Chiffon Cakes

15歳、12歳、9歳の三人の女の子のママです。 毎日の中で楽しかったこと、お菓子作り、むすめたちの事などなどを書いています。

2006年03月

キッズチェアー&消しごむはんこ(ZAIKUさんでお買い物)5

先週、次女と三女を連れて、ZAIKUCRAFTさんに行ってきました。
月に1回は行かないと気がすまない私。
そこで、チョー気に入ったお買い物が出来ました。
それは、「消しゴムはんこ」
モチーフは、私の大好きな、大好きな、「椅子」

もう、これを見たとき、私を待っていたのねって、、、、
さっそく、お家に帰ってインクをつけて、ペッタンコ(右の写真)
おうちには、、この色しかなかったんだけどね。
椅子のハンコ


椅子のハンコ2







そして、我が家にある、本当の椅子、「キッズチェアー」
右のモデル?は三女です。
椅子キッズチェアー千夏










以前から欲しくて、欲しくて、、、、、、。
でも、この本↓を買って、もう我慢が出来なくって、以前、ネットで、キッズチェアー、買っちゃいました。(アンテークではないのですが、、、我が家でアンテークにしまーーーす)
そして、私の夢?をかなえさせてくれた本は、内田彩乃さんの本です。
インテリアの本


子供達は大喜び。
そして、高いものを取ったり、
台所に持っていって、お手伝いをするのに使ったり、、、。
まだ?1脚しかないんだけど、あと2脚、欲しいと思ってまーーーーす。(子供の数だけね)
それから、チャーチチェアーも、、、、。
が、だんな様には、あきれられるでしょうね、、、。

ケーキ教室、研修会、で作ったケーキを持って、お宅訪問5

今週から、長女も春休みに入ったので、昨日、娘三人を連れて、
お友達のお家に遊びに行きました。
日曜日のケーキ教室研修会で作ったケーキをお土産に、、、、。
このうちの上の洋ナシのケーキ半分と、左下のオレンジのムース半分を持っていきました。
家で同じようには作れないでしょうね、、、たぶん、、、。
洋ナシのケーキ






オレンジのムースケーキ










以前は同じ建物に住んでいたので、ママ同士も子供同士も大の仲良し。
そして彼女も3人のママなので、2家族が集まるだけで、子供は6人に、、、。
だから、とっても賑やかで、楽しいひと時を過ごせました。


私の周りには、3児のママの友達が何人かいるのですが、その中でも、彼女を見ていて、
「私も3人育ててみたい」と思ったほど、おおらかで、愛情の深い人です。
私なんて、すぐカーーーーとなって角?が出るんですげど、、ね。
彼女のような家族っていいなーーーって憧れた私、、、、、、
そして、神様のおかげ?そして神様に許されて?、私達家族も、3人の子供に恵まれることとなったのです。

3人の子供を持つもの同士、お互い、色んな喜び、楽しみ、
そして悩みを話せる友達です。
でも、「子供が4人いたら、もっと楽しいだろうね、、、。」と話す、私達でーーーす。
その願いはきっと、お互い叶えることは出来ない、と思うけど、、、、ね。

今は少し離れた所にお引越ししてしまったけど、子供達のお休みになったら、必ず子供達を連れて遊びに行ってます。
そして、来週もまたお邪魔する約束をしちゃいました。
子供も、私も、またまたお楽しみが増えちゃった、嬉、、、。

そして、4月には、ケーキ教室の研修の検定テストが待ってまーーーす。
受けても受けなくても自由だし、でも自信につながるらしい(先生いわく)、、、、
受けてみようかな?

花柄バック(C&Sの布で)5

先週、予約販売のC&Sの布が届きました。
最近毎回、予約販売で買っています。
    フレンチラインの布        タグセット、季節外れですが、雪の結晶のボタン。
フレンチライン花柄タグ、ボタン










この左のラベンダーの花柄の布、以前買ってとっても気に入って、
その時に作ったバックがこれです。
同じタイプのものを2個作って、一つは、お嫁に行きました。
(クリックすると拡大画面になります)
フレンチライン花柄バック










タグも使って、中はパープルのギンガムチェックで、、、。
バックの右下には、ミシンで「M」の刺繍をしてみました。
フレンチライン花柄バック中布イニシャル「M]










今回は、2メートルご購入、お高い布ですが、まずは眺めて?楽しんでいます。
新しい布を買って、すぐハンドメイドしない時には、
ダイニングテーブルにひいたりして、、、、、目で楽しみまーーース。

風水では、今年のラッキーカラーは、山吹色と、ラベンダー。
いいことあるかしら?
ドクターコパちゃん、信じてるわよーーーーー。

ベイクドチーズケーキ&ミルクゼリー5

今日は、カナダ人の知人が赤ちゃんを連れて同じ建物のお家に遊びに来たので、
ママ友達4人(子供6人)+カナダ人の彼女と赤ちゃんで、お茶しました。
彼女のだんな様は日本人、なので日本語が流暢なので日本語でおしゃべり。
そのお茶に、お土産で持っていったのが、
「ベークドチーズケーキ」   と    「ミルクゼリー」です。
ベイクドチーズケーキ(アップ)ミルクゼリー










