みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。




やー…




今日は木曜日。

おとなり「nanten」はお休み。

そんな木曜日は毎週の如くですが、普段のどのくらいか分からないくらい、お店はゆっくり。

ですのでこの日にディスプレイを変えたり、こうしてblogを更新したり、なかなか日々できない事、できていない古都をまとめてぱっと、やってしまう日に、自然となっているのですが。

本日は少し楽しい事や、嬉しい事、心から嬉しいのだけれども掘って掘って掘ってーみると、やっぱりそれは寂しくなることなど、いろいろ、もう本当いろいろありまして、気が付きましたら時計は営業時間おしまいを回り、19時を47分

さらに進もうという時間になっております。

その諸々はちょっと小脇に抱えて持ちまして、本題本文、本日は時間もこの通りのことになっておりますので、ささくさと本題本文、こちらに入らせていただけたらと思います。

すんみませんね、短めで。

本日はですね、久しぶりになりましたがこちら「SLOWF」の事、形式は店内のダイジェスト

こちらでご紹介させていただけたらと思います。



この文章ですら、足早感がそこはかとなく漂っておりますね…。

さすがにいかんいかん。

足早に過ぎる足早な本日更新ですが、本日もお時間ございましたらどうぞごゆっくりとご覧になってみられてくださいませ。










(MENS)




001


002


003


JACKET:RINEN
INNER:VOO
DENIM:ORDINARY FITS
SHOES:RFW
CAP:morno





(LADYS)




004


006


005


OUTER:LAITERIE
INNER:LAITERIE
PANTS:D.M.G
BERET:odds
STOLE:hinthint
BAG:motte
SHOES:ADOLFO CARLI






007


和歌山のカットソーメーカー、「今城メリヤス」さんより、「kinako」、「HIGH FLUTTER」それぞれ今年最後の追加をいただきました。

これから寒くなるとニットもの、着たくなりますもんね。

肌に一番近いものですから、少しでも肌当りのいいもの、ご紹介できたらと思います。




008


向かって右のシューズがイタリアの「HAIKON HADA」

左のボトムスはフランスの「Le minor」のウールのイージーパンツです。




009


福岡の「lilou&lily」より、何かと重ためな生地感ばかりになりがちなこの時期の着合わせに、少しだけ軽さを出してくれそうなリネン素材の新作を届けていただいています。

つい無地ばかり、に、なりがちなインナーに、ちょっと動きを出してくれる大ぶりなストライプブラウス。

よろしかったらお楽しみにされてくださいね。





010


こちらのラックには「Le minor」「Crespi」「MICHEL BEAUDOUIN」など、少しすっと、きりっと、でも、柔らかい印象を持つそれぞれを主に並べています。

