宮城悟の心相数日記

日々の時事的な事柄に対する情報・元気が出るやる気情報の発信

日中協力会の活動への活動


                日中協力会の活動への協力

 今から14年前、中国の世界的な写真芸術家・汪蕪生先生を支援する目的と日中両国の国民の人的交流促進のために、『汪蕪生先生を囲む日中協力会』が発足しました。
 この会は、発足当時は「第三の経団連」とも呼ぶにふさわしい理事顧問の陣容で、汪先生の活動を大いに支援していただいておりました。
 10年の間に、汪先生が上海に戻られ、日本において直接汪先生を支援する目的が終わりましたので、会の名称も汪先生の冠を外して、シンプルに『日中協力会』に変わりました。
 今日の目的は、設立当初の汪先生の支援は継続しつつも、日中両国の文化的、人的交流を行い日中両国の懸け橋になる活動に関することをすべて行う、という社会的な活動を前面に出して活動しています。
 加えて、世界規模での環境の悪化を目の前にして、どうしてもこの環境問題に目をつぶるわけにはいきません。これは単に日中の問題にとどまりませんが、このテーマも日中で協力して取り組んでいければということで、会の趣旨に掲げております。
 
 昨年は日中間にとりまして尖閣列島に端を発して、中国全土で排日運動が激化し、日中双方に多大な損失が発生しました。そして、日中国交時から築かれたさまざまな分野での信頼関係がその件をきっかけとなって、まさに水泡に帰してしまった感があります。
 こういった現状を鑑みますともう一度日中両国の信頼関係を取り戻さなければなりません。それは、急務を要する課題となっております。
 昨年10月、日中協力会の牧厚専務理事から依頼を受けて、私も当会の顧問に就任いたしました。そして事務局を強化しなければならないということで、後日、「事務局長」という重要な役割もお引き受けさせていただきました。
 今年は、この会の活動を積極的に展開していきたいと願っています。それがそのまま日中のためになるということを、心から確信しています。
 私と関係のある皆様方にもご協力を賜らなければならない場面もあるかと思いますので、その時には、どうぞ、ご協力をお願いいたします。













東尾理子さんは子供と運命の関係

                     

11月5日、東尾理子さんと石田純一さん夫妻に第一子が誕生しました。
理子さんは今回の妊娠出産には大変ご苦労されました。しかし、生まれてきたお子様の数字を診ますと、これまでの一連の出来事はすべて、今回生まれてきたお子様との運命の出会いのための天が仕組みであったということを知らされます。人生というのは、一つひとつが意味があって起こっていることを、今回の出産で痛感させられました。

 東尾理子   1975.11.18       心相数 426        運気数(受胎数グループ) 1  
 赤ちゃん    2012.11.5           心相数 573   運気数(受胎数グループ) 8
                           999
  石田純一   1954.1.14    心相数 167   運気数(受胎数グループ) 8 
 東尾元監督  1950.5.18    心相数 652        運気数(受胎数グループ) 8

 
また、赤ちゃんは運気がパパである石田純一さんと同じですから、特別の運命の親子になっています。両親にご縁の深い子供の誕生です。逆に言いますと、理子さん純一さんの二人は、この子を世に送り出すために好きになり結婚したということも言えます。
 ちなみに、東尾元監督の運気数も8です。おじいちゃんとも運命の孫になっています。しかも、東尾元監督とお孫さんは内八犬伝グループにもなっていますので、東尾元監督にとっても、今回は大切なお孫さんの誕生ということになります。

 そして、東尾元監督と石田純一さんも同じ運気数になっていることから、いろいろありながらも結局は東尾元監督と石田純一さんは運命で結ばれていたということができます。

オバマ大統領再選の意味と今後の米国社会の行く末

              
 日本時間の11月7日、米国大統領選があり、オバマ大統領がロムニー候補に競り勝ち、再選を果たしました。
 
          バラク・オバマ   1961.8.4生   心相数 832  運気数 1
          ミット・ロムニー   1947.3.12生   心相数  369  運気数 3


 今回の戦いは、運気的にはロムニー氏が上位にありましたので、「運気優勢の法則」をそのまま当てはめますと、「ロムニー候補が勝利する」という予測になります。
  しかし、運気優勢の法則には、条件があります。
運気優勢の法則は、同じレベル、知名度、実績、勢いなどを総合的に判断することが求められます。
 オバマ氏とロムニー氏の状態や支持層や現職という強みを換算しますと、今回はオバマ氏の勝利が一般の結論として正しいでしょう。
 しかし、この結果は、大統領選の勝敗には現れませんでしたが、運命的に運気優勢の法則が作動しますので、運気優勢にあったロムニー氏の今後の政治生命には決してマイナスにはなりません。ロムニー氏は今回の立候補によって、政治家として、あるいはプライベートでは大きなメリットを受けることでしょう。
 
 このような場面は、7年前のライブドアのホリエ氏と楽天の三木谷氏とのプロ野球球団獲得への動きの場合に似ています。ほりえ氏の運気は上昇期で三木谷氏は下降期にありました。球団は楽天側に軍配が上がりましたが、実利では、ホリエ氏が経済的な利益を上げ勢いを加速させました。そして、三木谷氏は、TBS買収を仕掛けてつまずき、大きな戦略的な敗北を帰してしまいました。

