評価基準は以下の通り。

評価基準


SSランク
極限の闘技場でも割と安定して通用するリーダー。
大きな欠点がなく、安定して高い火力を出せ、火力の調整も可能。

Sランク
頑張れば極限の闘技場にも通用する。
チャレンジダンジョン10や絶級ダンジョンで通用するレベルのリーダー。
高い火力を出すことができ、汎用性もある。

Aランク
チャレンジダンジョン10をクリアできたりする。
ラッシュ系など攻略できるリーダー。


モンスターがあまりに増えたのでなるべく簡潔な評価にしています。

パーティーのランキング的なものと考えてください。

ランク内の順番は特に意味はありません。
思いついた順に並べてるだけです。

最強リーダーランキング①

SSランク

1、太陽神・ラー=ドラゴン
image
実質最大倍率・・・324倍
(6色+光4消し)

〇最強レベルの火力
6色(回復を含んだすべての色)をそろえ、なおかつ神タイプであれば、12倍。
フレンドと合わせて144倍の火力になる。
さらに、覚醒スキルに2体同時攻撃を2つもっており、光ドロップを4つ消ししつつコンボを決めることができれば324倍の攻撃力になる。
決めることができれば数千万のダメージを出すことができる。
また、6色は難しくとも、5色は割とそろえやすい。
じつは5色ならば覚醒ラーよりも発動が楽なので実はかなり通常時も楽。
5色では3倍。
神タイプであれば4.5倍に。
フレンドと合わせて20.25倍。
さらに、光の4消しができれば45.56倍。
十分に戦って行けるレベルの火力が出せる。
火力の調整がしやすい点も魅力。
また、1色変換攻撃ならば耐えることができる点も覚醒ラーとの大きな違いです。

〇無駄のない覚醒と相性がよいスキル
ネックとなるのはやはりパズルをそろえることが大変なこと。
操作時間延長を2個持っているうえにスキルでも操作時間を延長できるので、盤面に6色そろえば割と最大スキルの発動は狙って行きやすい。
2ターンの短縮スキルによって必須サブである闇カーリーのスキルを短縮させ、使用頻度をあげることができる。
またバインドがきかないので、闇カーリーと合わせてバインド対策を行わなくても対応可能。

〇回復力まで上がる壊れ仕様
最強クラスの火力をもちつつ、さらに神タイプの回復力を上げる力を持ちます。
回復ドロップが3つあれば1万程度は余裕で回復してしまいます。


●サブに闇カーリーがほぼ必須
最大火力を出すには6色そろっていないといけない。
闇カーリーのオールドロップチェンジがあれば確実に発動を狙って行ける。
逆にいなかったらここぞという時に6色そろわないことになり使いづらい。
闇カーリーは2体ほど持っておきたい点は少々ガチャ運が必要。

●さらにインドラも必須
ラードラゴンが封印耐性を持たないため、サブ4体で5つの封印耐性をそろえないといけない。
カンナを入れたいところではあるけど、それでは封印耐性が4つ。
封印耐性は100%でないと安心できませんので封印耐性を二つ持つインドラや覚醒アマテラスなどをPTに入れる必要がある。





2、海王神・ネプチューン=ドラゴン
pazudora-1031
実質最大倍率・・・144倍
(水強化15個2列)

〇2千万クラスの大火力
倍率はこちら。

5個 → 3倍
6個 → 3.5倍
7個 → 4倍
8個 → 4.5倍
9個 → 5倍
10個 → 5.5倍
11個 → 6倍

11個つなげるというのが普段は難しいが、6個消しでも属性強化の数が多いので十分に火力が出せるところが使い易い。
火力の調整も自由にできる。
ちょっとコツは必要だけど11個消しで2列をつくることができれば最大倍率は跳ね上がり、100倍を大きく超える倍率がかかる。
しかもPTを水で染めることもできるうえに、一度に消す水ドロップの数も多いため、多色PTに比べても同じ倍率であってもダメージが段違いに出るので倍率だけで比べないように。

