はじめての。

フェイスブックというのは、便利である。

 だけど、会社員のひとからするとだいぶん、面倒なツールでもあるらしい。

mixiと同じような気分で、楽しいプライベートな事をアップしていたらある日突然、時代が時代だったら袈裟懸けにして斬殺してくれようと思うようなアホ上司より、友人申請が来たりして。

 俺はずっと、サラリーマンとかOLのフェイスブックの友人達が何故、毎日の昼飯の写真ばっかりアップするのかが不思議だったのだが、そういうことだったんだと合点した。

 世の中に「昼飯」ほど、当たり障りのないものは無いからなぁ。

 まあそれが、午後3時まで、快適なイタリアンの店のテラス席とかで飲んだくれてるとかなら別問題ではあるけど。

閑話休題。

昨夜、これは実名出して差し支えないと思うので「山下浩和プロ」。

俺がフェイスブックで、

たまには「お仕事」のことも書かないと「ゴルフのプロでもないのに、ええ、プロ並みに練習してるけど、まったく下手くそのままで何やってるひとなの?」って事になるので今日は、某誌の撮影で、K岡Iのすけ様を撮影してきたんだぞ! ってことをお知らせしておきます。むう。

って書いたことについて反応してくださってかつその後、メッセンジャーという機能を用いてあれやこれやということになった挙げ句なんと今日、マンツーマンで俺のゴルフを診てくださるという。

 銀座の、とあるゴルフスタジオにてたっぷり1時間。

4スタンス理論にも詳しい彼は、俺を「B1」と診断してくださって。

その後のアレやコレやは、書いてしまうといけない感じなので割愛させていただくがここ数年、俺の脳味噌の周りをぐるぐるしていた黒いモヤモヤが、キレイサッパリ、霧散したのだ。

ほんと、俺史上初の「プロによる、レッスン」だったが、素晴らしいものであった。

むう。
 

ウェッジを3本にしてみた。

長らく更新してなかったのだが、それはフェイスブックがこのブログの役割を果たすことになっているということである。

「Hi Saco」

で、フェイスブックやっているから、よろしければお友達申請とかしてください。ええ。

ともあれ、俺の、

「テーラーメイドの専属プロのようなセッティングにする俺。しかし俺、金払ってます計画」

は、着々と進行中なのである。

ウェッジを3本、買ってみた。

IMG_1351

50 54 58 の三匹。

シャフトはKBS(KBSっていうと京都のローカルチャンネルを思い出すが)の、ウェッジフレックスなのだがこれが、とても重い。

だけど、重いシャフトとヘッドのバランスが最適で俺は、ひょとしたら、長年苦しんできたアプローチに関する諸々の悩みが解消するんじゃないか? とうことを今日、実感した。

なんていうの? シャフトも、ヘッドも、バランスよく組まれていたら、重いほうがコントロールできるんだね。

 

最近の俺様のゴルフ

IMG_1199

 
いやはや、パーオン率89%なう。
最近ゴルフを始めた友人の同業者とのラウンドの、1.5ラウンドの最後のラウンド。

だいぶんじょうずになってきたのだ。



新規会員というか、新・会長と新・名誉会長就任。

押忍。

最近、セカンドショットの調子が良すぎて、ティーショットなんかどうでもいいわ。OBとか1ペナはいやだけどチョロして残り200yでも乗っけてやるわという元・会長のサコゴルフです。

そんな俺は先日、18番ホールではじめて、3wでティーショットしました。

同伴者のにわか富豪高速ベンツ男には「なんだそれつまらないゴルフしやがって」と云われましたがもお、こういう感じで行こうかと思っています。

ていうか2オン狙いでもしない限り、18番でドライバー振る意味が全く無いということに、5年かかってやっと気付きましたよ。

でさぁ、やっぱり、テーラーメイドの新品アイアンとか使っていると、なんというか、

「今」なゴルフができますね。嗚呼。。。。

まあ、今の俺って、テーラーメイドの契約選手みたいなセッティングですが実際は、テーラーメイドからお金貰ってるわけでもなんでもなく単に、お金払ってるだけなんです。

閑話休題。

ともあれ、GW中の某日。久々に、ニッソの楽しいメンバーさん達とラウンドしました。

でもって「超・快晴。ほぼ無風」という、ニッソにあるまじき絶好のコンディションのなか晴れて(まあ、晴れてましたが)久々に、私が長く会長職を務めさせていただいていた、

「NISSO 100 CLUB」

の、栄えある、新しい会長および、名誉会長が就任されましたのでここに、発表しておきます。
新会長は、ここで実名を晒してアレするのもアレですから伏せておきますが。


会長 ・・・・  T本酔っぱらい大王。ゴルフ場以外でも酔っぱらって転倒し、骨折されたそうでそこから再起、会長への道を歩まれていらっしゃります。


名誉会長 ・・・ 伏せようのないお名前なので、ガイジンということで紹介しましょう。Valley氏。お見かけしたらちゃんと英語で「Hello Mr.Valley, How is your Highness?」と丁重に、膝をついて挨拶しておいてくださいませ。

というわけで。

お二人の、会長が就任されたことによって、設立当初の会長職を歴任させていただいた私もその、重責から逃れて晴れて、楽隠居させてもらえることとあいなりました。

お祝いに、バッグタグを進呈するという話をしたところ、

「そ、それだけは勘弁してくれ」

ということだったので現時点では、ウサギの耳のカチューシャに100というデコレーションを施した、素晴らしい王冠を制作中であります。

むー。



 

