まぁぼのパズドラ研究所

無課金攻略から、各種モンスターの評価やランキング、ネタ記事までパズドラを超絶楽しく遊ぶためのブログです。 ぜひ暇つぶしにご利用ください!

カテゴリ: わるふざけ




 syokatu
「姉さん!!!!」





image
「まあ来ると思ってたわ。

  あと、姉さんって呼ばないで。」






syokatu
「やりました!!!ついに5倍です!!

以前から5倍じゃないと駄目だって言い続けてようやく5倍ですよ!!


これでボクももしかしたらフェス限定に復帰もワンチャンですかね!?」








image
「それは・・・どう、かしらね。

5倍っていっても回復タイプだし、HP満タンじゃないとだし、そもそもスキルが・・・・あ

あー、いや、うん、ありえるかもしれないわね。

期待せず待ってるといいんじゃない?」









syokatu
「そーですよね!

やっぱりそーですよね!


いや~一時はどうなる事かと思ったけどがまんして待っててよかったなあ~。

まだボクには究極進化も残ってるし、楽しみになってきました!」









image
「そうね、よかったね。


じゃあ用がないならそろそろかえ・・・・」














image
「姉さん!!!!」











image
「わ!びっくりした!


そのかっこちょっとキモい・・・」
















image
「姉さん聞いてくださいよ!!!」

     image
       「姉さんって呼ばないで。」


image
「僕究極進化してめっちゃ覚醒増えたじゃないですか?

水属性で貴重な2体同時攻撃3つもちじゃないですか?




なのに。



最近全然使われないんですよ!


なぜですか!?姉さん!!!


兄さんは究極進化でそんなに強化されてないのに使用率めっちゃたかいんですよ!


おかしくないですか?!これ、おかしいですよね!?」









image
「おかしくないわ。スキルが悪いのよ」










syokatu
「なるほど。

確かに今さらそんな50倍のゴミ火力はいらないしね!

水ドロップ強化できるって言ったって12ターンもかかっちゃったらねえ・・・・」










image
「なんだと!


お前だってWドロップ強化()のままじゃないか!

降臨と同レベルのくせに偉そうなこと言うな!」






syokatu
「おっとっと。

 降臨と違ってボクは回復もできるからね。

 先制攻撃なんかくらっちゃっても回復でHP満タンにできちゃうわけだよ。

 しかも5倍だよ?

ちょっとレベルが違うんじゃないかな~w」









image
「姉さん、こいつ調子乗ってますよ!調子乗ってますよ!

フェス限定でもレアでもないくせに調子乗ってますよ!」








image
「ケンカしないでよ!

アンタはまだアップデートで何かあるかもしれないんだから待ってなさい」











image
「そうはいいましても・・・・。



ちょっと、なんていうか、強くなるビジョンが見えないというか・・・・。
姉さんみたいにスキルが5ターンくらいまで短縮されてようやく活躍できるかもってレベルだと自分でも自覚しているんです。
ドロップ強化って単体で強いわけでもないし、結局何かのスキルと一緒に使うことになるんですけど、最近光秀みたいに変換と強化同時にやるような連中も出てきたし、ほんと居場所がないんですよ。
前みたいに暗い倉庫の中で埋もれるのは嫌なんですよ!
同じ色黒で銀髪でレアフェス限定じゃないですか!助けてくださいよ!姉さん!」









image
「そう、いわれ、ましても・・・・あと見た目で一緒にしないで。」





 







syokatu
「まずはその長ったらしいヒゲを剃るところから始めたらいいんじゃないかな?

あと回復タイプになったらいいと思うよ!」








image
「ヒゲをバカにしないでください」













image
「(増えてきたなあ・・・いやだなあ)」
 










image
「ヒゲがあってもいいじゃないですか。

なんでひげがあるからってこんな扱いされるんですか?」


CR-2XCbUYAAJBKZ




image
「バランスタイプ追加って!!

バランスタイプってえええええ!

何に使うんだよ!

しかもHP20%以下って、そんなのつけるならもうなくしたらいいじゃないか!」

※神タイプあるのでシヴァドラとは相性がいいキャラだと個人的には思っています







syokatu
「関羽・・・・。

君はもうフェス限定ではないのだから、むしろマシなほうだよ。

贅沢言わずに3.5倍リーダー+回復UPで満足してたらいいじゃないか。

バインドも効かないのだし」









image
「諸葛さんだってフェス限定じゃないじゃないですか!

なんで方や5倍、方や3.5倍()なんですか。

HP制限つけるならもう4倍以上ついてもいいじゃないですか!

これでどのくらいのパズドラユーザーが喜ぶんですか・・・・

もうHP3000程度の回復なんていらないからターン短縮してほしいんですけど・・・。
それかバインド回復。

ついでに微妙に二つある自動回復も増やすかなくすかしてほしいんですけど・・・。」










image
「そうだよ!

なんか姉さんとかそこの回復5倍()とかが注目されてるけど、こちらのヒゲさんのような悲しい例もあるわけじゃないか。

騙されちゃダメだ!

ちゃんとみんなに生きる道があるべきだよ!


NO MORE倉庫番! NO MORE産廃!」











image
「あなたたちなんてまだましです!」




image
「ソウダ、立チ去リナサイ」










syokatu
「おおっと、なんだかしらないけど美女の登場だね!

ボクの出番だよ!

君たちはどうしたの?

そうか、わかったぞ!回復タイプをつけてほしい!?

そしてボクといっしょにPTを組みたい!?そうだね!!?」









image
「違います!

私たちは、究極進化もしてもらえないまま上位互換っぽいキャラがでちゃった姉妹です!」



image
「・・・ソウダ、立チ去リナサイ」



 










image
「詳しく聞かせてもらえますかな」





















image
「私たちと同じシリーズの赤い奴だけはなーんかみんなに気に入られてさっさと究極進化したんですけどね!

結局私たちは究極進化が来ないわけだけどいったいどうなってるんですか!

属性差別ですよ!

結局悪魔優遇!闇優遇!火優遇なんですよ!

っていうか、青ソニアなんてレアなんですよ!?

お姉さまと同じくフェス限定のレア枠なんですよ!