〇強力な覚醒
属性強化4つもあるのでフレンドと合わせてすでに8個。
また、究極ヘルメス、究極アンドロメダなど属性強化が多いサブも充実しており、運用しやすくサブも割とそろえやすい。
また、封印耐性が付いているので封印を防ぎやすい。

〇さらに回復力も上がる壊れ仕様
回復力が上がりますから、耐久もしやすいです。


●スキルがちょっとお荷物気味
16ターンはさすがに長すぎる。
サブの4体でやりくりする必要があるため実は結構なドロップ&スキルマネジメントが求められます。





3、気狂いピエロ・カイト
20150717154335
実質最大倍率・・・80倍
(闇強化5個)

〇発動が最も楽な100倍リーダー
サブにゼローグを複数入れたり、2体同時攻撃を上手く使うことで100倍に届く倍率になります。
主属性を闇属性によせたPTにすることで安定して完全多色PTよりも安定して高い火力を出すことが可能です。

〇スキルが陣
陣を持っているというのがすごく心強い。
これによって毒やお邪魔による妨害を防ぐだけでなく、回復が混じっているので回復しつつ攻撃も可能になります。
また、ターン短縮効果もついているのでサブのスキルを発動しやすくなります。

〇封印耐性が二つ
フレンドとあわせて4つですから、サブをかなり自由に組んでも封印耐性は100%になります。

●本体の火力がそこまで
カイト本体は攻撃力を上げる2体同時攻撃や複数の強化ドロップなどがないのでカイト自身の攻撃力がそこまで上がりません。
サブにはゼローグ∞や闇カーリー、サツキなどの2体同時攻撃もちを入れてあげるとさらに高い攻撃力になります。

●封印耐性多すぎ
正直強いキャラはたいてい耐性もちなんで、封印耐性無駄なんだよなあ・・・。
これが2体同時攻撃だったらねw

●バインドに弱い
バインド耐性がないうえ、サブにいれるバインド解除要員も限られているところが弱点。
アメノウズメとかどうですかね?覚醒はかみ合わないけど。
あとは闇カーリーのバインド回復を上手く使うなどするとよいです。

●ステータスに補正がない
が、LS発動条件が割とぬるいので回避はしやすい。







4、覚醒ラー
ra
実質最大倍率・・・110倍

〇高い火力と調節力
ラードラゴンとかいろいろさらに高い火力が出ていますが、覚醒ラーで倒せない敵などほんの一握り。
しっかり100倍出せばほとんどの敵をワンパンできます。
特に、サブに光カーリーをいれて光4消しをメインにしたコンボを決めてやれば実質200倍を超える大火力になります。
またスキルを使わないだけで25倍という使い易い火力が出せる点も魅力。

〇封印耐性&バインド耐性
一番やっかいな封印もバインドも効きません。
サブに闇カーリーと覚醒イシスを入れておけば5色確保でき、バインドが全く怖くないPTになります。

〇スキルが意外と便利
やはり癖のあるダンジョンはどこかで高防御の敵をアクセントで出してきたりします。
貫通も狙えたりするんですが、覚醒ラーならばサクッとスキルで突破できるところが魅力。


●光カーリーが最低1体はほしい
光カーリーが2体いるかいないかでずいぶん運用が変わります。
1体は闇カーリーの方がバインド面で安定はします。
火力面、さらには毒やお邪魔を防ぐことなどを考え絶対に光カーリーは入れたいです。

●変換攻撃に弱い
これはカーリーズをいれたら解決はしますが、5色ないと攻撃できないので毎ターン変換攻撃してくる相手にはカーリーを使うか遅延を使うかしないとまともに攻撃できません。

●5色ないと攻撃できない&スキルの条件
発動率がやはり低いので雑魚が相手でも運が悪いと苦戦します。
さらに、スキル発動しないと100倍にならないのでスキルマネジメント能力も求められます。

●ステータスに補正がない




5、覚醒バステト
basuteto
実質最大倍率・・・89倍
(2体同時攻撃×2)