今年もいろいろめまぐるしく入れ替わりました。

最後の一回転、でしょうか、よろしかったらどうぞご覧になってみられてくださいね。





011


入り口のディスプレイの背中側に、先程もすこしご紹介しました福岡の「Lilou&lily」の新作を並べています。

…後光が射しすぎて、ほとんど見えませんね…。





012


大阪の「RINEN」のツイードのテーラードJkに、同ブランドのニットを素直に重ねています。

左のスカートは東京の「TRAVAIL MANUL」のもの、右のバッグは大阪の「TEHA'AMANA」のものです。





013


と、その下には同じくの「RINEN」のシャツ、それにそのレディースライン「prit」のベストなどをゆったり並べています。

ベスト、写真ではぜんぜん分かりませんが、すこしルーズ目、素敵ですよ。





014


と、その隣のこちらに、東京の「odds」のバスクベレー帽、同じく「hinthint」の毎年定番のストール、その今年分をすべて出させていただきました。

全部出して並べると、気持ちいいものですね。





015


大阪の「prit」「RINEN」のアイテムをすべてこちらに並べています。

こちらの一ラックも、ずいぶんくるくるいたしました。

後、このくらいですが、どうぞお楽しみに。





016


と、実はその上に、同じく「prit」のミニバッグを吊るしています。

意外と気が付きにくかったりいたします。

ちょっと高めのところにありますので、よろしかったらお声かけくださいね。





017


018


レディースの奥のコーナーですね。

福岡の「haolu」のチノに、イタリアの「ADOLFO CARLI」のサイドゴアブーツ

東京の「Nine Tailor」のニットキャップにイギリスの「TWEED MILL」のブランケット

それに東京の「UNIVERSAL TISSU」のブラウス

脈絡がありそうでなさそうで…でもまとめて合わせていただくと、ちょっといいかもねって言っていただける、かも、です。





019


そのさらにちょっと奥に東京の「UNIVERSAL TISSU」「UNIVERSAL SEVEN」「TISSU」、それぞれをまとめて並べさせていただいています。

このシーズンも初めましての方に袖を通していただけたり、今ちょっと思い出してもうれしい気持ちが思い出される「UNIVERSAL TISSU」のこのラック。

この秋冬はそろそろフィナーレを迎えそうですが、引き続き新しいシーズンのものも、少しづつ届けていただく予定ですので、ゆっくりお楽しみくださいね。





020


と、そのレディース奥のディスプレイです。

左は東京の「UNIVERSAL TISSU」のワイドシャツを中心に

右はイギリスの「LAVENHAM」のキルティングJKを中心に、それぞれかけています。





021


そのレディース奥の、一番奥。

こちらのラックにこの秋よりお取り扱いを始めさせていただきました大阪の「LAITERIE」の新作を並べています。

一番最初にご紹介させていただいたレディースのディスプレイのアンサンブルの色違いなど、並べています。

全体を軽くつかむような軽い素材感、デザイン、サイズ感が魅力の「LAITERIE」の洋服

これから少しづつご紹介させてくださいね。





022


と、そのコーナーからメンズの方をちょっと見ると、こんなです。





023


024


025


お店の真ん中

ぼくを含めて一日三、四人の方が肩をぶつけられるこちらのキャビネットに、実はこっそり新作の雑貨を並べています。

大阪の「PRAGMENT」のレザーのポーチ、東京の「PUEBCO」のキャンドルを始めとした新しいものたち

こまごまいろいろありますので、お時間許す間、ゆっくりご覧になってみられてくださいね。





026


こちらからがメンズのコーナーのご紹介です。

岡山の「SPELL BOUND」、同じく岡山の「VOO」、イギリスの「LAVENHAM」

そしてその下のラック





027


東京の「RIDING HIGH」、岡山の「ORDINARY FITS」

各ブランドより、そこまで重量感を持たせすぎていないアウターを並べています。

冬でも実はこれくらいで平気だよって方(ぼくもです)、よろしかったら軽く、着ましょうね。





028


メンズのコーナーの真ん中にあるテーブルに、いろいろこまごま並べています。

写真真ん中にありますギンガムチェックのシャツは大阪の「MANUAL ALPHABET」のものです。

…昔はよく着てた(サイズ的に着れてた)なあ…って、ちょっと時の流れの残酷さを思い知らされながら日々畳みなおしている一型だったりします。





029


アメリカの「Columbia」、イタリアの「MONTURA」、今年は昨年と打って変わってアウトドア寄りのアウターを、改めてご紹介しなおしております。

ここ数年お取り扱いをぐっと押さえ気味のジャンルでしたので、こんなのやってるの?って聞かれる事もありますが、アウトドア、それ自体はまったくしないのですが、「モノ」は、大好きです。

休みの日なんかはそればっかりだったりいたします。

よろしかったら少しづつおススメ…というか話を、聞いてやってくださいね(笑)





030


と、じゃあそんな休みの日って、どんな感じなん?って聞いていただいた時にこんな感じ、ってお答えできるようにこちらに一例でディスプレイしています。

年々「軽い」、っていうのも、自分の中でのキーワードになっている気がいたします。

そういう点でのアウトドアモノって、改めて優秀です。





031


岡山の「ORDINARY FITS」より定番のアンクルデニムの追加を届けていただきました。

26インチから34インチまでご用意しております。

そのレングス(丈)やシルエット感が、男女どちらでも受け止めてくれる、お店でも外す事のできない一型です。

よろしかったら足入れ、されてみられてくださいね。

ジャストでもやや大きめでも、それぞれの良さに、悩みを深めていただける事と思います。





032


左が岡山の「VOO」のもの、右がドイツの「seldom」のものです。

ドイツの「seldom」、素材はウール(羊毛)で、デザインはタートルネックなのですが、「ウールでタートルかー…好きなんだけどねー…」と、ちょっとおっかなびっくりなお話、よく、分かります。

ですがこちらはそんなちょっと、をお持ちの方に、試していただきたい一枚です。

「ウールでタートル」今まで自分で試してきた数多くの中で、これが一番肌辺り、サイズ感、文句がありませんでした。





033


実はここにこっそり東京の「Nine Tailor」のナイロンのベレー帽を積んでいます。

あまりの素朴さに、ここのところどなたにも触れられていないような気がして、ちょっと、写真にさせていただきました。





034


ぼくが一日の半分近くを過すこのレジの頭の上

こちらに大阪の「PRAGMENT」より定番の「山型」リュックを吊るしています。

「山型」…山の稜線、頂きを髣髴とさせるデザインは、一見言葉にすると奇抜すぎるように感じられますが、背負って見た後のシルエットには悪目立ちしない、静かな素朴さがあります。

何か背中のバッグが欲しいかも…って思われる方いらっしゃいましたら、お悩みの一角に加えてみてやってくださいませ。





035


と、ひょいっとそのレジを覗き込むと…



引き出しが…ない?

ふふふふふ…ちょっとだけ、変えます、近日、自分用に。





036


お店の植物たちも、今年のこの暖かさが幸いしてか、普段よりもゆっくり、色濃く、紅葉を見せてくれているような気がいたします。

写真、この色より実物はもっと、赤く、色づいています。

どこもかしこも秋ですね。

幸せですね。






さ、ここまで書ききりましたよ。

途中、レジ中を写していました写真がございましたでしょう?

あちらの一枚に時計、時間が写っていたと思うのですが、何時でしたでしょうか…。

…そう、午前中…午前中よりこの作業、本日はゆるゆると進めてまいっておったのですよ…。

おったのですが…ちょっと本日は時間がこう、押してしまいました…。

外はとっぷり当然の真っ暗です。

ささくさこれからお店の片づけをして、帰路につかせていただけたらと思います。

みんなさんも今日も一日、おつかれさまでした。

明日で今週のお仕事もお仕舞いーっていう方もいらっしゃいますよね。

あと一日、がんばっていきましょうね。

ぼくと同じで週末も仕事だよーっていう方、いい仕事、してやりましょうね。

それぞれに、がんばりましょう。

本日も一日、心よりありがとうございました。

またゆっくりお店をご用意して、お待ちしております。



それではみんなさん、

またー☆

単四電池ね、オケ