ちっちゃな幸せ 探そうよ

”働かないぐ~たらな嫁”・”超かたぶつの長女 & わがままで金銭感覚ゼロの二女”が家族の場合、自分だけの「ほっ!」とする居場所ってどこにあるのか。 でも、"日常の些細な変化" と "小さな喜び" に目を向ければ割と幸せかも。 最近は投資も始め、金銭的にも何となく余裕が出てきたような気が・・・・  まぁ、気のせいか。


✅ 今般の世知辛い世の中、ほんの些細な楽しみを見つけていきたい。

✅ 将来を見すえ、老後破産しないよう今から投資で資産を作っていきたい。

✅ 裕福だと思ったことがないので、少し贅沢をしてみたい。

✅ 運命のいたずらでもいいので、資産家になり不労所得で暮らしたい。

ハブとマングース

ぼくから見る嫁は、なかなかの「変わり者」です。

結婚当時、「家計のやりくり」は全て嫁に任せていました

あるとき靴が傷んできたので、「靴を買いたい」っていったら「そんなお金はない!どこからそのお金を出せばいいの?」って普通に・・・

実際、雨が降った時靴の先が開いていて「パカパカ」して靴下が「びしょぬれ」にもかかわらず。

「靴下が濡れて気持ちわるいんだけど」・・・って言ったら「ないものはないよ!」って

そんなこんなで、今は「家計のやりくり一切」ぼくがやっているのですが、そんな嫁にも「天敵」が現れました。

それは、わがままな二女。

ぼくとケンカすることは、ほとんどないのですが「嫁」と「二女」は顔を合わせるたび「なんらか」でもめてます。

他人のいうことは「一切耳に入らない嫁」は、なぜか二女には弱い。

そんな、光景を見るたび「女性って強いな!」って素直に思います。

女性(母親)から生まれたぼくは、やはり「女性には勝てるわけはない」と思う今日この頃。

特に嫁に関しては「理論が全く通じない」ので逆らわないほうが、身のためです。



日々の出来事ランキング


XRP

XRP、日本では「リップル」って言った方が分かりやすいかも知れません。

本来、「XRPは暗号通貨の名称」で「リップルは社名」です。

暗号通貨の中でも「時価総額」が常にトップ3に入っている通貨なのですが、特徴としては「会社が管理」する「中央集権型通貨」ということと、「ブロックチェーン」ではないことから「ビットコイン」などと真逆の「送金などを目的としたブリッジ通貨」です。

ぼくが期待して主に購入している通貨は「BTC」と「XRP」です。

2017年ごろは、暗号通貨バブルで「いろいろなコイン」を持っていたのですが、今はメイン2つの通貨のみの投資(投機)をしています。

リップル社のCEO_「Brad Garlinghouse」氏はXRPの評価をよく見せようとしている傾向が見受けられますので、正直どこまで信頼していいものか迷うことがあります。

政治的には強く、価格も期待できるとは考えていますが「一般投資家」を「どう考えているのか」がいまいち分からないところも「個人的」には見受けられます。

今後どう転ぶか分かりませんが、リップル社の今後の動向を注視して「いざ」となれば全て「BTC」に変える選択肢もあります。

ただ、こういうものは将来どうなるか分かりませんので「自分の感覚」を信じるのみです。

投資は自己責任ですので。



ビットコインランキング

シルバーバーチ

「シルバーバーチの霊訓」って知ってますか。

信じる信じないは別として、内容が素晴らしすぎる書ですが「この内容・この文面」はどこから発せられたものなのか、いまだに疑問に感じます。

これらの、霊訓が記録された時代は私たちが生きている「はるか前の時代」であり、その時代に生きていた人間からすれば斬新な意見であり、心に突き刺さる「霊言」であったに違いありません。

ちなみに、シルバーバーチの霊訓とは「世界三大霊訓」の中の1つであり、世界三大霊訓は下記の3つの霊訓になります。

・シルバーバーチの霊訓
・モーゼスの霊訓
・アラン・カルデックの霊の書

ぼくは若いころ、いつもこのような本を読みあさり、「真理とは何なのか」いつも探してきたような気がします。

13歳くらいから「マーフィーの法則(引き寄せの法則)」や「心霊学」などが大好きで、ずっと探求し続けてきたのですが、今現在、察するにそのような類(たぐい)のものでもないような気がしてきました。

自分の周りには、いろいろな「宗教信者」が多く「教主さま」をあがめ奉っていること、お金を奉納している行為すら間違いではないのかなって・・・

間違いと断定する行為には、自分が正論だと思う心があり「人間の定めた常識が心理」なのかっていわれると、今現在の常識であり恒久的な真理ではないかと・・・

また、今生きている世界は今しか存在してなく、過去って存在したのかどうかが不明です。

証明(知覚)することのできないことを、説明するのはとても困難ですけど、それをあえて記述された書が世界三大霊訓だと、今のところは理解しています。

誰がこの書を記したのかは不明ですが、それすら追求する必要もないと感じます。

それは大いなる自己、真我であり普段生活しているかぎり顕現しないものでもあると思います。

そして、真我とはこの世の全て(量子物理学の世界)であり「知覚できないもの」だと今は感じています。


米国株

「株式投資」というと、なんとなく「ある会社の株に全財産投資」➡「自己破産」➡「生活困窮」ってイメージがわきますが・・・

ぼくだけ?