〇1千万を超える大火力
スキル使用時と7コンボという条件のみで最大フレンドとあわせて36倍の火力になります。
これだけだと、他のリーダーと比べて、ん?ってなりますが、問題は多色ではないということ。
まず、全員が木属性であるので多色に比べ火力が出やすい。
さらには、変換によって木ドロップを多めにすることができます。
単純に考えて、木ドロップを2コンボすりゃ2倍3コンボすりゃ3倍の攻撃力になるわけです。
さらにそこに4消しなどを含めるととんでもない火力になります。
例えば劉備のような2体同時攻撃もちに4消し×3含む7コンボだとすると
単純計算(コンボ倍率やドロップ数倍率を除いて計算)して
3.375×36×3=364倍
にもなります。
ここにさらにコンボやドロップ数によるボーナスもあるんで実際400倍近いですね。
なので、木ドロップを複数コンボさせるところにバステトの本領があります。
また、スキルを使用しなかった場合でも16倍というかなりの高火力を出せる点も調整がしやすく魅力。

〇毒がきかない
割と便利。
あまり陣を積まないので毒をはじいてくれるのは楽。


●敵が火だとつらい
当たり前ですが、光闇ではないんで火が弱点です。

●バインドに弱い
バインド対策は必須です。

●劉備かヴィシュヌがほしい
2体同時攻撃を3つももつ劉備かヴィシュヌがほしいですね。
ここで、なんどかご質問いただいていた、「なぜ劉備をいれるのか」という疑問にお答えします。
火力面で述べたとおり、バステトの真の力は木ドロップを複数コンボさせることにあります。
木ドロップをいっぱい消しつつコンボさせてこそバステトの破壊的な火力を出せます。
ヴィシュヌは道中のスキル温存では役立ちますが、いざという時に大ダメージを出せません。
劉備はしっかり盤面を調整しておけば陣に引けを取らない数の木ドロップを生成しますので高い攻撃力を出しやすく、保険になるのでボクは劉備をよく使います。
が、劉備には封印耐性がないんでPTによっては使いわけが必要です。

●ステータスに補正がない





5、早天の日龍喚士・カンナ&アポカリプス
image
実質最大倍率・・・80倍
(光4消し+エンハンス)

〇高いHP
サブ次第ではありますが5万を超えるHPになります。
ただし、回復力が上がるわけではないので、回復ドロップを多く作るアポカリプスと組ませて使うと強いです。

〇2体同時攻撃とエンハンスによる高火力
アポカリプスによってターン短縮しつつ戦うことができ、スキルを割と頻繁に使っても大丈夫です。
たかい耐久力で耐えつつ、アポカリプスのスキルとカンナのスキルを合わせ、かつ光の4消しをつくって攻撃します。
カンナ自体は3.5倍と火力はそこまで高くありませんが、スキルが攻撃力を2倍にしてくれるので、スキル使用時フレンドと合わせて25倍程度の威力です。
また、スキルを使用せずとも、カンナが2体同時攻撃を3つももっているので光を4消ししてやるだけで攻撃力が3倍以上になりますので、思ったよりも火力は安定して出せます。


●バインドに弱い
バインド対策がしづらいPTなうえ、HP増加をリーダースキルに頼るためバインドにクソ弱い。
リーダーがバインドされるようなダンジョンでは使えないので正直このSSランクに入れるか迷ったんですが、基準が極限の闘技場ということと、バインドもまあサブで対応すれば何とかなるので入れました。
バインド以外ではほとんどの攻撃をものともしない安定感があります。







以上、SSランクでした。
つづいてSランク。

Sランク

1、覚醒シヴァ
siva
実質最大倍率・・・50倍

〇本体が高火力
4.5倍リーダーと火力はまずまずみたいに見えますが、バステトと同じく火属性で染めれるうえに、条件がコンボ数なので火ドロップを大量に組み込んだ攻撃が可能。
火ドロップの4消しを3つ含んだ6コンボならば150倍ほどの火力になります。
さらに、自身のスキルであるドロップ強化を使えば200倍を超える大火力です。

