みんなさんこんにちはー。

slowf blogでございます。


やー。

なんだか冬の実感の遠い、ゆっくりな今年でございましたが、やはり今年もここ今月12月の半ばを目前にいたしますと、日一日と陽は短く、空気の温度の下がるのもすばやく、なってきているように思います。

やっと、という頭言葉はついてしまいますが、冬ですね。

今年も。


加えて本日は予報どおりの静かな冬の雨に降り込められた一日になりました。

夏の、いろいろを洗い流してくれるような一気の、激しい雨も、それはそれで風情がありますが、やはりこの冬のし静かな、降り込められるような音の小さな雨のの方が、ゆったり落ち着くようにも思います。

…歳ですかね…。

そんなこんなの本日でございますが、タイトルにもありますが、おとなり「nanten」のこっそり裏オーダー(?)、裏メニュー(?)…どれもはっきりとしたタイトルでお誘いさせていただいた事がありませんので、なかなか今この瞬間のセッション感だけでタイトル付けできませんが兎に角、


「お弁当」


本日はこちらを少しクローズアップして、ご紹介させていただけたらと思います。

本日ご紹介させていただくものは、ご予算、内容、共に一例の形になります。

その辺り、後ですこしご説明させていただけたらと思います。

まずはいくつか写真に収めましたので、そちらからご覧になっていただけたらと思います。

本日もお時間ございましたら、どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。




001


002


003


004


005


006


nanten 「お弁当」


気温気候にもよるのですが、毎年夏が過ぎた10月末、11月頭頃より、明けての夏の手前、4月の中ごろくらいまでを目安にテイクアウト限定での「お弁当」のご注文をお受けいたしております。

今回頂いたお弁当を、まずはその中身のお品書きなどを一例といたしましてご紹介させていただきます。


・たらと芹とゆりねの混ぜご飯
・牛肉の八幡巻き
・しいたけのえび団子詰め
・さわらの幽庵焼き
・あおさのだし巻き玉子
・さつま芋マッシュ
・カリフラワーと金柑のピクルス
・小松菜のしょうが炒め
・人参のカレーきんぴら
・赤カブのマリネ
・小さなデザート


こちらが今見ていただいた写真の内容になります。

季節のお野菜をなるべく多く取っていただけるようにや、もちろん「お弁当」と形はフランクですが、その栄養もバランスよく摂っていただけるように、その季節々で毎回変化させていただいております。

年度の変わり目のちょっとした集まりごと、お昼間お友達のお宅へ集まっての忘年会、などなど、この時期この季節特有のご相談をいただきます。

外食未満、だけどもちょっとだけ「わっ」と目にもおいしそうなお弁当でひと時過せたら…

そんな機会、もしもございましたら、よろしかったらご一考されてみられてくださいね。

となりのツマも、「お弁当作り」、大好きなようです。

本日も少し世が暗いうちからいそいそと出かけておりました。

表立ってやってますよーとなかなかお誘いしてないのがこちらの「お弁当」

よろしかったらどうぞお楽しみにー。


あ、そうだ、大切な事を…。

この「お弁当」、ですが、2つだけこちらからお願いさせていただく事がございます。

その1つが、

「配達はすみません、しておりません。お引取りをお願いしております」

という事と、

「総額7000円以上のご注文からお受けいたしております」

という事です。


1つ目はそのままなのですが、なかなか日々ぎりぎりのスタッフの数でお店を営業させていただいておりますので、どうしてもご指定の時間での配達、というのが難しくなっております…。

ご足労ですが、お引取りにいらしていただく形を取らせていただいております。

そして2つ目の「総額〜」のお話ですが、例えば「700円を10個」、ありがとうございます、問題ありません。

反対に、「1000円を7個」、こちらもありがとうございます、問題ありません。

ですが、さらに例えば、「500円を10個」…

大変に勝手を申しますが、材料費の高騰、容器代の高騰…諸々昨今の状況を鑑みまして、お断りさせていただかざるを得ないケースになります…。

以前は「総額5000円より」とさせていただいていたのですが、やはりそのご予算に合わせて仕上げさせていただくと…

ぼくたちとしても心残りな仕上がりになってしまいそうな…でもそれじゃあ…ううむ…

といった葛藤を抱くケースが多くなってきていたんですよね…。

「まず何はなくとも喜んでいただけるものを」、その一念でご予算を以前より少しだけ上げさせていただいております。

…あ、ちなみに今回ご紹介させていただきましたお弁当ですが、こちらのご予算は少し多めにご依頼いただいた分になりますので、少し豪華なものになっております。


少し堅苦しい話に最後なってしまいましたが、以上が今回ご紹介のおとなり「nanten」の「お弁当」のお誘い、そのご説明になります。

もしも何かの折、ございましたら、よろしかったらお悩みの片隅に、思い出してみてみられてくださいね。

蓋をぱかっと開けていただいた時に、「わっ」と喜んでいただけそうな「お弁当」、しっかりご用意させていただきますね。



本日はここまででございます。

本日も最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

雨、少し小降りになりましたが、夕方になりぐっと冷え込みが厳しくなってまいりました。

足早に家路につかれる方もいらっしゃる事と思います。

冷えた体をゆっくり温められて、どうぞ穏やかな冬の午後をお過ごしくださいね。


それではみんなさん、

またー☆

わ、か、っ、た、か、ら