なのにあの赤い奴ばっかり赤い奴ばっかり・・・・。

そんなこんなでいつか究極が来るだろうと待ってたら、水着キャラとか・・・ハロウィンの仮装とか・・・

そんなのばっかりで私たちには究極進化が来ないんですよ!

実装されてもうどんだけたったかわかりません!」







image
「しかも水着キャラの方が性能良かったりするからねw」






 



image
「そう!それですよ!

しかも水着とか着ちゃっててもう最悪ですよ。

あれ私じゃないですから。

偽物ですから!


私はここにいます!こっちが本物です!

誰か気付いて!使って!究極させて!!!」




image
「もう疲れたんで普通にしゃべるけど、ほんまそれ。

ていうか、なんでうちカタカナでしゃべってんのよ、どういうキャラよ。

ロボットなの?外国人なの?よくわからないんですけど?」









image
「なるほど。

たしかにそのとおりですな。

ということは我々もまだ究極進化を残しているわけですし、究極進化もせずに強化したと考えたら・・・実は今回の大幅パワーアップはお得ということにはなりませんか?」





image
「まあかんがえようによってはそんな気もするけど・・・。

でも本当に来るのかなあ究極進化・・・。

究極進化の大渋滞してますよね。」






image
「天使シリーズの覚醒強化型とか、諸葛&関羽さんもやし、新天使ももう空気やし、おっぱいと女子高生の究極もだいぶひっぱってるなあ」










image
「あの、盛り上がってるところ悪いのだけど、今回は大幅アップデートだし、究極進化はまた別じゃないかしら」









image
「そうですよね!

おい!お前ら夢見てんじゃねー!

究極進化が来てから出直してこい!

僕なんて究極進化し終わってるからもう覚醒にしか望みがないんだぞ!

そういう人の気持ちも考えろよ!

さあさあ、色黒でフェス限定じゃない奴は帰れ!」









image
「私色黒ですし銀髪なので仲間ですけどねw」











syokatu
「究極進化か・・・・いつくるんだろう泣」



 つづく。

 

悪ふざけな記事なので苦手な方はスルーしてください。









yamimeta2
「・・・・・・・・・・・」








 


hikarisyokatu
「・・・・・・・・はぁ・・・・・・」











yamimeta2
「・・・・・・・・・・・・・・」













hikarisyokatu
「はぁ・・・・・あ、姉さん。


おはようございます。」















yamimeta2
「え、ああ、おはよ(別に呼んでないけど)。」


hikarisyokatu
「・・・・・・・」





yamimeta2
「・・・・・・・ねえ」






hikarisyokatu
「・・・・・・あ、はい!なんでしょうか!」






yamimeta2
「なんか、あったの?」








hikarisyokatu
「え?・・・いえ、なにもありませんが」






yamimeta2
「そ、ならいいんだけど」








hikarisyokatu
「・・・・・・・・・やっぱりきいてもらえます?」








yamimeta2
「・・・どうせ勝手にしゃべるんでしょ」










hikarisyokatu
「その・・・・・

実は。。。。

ボク。。。。。





フェス限定を外されちゃったんです。。。。。」











yamimeta2
「え?なにそれ(笑)」









hikarisyokatu
「今回のゴッドフェスからボクたち諸葛兄弟とヒゲ兄弟はフェス限定ではなくなっちゃったんですよ」












yamimeta2
「(wwwwwwwwwwwwwwwwww)」










hikarisyokatu
「あんまりだと思いませんか!?

これって、要は他のフェス限定より格下ってことですよね!?
フェス限定とかいって追加されて、実際はスキルもリーダースキルもそこらの通常モンスター以下だった関羽はまだしも、ボクなんてコラボ金クラスのリーダースキルなんですよ??
4.5倍ですよ4.5倍!!
それが、木属性の弟の方は一時輝いたり、今でもサブでたまに活躍してるってのに、ボクは・・・・」





yamimeta2
「でもあんた、スキル降臨レベルじゃん」






hikarisyokatu
「それは姉さんだって究極前はそうだったじゃないですか!
ボクだって究極進化して姉さんみたいにスーパーサブ、、、、いや!スーパーリーダーになれるって夢見てたんですよ!
それが・・・!!
フェス限定じゃなくなっちゃったらもういつになるかわからないじゃないですか!!
フェス限定は究極で生まれ変わるっていうのがこれまでだったからすごい期待するじゃないですか!
それが・・・・・」






yamimeta2
「あー、そうね。イザナミさんみたいになるんじゃない?」





hikarisyokatu
「い、いやだ!!!!
せめてクリシュナ、サラスヴァティくらいがいいです!!
てか、ボクのばあいスキル変えないとどうしようもないんですよ。
リーダースキルだって何回修正したって使用率が上がらないんだから、結局修正は失敗なんですよ。
どうして運営はそれを理解しないんですか!!
新しいリーダースキルのキャラ出す暇があったらボクをリニューアルすればいいじゃないですか!!」





yamimeta2
「それはあるかもねー。
私もスキルかわってからサブとしてよく呼ばれるようになったから。
あんた、覚醒は悪くないからほんとスキルが強くなればいくらでも就職先はありそうよね」









hikarisyokatu
「そ、そうですよ。
それにボクはレア度もたかいし、なによりかっこいいんだし、ほかのやつらは外していいけどボクはやはりフェス限であるべきだと思うんですよ!
だって究極でスキル変更ワンチャンじゃないすか!」








yamimeta2
「そうね、残念ね」









hikarisyokatu
「今こそゴネる時じゃないか!!

なにやってんだツイッターの連中は!

ボクがフェス限から外されたんだぞ!?

サクヤちゃんの顔がどうとかくだらないことで炎上してないでもっと騒げよ!!

このままじゃいつまでたってもダブルドロップ強化のままだよ!!
タケミナカタと同レベルだよ!

よーしこうなったら山本のツイッターに突撃だ!

ボクがフェス限にもどるように要求しようじゃないか!!

は?

邪魔?

なにいってんだよ!
究極進化したら絶対強くなるって!
使用率も低いんだから間違いないよ!よし、いきましょ!
こうなったらいきましょ!
さあ!姉さん!!!」








yamimeta2
「いやよ。あんたひとりでいきなさい」








hikarisyokatu
「なにいってんですか!

