まぁぼのパズドラ研究所

無課金攻略から、各種モンスターの評価やランキング、ネタ記事までパズドラを超絶楽しく遊ぶためのブログです。 ぜひ暇つぶしにご利用ください!

カテゴリ:【無課金攻略シリーズ】 > 【氷の機械龍】


氷の機械龍はアテナ事件の時に復活したんでしたっけ?
その時と大きく変わっている感じはないですが、ブルーチェイサーが出る可能性があるというところは違いますね。

ブルーチェイサー・・・
今回は神羅万象コラボが同時開催しているからあまり回せない!


前回はW半減にての攻略を載せておりましたが、情勢に合わせ、ルシファーによる攻略もやってみました!

画像1

水半減をリーダーにしました。

サブのラガヴーリンはなんでもいいと思います。
歴龍であれば特に戦いやすいですが持っていなかったらカラードラゴンとかでもいいでしょうし、ステータスがいいものかスキルが強いものを入れるといいと思います。

番人は体力確保と、万が一の防御の構え。

リリスは回復力要員。

ヘラはできるだけ入れてほしい。
いないならいないでどうにでもなるかも。
かわりに番人でも行けるかもしれません。



1F~4F
画像2
危ないのはこいつらオーガ。
力溜めからのターンかぶりで攻撃食らうと厄介です。
ですので全力でオーガから倒すことをおすすめします。



5F キマイラ
画像5
とにかく攻撃。
気をつけるのは(気をつけてもどうにもならないけど)ダブルバインド。
これがピンポイントで両方のリーダーにきたらアウト。
一回までならば虹の番人のスキルさえ溜まっていればしのげます。


画像7
撃破。
等倍だとかなり時間かかるので木の何かか、強力なブレス持ちか何かを入れるといいですよ。





6~8F
画像10

とにかく頑張って倒す。
ザコはそこまでてこづらないと思います。



9F カーバンクル×2
画像12
ギガグラからの明星で一匹仕留めます。

画像14
回復のために防御の構えを発動。
エキドナなんか連れてきている人はここで使うといいかもです。



画像15
あとはひたすら削りましょう!

撃破です!




10F アルデバラン
画像16
ギガグラ一発使います。
たまってたらでいいですけど。

とにかく自力で半分以下くらいまで削っていきます。

最初のうちは攻撃してくるか、エネルギーチャージしてからの攻撃しかして来ません。

画像17
これがエネルギーチャージ後の攻撃。
これにさえ耐えられれば行けます。

エネルギーチャージで2ターンありますから結局4ターン回復する時間あります。
なのでそこまで大変でもないですよ!


画像19
あとは大体このくらいまで減らしたら、ギガグラからの明星で



画像20
撃破です。

ノーコンでした。





まとめ。

W半減でも行けますし、ルシファーつかうと最後のアイスクラッシャーを食らわずに済むので楽ですね。
もしまだ攻略してないよーという方は参考にしてみてください!




バステト、オオクニヌシ更新!!
★ モンスターの評価やリセマラランキングなどの別館はこちらへ 
こちらもリクエスト受け付けてます★

★無課金攻略シリーズまとめはこちらへ



無課金攻略の心得(自分用縛り)

1,ガチャ限定モンスターを使わない。(フレンドのぞく)
2,降臨系は極力使わない。







だいぶ今更感はありますし、他の方々がすでに攻略されていますが
一応やってきました。

狙うのは超級。
GETするだけならば超級さえ回れれば十分だということで超級狙います!



本日実際にニコ生で生攻略したPTがこちら。

画像7


リーダー:究極氷龍・ニブルヘイム

画像1
なんか強そうに見えますが、レベル見てください。14です。
しかも攻略中にスキル一回も使わなかったです。
リーダースキルの水半減のためだけに起用しました。
一応伝説龍ラッシュで無課金で手に入りますが、友情ガチャなどで手に入る

ブルーコドラ

burukodora


を進化させた
クリスタルオーロラドラゴン

kuriororadora

などのLスキル水の守りなどの水半減スキルを持っているモンスターならばなんでもOKです。
むしろ育ってればこちらの方がいいです。
課金キャラのシャードラネプチューンピエドラなどでもOK。




サブたち。

サブ1,エンシェントドラゴンナイト。

画像2

こいついるとドロップ変化があるので、すこしだけ攻略が早まります。
なので入れるとおすすめです!!
無課金ならばこいつはスキルマしておきたいですが
今回はスキルマは必要ありません。
ただ、レベルは高いほうがいいでしょう。




