2007年12月20日

冬の薬膳粥(ふぐと山椒の薬膳粥)

 ■冬に戴く薬膳粥(体の機能を活発にする薬膳粥)
冬(18年12月)

 ■材料
 白米2合、水2リットル、山椒(3g)、かなとふぐ(適量)、ゆず(適量)

 ■下準備
 ・かなとふぐは前晩に味噌・みりん・酒をよく練ったものの中に漬け込む。
  翌日、フライパンで焼き食べやすい大きさにカットしておく。

 ■作り方
 ‘蕕貿鯤董水を入れ強火にかける。沸騰したら中火にして30分炊く。
 火を止める5分前に山椒を入れる。
 4錣棒垢辰燭蕕なとふぐ・ゆずをのせる。



河豚(ふぐ)・・・気血が不足している人の補養にはピッタリの食品だと言われています。
東洋医学的効能としては、消化機能を高め、余分な水分を解消したり、皮膚疾患に有効と言われています。また、現代の研究では、神経を安定させたり、筋肉をリラックスさせたりします。河豚にはアルギニンやセレンを含んでいます。
アルギニンとは、成長ホルモンの合成に関与するアミノ酸です。セレンとは、抗酸化作用があることで知られているミネラルです。

山椒(さんしょう)・・・ミカン科カホクサンショウの果実
東洋医学的効能としては、胃腸系を温め、胸腹部の冷痛・消化不良・悪心・嘔吐・回虫症などの症状を改善します。

 

slowkitchen at 15:09│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 化粧水   2011年06月06日 18:41
よろしくお願いします
2. Posted by FX初心者   2011年06月09日 17:48
よろしくです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