このままでいいんですか?
ボクが一般人になってしまったら・・・・ボクが一般人になってしまったら・・・

彼女ができた時にニコ生のリスナー相手に

「彼女はどんな方ですか?」

「一般の方ですよwww」

って答えられないじゃないですか!
そんなのいやだああああ!!!!
うわあああああ」










image
「おちつけよ」









hikarisyokatu
「!?だれだあんた!勝手に入ってくるなんて!」





yamimeta2
「それはあんたもでしょ。
って・・・やだかっこいい・・・。

でもその半裸の赤い服、どっかでみたことあるような・・・?」








image
「ご無沙汰してます姉さん。
この度めでたく究極進化しました。
その節は弟たち共々お世話になりました。」










yamimeta2
「・・・誰?」






image
「いやだなあ姉さん!
ボクの顔を忘れちゃったんですかw」






yamimeta2
「いや、あんたも誰よ」










image
「僕ですよ!
グングニールです!
オーディン三兄弟ですよ!」









image
「弟が気持ち悪いロン毛野郎になっちまいまして。
自分はバッサリいったんです。
だいぶ遅くなりましたが属性強化が4つというパズドラ唯一の能力も手に入れ、フェス限定としての面木も立ちましたわ。
これも姉さんのおけげです」







image
「誰が気持ち悪いロン毛だよ兄さんいやだなあw」









yamimeta2
「あんたたちさすがに変わりすぎでしょ!!
しかもなんだかキャラまで変わってるし・・・」










image
「ご無沙汰してます。
思えば2年前、初めてこの部屋にお邪魔した時から、ボクもここまで進化しました。
ほんとうに姉さんには感謝してます」












yamimeta2
「あたしはなにもしてないし・・・
でも、さすがにここまで変わっちゃうなんて、想像もしてなかったわ」















hikarisyokatu
「ちょっとまてよ!

君たちは自分たちだけ究極進化しやがって!!!
見た目が残念だったのにそんなのずるいだろ!
さらに豪華な覚醒もらっていい気になってんじゃないよ!
次はボクのはずだったんだ!
次は究極進化の発表で表に出るはずだったんだよ!

なんだよあのちっちゃい字は。
まるで詐欺の契約書の注意書きみたいな扱いでフェス限定を外されるなんて!
君たちなんてスキルはグングニルのままじゃないか。
どうせニッチな仕事しか回ってこないに決まってる!」






image
「俺はアンケート1位だけどな。使用率もトップクラスだけどな」

image
「大人げないよ兄さんwボクは水属性屈指の高火力キャラだからあまり気にならないよw」






hikarisyokatu


うわああああああああああああああああああああああああああ









image
「こんなところにいたんですか。

さあ、帰りましょう」





hikarisyokatu
「関羽!また君か!

いっしょにするなといつも言ってるだろう!
いかないぞ、ボクは絶対にキミとはいかない!
いっしょになってたまるか!!

なんだよこの間の産廃パーティーって!

男だらけの上あんな葬式みたいなパーティーは初めてだったよ!」




image
「まあまあ、今日は弟の張飛が店の予約を取ったって言っていましたよ。
劉備兄さんは最近仕事が忙しくてこられなくなったそうですけど。

さあ行きましょう。」




hikarisyokatu
「やめろ!

はなせ!

ボクはまだ輝ける!
輝けるはずなんだ!!!


山本!山本さん!!!
頼むよ!
はやく究極進化させてくれよ!


うわぁぁぁっぁ・・・・・・・」














yamimeta2
「今回ばかりはすこし可哀想かな・・・・」








つづくかどうかはわかりません。






 




meta
「嫌な予感がするわ。とても。」























horusu
「あ、すみません」






meta
「・・・・はい (鳥!?)」








horusu
「ここでモンスターの相談を受け付けているって聞いたのできました」










meta
「あ、そうなの。

でもね、実はここはそういう場所じゃ・・・・」







syokatu3
「おおっと!
姉さんに直接相談しようなんて10年早いよ!

まずはボクを通してもらおうか!

そうか、わかったぞ!
その鳥の姿が気に入らないんだね?人型になりたい!そうだろう?」








horusu
「あ、い違います。
私もまさか自分がこのようなところに来るなんて1年前は夢にも思っておりませんでした。

パズドラの顔とまで呼ばれ、パズチャレのリーダーもやったし、リセマラランキングで1位だった事もあったんです









syokatu4
「なるほどなるほど。
そんなスゴかったわけね。
でもボクも同じ4倍だからあまり自慢とかやめてね」









horusu
「あ、いいぇ私が自慢なんてそんなつもりはございません。
そんな順風満帆だった私なんですが、ある時ライバルが登場したんです」







sakuya
「私の事かしら」








horusu
「あ!サクヤ!キミも来たのか!」










syokatu3
「おおっとこれは美女の登場だ!しかも、光属性!?
いいね、ボクが何でも相談に乗るよ!この4.5倍リーダーのボクにまかせなよ!!!」











sakuya
「ホルスさんお久しぶり。
そんな焼き鳥にされそうな顔していつもの妄想最強攻略はどうしたのかしら?」




horusu
「今となっては君のその毒舌も心地よいくらいだよ」




sakuya
「・・・・そうねw
じゃあ、続きはわたしが。
わたしは5倍リーダーとして、四神の中心として登場したの。
ホルスさんよりも高いリーダースキルでブイブイいわせて
一時期は最強リーダー候補の筆頭までのぼりつめたわ」








meta
「(なんか勝手に話が進んでいく・・・・)」









sakuya
「スキルはいまいちだったホルスさんと比べてギガグラがモテ屋はされていた当時は使えるスキルだったし、見た目もほら、まあまあでしょ?
だからすごい人気だったのよね。
ま、5倍リーダーだしね。
使いやすさはそこまで高いわけではないんだけれど。
究極進化アンケートやゴッドフェスアンケートで1位になったり上位に入るのが当たり前だったくらいなの。