サブ2,超・下仁田ネギ
画像3

これは無課金攻略の星ともいえるスーパーモンスター。
ぐんまけんコラボで比較的簡単に入手出来ます。
しかも育てなくていいからねwww最大レベルは1ですからw
こいつは回復力のために入れています。
また、スキルもめっちゃ使えます。
5ターンの間ダメージを半減してくれます。
もし、持ってない場合はこの枠はセイレーンなど
回復力の高いもので埋めるといいと思います。




サブ3,ごぶがりゴブリンプラス
画像4

太鼓の達人コラボで手に入ります。
できたらスキルマにして2体は確保しておきたい。
できれば3体。そんなモンスター。
スキルはスサノオノミコトと同じスキルですからスキルとHPだけなら神クラスです。
そのかわり、攻撃は低いし回復0ですけどね。

今回はスキルまでなくても大丈夫でした。
もっといえばこいつでなくても大丈夫ですけどねw
ただ、こいつがいれば安定感が違います。






サブ4,狂華咲乱 花媛香具耶
画像5

ちょっと前の神羅万象コラボで簡単に手に入ったカグヤ。
スキルはレアガチャ限定の悪魔タイプアスタロトと同じなのでお得。
ステータスも回復力が高いのでとても使いやすいです。
こいつは反撃スキルをつかって中ボスやボスの撃破を早める為に入れました。










フレンドリーダー:アビスネプチューン

abinepu

フレンドにはできるだけつよいネプチューンを選びましょうwwww
ほとんどネプチューンの毒が頼りみたいなものですからwww
ネプチューンであれば、ヘブンズでもいいし、究極進化前のネプチューンでもOKです!







では、こんなかんじで突入して来ました。


画像1






1F。雑魚の攻撃はこんなものです。
さすがダブル半減。
画像2





危なげなく5Fへ。

5Fは水のキマイラがでるんですがこいつが曲者。

ダブルバインドなるものを使ってきます。
画像3

リーダー一人が捕まったくらいならばまだ耐えられました。
しかし、二人同時にバインドされると攻撃に耐えられません。

そのため、もし両方半減されたときはネギかごぶのスキルを使いましょう。
もし、両方持っていない場合は

アースガル(ゴーレムでもOK】
木の番人
虹の番人


なども同じようなスキルを持つのでそれでも行けます。
そのかわり、ステータスが下がった部分は他のモンスターを鍛えたり
強力なものを入れたりして補いましょう。



今回の攻略では一度ここでミスして死にましたwww

その後再挑戦でクリア。
両方バインドは一度もされませんでしたのでスキルは未使用でした。






そしてボス。

画像5

放送中だったのでとるの忘れちゃいましたw


ボス、アルデバランの攻撃パターン

・通常攻撃

・エネルギーチャージ(次攻撃力2?3?倍)

・アイスクラッシャー


の3つ。
2ターンに一度どれかやってきます。
どれも、W半減状態ならば耐えられました。
ただし、Eチャージ後にアイスクラッシャーがこなかったのでもし来たらヤバイかも。
Eチャージ後の通常攻撃だと7000前後のダメージで耐えられます。
Eチャージしたときはできれば半減スキルを使うようにしたほうがよさそうです。



ということで、超級はクリア出来ましたー!










まとめ。


もし、ごぶがりやかぐや、ネギなどのコラボモンスターを持っていない場合は

リーダーとFリーダーを水半減にして
番人かゴーレムを二人いれておけば、あとの枠はなんでもクリア可能と思われます。

たとえば

L:クリスタルオーロラドラゴン
S:ゴーレム
S:木の番人(できれば虹の番人)
S:なにかHPがたかくて回復もそこそこのやつ。
S:エキドナ


など。全体のHPが8000を超えればけっこう安心です。
エキドナなんかいればいざって時に役たちますね!
倒すのに時間はかかりますが
オーロラドラゴンのブレスとネプチューンの毒で倒せます。


ちなみに、今回のPTで倒すのにかかった所要時間は約30分くらいでした。
まだ機械龍を手に入れてないかたはぜひチャレンジしてみてください。
質問などあればコメントでお願いします。






















おまけ。
時間が余ったので、まだ攻略していなかった地獄級をイシスPTで攻略してみました。

画像1

エキドナスキルマ。
イシススキルマ。
それ以外は1でもおk。



こんなPT。
キマイラで威嚇。
適当にスキル貯めつつ、カーバンクルでスキルため。
一匹倒せば行けます(ターンかぶってたら威嚇つかって片方倒さないと死にます)
ここでハーデスまで貯めてからボスへ。

ボスはギガグラ、威嚇から、連続攻撃。
敵の攻撃はインドラの守りで防いで、スサノオさん使わずに倒せました。

むしろ、最初から最後までスサノオさんスキル使いませんでしたw
なのでこの木枠はなんでもOKですね。


なんとかノーコンして初クリア出来ました★

このページのトップヘ