May 05, 2008

MVP (Smooth Mix) / Big L

5ce97c66.jpg












Big L 「MVP」といえば、90年代hiphopクラシックの名曲の1つではないでしょうか?

Big Lの代表作といえる曲でもあります。

1stアルバム『Lifestylez Ov Da Poor & Danger』収録で、ロードフィネスプロデュースの「MVP」。

アルバム収録のノーマル版は、De Barge 「Stay With Me」の
Rapバージョンといった感じですが、

Summer Smooth Mixは夏の雰囲気を感じさせます。

夏の海沿いを彷彿とさせます。

聴いていると蕩 (とろ) けるような気持ち良さも感じます。

夏場は絶対必聴です。

夏の夜のドライブデートで流せば、落とせること間違いないでしょう(笑)

それにしても、Big Lのカン高いRap (ラップ) と女性コーラスがトラックとかなりマッチしています。

ところで、Smooth mixはシングルカットされたMVPの12インチでしか聴けません。

中古の12インチだと結構レアですが、レプリカ版ならば新品を取り扱っているレコード専門店でなんとかで手に入ると思います。

※ 今回Big L初ピックアップなんで、軽くBig Lの略歴載せておきます。

↓ ↓ ↓

Big L Biography (バイオグラフィ)

本名: Lamont Coleman
生年月日: May 30, 1974
出身地 : Harlem, New York City, USA
逝去年月日 2月15日 (享年 24歳)
活動期間 : 1992-1999

1995年の1stアルバム『Lifestylz Ov Da Poor & Dangerous』でのソロ活動が彼の原点。

1998年,
イーストコースト屈指のHip Hopクルー DITC (Lord Finess (ロード・フィネス)、Fat Joe (Fat Joe) 率いる) のメンバーとして参加。

Big LはDITCの中でも暴れん坊な問題児で強烈なインパクトを与える存在だった。

1999年2月15日、弱冠24歳にして凶弾に倒れこの世を去った。

November 04, 2007

Shawty / Plies feat. T-Pain



Plies ‐ フロリダ出身, 31歳, Slip N Slide/ATLANTIC レコードのラッパー。

「Shawty」には「Bartender」でヒットした T-Pain が参加。

「Shawty」もヒット中 (2007年11月時点) です。

音は、R&B 寄りでメロウなバイブスが効いています。

T-Pain の ボコーダーの効いた声とPlies のちょっと太めな声のラップが
より一層哀愁を漂わせています。

そこが人々に惹きつけられ、ヒットに繋がっているんじゃないでしょうか。

この記事をクリップ!

slowjam_bmusic_lov at 22:13コメント(0)トラックバック(0)South この記事をクリップ!

Things You Do feat. Nina Sky / DJ ENVY & Red Cafe

400.jpg












Things You Do feat. Nina Sky
NYで売れっ子DJである DJ ENVY の新アルバム『The Co-op』収録曲。
『The Co-op』は、ブルックリンのラッパー Red Cafe がメインにラップし、
そこに大物アーティストたちが各曲にフィーチャーしているアルバムです。

上の動画の曲は『The Co-op』収録曲で Nina Sky 参加の「Things You Do」。
金曜の夜に大人な雰囲気を味わいたいときに聴けます。
とくに Nina Sky が 漂わすセクシーなバイブスが印象的です。
もちろん Red Cafe のラップも注目所です。
Red Cafe のつなぎが セクシーなバイブスをより一層盛り上げています。

この記事をクリップ!

October 17, 2007

Thank You / Boyz II Men



最近 Boyz II Mem よく聴きます。
94年の「II」というアルバムの時がブーム全盛期でしたが、
「時の歌」のイメージがなく、R&B 好きなら
今聴いても共感できる曲ばかりです。

Boyz II Men の流れるような美しいボーカル/コーラスは
どちらかというと女性好みかもしれませんが、
男である私でも、彼らの深みのある声に魅力を感じます。
アカペラを聴けば、より一層 Boyz II Men の美しい歌声を
楽しめるでしょう。

アップテンポでニュージャック寄りの曲を歌うときも
メロウなバラードを歌うときもイイ声出してます。

また、
低い声から高い声まで音域の広い歌声、
ソフトな声からしぶとい声まで色んなパターンの歌声、
といった感じで、各メンバーの声にインパクトが感じられます。

この「Thank You」はアップテンポな曲だけど、
リズミカルで深みのある歌声を聴くと、自然と心が踊ります。
パーティチューンでどんちゃん騒ぎするのではなく、
大人っぽく軽く頭振りながら踊る感じでノレる曲です。
ちゃんとアップテンポな R&B の音楽を堪能できます。

上の動画はライブです。
Boyz II Men のリアルな歌声と
ちょっと迫力ある生の演奏が楽しめます。

この記事をクリップ!