 今回の大統領選も解釈としては同じように理解できます。
 
 問題は、オバマ大統領の側です。
今回の勝利は、同時に米国の行く末を占う上で暗示的な出来事になっています。国の運気はその国のリーダーの運気になって現れます。オバマ大統領の運気は下降期に突入しています。来年は激動の「底」になっています。ということは、今回のオバマ再選によって今後の米国が世界経済に関しても国際政治に関しても、共に激動の時代に突入するという暗示です。皮肉にも、今回の当選結果で米国の今後の行く末が明らかになっしまいました。
 これはロムニー氏の勝利でも同じ結果でした。ロムニー氏は来年が頂点で、再来年から下降に転じます。
 
 いずれにせよ、来年から米国の行く末は暗澹たるものがあります。米国の行く末は、そのまま世界経済の行く末であり、国際政治の力の均衡の変化でもあります。こういった視点で今回の米国大統領選を診てい来ますと、本当の情報が見えてきます。
 心相科学解釈は単に表面的な情報だけではなく、総合的な判断が可能になるという意味ではすぐれた技法であります。








巨人軍勝利しました

               

 昨日11月3日、巨人対日ハムの日本シリーズ第六戦が東京ドームであり、4ー3で巨人が3年ぶりの日本一に輝きました。

  勝負には「運気優勢の法則」があって、ほとんどの場合運気が上位にある側が勝利しています。
今回は、原監督の心相数が527で運気数は3、栗山監督の心相数が832で運気数が1。栗山監督の運気は下降期に転じ、上昇期にある原監督の運気が優勢になっています。
今回は運気の通りの結論でした。あらためて心相科学のすごさを痛感します。

 私は毎年春に今年のプロ野球の勝敗を予測しています。今年は原監督の運気が一番上位にありましたので、「巨人が勝利する」と予測を立てました。
 最初は、みなさん「なるほど」と耳を傾けてくれましたが、ところが4月に入って巨人がどんどん負けて始めると私の予測も雲行きが怪しくなっていきました。そして、とうとう最下位に転落した時には、私の予測を信ずる者は誰もいなくなってしまいました。私自身も一瞬「やばい」と思いましたが、今回の予測は長い年月の研究の成果でしたので、「今は最下位でも最後は必ず巨人が勝利する」という確信でその通りになる日を楽しみでプロ野球を見ていました。
 そして、昨日、巨人が勝利したのを見て「やっぱり間違いなかった」と心相科学理論に自信を深めた次第です。

 ちなみに、今回活躍した巨人のキャップテン阿部慎之介選手の心相数は854で運気数が3、運気の勢いのよい時期にあります。しかも、原監督と同じ運気数3、基本数336ですので、互いが相乗効果で勝利に導いたと理解できます。
 チームというのは、人の集合体ですので、チームの運気を見るには監督と選手を総合的に見る必要があります。ただ、実際の場面では、監督の運気を見れば勝敗がわかる場合がほとんどです。今回のセリーグでの巨人軍原監督の運気は、そのまま勝利チームとしての運気になっていました。パリーグの栗山監督の運気は下降期にありましたので、監督の運気=勝利チームの運気にはなっていません。今までの過去のデータを見ますとときどきパリーグの場合には、こういった現象が起こっています。この場合は主力選手の運気がパリーグ優勝の原動力となっています。打率の糸井嘉男選手は心相数123で運気が上昇の4、ムードメーカーの稲葉篤紀選手の心相数が123で運気が上昇の4担っています。



野田改造内閣の心相数からの意味

             野田改造内閣の心相数からの意味

 
10月1日、野田政権の改造内閣が発足しました。
数字からこの内閣を見ていきますと面白いことに気づきます。

野田首相の心相数は472ですが、10月1日の心相数が527になっていて、合わせると999になっています。

          野田首相の心相数         472
                        改造内閣の日の心相数      527
                                                                            合計  999
 

 このように総理の心相数と関係の深い数字が表れるときは、政権の末期を意味します。

 以前、こういうことがありました。

 橋本首相が参議院選に大敗を期した翌日に記者会見をして辞任しました。この時の心相数が橋本首相の心相数になっていました。
 村山首相が正月明けの5日に突然記者会見して辞任を発表しました。その日も村上首相の心相数になる日でした。
 
 今回は直接野田首相の心相数の日ではありませんが、合計すると999になるという意味では、大変関連の強い日になっています。

 ちなみに野田首相の運気は、上昇気にありますます勢いを増していきます。こういったときには何かと運が味方していきます。今回の民主党の代表選でもこれといった対立候補が現れずに、ほとんど圧勝といっても過言でない得票数で当選を果たしました。これも運が味方していたせいでしょうか。

 今度の政局政変のドラマも野田首相と999になる527ができる日でしょう。その意味では解散時期はいろいろ取沙汰されていますが、年内の邦がいということです。次の527になる日が要注意の日です。



































国際心相科学協会年次総会と創立13周年記念パーティー

     
     国際心相科学協会年次総会と創立13周年記念パーティー

前略

 皆様お元気ですか。
長らく休眠状態にして申し訳ありません。ブログの暗証番号を失念してしまい、そのままになっていました。
昨日暗証番号を発見し操作したところ、なんと動くではありませんか。
ときどきは、心相科学について情報を発信していきたいと思っています。