〇さらに回復力も上昇
回復力も上がるので安定した戦いが可能です。
ただし、けっこうプラスふってあげてないとサブ候補たちは回復力が低いものが多いです。

〇スキルで高防御の敵にも対応
できるうえに、いざという時に回復ドロップを強化する珍しいスキルですから回復力増加としても使えます。


●水属性に弱い
当たり前ですが水は弱点です。



2、覚醒ツクヨミ
IMG_0623
実質最高倍率・・・81倍

〇超火力
SS級に匹敵するかそれ以上の火力が出せます。
条件はコンボ数のため、闇ドロップを多く積みこんだ盤面からLS発動を狙うことが可能です。
上手く闇を3コンボなどしつつ7コンボを決めることができれば、240倍を超える超火力を出すことができるリーダーです。
さらに、スキルを使用すればドロップ強化がかかり、さらに2体同時攻撃などを絡ませると400倍や500倍というもうよくわからない倍率も目指せます。

〇火力調整が豊富
4倍から56倍までかなりの幅で火力調整ができます。

〇高いHP
これがかなり大きいです。
ツクヨミ自体が4000を超える高HPのため、3万を超えるPTをつくることも可能です。
また、サブがゼローグなど変換を詰めるとある程度使えるのでそろえやすい点もいいところです!

●LS発動が難しい
最大倍率を発揮するには闇を5個消ししつつ7コンボを決める必要がある。
操作延長があるとはいえ、これがなかなかに難しい。
上級者向けのリーダー。

●バインドに弱い
闇の宿命でもあるけどバインド解除にいいキャラがいない。
しかし、サブがバインドされてもLS発動には問題がないのでリーダーバインド以外はしのぎやすい。

●スキルがお荷物気味
スキルの効果自体はすごく強いんですが、LS発動が闇の確保を求めるので2個もいらない・・・。
でも、最後に大ダメージを狙う時に操作延長とドロップ強化はすごく使えます。

●ステータスに補正がない
が、HPがかなり高いので割と耐久力はある。

※闘技場も割とクリアとできるし、SSに入れてもおかしくない力と思いますが、LSの安定感とバインドなどを考慮してSですが使う人によってはSS。



3、覚醒アヌビス
anubisu
※実質最大倍率・・・400倍以上

〇10コンボで100倍、スキル使えば400倍

●パズルが難しい

こいつを「強い」というのはすごく抵抗がありますが、使える人が使えば強いです。
8~9コンボくらいまでは安定して出せるという猛者もいるのでそういった方向けですが、平均コンボが6~7コンボ程度の人が使うとまったく使い物にならないでしょう。
安定感という点でいえば最悪です。

が!

最近は7×6の盤面のダンジョンが増えてきました。
極限の闘技場では無理でも7×6盤面であれば盤面で10コンボを出すことも可能ですので、すごく使い易いリーダーに変身します。
なので初めてSランクに登場。
5×6盤面だと圏外ですわ。






4、滅雷の黒龍契士・ティフォン
6a5da6c4-s
実質最大倍率・・・63倍
(4消し)

〇可変倍率と高火力
回復ドロップの数によって自由に火力を調節できる点が強み。
また、最大倍率も6.5倍でフレンドと合わせて42.25倍。
ここから、2体同時攻撃を利用してもよし、属性強化を利用して列をつくってもよしです。
リーダーであるティフォンがどちらも持っているので列をつくった場合は50倍以上、4消しならば63倍程度の火力を期待できます。
サンセットゾーンと相性がよい明智光秀などを入れて使えれば大火力を出しやすいです。
また石田光成を入れても運に左右されるけどLS発動させやすい。

〇封印耐性、バインドに対応
封印耐性をもっているので封印はもちろん、バインド回復があるので、リーダースキル発動しつつバインドの解除ができる。
ただし、リーダーをバインドされると危険。



●回復ドロップ6個消しが結構大変
5個消しでも割と大変なのに、6消しとなると結構大変。
でも「以上」なので塊で消してやればよく、変換などを使った後などは発動させやすい。

●明智光秀がほしい
光秀、もしくはパンドラがいないとなかなかリーダースキルが発動できない。
サンセットゾーンはものすごく偏りがあるのでもうひとつスキルがないと安定して攻撃力が出せない。