でも「ぼくの上司」の父親が株式投資が原因で自ら命を絶ってしまったことを聞き、その上司の家訓として「株には絶対手を出すな!」ということをいわれて育ったみたいです。

上司の話による(酒に酔った時しか話しませんが)と、兄弟で親戚を転々として育ってきたそうです。

すみません。暗い話はこの辺にして、それはどこの世界にもあること?・・・ですよね。

「起業」・「不動産」・「為替」・「暗号通貨」・「国債」などなど。

「現金預金」自体リスクにもなり得ることを考えると、「リスク」のないところに「リターン」はないと思います。

そんな、大切で重い話を聞きつつ、どうしても「株式投資」をしたいという気持ちを抑えることができなかったため、よく分からず ”ネット” を探し回った結果、ある動画に目が止まりました。

それは、YouTuber の 両 学長 です。

確実にぼくより年下ですが、なんでこんなに知識があるのか。正直、聞き入ってしまいました。

YouTuber 両 学長 の動画を見つつ、楽天証券で「米国株式」に投資をしていくことにしました。

まだ始めたばかりですが、株で不労所得を得るには長い道のりになりそうです。


投資の勉強のなるおすすめ動画

ちなみに・・・YouTuber_両 学長の動画は ➡ 両 学長



株式ランキング

レジャーナノs

1⃣ ディスクトップウォレット
コンピュータ上にインストールして「ローカル環境で管理」できる財布。

手軽に使用することが可能ですが、最初のインストール・設定等が面倒なことが欠点。


2⃣ ウェブウォレット
ウェブウォレットは、「ウェブ上に暗号資産を保管」。

手軽にウェブ上にある自分のアカウント内で暗号通貨を保管・管理することができる。


3⃣ モバイルウォレット
暗号通貨を保有・管理するためのデータをPCやスマホに保存させるという形のもので、「デスクトップウォレット」・「モバイルウォレット」と呼ばれている。

4⃣ ペーパーウォレット
暗号通貨を「保管・管理」するためデータを紙に印刷し保管するウォレットで「ペーパーウォレット」を発行するためのサイトやサービスがある。

自分の「アドレス」や「秘密鍵」を発行でき、ハッキング等のレベルは最高のセキュリティレベル。


5⃣ ハードウォレット
ハードウォレットは「USB」のような専用端末に保管するウォレットで「データを専用端末」に保管。

初期設定や送金などの「操作を行うときだけPCに接続」するため、完全にローカル環境での保管となる。

端末が故障場合は、初期設定の時に記載した「バックアップフレーズ」を新しく購入した端末に設定すれば、データ自体は復元が可能


おすすめのウオレットは

いろんな種類の「ウオレット」がありますが、ぼくは「ハードウオレット」の「Ledger Nano S」を使っています。

心配だったので、2つ購入して復元できるか確認しました。

購入したきっかけ・・・思い出したくもない「コインチェック」のハッキング事件。

120,000XRPが引き出せなくなったことが発端です

今だ取引所のハッキング事件は多く、どんなに二段階認証とかしても徒労に終わります。

どんなウオレットでもいいと思いますけど、取引所に「預けっぱなし」はやめた方がいいいです

ぼく自身の経験でも、海外取引所「クリプトピア」に放置していたコインはハッキング・取引所自己破産で帰ってこないでしょう。



ビットコインランキング

育毛剤

数年前の日曜の昼下がり、居間に寝転がって "うだうだ" していた時に「事件」は起こりました。

「パパぁ~なんか髪の毛うすくなってきてない?」って二女。

「ママぁ~ちょっと見てみて。やばっ!パパ はげてきてる!!」ってまたもや二女。

「どれ、ちょっと見せてみっ!」って鬼嫁登場。

「ぷっ・あはっははは」・・・大笑いしながら「やめときなさい!パパも傷ついてるんだから」(目いっぱい笑いをこらえる)

「なにがだよ! 「はげ」ってなんだよ?はげてないよね。どこが?」・・・ってぼく。

「後頭部だよ!!いっちゃってる。今まできずかなかったぁ」って二女がめちゃくちゃ爆笑。

「なんだよ。ふざけんなよ!」って顔面蒼白で手鏡を持って洗面台で合わせ鏡をしてみた。

「なっ、なにこれ!」今までこれで会社に(かっこつけて)行ってたのか・・・

大変なことになっている。これは一大事。すぐネットで ”ググりまくった” のは言うまでもない。

あれから数年、いろいろ育毛剤・増毛剤を試した結果「ミノキシジルタブレット10㎎」と「フィンペシア」で解決。

「ロゲイン」・「カークランド」・「その他のミノキシジル15%」などの頭皮に着けるタイプも試したのですが、皮膚がかゆくなって断念。

今は、20代まで復活したとはいえませんがかなり復活しました。

頭髪以外の体毛も濃くなったのでケアには時間がかかりますが・・・

「他人にしか見えないものもたくさんある!」って改めて思いました。



日々の出来事ランキング