 昨日9月9日は、協会の創設記念日でした。
東京あたりの通えるプロの方々にだけ案内を出しましたところ、
50名余りの方の出席がありました。
協会のサロンで催しましたので、サロンが人もあふれんばかりで大盛況のうちに終わりました。

当日の日程は
第一部   13:00 協会の年次総会
      14:30 宮城悟の基調講演『運命を変える』
第二部   17:00 13周年記念パーティー

夜11時過ぎまで宴は進み、久しぶりに多くの方々との楽しい歓談となりました。








民主党代表選の行方


民主党代表選の予測

 

氏  名

生年月日

心相数

運 気

ポジション

海江田万里

1949.2.26

516

2


3

鹿野道彦

1942.1.24

775

3


1

野田佳彦

1957.5.20

472

6


2

前原誠司

1962.4.30

977

7


1

馬渕澄夫

1960.8.23

742

9


1

 

     
                           

〈運気優勢の法則からの視点〉

 

・勝負事では、運気が上の人が下の人に優位するという「運気優勢の法則」が働きます。この法則にあてはめますと、今回の5人の内で運気が上昇期にあるのが勢いの順に、海江田氏、続いて、鹿野氏、野田氏と続きます。前原氏と馬渕氏は下降期にあります。

・世間の評価では、前原氏の支持率が高いということで、時期首相を期待されていますが、運気の勢いからしますと厳しい位置におります。

・海江田氏は、いろいろなことがありながら、すんなり立候補に名乗りをあげ支持を取り付けられたのも運気が良いせいと理解できます。

・逆に、前原氏は、せっかくの首相になるチャンスが巡ってきたにもかかわらず、小沢氏を敵に回すという判断をしてしまったのは、運気が下降期にあるためでしょう。

 本来ですと、前原氏の977と小沢氏の729は受胎数が同じになる9名のグループに属していて、支えあう運命の関係になっています。これを知らずに互いが反目し合っているところに見えない情報を知らない悲劇があります。

 

・野田氏は下降期から上昇に転じています。早々と有力候補になったというのも運気上昇のおかげでしょう。

 

〈数字のボジシンョから診る継承〉

 

・組織の人の継承は、数字で見ますと、「運気」と「ポジション」です。

 第一グループの首相の次は、大体において第二グループの人が継承しています。第二グループはピンチヒッター役の人。次の政権への橋渡し的な役割です。

 小泉元首相797は第一グループでしたが、それを継承した安部元首相134、福田元首相156、麻生元首相527と三名とも第二グループでした。

・第三グループの人は、革命的な場面で登場します。鳩山元首相は民主党が政権を奪取したときに選ばれましたが、第三グループでした。

・今回の菅首相224は第一グループですので次の登場する人は第二グループの人です。今回の候補者の中では野田氏が第二グループになっています。

 野田氏の当選も予測されます。ただ、野田氏の政権は今までの第二グループの例のように短期になるでしょう。

・海江田氏は第三グループですから、こういった時の登場としては不自然です。

 ただ今回の立候補は今後の活動に大きなメリットになるでしょう。

 

〈菅首相退陣日の心相数に隠された不思議な関係〉

 

・8月26日、菅直人首相は退陣を正式に発表しました。その日の心相数が奇しくも472の日になっていました。その数字は野田氏472の数字になる日でした。

・橋本龍太郎元首相が参議院選挙に大敗を期して翌日退陣を発表しましたが、その日の数字が橋本首相の心相数292になる日でした。村山元首相が退陣表明した1月5日も村山首相764の数字になる日でした。今回の退陣表明の日が野田氏の心相数472になっていたことを考えますと、野田氏の存在も大いに気になります。もしかしたら次の後継の暗示かもしれません。

 

・民主党は鳩山家の力によって設立されたことは周知の事実です。鳩山家の暗号数は224。その基本数が336663です。野田氏の基本数が663ということですから、鳩山家の数字そのものと言っても過言ではありません。鳩山元首相は小沢氏につきましたが、実態は、鳩山家の執念が野田氏の基本数になって現われています。野田氏の代表の可能性も大といわざるをえません。



プロ誕生

44d653dd.jpgプロが誕生いたしました

松澤洋子さん 心相数 369

プロ誕生

2ee3e21c.jpg6月7日、大阪で学ばれていました石河牧子さんが、東京本部で実施されました資格認定試験に見事に合格いたしました。
おめでとうございます。

今後は大阪での活躍を大いに期待しています。

プロ誕生

6月7日、大阪で学ばれていました石河牧子さんが、東京本部で実施されました資格認定試験に見事に合格いたしました。
おめでとうございます。

今後は大阪での活躍を大いに期待しています。

近況報告

               近況報告

          みなさんいかがお過ごしですか。

 東北太平洋地域の大地震に端を発し、津波災害や原発の事故などで被害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。

 同時に、こういった危機的状況から一日も早く元の平穏な暮らしを取り戻せますよう、お祈り申し上げます。

 東京の事務所も少し被害がありましたが、ものの破損ですみました。地方の方々から多くの電話をいただきましたことを、心から感謝し御礼申し上げます。

 災害の後はなんとなく不安な気持ちになりがちです。特に今回の場合は、まだ原発事故の収束が見えないということもあって、これから何か起こるのではないか、という不安感が蔓延しています。

