2007年12月20日

冬の薬膳粥(玄米と小豆とぶくりょうの薬膳粥)

 ■一年に感謝して戴く薬膳粥(体から余分なものを取り除く薬膳粥)
冬(18年12月)1

 ■材料
 玄米2合、水2リットル、小豆(米の10%)、茯苓(ぶくりょう)

 ■下準備
 ・小豆は前晩から水につけておく。(水煮缶を使っても良い)

 ■作り方
 ‘蕕妨縞董水・小豆・ぶくりょうを入れフタをして強火にして沸騰したら弱火で
30分炊く。



玄米・・・脳の働きを活発にして元気の源となる。
東洋医学的効能としては、胃腸を丈夫にして力を付けたり、消化吸収機能を回復したり、ストレスやのどの渇きを解消し、下痢も止めます。また、現代の研究では、脳の記憶を強化する作用や老人性痴呆症の防止作用があります。

小豆・・・東洋医学的効能としては、利尿作用が強く、むくみを解消したり、体の内外の毒素を消し、濃を排出します。現代の研究では、抗菌作用が確認されています。また、流行性オタフクカゼや急性腎炎に効果があります。

茯苓(ぶくりょう)・・・サルノコシカケ科マツホドの菌核
東洋医学的効能としては、消火器を補い、湿を除き水分代謝を促し、体内の水分バランスを調え、浮腫を治し、体調を整えてくれます。
・桂枝と組み合わせると精神安定作用を発揮します。
・生姜や人参を組み合わせると、胃腸を元気にして体力増強を図ってくれます。
 
 

slowkitchen at 15:42│Comments(4)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tommy   2008年07月28日 13:10
こんにちは。初めてお邪魔します。
お料理のレシピを検索していて辿り着きました!薬膳粥って外では食べたことはありますが、自分では作ったことがないです。材料や調理法が難しそうな気がしていたからです。でもレシピを見て自分でも作れそうな気がしました!とっても分かり易いレシピですし、効能も紹介されていて知識が広がる感じです!
私は今フードコーディネーターのスクール(チュ・ア・レゾン)でフードの勉強をしています。家では四苦八苦しながらいろいろな料理に挑戦しているところです。

レシピの情報を参考にさせていただきたいのでこれからもお邪魔させていただきますね。
2. Posted by t1adachi   2008年12月08日 13:07
5 こんにちは。
t1adachiといいます。
玄米と小豆とぶくりょうの薬膳粥、なかなか美味しそうですね。
私もレシピを書きますが、こんど参考にさせて頂きたく思います。
では、お邪魔しました。

3. Posted by てんてん   2009年07月22日 18:30
5 こんにちは。はじめまして〜
料理の検索をしていたら辿り着きました^^
薬膳粥とてもおいしそうですね♪
簡単そうなので自分も作ってみたいと思いますb
4. Posted by おいしそうです   2009年10月02日 11:28
こんにちは。はじめまして〜
薬膳粥とてもおいしそうですね♪
簡単そうなので自分も作ってみたいと思います〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