ま、5倍リーダーだしね。
それまで王座に君臨していたホルス君とはよく争ったわw
5倍リーダーだから私の方が上に決まってたんだけど」


























ra
「お?そろってるな?」









horusu
「あ、ラーさん!お疲れ様です!」



ra
「おう!サクヤも久しぶりだな!」



sakuya
「・・・・お久しぶり。
よろいがしゃべったのかと思ってびっくりしたわ」





ra
「続きは俺が。
俺はエジプト神の中心として6倍リーダーとして狙って出せる最高倍率として登場したんだ。
狙って出せる最高倍率ってことで他のすべてのモンスターはなんていうかまあパズルがへたくそなやつが使うゴミって感じでね。
ホルスもサクヤも俺がきたらさっさと道をあけてたもんだよ」






syokatu4
「ふーん。
それはそれは。じゃあそんなすごい人が何しに来たの?
用がないならさっさと帰りなよ。
サクヤちゃんの話がまだ途中なんだけど」







meta
「(おまえも帰れ)」











ra
「あ、いやそれでも俺は上級者向けだったから発動も難しいし、住み分けはできてたんだよ。
直接俺たちがぶつかり合う事っていうのは少なかったよ。
でもあいつが現れたんだよ・・・・」










hatohoru
「まいどー!ってあれえ??先客がぎょーさんいてるなぁ!!」










ra
「ハトホル!!
キミまで来てしまったのか・・・。
同じ多色リーダーでありながらHPや回復を大幅に上昇させ、ホルスもサクヤも過去のもにしてしまったキミが・・・」







syokatu3
「え?なんだよ超可愛い子きたじゃん。
ねえ、ちゃんとボクに紹介してよ。
え?4.5倍リーダー?気が合うね!ボクも4.5倍リーダーなんだよね!
大丈夫この手はそんなつもりじゃないから、さわろうとかしてないから大丈夫だから!あ、でも、キミが望むならちょっとさわらせてみて?」








hatohoru
「ま~ウチは攻撃だけやのうてHPや回復があがるし~倍率は中途半端やけど自分らとはまあ別もんやな。
ウチが実装された時はそらすごかったで。
引退するーとか、ゲームバランスがーとか、さんざん言われたもんやで。」




ra
「そうそうw今ほどじゃないけど結局新しいキャラでて既存キャラより強かったらそういう感じの流れになるよなw」






syokatu4
「へー。あっそ。で、なにしにきたわけ?みんななんか強いじゃん。
何の相談なわけ?
むしろボクが相談したいよ。
いつになったらもっと使われるようになるんだって。究極させろよ。ねえ。」


























pandora
「こんにちわー、相談したい事があるんですけど・・・」












horusu

「あ・・・・・・」



sakuya
「・・・・・・」










syokatu4
「おや?キミはなんだか暗いね。あまり好みじゃないんだけど何か用かな?」








pandora
「あ、すみません、私なんかがきてすみません、すぐ消えます」




syokatu4
「別にそこまでいってないけど、何しに来たの?」






pandora
「あ、はい、私はその、せっかく究極して強くなったのにその話題をある人に持って行かれまして・・・・orz」












horusu
「・・・・チッ」


sakuya
「何それ自慢?」








pandora
「すみませんすみません!
しかもなんか究極進化アンケートでは究極が決まってるのに1位に選ばれちゃって、なんだか皆さんに迷惑かけちゃって、ほんと死にたいです・・・orz」










hatohoru
「(ほんまどついたろかな)」














pandora
「なんでか私なんかが最近まで、いろんなところでリセマラランキングとか強リーダーランキングで1位とか上位になっちゃってて、回復を含んだ変換なんて強いわけないですよね、普通使えませんよね・・・orz」




















horusu
「(マジでぶっとばすぞ。ドロップ強化バカにしてんのか?)」

















pandora
「でもなんだかんだでリーダーとして実力1位だった私なんですが、とうとう抜かれちゃったんです。

あの方に。

あ、また呼び出しかかっちゃった・・・・。
どうしよう、私もうリーダーになれないよ・・・
最強リーダーになったあのお方のスーパーサブなんかに選ばれちゃってほんとどうしよう・・・・・
整形したい・・・・orz」












kyokugei
「おい!はやくしろよ!」














ra
「(で、でた!)」











pandora
「あ!曲芸士様!すみませんすみませんすぐ行きますので私を使ってください!」







kyokugei
「おう!はやくしろよ!別にお前じゃなくてもいーんだぜ?眠り姫でもなんでも変わりは幾らでもいるんだからよ?」









syokatu3
「ちょーーーっとまちなよ!
ずいぶんと乱暴なものの言い方をするチビだね!
ボクは4.5倍リーダーの諸葛亮だぞ!」














kyokugei
「は?」












sakuya
「そ、そうよ、あんまり調子のらないでょ。。。。ね」





hatohoru
「・・・せ、せやで~・・・HPも回復も上がらんくせに、い、いちびってんちゃうぞー・・・・」















kyokugei2
「は?お前ら誰に口きいてんの?wwwww
4.5倍??wwwwww
でお前は?5倍?w

わらわせんじゃねえwwwww
俺様は7倍だよ7倍!!!次元が2つ以上違うんだよwwwww」








horusu
「ど、どうせぶっ壊れすぎてて下方修正されるにきまってる!」








kyokugei2
「バーカwwww
すでに運営公式で下方修正なしが発表されてんだよwwww
そこの乳がでかいだけの女の時の騒ぎとはレベルがちげーんだよwwww
公式発表だぞ公式発表wwww大本営が動いちゃったわけwwww俺様のためにwwwwyahooニュースにまでのった俺様のすごさなめてんの?wwwwww」









ホルス「ピヨピヨピヨ・・・・・・」





sakuya
「な、なによ!運営だって安定的に使っていくのが難しいっていってんじゃないの!ど、どうせ使いにくいんじゃないの!?」











kyokugei2
「バカかお前wwww
パズドラやったことないにわかかよwwwww
回復ドロップ二個も消せないような奴がこの世に居んのかよwwwそんなやつはパズドラ辞めちまえwwwwしかもな、んなもんコイツがいりゃあどうとでもなるんだよ(グイ)」



pandora
「あああん♡」






kyokugei2
「バインドも防げねー不安定5倍風情は顔の大きさだけ修正してもらってりゃいいんだよwwwwwばーかwwww」





サクヤ「ピクピク・・・・・」










ra
「お、お、お、俺は!!!究極進化でお前と同じ7倍を発動できる!
別に7倍だせるのはお前だけじゃないぜ!!」








kyokugei2
「やれやれ、おまえのスキル何?












ra
「・・・・・・・・・え?