 不安は、未来がわからないこと、これからの収束の方向が分からない時に生じる心の状態です。
 不安を取り除くには、目先の事柄に集中することです。日常の生活を淡々と過ごすことが意外と不安解消に効果があります。

 戦後最大の危機的状況です。海外から見ますとまさに「日本沈没」のように見えるかもしれません。

 不安からパニックに陥るのも私たちの気持ちですが、同時に、こういった危機的状況を乗り越えるのも私たち一人一人の心の持ちようです。

 どうぞ、今こそ私たちは心を一つにして、現状の困難を乗り越え、前向きに新たな一歩を踏み出そうではありませんか。
 
 それぞれの立場でできることをいたしましょう。


 

 

プロ誕生しました

182bde79.jpg今日14日、メンタルライフプロデューサーが誕生しました。

氏名 石川圭子さん
心相数 832

東北大震災後のこの不安な時期に、心のプロとして誕生しましたことには深い意味を感じます。

どうぞ、社会のため、多くの方々のためにお役にたつ人生を歩まれてください。今後の活動を期待しております。

おかげさまで片付きました

f8d738b5.jpg
bffa642f.jpg
多くの方々が片付けに馳せ参じていただき、ある程度片付きました。
ご協力くださいました皆様に厚く御礼を申し上げます。

浅草寺五重塔の宝冠脱落

dba7a3d5.jpg
37255044.jpg
11日の地震で浅草寺の五重塔の頂上の宝冠の一つが脱落しました。

激しい左右の揺れで抜け落ちたようです。抜け落ちた宝冠は百キロもの。人に直撃したら大変です。

今回は幸いに脱落ですみました。

地震の惨状

adf0fb61.jpg
d0aa4e53.jpg
8a1a0dc0.jpg
11日の地震は宮城県から千葉県にかけての太平洋岸地域に甚大な被害を与えました。
地震や津波で被害にあわれた地域や皆様方に深く哀悼の意を表するしだいです。

東京の事務所も大変でした。棚が倒れ、グラスや食器が割れ、床はガラスが散乱。片付けに二三日はかかるでしょう。

2日浅草寺

eb3e4715.jpg浅草寺の参拝者

初日の出

3106d5ed.jpgaa3a8e9b.jpg

元旦の東京スカイツリー


今年の東京の正月は昨年に引き続いて良い天気に恵まれました。
浅草の事務所ベランダから見た東京スカイツリーです。
左の写真が午前6時36分、右が午前9時12分に撮影したものです。
東京スカイツリーが事務所から眺められるというのは贅沢な気持ちになります。これも、浅草に越してきた良い面ですね。

新年の鐘つき

f44dd23f.jpgdba4b41a.jpg


新年の鐘つき


 本年は長谷川毅社長のご家族と上野寛永寺で年を迎えました。

 今回はありがたいことに寛永寺の鐘をつかせていただきました。
めったにない経験で幸先の良いスタートになりました。
長谷川社長とご家族には心から感謝申し上げます。

心相だるま

3f4c8b1a.jpg
e7c7d16d.jpg
羽子板市で心相だるまが販売されました。

希望者は本部へ

小だるま 500円
大だるま 千円

浅草羽子板市

49a924a3.jpg
83b7a8e8.jpg
72390d2e.jpg
17日から19日の3日間浅草寺の境内で羽子板市がありました。

今年のセミナー講師陣


8fff2ff0.jpg



 今年の講師陣


今年も無事1年のフォローアップセミナーが終わりました。
1年間を支えていただきました専任講師の皆様には心から感謝申し上げます。

今回の講師の方々は、2年間の教育の成果が実りまして、
素晴らしい講師に育ってくれました。こころから嬉しく思います。

この講師の方々には私の大切なノウハウを伝えております。今後の活動において重要な役割を担っていただけるものと期待しております。

ファイルセミナー

582fe112.jpg


13日今年最後のファイルセミナー


13日、今年最後のフォローアップセミナーが終了しました。

皆様1年間ご苦労さまでした。


<ファイナルセミナーの内容>

1.一年の振り返り
2.プロとしての心構え
3.心相科学をどう生活やビジネスに役立てるのか
4.心相科学を活かすための全体イメージ
5.夢の実現、現状の改善法
6.2011年のなった姿

スカイツリー

159ffaff.jpg十間橋からみるスカイツリー

スカイツリー

d92f5169.jpg11月7日現在の東京スカイツリーです

戸田あゆみさんがプロになりました。

三重県松阪市で学んでいました戸田あゆみさんが10月10日プロになりました。
おめでとうございます。

札幌の石川美可さんがプロになりました。

890785f6.jpg札幌で学んでおりました石川美可さんがプロになりました。
おめでとうございます。

プロ誕生しました

b28d2573.jpg
高知の片岡さんと上田さんがプロになりました。おめでとうございます。

河野哲丸社長のジャズとダンスの夕べ開催

81877a7c.jpg河野哲丸社長のジャズとダンスの夕べ

22日夜6時半、キャピタル東急のオープニングに合わせて、河野哲丸社長のジャズとダンスの夕べがキャピタル東急鳳凰の間で開催されました。

キャピタル東急リニューアルオープン

5323cc69.jpg
11c7667a.jpg
d91f2697.jpg
キャピタル東急リニューアルオープン


今日10月22日、永田町のキャピタル東急が四年をかけた新築工事が終わり、リニューアルオープンしました。

オープニングの一環として、日枝神社の宮元である永田町二丁目町内会が出ることになり、担ぎ手として参加しました。

癒やしフェアに参加!