●ステータスに補正がない
が、攻撃するたびに回復ドロップを消すことが多いので割と耐久力は高い。



5、破壊神・シヴァ=ドラゴン
image
実質最大倍率・・・56.25倍

〇常時25倍の便利屋
最大倍率こそそこまで高くないものの、条件は火属性神タイプであることのみで25倍が出せる。
常時倍率としては現状最高レベルになる。

〇2体同時攻撃&属性強化マルチ
2体同時攻撃を利用してもよし、属性強化を利用してもよしのすごく使い易い覚醒スキル。
特に必須サブの究極アレスのもつ属性強化と合わせれば最大倍率も跳ね上がり、変換によって大量の火ドロップを消すことができるので大ダメージを期待することができる。

〇さらに回復力まで上がる
回復力が上がるのはいいのだけど、アレスもシヴァドラもそこまで回復力が高くはないのでしっかりプラスを振ってやって使いたい。


●ギミック対応がよわい
バインドにとてもよわい。

●アレス必須。しかも複数。
アレスができれば2体以上ほしいところ。
覚醒レイランなどでも活躍させられるが、やはりアレスをつかって強力な属性強化攻撃を仕掛けたい。



















以上Sランクでした

つづいてAランク。

Aランク

1、ベジット
image
〇使い易いリーダースキル
増えてきているドラゴンタイプを上手く使うことで安定したPTをつくれる。
覚醒スサノオや覚醒ヤマタノオロチ、カンナやサツキなどの追加でかなりサブが充実してきた。

●封印耐性とバインドが怖い
封印耐性はインドラでどうにかしても、バインドの対策が辛い。
覚醒スサノオなどを上手く使って耐えるとよい。



2、覚醒ラクシュミー
image
〇高い耐久力
なんといっても回復力の高さとHPの高さが売り。
しかし、回復1.5倍をもちつつもっと攻撃力が出るリーダーが乱立し相対的に価値が落ちた。

●バインドによわい
バインド対策はサブでいくらでもできるのでそこまでのネックにはならない

●リーダースキルの発動にスキルを使うことが多い
リーダースキルの発動が回復ドロップ5個以上なのでスキルを使用しないとなかなか発動できない。
その分耐久力があるので耐久してスキルをためスキル発動で倒していきたい。



3、ガディウス
image
〇高い攻撃力
36倍のリーダースキルに加え、属性強化を二つも持つので列をつくった時の倍率は7倍リーダーに匹敵するレベルになる。


●強いサブがいないこと
究極パンドラや究極アンドロメダのような強力なサブがいない。
ヤマトタケルはスキルブーストはありがたいが火力面でちょっと不安。

●スキルブーストがない
これが最大の欠点。
スキルブーストがないので前半から飛ばしていく必要のあるダンジョンではつらい。




4、曲芸士
kyokugeishine

〇大火力
回復2コンボだけで7倍という破格性能


●火力調整が困難
火力調整は副属性発動くらいしかなく、最近のダンジョンではつらい。

●ステータスが上がらない
ステータスが得に上がるわけでもないので耐久も難しい。





5、イルム
image
〇大火力
36倍に加え、属性強化、2体同時攻撃どちらでも発動できる上乗せが魅力。
また、4コンボできなくとも3.5倍が発動できるのでそこそこの火力が出る。


●スキルの発動が困難
何らかの変換スキルを使用しないとLS発動が難しい。

●バインドに弱い
バインド対策をする=サブにバインド対応キャラを入れることになり、変換スキルが減ることになる。
変換スキルが減るとその分攻撃が途切れやすくなるため使いづらくなる。








以上Aランクでした。
まだまだ他にも入れたいキャラはいたのですが文字制限のため今日はここまで。
ぜひここに乗り切れていないモンスターがいればコメント欄で皆さんの考えるランクとともに載せてくださると見に来てくださる方々の参考になると思うのでご協力お願いしたします。

次回はもっと完結にして載せるモンスターを増やそうかと検討しています。