それが今なんの関係が・・・」










kyokugei2
「いいからいってみろよ。あ?俺か?俺様は4色陣!回復も作れる上に光と回復も含む汎用性抜群なわけだがwwwwww」











ra
「ソ、ソーラーレーザーだけど、それが何か関係あるんですか!?」










kyokugei2
「ソーwwwラーwwwwwレーwwwwwwザーwwww7777ダメージってお前スロットかよwwwww
素材の仮面ごときと同じスキルじゃねーかwwwwwwwリーダーで使うのに二つも固定ダメージはいらねーんだよwwww俺様なんかはそもそも固定ダメージも不要でぶち抜けるけどなwwwwww」






ラー「・・・・プシュー」










hatohoru
「あ、あんたなんかなあ!HPあがらへんやんか!そんなんやったら殴り合いもできひんやないの。
大ダメージにやられて、お、終しまいやで!」










kyokugei2
「なにいってやがんだこのおっぱいは。
イザナミのババアしらねーのか。あいつも俺のオンナなんだよwwwwHPふえなくってもないくらでも耐える方法はあるんだよwwwwそもそも殴り合いってwwwwwワンパンで倒す俺様がお前らみてえに殴り合いなんかするわけねーだろwwwwwww」








ハトホル「・・・ブルンブルン」









syokatu3
「えっと・・・・・参りました」






kyokugei2
「ほんと雑魚だなお前」













meta
「・・・・・・・・・」










kyokugei
「・・・・・・・ち、おまえはたまに世話になる可能性があるしな。

今日のところはこのくらいで引き上げるとするぜ。おい!メス!さっさと用意しろ!チャレダン10をワンパンで2分周回しに行くぞ!じゃあな雑魚どもーがはははははwwwwwwwww次から相談は俺様が受け付けてやってもいいぞ?ぜんぶ曲芸士でよくね?ってなるけどなーwwww」



pandora
「ああん♡」







つづく・・・・・か?これ。


あと、スクエニの方に暴言はいてたやつはちゃんと謝りに行けよ!
パズドラは山本中心のパズドラ運営がやってんだから、スクエニの人叩くのはおかしいだろ。





最後に、曲芸士がどうなろうとパズドラは大丈夫にきまってますw

面白さも変わらないから無理に引く必要もないよ。
引いたら引いたでその高い火力で楽しく遊べるし、人より少し有利にはなるけど全部曲芸士といっても工夫が必要になるからそこで十分楽しめるはずだから。
引けなかったら引けなかったで攻略できないとかいうことはない。引けなかったとしてもパズドラは絶対に楽しいです。



1900
「ばーかwwwwwwwwwwwwww」





↓↓神タイプなど続々追加中!!
★ モンスターの評価やリセマラランキングなどの別館はこちらへ 
リクエスト受け付けてます★

★無課金攻略シリーズまとめはこちらへ

★まぁぼのモンスト研究所もあるよ!

★まぁぼのモンスト降臨モンスターランキング★

モンストはレアガチャなんて要らない!?




前回の姉さんはこちら



 hikarisyokatu
「やあ。ボクはパズドラ界イケメンナンバーワンの諸葛亮孔明だよ」

「回復タイプの攻撃力4倍、水属性のHPまで上がるスーパーリーダーだ」
 
top
「ちなみにこれは公式でも使われている画像だよ。ボクはこの時の目玉だったということだね!」

「今日はボクのように輝けていないほかのモンスターたちの悩みを聞いていくよ」

「一人目の相談者はこちらだよ」







CASE1
buritora
「こんにちわ。第一弾インド神の闇枠、ヴリトラです。ここでモンスターの相談を受け付てるって聞いたのですが。」





hikarisyokatu
「やあ、こんにちわ。今日もシケたツラだね。元気にしていたかい?」





buritora
「あ、はい、おかげさまで。相談いいですか?」





hikarisyokatu
「ああ、みなまで言わなくてもわかる、わかるよ」

「君ももっとイケメンな外見になりたいんだろう?」




buritora
「あ、いえ、究極して覚醒がかなり強くなったのに全然使ってもらっていないなーっておもって・・・」




hikarisyokatu
「なるほどね~。やっぱりそんな見た目じゃみんなに使ってもらえないっていうことかな?せめて人型だったらちがったかもしれないのにねえ。」




buritora
「私、こんなにいい感じに覚醒もついているんですよちょっと見てください」
buritorasute
「属性強化二つにスキルブーストって強くないですか?」





hikarisyokatu
「属性強化?ああ、わかるわかる。強いよね。じゃあなんで使ってもらってないの?」





buritora
「多分、タイプが問題じゃないかと・・・。私を入れるためにはドラゴンか神、もしくは闇でPTを組むんですが、ゼローグさんは回復が低いし、パンドラさんは変換じゃないといらないって言うし・・・。スキルも最近は変換やエンハンスばかりで使いにくいんですよね。それに、最近、仲良くしてくれてた天ルシさんが骨の魚とこそこそしてるんすよね。神話上、私は神っていうより悪魔っぽいんでそろそろ悪魔タイプついていいんじゃないなーとか思ってたりするんですよ」





hikarisyokatu
「タイプかあ!君も回復タイプなら輝けたかもしれないということかな?」





buritora
「あはは。いっそ回復タイプ貰えたら嬉しいですねw」




hikarisyokatu
「そうだろ?あははは!!じゃあ次の方」


buritora
「え?もう終わり?」














CASE2
kagututi
「こんちわーっす。カグツチです。よろしくっす」





hikarisyokatu
「やあ!よく来たね!カグツチくんだっけ?君、顔小さいねー?」




kagututi
「よく言われるっすwあと蛇なのかドラゴンなのかわからないとかも言われるっすw」




hikarisyokatu
「あははwそんなことはどうでもいいと思うよ!」






kagututi
「最近、大幅な修正とかあったじゃないすか?自分結構期待してたんすよ。もしかしたら輝くんじゃないかって」





hikarisyokatu
「ああ、あったねえ!ボクはもともと輝いていたけどさらに輝くようになってしまったあの大修正だね!」





kagututi
「そうっす。で、いい覚醒もらって、一度でいいからPTに組み込んでもらいたいな―って思ってたんすよ。でこちらが覚醒したやつなんでみてやってください」
kagututisute
「こんな感じだったんすけど、攻撃UPの代わりに二体攻撃がもらえたんすよね」




