「映画・ミックス。」

映画「ミックス。」(監督・石川淳一、2017年)の感想を書きます。

恋人(瀬戸康史)に酷い裏切り方をされた新垣結衣が、瑛太とミックス(卓球の男女ペア戦)で頑張るお話です。

瀬戸に永野芽郁と浮気されて、レストランで陰口を言われます。通常はこんな人の顔を観たくないとなりそうですが、そこは映画です。

新垣結衣は振られて実家に帰って工場で働きます。そして、実家に借金があっても、美人なのでどうせ次の恋愛は上手く行くので、悲壮感はありません。

一方、元プロボクサーで暴力沙汰で離婚して娘とも会えない瑛太の方は、悲壮感漂いまくりです。

卓球初心者の瑛太が1年間頑張っても、ずっと卓球をしてきた人には勝てませんでした。簡単に勝つ脚本でない所がリアリティがあって良かったです。

ただ、瑛太は外資系の会社の就職の面接を断って卓球大会に来ていました。結局、工事現場で出世していましたが、通常なら外資系の会社に行くので、ここはリアリティがありません。

蒼井優(中国人)と広末涼子(医師の妻)には、何にも思いませんでした。遠藤憲一・田中美佐子夫妻の方が良かったです。工事現場の先輩のトレンディエンジェル斎藤司は何なのでしょうか。

作品として捻りや目新しさがある訳ではありませんが、新垣結衣の顔のアップと短パン姿が観られたのが良かったです。新垣結衣のファンには、お薦めします。