647ddd88.jpg
1abd3388.jpg
癒やしフェアが7日と8日、東京ビッグサイトであり、プロの先生方がサロンを出店しました。

ミスティーで紹介される

2bb521f4.jpg

 

 占いの専門雑誌「MIST(ミスティー)」8月号で心相科学理論が紹介されました。

 当初予定されている号に急きょ加えたという感じの取り上げ方ですが、編集長が世間に紹介したいという気持ちが嬉しいですね。

 こういった占いをみるにつけ、つくづく「心相科学は占いではない」という実感が強くなっていきます。

 かってある方から「心相科学は占いではないですね。別のジャンルを作りたいですね」という言葉をいただいたことがあります。

現実には、占いのジャンルしかありませんので、占いとしての分類をされてしまいます。将来においては、人間の本質や社会のあり方を体系的に説明できる「社会科学」の一分野として市民権を獲得したいと願っています。

「よつば」7月12日発売

5c698077.jpg

 

 「よつば」マガジン・ボックス 7月12日発売で心相科学理論が紹介されました。

 私はこの雑誌ではしっかり「カリスマ占い師」になってしまっています。複雑な心境ですが、まあ仕方がないでしょう。

 私の立場は既存の占いとは一線を画しています。今までの占いでは人類の未来を良くすることはできません。見えない世界の存在に気づいてもらうためには、宇宙の本質や人生の意味、役割について真剣に研究しなければなりません。

そうはいってもこだわらずに広げていきましょう。心相科学の本当の重要性をわかってくれる人はきっと現れるものと信じています。

心相科学が雑誌で紹介される

 

心相科学が雑誌で紹介される

 

 心相科学理論が雑誌で紹介されました。

 ・「ENTAME」徳間書店 6月号 5月30日発売

 ・「よつば」M.B.MOOK(マガジンブックス)7月12日発売

 ・「MIST」実業之日本社 7月17日発売

 

 心相科学理論も大分浸透してきました。

 雑誌社の編集の方にも心相科学の素晴らしさや他の占いと異なることをわかっていただいています。

 こうして心相科学が日本から世界へ羽ばたいていくことでしょう。そう信じていますし、そうなるような活動を現在始めています。

 心相科学理論は単なるお遊びのアイティムではありません。私は心相科学理論が多くの方々に広がったときに22世紀の人類の未来が素晴らしいものとなると心から確信しています。そのために、いろいろな媒体を通じて知られるのは良いことでしょう。

 

 

 

中国「変面」鑑賞会&暑気払いの集い開催

 

明日、中国「変面」&暑気払いの集い開催

 

 明日13日、浅草のサロンで中国「変面」を鑑賞し交流を深める会が開催されます。

 中国伝統の「変面」は滅多に鑑賞することのできない希少な演技パフォーマンスです。おそらく皆様のこれからの人生でも鑑賞する機会はこれが最後かもしれません。

 どうぞ、ご家族や友人知人をお誘いの上おでかけください。

  ●日時    7月13日(火) 午後6時〜9時まで

           変面は7時前後に行います

  ●場所    協会サロン  台東区千束1ー6ー1 905室

   詳しくは数日前のブログを見てお申し込みください。

 

 

つかこうへいさん死去

 

つかこうへいさん死去

 

 演出家のつかこうへいさんが死去しました。死因はガンでした。

  1948年4月24日生   心相数 415

  

 昨年、肺ガンであることが発覚して、闘病を続けていましたが、その甲斐もなく62才で死去しました。

 早すぎる死です。心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

自民党大勝!

 

自民党大勝

 

 10日、参議院議員選挙があり自民党が大勝しました。

 リーダーの運気が組織の運気というのが心相科学の考えです。

  昨年の衆議院議員選挙で民主党が政権を奪取したのもこの運気の現れでしたが、今回の選挙でも如実に現れました。

 民主党の菅さんの運気は6の位置で、来年の12月の誕生日まで下降期にあり、一方の自民党の谷垣さんの運気は4の位置で上昇期にあります。

 自民党は今回、大島幹事長の心相数が268で運気1の位置にあり、勢いのただ中にあります。昨夜、谷垣さんと大島さんが満面の笑みを見せていたのが印象的です。

 ちなみに、今回一番運気が勢いがあったのがみんなの党の渡辺喜美さんでした。心相数821で運気9の位置にあります。この運気の勢いの通りに当選者10人という大躍進を果たしました。

ここでも「運気優勢の法則」がしっかり働いていました。

 

 


スペイン優勝!