hikarisyokatu
「へえ!なかなかマシなステータスだね!もっとゴミみたいなやつだと思ってたよ!」





kagututi
「そうなんすよw自分ステータスには結構自信があるんすwwwドラゴンにしては回復も高いしwww」






hikarisyokatu
「いやいや、別に自慢するほどではないからさ。ボクの回復力知らないの?」





kagututi
「で、二体攻撃が二つになったから、アテナさんみたいに輝けるかもって思ったんすけど、違ったんすよ。スキルのターンもかなり短くなったんすけど、違うんすよ・・・。もうスキルそのものがダメだったんすよ・・・」





hikarisyokatu
「あーわかる、わかるなあ!キミもさあ、やっぱり人型にしてもらった方がいいんじゃないかな?その方が人気出るよ!」






kagututi
「そうなんすかね?防御ダウンってパズドラではほとんど使えないし、そもそもターンが長すぎて防御高い敵までにスキルたまらないし、かといってボスの防御上げたら固定ダメージで終わるし、なんていうかもう打つ手なしっすよね?」





hikarisyokatu
「防御がなんだって?まああれだよ!火なんだからシヴァ君と組んでみたらいいんじゃないかな」





kagututi
「え、でもシヴァさんも防御ダウンもってるしあっちの方が強いし、そもそも・・・」





hikarisyokatu
「あーそうだったそうだった!じゃああれだ。覚醒したら強くなるよ!じゃあ次の方」






kagututi
「え、でも・・・え?」











CASE3
hadesu
「・・・どうも」






hikarisyokatu
「うわ!キモいね君は!」






hadesu
「ハーデスDEATH。なんっちゃって・・・」





hikarisyokatu
「なんかさっきからごついのとかキモいのばっかりだなー。可愛い女の子はいないの?ラクシュミーさんがくるって聞いたんだけど。え?キャンセルになった?なんでよ?」





hadesu
「あ、相談いいでしょうか?」 






hikarisyokatu
「あー、はいはい。相談ね。でもその顔じゃもう絶望的じゃない?いっぺん死んでやり直したほうがいいと思うけど」





hadesu
「あ、いや私冥界の王ですので死ねません」





hikarisyokatu
「え?そうなの?じゃあ打つ手なしだねえ・・・。次の方ー」






hadesu
「え?まだ相談してな・・・」









CASE4
 ookuninusi
「ウス。俺大国主命。和神でまだ究極来てねーのは俺だけ」





hikarisyokatu
「(また男か)」






ookuninusi
「別に、今のままでもやってけるっちゃやってけるんだけど、他の奴らは究極してんのに俺だけまだってのはなんか納得いかねえっつうか」






hikarisyokatu
「その髭が良くないんだと思うよ?今時ないよ、その髭は」





ookuninusi
「そうか?でもこれはポリシーっつうか、そりたくねえっつうか」





hikarisyokatu
「そうなのかい。じゃあいっそサングラスでもかけてみたらいいんじゃないかな?きっと似合うと思うな!」





ookuninusi
「こんな感じか?」





hikarisyokatu
「(思いのほか)いいじゃないか!キミ!結構イケてるよ!それで行きなよ!」








ookuninusi
「そ、そうか?じゃあこんな感じで行こうかな。助かったぜ!サンキューっつうか!」





hikarisyokatu
「はは!ボクに任せておけば大丈夫だよ!さあ、次の方!」











CASE FINAL
hikarisyokatu
「いやー、お悩み相談もやってみると簡単じゃないか。これならボクにもできるんじゃないか?」










yamimeta
「・・・・・・・。」







syokatu3
「おおっと!これはものすごい美女の登場だよ!ボクは美女の悩みには強いんだ。君はどうしたのかな?」

「あ、まって言わないで、当てて見せるから・・・キミの悩みは・・・・分かったぞ!色白になりたい!そうだろう?」









yamimeta
「・・・・・。」








syokatu3
「あれ?違ったかな?あ、わかった!回復タイプになりたい!そうだね?ボクと一緒にPTを組みたいってことだね?」






yamimeta
「・・・・ここ、あたしの部屋なんだけど、あんた誰?」







hikarisyokatu
「え?君があの?あ、いや、これは失礼しました。ボク、いや私は諸葛亮。あなたと同じ攻撃力4倍がだせるスーパーリーダーです。よろしく!」








yamimeta
「・・・・・。あんたさ、確か攻撃力4倍ってHP満タン時限定よね?しかも回復タイプなのに。」








hikarisyokatu
「^^」









yamimeta
「どうでもいいけど、あたしの部屋で変な事やるのやめてよね」










syokatu3
「ボ、ボクはまけないぞ!いつか、いつか弟をぎゃふんといわせてやるからな!諸葛亮=木ってのやめろよ!」







yamimeta
「急に何怒ってんの?知らないわよ。いいから出てってよ。アンタのせいでまた変な噂がたっちゃうじゃない」







syokatu3
「ボクだってフェス限なんだ!★6なんだぞ!!!なんでそっちの姉妹はそろって当たりなのにこっちは弟だけ当たりみたいになってんだよ!ボクの方がレアなんだぞ!!」








yamimeta
「え、いやだからあたしに言われても・・・・」







syokatu3
「自分だけゴネられてすごいパワーアップしちゃって!不公平だとは思わないのかい!?