昨日とか、日曜日なので

家に帰ってきたら、取り込み忘れた洗濯物が庭に散乱していた。

ふはは。

日曜日だったよな。

東京では「そよ風、気持ちいい」なんて日でも暴風なニッソで、ラウンドしてたひとがいるかと思うと。。。。

 

Kタロウ男子の、初打ちっぱなしに付き合った俺。

いつも、現場で素晴らしい働きをしているKタロウが、

「ゴルフ、はじめたいんです」

っていうから、ゴルフパートナーの多摩練に拉致監禁。

彼の、初打ちっぱなしに帯同したのだ。

まあ、この多摩練ってのは、素晴らしい。

 今夜は3時間くらいで1800円。打ち放題!

おそらく、東京都内で最も、安いなこれ。
という場所にて、Kタロウの初打ちが開催された。

この前読んだばっかりの本のなかで「アメリカでは初心者に、アプローチウェッジでチップショットをゲーム感覚で、徹底的にやらせるのだ。だから、アメリカ人はじょうずなのだ」というのを読んだ。

なのでいわゆるグリップとか、構え方とか、そうゆうことを適当に教えたあとは徹底的に、チップショットの練習を。

 Kタロウも渋々という態で、チップショットをやっている。

だけども、空振りしたり、ダフったりトップしたりしているうちにサクっと芯に当てはじめてその球が、とても佳い感じで20y先のグリーン上でツツってスピン効かせて止まったりするようになった。

俺は「え!」と、思った。

というか「俺よりも、じょうず!」 と、思った。

というか2、俺って、アプローチに関しては、初めて打ちっぱなしにやってきた若者以下なのである。それはよく、解っているんだ。

嗚呼。

いや、違う。

俺には、ロブショットという武器がある。

Kタロウが「じゃあ、先輩、見本みせてください」

云うから、20y、30y、40y、50yとロブショットを魅せてやった。

Kタロウも、空気を読む漢である。

「あ、奥のグリーンの奥に乗った球が、ギュルギュルと戻ってきましたよ!」

なんて、喜んでいてくれる。

ていうか、なんなんだろうね。俺。

ロブならば10y刻みで打てるのに、なんというか初打ちっぱなしの青年でもできる、チップ&ランが、まったくできない。

なので「あのぅ。アプローチに関しては、アレなので」

と断りを入れて、フルショットの練習を。

それが、チップショットを1時間くらいやらせたせいか、初めてゴルフクラブを握った漢とは思えないショットを、打つ。

規定時間も終了して帰路。

「いやぁ、先輩って、教え上手だと思いますよぉ。俺、ゴルフがこんなに楽しいとは思ってもいなかったっす!」

と。

まあ確かに、俺を追い抜くまでの息子や、数々のゴルフ女子のコーチとしていろいろと「いかに、シンプルに、ゴルフを教えるか」 って点では、俺はだいぶん、教え上手かもしれん。

ただ、俺がもうちょっとというかもっと、じょうずにならんと、いけないなぁと、痛感した夜なのであった。



嗚呼。 

春何番?

まあ、久々の投稿だけど今日、東京でもこんなに暴風なのに、ニッソでゴルフしているひとがいるかと思うとそれだけで、

「ププ」

って、笑えるのである。

むうw

 

相棒

アコードワゴン君がいなくなって、新しい相棒がドイツからやってきた。

しかし、このナンバー。

「せめて、このくらいのスコアであがれよお前」

って言われている気がするし、さらに、ゴルフ場の駐車場でこのナンバーみたら、

「なんやこいつ、39 36 の+3 で、舞い上がっとるんやw ププ」

って、思われてしまう。。。。

嗚呼。

IMG_1073

雪なのか?

雪が降るのは、大好きである。

しかし、ニッソには積もらないでいて欲しい。

 むー。

orz

いやはや、昨日の宮里兄ぃの壮絶なチップイン、素晴らしかったっす。

感激屋さんの私は、貰い泣きしましたなぁ。

まあ、セカンドでトップしたときはもお、

「おお! プロにも、俺の仲間が!」

って、思ったのですが。ええ。



しかし、その場にいた松山選手のなんともいえない「キョト〜ン」とした表情にも、心奪われました。

たぶん彼は「あぁ、優勝するって、足腰が立たなくなるくらいに「orz」ってなったり、一族郎党が号泣して祝わなくてはいけないものだったんだ! 全米プロあたりで勝ったら、こういう風にしようかなぁ」なんて、思っていたのかもと。


そして俺は本日、朝から久々のファミリーナイン。
コースデビューを控えた、A女子を、とりあえずショートコースで調教。という段取り。

練習場では、へっぽこ球ばかり打って「練習場シングル」を超えて「練習場トーナメントプロ」な俺からするとなんだこのヒヨコ女と買い被っていたのだが、本番に強いひとって、いるんです。

まあ、初ラウンドだったので「9」とか「7」とかあったけどなんと、パーを3つも拾いやがって!

そのうちのひとつは俺、ダボ・・・・。


「サコさぁん! 打順って、前のホールで、じょうずだったひとから、打つんですよねぇ!」


と、ティを刺すA女子。。。。


俺も、足腰が立たないくらいに「orz」であった。



むう。



 
プロフィール

sm_sacogolf

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