 

W杯・スペイン優勝

 

 スペインVSオランダの決勝戦があり、延長戦の末1−0でスペインが優勝しました。

 終わってみたら「運気優勢の法則」の通りに運気が上位にあるスペインに軍配があがりました。

 スペインと監督の運気が「2」の位置、オランダの監督の運気が「4」の位置にあり、スペインの監督の運気が上位にあります。

 運気上位のチームが勝利すると言う意味では、4年前のドイツ大会と同じ結果になりました。

 運気の大切さをあらためて痛感します。

浅草ほうずき市始まる

66523a13.jpg

 

浅草ほうずき市

 

浅草ほうずき市が9日と10日の両日開催されます。

朝一番でのぞいてみましたが、まだ人もまばらでした。昼ぐらいから賑わうのでしょうね。

ほおずき市に詣でると四万七千回の参拝の御利益がいただけるということです。日頃浅草寺に参拝したことのない方もこの日がチャンスということです。

浅草寺は628年に開山。関東では最も古いお寺の一つです。江戸の庶民に親しまれ篤く信仰されてきたという意味で、関東のお寺の中では別格の存在です。

どうぞ、こういった機会に浅草にお出かけください。きっと良いことがありますよ。

 

 


スペイン決勝戦進出

 

スペイン決勝戦進出

 

 8日、スペインVSドイツの準決勝戦があり、1ー0でスペインが勝利し、決勝戦へ進出しました。

 運気というのはつくづくやっかいなもので、いろいろな要素で勝利の行方が決まってしまうものです。

 今回も「運気優勢の法則」からしますとドイツが運気「1」で優位な位置にありましたが、終わってみると運気「2」で下位のスペインが勝利しています。

 勝敗の行方を「運気」から診ていく場合には、ヾ篤弔留慎ぁ↓∩漢手の運気、3萍する選手の運気、失敗する選手の運気が目安になります。

 ,隆篤弔留慎い蓮岷慎ねダの法則」を決するものですが、しかし、これは単純に「上位にある」ということだけで勝敗を分けるものではありません。

 運気優勢の法則の原則は、「運気上位の人が勝つ」ということですが、例外的に「大ブレイク地点にある人が勝利する」というのも法則となっています。

 ですから、今までのプロ野球や政治家の選挙に関して、この大ブレイク点で世間の予測を覆して勝利したという例が多くみられます。

これは、運気の優勢の法則より優先する特殊な法則であり、「大ブレイクの法則」というものです。ですから、運気を診る際にはいつも「運気優勢の法則」と「大ブレイクの法則」の二つの観点が必要です。

ただ、この二つに当てはまるときに何を重視して予測するかはなかなか難しいものがあります。この場合には、ヾ篤弔涼太呼を中心とする一年の動き、△修離繊璽爐寮鑪蓮△鯀躪臈に判断せざるを得ません。

 今回も「結果」から、スペイン勝利の運気に関する勝因を分析しなければなりません。

 スペインのビセンテイ・デル・ボスケ監督は1950.12.23生まれで、心相数が685。運気位置は12月の誕生日に「2」。それまでは運気位置「3」の大ブレイク点にあります。

 こういった状況が最も判断に苦慮します。前回のドイツ大会では上位3チームがそのまま運気優勢の法則のままに勝利を治めましたので今回のような場面が現れませんでした。「大ブレイク点」にある人が「主役」になるということです。今回はスペインが主役になる可能性があります。

 運気を診る際には、本来はこういった細かい分析が必要ですが、今回の予測ではこういった分析を怠っていました。今回は、大ブレイク点の勢いの凄さを痛感させられた結果でした。

 

 

 

中国「変面」を鑑賞し・皆様方とのご縁を深めるための夏の集い

中国「」を鑑賞し

皆様方とのご縁を深めるための夏の集い

 

 この度、新年会で妙技を見せていただきました中国の「変面」の一任者・周洪武先生が7月初旬に来日いたします。

 もう一度「変面」を観たい、という多くの方々の要望がかない、急きょ、中国「変面」を鑑賞する会を企画いたしました

 同時に、当日は夏の暑気払いを兼ねまして皆様方との交流の場にしたいと考えています。

 当日は、周先生の「変面」の妙技を間近で観られます。また、張紹成先生の「健康護身エクササイズ」の演舞の紹介も予定しています。当然、私し宮城も心相科学の話をさせていただきます。

 どうぞ、「変面」や「張エクササイズ」や「心相科学」に関心のある方はどなたでもお申し込みください。ご家族や友人知人お誘いの上お出かけください。

〈変面とは〉

観客の目の前で瞬時に変わる「変面」は世界の7不思議の一つとされ、その仕組みは中国では国家機密とされています。勇壮な衣装での舞の中で、ふと腕を振り上げた瞬間に面が変わり、その早業に思うず身を乗り出します。

●日   時  2010年7月13日(火) 18時より

●開催場所   国際心相科学協会サロン 

          台東区千束1ー6ー1 905室

         〈交通案内〉

           地下鉄銀座線田原町駅下車10分

           地下鉄日比谷線入谷駅下車10分

           つくばエクスプレス浅草駅下車5分

 

●会   費    3500円

●人   数    30名ぐらいを予定していますので、

           先着の方から締め切らせていただきます。

●申し込み    参加ご希望の方は7月12日までに

  電話かFAX(氏名、住所、生年月日記載)でお申し込みください。

  電話 03ー5808ー3639 (国際心相科学協会)

  FAX  03ー5808ー3669

 

    

オランダ決勝進出

 

オランダ決勝進出

 

 7日、オランダVSウルグアイの準決勝戦があり、3ー2でオランダ勝利しました。

 運気的にはウルグアイが優位でしたが、オランダの実力が運気を勝っていました。

 ただ、ウルグアイも運気が上昇のただ中にあるために伯仲する良い試合を見せてくれました。さすがに準優勝まで上り詰めたチームはそれなりの力がありますね。

 これだけオランダが勝ち進むには、そこに運気としての何かの理由があります。

 チームの運気をみる場合は原則は監督の運気ですが、チームで活躍した主力選手の運気が勢いがある場合があります。今後の研究のためにオランダチームの運気を調べてみたいと思っています。