yamimeta
「だからあたしに言われても・・・」










syokatu3
「バカにされてるけどボクだって4倍なんだぞ!属性おかしいけどHPだって上がるようになったし、二体攻撃だって持ってるし、何がいけないっていうんだ!スキルだってアテナとたいして変わんないじゃないか!」








yamimeta
「(あーめんどくさいタイプだ・・・)」









syokatu3
「今回の修正とか!なんだよ!なんで水属性のHPあがっちゃってんの?てか、回復タイプに変換少なすぎるんだよ!回復タイプが回復ドロップつくってどうするんだよ!回復だらけだよ!」






yamimeta
「まあ、まだ究極もあるんだからそんなあせんなくていいんじゃないの?フェス限だって最近は究極来てるじゃない」








syokatu3
「姉さんはもともと人気だったからそんな余裕でいられるんだ!ボクなんか金の卵から出た瞬間嫌な顔されるんだよ?その屈辱がわかるのかい!?」












yamimeta
「(姉さんって呼ばないで・・・)」










syokatu3
「どうしてこうなったんだ・・・4倍だし、二体攻撃あるし、強いじゃないか強いはずだよボクは。どうしてこんなことになってるんだ?もっとボクのテンプレPTを研究したりしろよ!「諸葛亮使えますよ」じゃないよ!ちゃんと使ってよ!」

「もう、いっそのこと4.5倍とかでいいじゃないか。いや!5倍!HP満タン5倍!それで解決しようじゃないか。ね?姉さんもそう思うでしょ?」








yamimeta
「あ、うん。いいんじゃないの?(バカなのかしら)」









syokatu3
「よーし!次の究極アンケートはボクが選ばれるはずだ。そしてボクもスキルブーストとかつけてもらったり、あ、そうだ二体攻撃もういっこついてもいいなあ」







yamimeta
「でも、あんたレアだから持ってる人少ないし無理じゃない?(あ・・・)」










syokatu3
「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」








yamimeta
「(しばらくそっとしておこうかしら・・・)」









kanu
「あの」







yamimeta
「!!!あんたまだいたの?髭すっごい伸びてるじゃない」





kanu
「おかげさまで最近は少しずつ使われるようになりました」






syokatu3
「あ!関羽!キミは抜け駆けしてこんなところで相談していたのかい!?」





kanu
「まあまあ、過ぎた話ですよ。さ、帰りましょう。劉備兄さんが産廃パーティーをひらくって言ってましたから」





syokatu3
「ボクはいかないぞ!なんだよその産廃PTって!乾杯のかわりに産廃とかいうんだろ!」






kanu
「さあ、行きましょう行きましょう。今日は弟の張飛もきますから、きっと楽しいですよ。心が救われるはずですよ」






syokatu3
「は、放せ!い、いやだああああ!うわああああ!ボクは産廃じゃない!産廃じゃないぞおおおおおお!ぅゎぁぁぁぁ・・・・」



















yamimeta
「やっと静かになったわ・・・そろそろ引っ越ししようかしら・・・」







 つづく?


※過去の姉さん1はこちら
※過去の姉さん2はこちら
※ 前回の姉さんはこちら

↓↓神タイプなど続々追加中!!
★ モンスターの評価やリセマラランキングなどの別館はこちらへ 
リクエスト受け付けてます★

★無課金攻略シリーズまとめはこちらへ

★まぁぼのモンスト研究所もあるよ!


ブログのランキングも頑張ってみることにしました
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村


パズル&ドラゴンズ ブログランキングへ 

 

varu

varu
私ですよ。
私ですって。
私の事忘れてませんか?

てか私の事知ってる?
パズドラの顔だったんですけど?










〇結界系スキル強化。


シャイターン
怒りと炎の精霊・シャイターン
炎戒の大精霊・シャイターン
メラリ! あついさん

スキル:爆炎の結界

効果:少しの間、木属性のダメージを無効化する
      ↓
効果:少しの間、木属性ダメージを無効化。
火ドロップ
の攻撃力を強化。
 varu
へー。
追加でドロップ強化がついたのね。
でもターンがいまだに15ターンじゃちょっとねwww
わらっちゃうよねw

あたし5ターンよw



〇龍撃態勢系強化。


ヤ魔モトP
光の龍剣士
シャインドラゴンナイト

スキル:龍撃態勢・光
効果:回復ドロップを光ドロップに変化させ、
バインド状態を1ターン回復する
      ↓
効果:回復ドロップを光ドロップに変化。
バインド状態を2ターン回復。

varu
え?
あんたたちこないだ実装されたばっかりじゃん。
なんでもう修正来てるわけ?
つか左上のアホ面が超むかつくんですけど?
私なんかどんだけ古参だとおもってのよバカじゃないの。

バインドが2ターンになったら使いやすくなるじゃん。
似たようなスキルなのにそれはちょっとやりすぎでしょ。
先輩たてなさいよ!わかる!?





〇モンスターの強化

命龍神・諸葛亮
天星の命龍神・諸葛亮

リーダースキル:天界の八陣
効果:HP満タン時に、回復タイプの攻撃力が4倍になる
      ↓
効果:水属性のHPがほんの少し上昇。
HP満タン時に、回復タイプの攻撃力が4倍。

varu
超ウケるんですけどwww
HP満タン発動なのにHP上がってなんか意味あるわけ?
色違いは活躍しまくってんのに、あんたも不憫ね。
光属性だけ不遇ってのはいつの時代も同じなのよ!

自分で言ってて悲しいわ。

ってアンタ!!!
水属性のHPがあがるってなに?
あたし、回復タイプだけど水属性もってないんだけど!
どういうつもりなの?
眼中にないってこと!!!??
あたしが光回復タイプPTの中心だってこと忘れてんじゃないの!?

でも先制攻撃に耐えれるようになったのは強いかもしれないけど。
回復間に合うの?






〇イフリート系

蒼炎星・イフリート

リーダースキル:蒼炎の星
効果:水と火属性の攻撃力が2倍になる
      ↓
効果:水と火属性のHPが1.5倍、攻撃力は2倍。

varu
リーダースキル、なんか強いじゃん。
HPも攻撃もあがるとか、超安定するね。

でもあたし3倍だけどw

でも、あんたたちの種類多すぎるんだよ!
あんたたちがいっぱいいるせいでなんかいっぱい修正されたみたいな空気なってるじゃない!!!
いい加減にしてよね!
ちょっと山本?どこいんのよ。




〇HP50%以上3.5倍系

傲慢の魔神卿・バアル

リーダースキル:野心の猛攻

効果:HP50%以上で、悪魔タイプの攻撃力が3.5倍になる
      ↓
効果:悪魔タイプのHPがほんの少し上昇。
HP50%以上で、悪魔タイプの攻撃力が3.5倍。


varu
白メタ姉さんと同じタイプね。
アンタがいくら強くなったってサブがいないからどうしようもないと思うよ。
光はただでさえ光が当たってないのにさらに悪魔タイプとか、どういう縛りゲーなのよって感じよ。

副属性もついでに闇になったそうだけどだからなにって感じ。







〇副タイプ追加系


蒼炎星・イフリート
紅氷星・リヴァイアサン
蒼闇星・ティアマット

副タイプに「攻撃タイプ」を追加
varu
ま、ま、またあんたらなわけ?!?

