誤登録は誤登録?

金融企業による信用情報機関への記載ミスは、個人の人生設計を狂わせます。 クレジットカードを増やすことは誤登録のリスクも増えると覚悟してください。 同じ被害者に成らない様に参考にしてください。

入金確認

2009年07月31日 2,500円(第1,2審を通じ、訴訟費用6分の1)
2009年06月25日 100,000円(慰謝料)

原判決変更06

179f238a.JPG
これは正本である。

平成21年5月18日
東京地方裁判所民事第13部
裁判所書記官○○○○

原判決変更05

6badfbc2.JPG
裁判官 ○○○○
裁判官 ○○○○

原判決変更04

21455903.JPG
(1)被控訴人は、CICに控訴人の信用情報を提供するに当たり、控訴人との間のクレジット契約に付随して、信義則上、正確を期し、誤った情報を提供する等して控訴人の信用を毀損しないように配慮すべき義務があり、この義務に違反すれば、債務不履行責任を負うと解するのが相当である。

(2)上記争いのない事実によれば、被控訴人は本件誤情報をCICに登録し、控訴人の信用を毀損し、控訴人に精神的苦痛を被らせた事実が認められ、本件誤情報の影響が疑われるものの、○○○○は、住宅ローンの審査に関する控訴人からの問い合わせに対し、一般的なローン審査基準を説明したに過ぎず、審査が通らなかった理由が本件誤情報の登録に基づくこと示す的確な証拠がないこと、被控訴人は控訴人から本件誤情報の訂正依頼を受けた後、即座に謝罪するとともに、本件誤情報の訂正の手続きをとったものと認められること、上記住宅ローンの審査以外に本件誤情報に基づき控訴人が経済的不利益を被ったものと疑うべき具体的事情は認められないことを総合して考慮すると、控訴人が受けた精神的苦痛に対する慰謝料としては10万円が相当である。

3 以上によれば、控訴人の債務不履行に基づく損害賠償請求は、10万円の支払いを求める程度で理由があるので認容し、その余は理由がないので棄却すべきであるから、原判決を変更することとし、主文のとおり判決する。

東京地方裁判所民事第13部

裁判長裁判官 ○○○○

原判決変更03

2da4144a.JPG
る。

(被控訴人の主張)
慰謝料の金額は争う。

第3 争点に対する判断

1前提事実
当事者間に争いがない事実に証拠(甲1から3まで、控訴人本人)及び弁論の全趣旨を総合すれば、次の事実が認められる。

(1)控訴人は、平成20年4月中旬ころ、○○○○に対し、ローンの審査が通らない理由を問い合わせたところ、○○○○は、一般的なローン審査基準として.レジットカードをたくさん持ちすぎていること、▲レジットカード利用で未払いや支払い遅滞を起こしたことがあること、申告してない借入金が発覚したこと、等の説明をしたが、控訴人の審査が通らない具体的な理由を説明しなかった。

(2)被控訴人は、控訴人に対し、平成20年4月21日付けの「お詫び状」と題する書面で、本件誤情報を登録した事実を認め、その謝罪を行った。

(3)控訴人は、被控訴人から平成20年4月22日付けの「敬意書」(甲2)で、本件誤情報が訂正された旨の通知を受けたもので、○○○○に対し住宅ローンの借入れの審査の再開を申し入れたものの、審査は再開されなかった。

(4)CICは、控訴人に対し、平成20年5月7日付けの「信用情報調査結果報告書」(甲3)で、本件誤情報について訂正がなされている旨の報告を行った。

(5)控訴人は、○○○○からの住宅ローンに代えて、○○○○から○○○○円を借り入れることにより、最終的には住宅を購入できたが、○○○○からの借入れの金利総額は○○○○円であり、○○○○の住宅ローンで予定されていた金利負担よりも過大なものではなかった。

2被控訴人の責任
記事検索
livedoor プロフィール

slowlove2008

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