 

 

 

 

W杯準決勝の行方

 

W杯準決勝の行方

 

 優勝候補であったアルゼンチンが大敗を帰しましたので、改めて優勝の行方を予測しておきましょう。

 今日、W杯準決勝があります。ベスト4に残ったのがオランダ、ウルグアイ、ドイツ、スペインの4チームです。

準決勝は、オランダVSウルグアイ、ドイツVSスペインの組み合わせです。勝敗の行方はどうでしょうか。「運気優勢の法則」がどこまで働いているかを診て行きましょう。

 まず、オランダVSウルグアイを診てみましょう。オランダの監督の運気は4ですが、ウルグアイの監督の生年月日は三つほどの候補があって何が本当か真偽のところは謎になっています。

<ウルグアイの監督の運気>

 1947.3.2        心相数 358    運気 2

 1947.3.3     心相数 369    運気 3

 1956.3.31    心相数 371    運気 4

 

 運気4のガーナに勝利したということですから、運気位置がガーナより上の,△任△襪塙佑┐蕕譴泙后,筬△任△譴弌▲ランダより上位にあります。世間ではブラジルを負かしたオランダが優位とみていますが、運の力がどのような形になって現れるのでしょうか。

 次に、ドイツVSスペインは、ドイツの監督が運気1で、スペインの監督の運気が2です。運気的にはドイツ優位と診ることができます。最近のドイツの試合振りをみますと、ドイツ優位と見ることができましょう。

 

 

 

 

 

菅政権と参議院選挙結果

 

菅政権と参議院選挙結果

 

 参議院議員選挙まっただ中です。

鳩山前首相の突然の政権放り出しによって棚からぼた餅的に総理の座を手中に収めたのが菅さんでした。

民主党ないの代表選挙では樽床議員の運気が菅さんより下位にありましたから、運気優勢の法則が働いて菅さんが勝利しました。

しかし、菅さんの運気はまだ6の下降期にあります。菅さんが就任したときに、「これはまだまだいろいろなことが起こる」という懸念を抱いたわけです。

案の定、菅さんは何を思ったか突然消費税率の引き上げに言及し、自ら墓穴を掘ったように支持率がどんどん下降に向かっています。こういった不用意な発言をしてしまうというのが運気下降の恐ろしさです。

 

スペイン・ベスト4進出

 

スペイン・ベスト4進出

 

 3日、スペイン対パラグアイの対戦があり、スペインが1−0で勝利しベスト4に進出しました。

 この結果は予想通りでした。運気はスペインが2の位置、パラグアイが4の位置にあります。

 共に運気上昇期にありますが、運気に差がある場合には勝敗は明確です。

 

 


ドイツがベスト4に進出

 

ドイツがベスト4に進出

 

 3日、ドイツ対アルゼンチンの一戦があり、4−0でドイツが勝利し、ベスト4に進出しました。

 運気の勢いからしますと、アルゼンチンが勝利するものと予想しましたが、結果はドイツの大勝に終わりました。

 今回のドイツとアルゼンチンの両チームは運気からしますと同じ位置にあります。こういった場合には勝敗の行方は監督の運気だけではわかりません。選手の運気やチームの客観的な力の差を評価しなければならないでしょう。

 日本対パラグアイ戦の場合も同じでした。PKで勝敗が決しましたが、選手の運気にドラマが隠されていました。

 運気の勢いでいえば、ドイツとアルゼンチンの一戦が実質上の優勝であったといえます。今回のドイツの勝利はそのままドイツの勝利を予感させます。

ウルグアイ・ベスト4進出

ウルグアイ・ベスト4進出

 

 2日、ベスト4をかけてウルグアイVSガーナの一戦も行われ、1ー1のまま延長戦にもつれ込みましたが、PK戦の末4ー2でウルグアイが勝利を治めました。

ウルグアイのタバレス監督の運気が2で勢いのただ中にあります。一方のガーナのライェバッチ監督の運気は4でウルグアイの監督より下位にあります。ここでも運気優勢の法則が基本通り働いています。

次回のウルグアイの相手はブラジルをまかしたオランダです。運気的にはウルグアイが優位です。結果はどうなるでしょうか。楽しみですね。

 

ブラジル敗れる

 

ブラジル敗れる

 

 ブラジルVSオランダ戦が2日あり、当初のブラジル優位の予想を覆して1ー2でオランダが勝利しました。

 今回、ベスト8の中でブラジルの監督の運気だけが下降期にありました。本来は下降期で勝ち進むことはまれなことです。逆にこのまれなことが、「もしかしたら」特別のドラマが準備されているかも、という予感を抱かせました。しかし、結果は、やはり運気の通りで終わりました。

 前回のドイツ大会でもブラジルは優勝候補にあげられながら、いつの間にか敗退。あのときのブラジルの監督の運気も他のチームの監督と比べて下位にありました。

 勝負事は運気を知って戦うことの重要さをあらためて痛感させられます。


W杯8強の勝負の行方

W杯8強の勝負の行方

 

W杯8強が出そろいました。

オランダ、ブラジル、ウルグアイ、ガーナ

ドイツ、アルゼンチン、パラグアイ、スペイン

 