今回の目玉はガチャ龍なの!?
ふざけんのもたいがいにしなさいよね。
スクロールしても全部おなじ顔に見えるっての!!!!
ねえ、山本きいてんの?







〇覚醒スキル変更系

怒りと炎の精霊・シャイターン
炎戒の大精霊・シャイターン
【スキルブースト】
チーム全体のスキルが
1ターン溜まった状態で始まる
【回復強化】
回復力が50アップする
【火属性強化】
火ドロップを横一列でそろえて消すと
火属性の攻撃力がアップする

追加
【火ドロップ強化】
強化された火ドロップの
出現率とダメージがアップする

追加
【火ドロップ強化】
強化された火ドロップの
出現率とダメージがアップする
varu
あんたらもしつこいね。
ドロップ強化二つってあんたたちいるだけで8%も攻撃力があがるってことね。
しかも属性強化もありーの、スキルブーストもありーの。

え??
いつからそんな当たりキャラになったの!?
ハズレキャラの代表だったじゃないの!!!
ちょっといいかげんにしてよ!!!!






〇イザナギ覚醒変更

皇祖の神・イザナギ
天道の皇祖神・イザナギ
【光ドロップ強化】
強化された光ドロップの
出現率とダメージがアップする

変更
【2体攻撃】
自分と同じ属性のドロップを4個消すと
攻撃力がアップし、敵2体に攻撃をする
【攻撃強化】
攻撃力が100アップする
【封印耐性】
スキル封印攻撃を無効化する事がある
varu
結局2体攻撃がついたのね。
アテナさんとお幸せにね。

私に神タイプさえ、神タイプさえつけば・・・・・!!!!!!!


神様はいったいどこにいるの!!!!!!







〇ヴァルキリーシリーズ




変更
【2体攻撃】
自分と同じ属性のドロップを4個消すと
攻撃力がアップし、敵2体に攻撃をする
【各色の属性強化】
指定色ドロップを横一列でそろえて消すと
指定色属性の攻撃力がアップする
【攻撃強化】
攻撃力が100アップする

varu
どういうこと?


ねえ?どういうことなわけ???


なんで他の4人は全部強くなってんのに私だけおいてけぼりなわけよ!!!!!!?
こんなんなるんだったら降臨なんかしなけりゃよかったわよ!!!
なんなのよ!!!
感謝祭でへったくそな等身大フィギアまでつくって持ちあげておいて!
ねえ?いつになったら私のターンくるの!?

同期の二人ですらちょっといじったよね?
なんか究極分岐してたよね??
ほんっとあったまきた!!!
ちょっと山本!!





〇ホルス

白光炎隼神・ホルス

変更
【火ドロップ強化】
強化された火ドロップの
出現率とダメージがアップする
【水ダメージ軽減】
水属性の敵から
受けるダメージを軽減する
【操作時間延長】
ドロップ操作時間が少し延びる
【封印耐性】
スキル封印攻撃を無効化する事がある

varu
 流行りのドロップ強化がついたわけね。
攻撃力の底上げになっていいじゃないの。
もともと16倍だから、そこにさらに8%上昇でしょ?
つよくなれてよかったねーぱちぱち。




〇オロチ

八相龍神・ヤマタノオロチ

変更
【2体攻撃】
自分と同じ属性のドロップを4個消すと
攻撃力がアップし、敵2体に攻撃をする
【2体攻撃】
自分と同じ属性のドロップを4個消すと
攻撃力がアップし、敵2体に攻撃をする
【水属性強化】
水ドロップを横一列でそろえて消すと
水属性の攻撃力がアップする
【スキルブースト】
チーム全体のスキルが
1ターン溜まった状態で始まる
【スキルブースト】
チーム全体のスキルが
1ターン溜まった状態で始まる
 varu
ちょっとちょっとちょっと。
贅沢すぎない?
スキブ二つなうえに、属性強化に2体攻撃二つ?
あんた攻撃力どんだけ上げたいのよw

こういうの私につけてくれないかな。
交換しましょうよ。名案!ね?あんたもそうしたいでしょ!?





〇パラメータ変更系

蒼炎星・イフリート
【パラメータ(Lv最大時)】
HP:2327 / 攻撃:1338 / 回復:220
      ↓
HP:2527 / 攻撃:1688 / 回復:220

varu
またなのwwwww
もう笑いが出るわwww


盛りだくさんにみえて、イフリートばっかりじゃないの!!!!






〇イザナギさんもステUP

天道の皇祖神・イザナギ

【パラメータ(Lv最大時)】
HP:3845 / 攻撃:1366 / 回復:275
      ↓
HP:3845 / 攻撃:1366 / 回復:325

varu
回復の低いアテナさんにはうれしいUPですね。
でも私に神タイプがついたらそんな問題も解消されるんですけど??
どうなってるんですけど???









〇そして。。。ヴァルキリーシリーズもステUP



【パラメータ(Lv最大時)】
HP:2308 / 攻撃:1189 / 回復:656
      ↓
HP:2508 / 攻撃:1189 / 回復:656
varu
はぁ?

なんで?
私は?



どんだけもったいつけてんのよ!!!ちょっと山本!!!!!
こっちきなさいよ!きいてんの???
山本!!!!!!!!







varu
これ、引っ張られてるだけだよね?
究極分岐で一発逆転するフラグってことでしょ?

いつまで放置プレイさせられんのよあたし。

↓↓神タイプなど続々追加中!!
★ モンスターの評価やリセマラランキングなどの別館はこちらへ 
リクエスト受け付けてます★

★無課金攻略シリーズまとめはこちらへ

★まぁぼのモンスト研究所もあるよ!


ブログのランキングも頑張ってみることにしました
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村


パズル&ドラゴンズ ブログランキングへ 

このページのトップヘ