ここで言う序盤とは、超級をクリア狙うくらいまでのレベルです。


実際最近幾つもの超級ダンジョンクリアの時に使っています。
今回のアングリーバードコラボやこれからのいくつかの攻略にもボクがよく使っているカーバンクル。
これまではたいして見向きもされていませんでしたが覚醒スキルが実装されてからかなり優秀になりました。

自動回復と言うのはまたあとで説明しますが毎ターン500回復するという優れもののスキル。
これがあれば冒険が楽になります。
ランクがまだ二桁くらいの方にはぜひ読んで欲しい記事です。


でも育てるのって大変なんでしょう?

しかも覚醒?


って思っている方も居るかもしれません。
そりゃそうですよね。
ふつう育てませんしねw

実は育てるのは割りとカンタンです。
もちろん、育ち上がったカーバンクルが手に入れば一番楽ですが、最初から育てたところで、そんなに大変でもありません。




★覚醒カーバンクルのつくりかた★


まず元になるカーバンクルを捕まえましょうか。
やはり、天ルシと相性がいい闇をおすすめしますね!
kaban1
コイツです。
絶対見たことあると思いますw
こいつに出会わないまま行くほうが難しい!

出現場所は

・闇のダンジョン


ここの中ならどこでも落ちます。
運がよけりゃ一発でOK。
ドロップ率が上がってる時狙うといいかもですね!

で、こいつをレベルマックスにするのに必要な経験値が2556

余ったモンスターですぐ行けます。
ないならメタドラ3匹食べさせて。

で、進化素材は
amerito
アメリット×1

これも闇のダンジョンでてにはいります。
カーバンクル捕まえに行くついでに集めちゃいましょう。




で進化させると・・・・

kaban2
アメジストカーバンクルになります!!

まあ後半のダンジョンならコイツがふつうにドロップするのでここからスタートするのもいいですね。

で、コイツをレベル最大にするのに必要な経験値が47635


うーんさすがにけっこうかかりますね。
なんせこれを2体作ることになるので倍必要ですし。
最序盤ではすこし厳しい数字だとは思います。
ですが、そこは頑張ってください。価値はあります。
あまったモンスター食べさせてたらそのうちたまりますよ!


そして、最後の進化に必要なモンスターが
amerito
さっきのアメリット×3
misurito
ミスリット×1
kamen
紫色の鬼仮面×1


が必要です。
鬼仮面が難しいでしょうか。
どれも曜日ダンジョンでカンタンに入手可能です。
何かのついでにでも集めたらいいと思いますよ!
ミスリットが若干貴重だけどダンジョン自体のスタミナも難易度も低いのでそこは我慢して下さい。


んで、晴れて最終形態の
kaban3
ムーンライトカーバンクルに!!!

ステータスはめっちゃ低いですw

HP 855 攻撃546 回復 456

これが最大です。

ですがそれを補って余りあるのが自動回復。
回復力があればまず死なないんだから、ほんとに楽になりますよ。
が、まあちょこっと経験値あげたらすぐ育ちます。
でもそこそこ回復も高めなところはGOODですよ。



んで、覚醒させるには。

同じモンスター(同じ進化状態)を合成させないといけません。
この場合はもう一匹ムーンライトカーバンクルが必要になります。
ムーンライトカーバンクル同士を合成させると覚醒して、自動回復がつくようになります。

なので結局、全部で必要な材料は

カーバンクル×2
アメリット×4
ミスリット×2
紫色の鬼仮面×2


経験値・・・100382(ハイメタ7匹分くらい)

スタミナ・・・最速で23程度
 闇のダンジョン1回
 水曜ダンジョン初級1回
 金曜ダンジョン初級1回

ですね。


自動回復は毎ターンドロップを消すだけで500回復するというものです。
もし、2体の覚醒カーバンクルを手に入れたら毎ターン1000回復します
サブに入れてても発動、です!
攻撃しながら回復ができるので序盤では致死率がぐっと下がります。
虹の番人で体力UPもいいですが、カーバンクルで回復力UPもかなりオススメですよ!
こいつら2匹くらいもってて闇の攻撃力UP、もしくは回復タイプの攻撃力UPとかリーダーにすれば序盤のダンジョンはほとんど余裕になるんじゃないでしょうか!


あ、最後に、たまドラをカーバンクルに合成はしないように!!
たまドラは超貴重品ですから、こうやって比較的楽に育成が可能なカーバンクルにはちょっともったいないかもしれません。




究極進化アルテミス究極進化ペルセポネなど追加中!!
こっちもよろしくお願いします!!
★ モンスターの評価やリセマラランキングなどの別館はこちらへ 
こちらもリクエスト受け付けてます★

★無課金攻略シリーズまとめはこちらへ