぽい…」など、「けだるさ以上体調不良未満」の、これまた身の置き所の難しい状況になられてらっしゃる方、少なくないように思います。

毎度こちらで同じような文言を書かせていただいておりますが、この夏を乗り切り、それも「やっと」、と乗り切り、少し、気候が心地よくなり、その緊張が緩みがちになられたところであったり、その心地よい、の、隅っこに、どこか体の調子を狂わせる要因があったり、単純に疲れがどっと押し寄せたり…

そんな、知らず知らずの原因不明のすっきりしなさに苛まれる今日この頃であったりしがちです。

春夏秋冬と、血液型のようにきれいに四分割、無理やり納得されるのではなく、それぞれの、その年々のその気温気候に無理される事なくゆっくりと、体も日々の生活も、ピントをじっくり合わさせられながら、そろりそろりとお過ごしくださいね。

こちら「SLOWF」では衣類を、おとなり「nanten」ではお食事を、それぞれ体の外から内から、ゆっくりとみんなさんにそれぞれの日々をゆったり穏やかに過していただける何かをご用意して、寄り添わさせていただきますね。



長々書いてきましたが、要約すると、

「お体ご自愛ください」

という事ですね(笑)

いやはや。

読み疲れましたね。


さて、そんな本日お疲れのところさらに申し訳ないのですが、先だってに引き続き、おとなり「nanten」のこの冬のいくつかの新メニューのうちの一つである、


「ジャスミン粥」


こちらをご紹介させていただけたらと思います。

日ごろの疲れをそっと癒してくれるような優しい香りの温かなお粥です。

本日も写真にいくつか収めましたので、まずはそちらからご覧になってみられてくださいませ。




005


006


008


009


010


011


013


ジャスミン粥 920yen


香りのよい花茶、ジャスミン茶に少し塩味をきかせてゆっくり炊き上げたお粥になります。

基本はそのジャスミン茶の香りと、少しばかりの塩味で、その上にふんわり香りをまとめてくれる三つ葉を乗せています。

そのトッピングには、しょうが、松の実、煮玉子、お漬物、焼えび、小さなおかず(今回は切干大根)、藻塩を付けさせていただいております。

少しずつ加えられて、味の変化をお楽しみくださいね。

それと、写真の中で少し分かりづらいやもですが、生春巻きを一本、三等分にしたものを同じお盆に載せさせていただいております。

箸休め、というわけではありませんが、よろしかったらお楽しみくださいね。

「ジャスミン茶」

日本でも緑茶や烏龍茶と同じように飲まれた方や、お好きな方も多いのではないかと思います。

茉莉花(まつりか)の花を加えて香り付けしたお茶が、ジャスミン茶の由来とされております。

他のお茶の持つ効能はそのままに、花の香りが気分の落ち込みを癒してくれたりリラックス感を誘ったり、また、肌荒れの予防効果もあると言われています。

ですが反面、他のお茶に比べてややカフェインが多めに含まれていることも特徴的です。

特に妊娠されている方や、授乳中の方などにはそのままストレートでジャスミン茶を楽しまれるのは、適量、こちらを大切に守られた方がよいようです。

そのためお店では通常のジャスミン茶としてお出しする、約2倍に希釈したものを使用させていただいております。

…それでも「おかわり!」を繰り返していただくと、量的にどうかな…というのは可能性としてありますが(笑)、たまの息抜きで、食欲のない時や、さっぱりとしたものを召し上がりたい時、体を内からじんわり温められたいときなど、よろしかったらお楽しみくださいね。

先だってご紹介の「鶏だんごと白菜の冬のスープ」に引き続き今回ご紹介のこの「ジャスミン粥」

あともう一品、実は新しいメニューをご用意しております。

そちらもまた近日、こちらでしっかりとご紹介、お誘いさせていただきますね。

昼中はまだどうにも暖かにすぎる日が続いておりますが、よろしかったらゆっくりじんわり、お楽しみにいらしてみられてくださいね。





さ、本日はこちらまででございます。

本日はなぜでしょうか、ずいぶんと指が進んで、実は書き始めてよりこちらまでで、おそらく40分かそこいらしか経っていないような感じでございます。

ふふふふふ…

文章の拙さはそれ、しかしそれでも本日なんだか調子がようございますね…

ふふふふふ…

昨日のお休み、16時間くらい、眠ってしまった事が、功を奏しているのでしょうかね…。



何に対してか分かりませんが、罪悪感で胸がつぶれそうです…(笑)



本日も最後までお読みいただき、誠にありがとございました。

またゆっくりとお店でお待ちいたしております。


それではみんなさん、

またー☆

ほどほどで、寝なさいよ