September 23, 2007

Break My Heart / Common



Common の最新アルバム『Finding Forever』収録曲。

フィーチャーものだらけな『Finding Forever』の中でもレアなソロ作品。

ジャズシンガー George Duke「Someday」という曲が元ネタで、

コーラス部分に元ネタのサビが使われています。

そこがとくにキャッチーな部分です。

↓ ↓ ↓

Oo..we you break my heart, 
but I'll be there beside you 

音も Jazzy で聴きやすいです。

動画はアメリカ・サンタモニカのストリートライブの映像。

CD収録では 「Oo..we you break my heart......」の部分が

元ネタをそのまんま吹き込ませたものになってますが、

そのライブでは、生のコーラスなんで迫力があります。

この記事をクリップ!

Beautiful Girls / Sean Kingston



Sean Kingston (ショーン・キングストン)

ジャマイカ出身の17歳

弱冠17歳にして、名曲「Stand By Me 」使いで大ヒットさせちゃっています。

シブヤの巨大モニターでもPRされっぱなしです。

サビがキャッチーです♪

↓↓

You're way too beautiful girl
That's why it'll never work
You'll have me suicidal, suicidal
When you say it's over

この記事をクリップ!

September 08, 2007

LAな曲

Mama Mira / Mr. Criminal Feat Nate Dogg



Summertime Anthem / Mr Capone-e





↑の曲は2曲とも
LA地元ラジオ "Power FM 106" のベスト 30 入りの曲です。



この2曲は、LAエリアのローカルな曲です。



Mr CriminalとMr Capone-e というチカーノアーティストの曲で、
メキシカンアメリカンの多いLA付近じゃないとラジオで流れません。



おそらくアメリカ南部のラジオでは流れるけど、他の地域では確実に
流れないと思います。



LAエリアでしか流れない曲なんで、
曲を聴けば「LAに似合う曲」というイメージが
涌いてきます。



夏時のLAのビーチ周辺で聴きたくなる曲です。
とは言っても、夏は終わってしまいましたが ><



"Mama Mira" は昼の日差しがまぶしい時のビーチ周辺で、

"Summertime Anthem" は夕方から夜にかけて
ちょっと涼しくなった時のビーチ周辺で、

聴きたくなります。

この記事をクリップ!

I Got It From My Mama / Will I Am



9月19日発売のニューアルバム
『Songs About Girls』リードシングル。

最近どのアーティストのニューアルバムにも
プロデューサーとして参加しているWill I amですが、

同じ Black Eyed Peas でソロ活動している
Fergie よりも活躍しているのではないでしょうか。

そんな Will I Am の新曲は、
コーラスのギャルのエロ声にセクシーさがあり、
メロディもダンスにするにはノリ易い感じなんで、
クラブで男女の距離を近づけて踊ると
イイ感じなムードが作れそうです。

この記事をクリップ!

August 24, 2007

So Far To Go / Common feat. D'Angelo



「So Far To Go」

この曲は泣けます。
今は亡き Common の盟友 J-Dilla (Jay Dee) との最後の作品。
在りし日に、J-Dilla に捧げた曲です。

アルバム『Finding Forever』の収録され、
アルバムコンセプト「命には限りがあるけど音楽は永遠である」
が最も伝わってくる曲でもあります。

「So Far To Go」でCommon が念願としていた D'Angelo との
コラボも実現しています。

天国の J-Dilla にとって Common の念願の活躍ができたナンバーを
最後に残すことができて嬉しかったことでしょう。

最新アルバム『Finding Forever』収録曲
(J-Dilla のアルバム『The Shinning』にも収録)
既出の曲だったが、Common の強い要望で収録された。

この記事をクリップ!

slowjam_bmusic_lov at 11:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

August 19, 2007

Be OK / Chrisette Michele feat. Will I Am



Def Jamの巨頭 Jay-Z「Lost One」やNas「Can't Forget About You」の
フィーチャーで注目されたChrisette Michele (クリセット・ミッシェル) の
デビューアルバム『I AM』の収録曲。

「Be OK」は今飛躍中のプロデューサーWill I Am のプロデュースであり、
WIll I AM 本人も参加。

幼少期の教会でのゴスペルを経て思春期にジャズボーカルに専念した
Chrisette Michele の歌唱力はずば抜けています。

そんな心に響く歌声に、Will I Am のクリエイティビティに富んだメロディが
たまりません。

この記事をクリップ!

メルマガ
メローなメルマガ  〜Slow Jam & Black Music LOVERZ 〜




プロフィール
訪問者数

最新コメント
トラックバック
QRコード
QRコード
スポンサー



TOWER RECORD

Blog ランキング
ブログ王
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
年代別ブログ図鑑
人気ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
ranQ


↑どれか1コでもいいので
クリックお願いします♪
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)