この8強の監督の運気を診てみましょう。

オランダ     マルワイク監督 865 運気 4         

ブラジル     ドゥンガ監督  156  運気 7

ウルグアイ   ダバレス監督  358  運気 2

ガーナ      ライェバッチ監督  123  運気 4

ドイツ       レーブ監督  753  運気 1

アルゼンチン  マラドーナ監督  742  運気 9

パラグアイ    マルティーノ監督  944  運気 4

スペイン     ビセンテ・デル・ボスケ監督  685  運気 2

 

8強の監督の運気で下降期にあるのはブラジルのドゥンガ監督だけです。本来、運気が上昇にあるチームがW杯に進出するはずですので下降期の監督が上位にあるのはきわめて珍しいと言えます。8チーム中で1チームだけですから、そこに万に一つの優勝への秘密が隠されているかも知れません。

原則通りですと、運気上昇の頂点にあるアルゼンチンのマラドーナ監督が優勝する可能性が高いといえます。

最近のマラドーナ監督のハイテンションぶりはその予感を感じさせます。ただ、運気位置で言いますマラドーナ監督は10月30日まではドイツのレーブ監督と同じになっています。この少しだけ上位にあることがどのように作用するのでしょうか注目です。

今後の対戦を運気で予測しておきます。

〈ベスト8〉

 オランダVSブラジル → オランダ勝利

 ウルグアイVSガーナ → ウルグアイ勝利

 ドイツVSアルゼンチン → アルゼンチン勝利

 パラグアイVSスペイン → スペイン勝利

ベスト4〉

 オランダVSウルグアイ → ウルグアイ勝利

 アルゼンチンVSスペイン → アルゼンチン勝利

〈ベスト2〉

 ウルグアイVSアルゼンチン  → アルゼンチン優勝

 

運気からみますとこのような流れですがどうなるでしょうか。一つの目安として診ておきましょう。注目はともに運気の勢いのあるドイツVSアルゼンチン戦です。この両者の勝者が優勝することでしょう。

 

 

岡田ジャパン敗退

 

岡田ジャパン敗退

 

 W杯ベスト8をかけて日本対パラグアイの一戦があり、0ー0と延長戦でも決着が付かずPK戦の末にパラグアイの勝利となりました。

戦いでは、二つの要素で勝敗が決せられます。

一つは、チームの監督の運気によって決せられる場合です。双方の監督の運気の状態を診て判断します。

まず、岡田監督の方がマルティーノ監督より一つ上位にありますから鉄則では岡田監督優位でなければなりません。結果はパラグアイに軍配があがりました。

ただ、今回、判断が難しかったのは、カメルーンやデンマークの監督は明らかに下降期にありましたから、勝敗は目に見えてわかりましたが、今回の場合は共に上昇期にありました。ですから上昇期にある場合は、少し上位にあっても負ける場合があるということです。先日のオランダの場合も同じで、岡田監督がオランダの監督より少しだけ上位にありましたが負けてしまいました。ただ、試合の内容からしますと善戦と言うことがいえます。

今回の場合も、0ー0で延長戦までもつれ込んだと言う意味では、岡田監督の運気が良かったためと考えられます。ある意味ではよくぞここまで頑張った、ということでしょうか。

二つには、選手の運気によって決せられる場合です。大切な場面で関わった選手がどのような運気状態であったかが勝敗を暗示してしまう、ということです。

今回は、どうもこの二つめの要素が最終的に勝敗を分けたように思えます。

今回の戦いは最後のPK戦で勝敗が決しました。すべてがこのPK戦に原因を診ることが出来ます。

 1人目の遠藤保仁と2人目の長谷部誠がゴールを決め、3人目の駒野友一が失敗、四人目の本田圭佑が決めましたがパラグアイの五人全員に決められて3ー5で負けてしまいました。日本側の四人の選手の運気状態を診てみましょう。

 1人目 遠藤保仁 1980.1.28   心相数 922  運気△脳緇

 2人目 長谷部誠 1984.1.18   心相数 415  運気で頂点の年

 3人目 駒野友一 1981.7.25    心相数 156  運気Г撚爾

 4人目 本田圭佑 1986.6.13    心相数 617  運気い脳緇

 

 3人目の駒野選手が下降期の最も辛い時期にあります。今回のゴールの失敗も「運気のせい」ということでしょうか。

 ちなみに延長後半に投入した玉田圭司(1980.4.11生 心相数 966)も今年までは運気下降期にあります。カメルーン戦で運気上昇期にある本田が活躍したのとは逆に大切な場面で運気下降期にある玉田選手が登場した時点で、この試合の勝敗が決まっていました。

こういった大切な場面で誰を使うかという判断として、心相科学の情報は重要です。大切な場面では運気上昇の人に勝敗を託する、という戦略が打てるからなのです。

岡田ジャパンの夏が終わりました。今回敗退はしましたが、まあよく頑張ったという評価で良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

明日のパラグアイ戦の行方

パラグアイ戦の行方

 

 明日29日、日本対パラグアイの一戦があります。

運気的に言えば、日本の岡田監督が369、パラグアイのマルティーノ監督の心相数が944、一年だけ岡田監督が優位にあります。

明日は日本が勝利するか、善戦することになるでしょう。期待が出来る一戦です。








Profile
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