この「ミルクゼリー」我が家では、夏の定番のおやつです。
娘たちの大・大・大・好物。
レシピは、最近国会議員になられた、藤野真紀子さんのレシピです。
(5〜6人分)
   材料    牛乳        500ml
         コンデンスミルク   50ml
         生クリーム     140ml
         グラニュー糖     45g
         バニラエッセンス   少々(本当はバニラビーンズだけど)

         板ゼラチン       9g
         ホワイトキュラソー  大匙1(本当はアマレット)

  
  
   作り方   “張璽薀船鵑蓮⊃紊貌れてふやかしておく。
         板ゼラチン、ホワイトキュラソー以外を鍋に入れて
          中火にかけ、煮立ってきたら火かろろす。                        
         690mlなければ、牛乳を足す。
          ふやかしておいたゼラチンを絞って加えてこす。    
          (私は計らず、適当に50mlぐらい足します、
           これくらいアバウトでもオッケーよ)
         ぅ棔璽襪猟譴鯢洪紊謀てて人肌になるくらい冷やす。
          ホワイトキュラソーを入れて型に流す。
         ノ簑庫で冷やす。

子供も大人も喜びますよ。
一度、お試しくださいね。

そして、ハーフの赤ちゃん(4ヶ月)とってもとってもかわいくって、、、。
髪は栗色、目は、、、、グリーンがかった茶色
色白で、、、、残念ながら写真はお見せ出来ませんが
かわいい足だけでも、、、、、。
足

あーーーーーーハーフの赤ちゃんなら4人目が欲しい
私です。

今朝の朝食は、、、、5

今朝の朝食は、昨日のだんな様の名古屋出張のお土産の「あんぱん」いろいろです。
名古屋駅の中にあるらしく
「お客さんがたくさんいるから、美味しいのかなって」
何回か、買ってきてくれてます。
いつも出張の時は、忙しいので、
駅の中のお店でしか選べないらしく、、、、、

「明日の休みの朝ごはん用に」
と言って、だんな様が渡してくれました。
あんぱんいろいろ
けっこう、美味しいんです。
いろいろ種類があるみたいで、

今回は、普通の    あんぱん
     よもぎ生地  あんぱん
     さくらあんこ あんぱん
     いちごあんこ あんぱん
     抹茶あんこ  あんぱん



長女と三女は食べたけど、次女は食べませんでした。
「アンパンマン」はだいだいだい好きなんだけどね。

さくらあんこ、は桜餅みたいな感じ、
パンの上には、桜の花びらが乗せてあります。
いちごあんこ、はちょっと微妙?、
いちご大福?っぽいかな?
でもどちらも「春」を感じる食べ物だなって、優しい気持ちになりました。
いちごあんぱん

これが、切り口、ピンク色なんですよ、かわいいでしょ?




そして、そのお店の名前は、
「こころにあまい、あんぱんや」なんですって

いちご堀り?(by次女)5

昨日は、ひさびさ、家族で「おでかけ」に行ってきました。
家族で車に乗り込んで、北へ高速に乗ること1時間、
広島県ではけっこう有名?な「平田観光農園」へ、「いちご狩り」に行ってきました。
行く前に次女に話したら、「いちご堀り楽しみーーー、」だって、、、。
彼女の4年の人生の中で、収穫した経験は、いも掘り、たまねぎ堀り、、。
そして、以前ブログで書いた、我が家のレモンの木のお話、のレモン採り。
なので、頭の中のイメージはきっと、いちごも「掘る」?んでしょうね。
あえて、あんまり、言葉を訂正せず、「いちご堀り、行こう、行こう
と、みんなの掛け声は、「GO.GO、いちご堀りーーーー。」

いちご狩り、家族いちご狩り、千夏あいにくの雨だったのですが、ビニールハウスで、
30分、食べ放題?コース、、、、、、、。
えーーー、30分でどれくらい食べれるのかな?




長女、次女、最初は食べてたけど、そのうち、採ることだけに熱中、、、、。
親だけ、元を取ろうと、パクパク。
三女は、上手にもいで、そしてとっても喜んで、パクパク。

とってもいい「社会勉強?」になりました。
これで、次女は、二度と、「いちご堀り」とは言わないでしょうね。
「いちご狩り」親も、農園では、初めての体験でした。
スーパーで売ってるいちご、あんなに綺麗に作るの大変なんだろうなって、
ちょっと、考えさせられた、私達夫婦でした。
いちご農園





帰りの道では、たぬきが車に引かれて、横たわっていたので(亡くなっていました)、
だんな様、長女、次女を連れて、車から降りて、近づいて、、、、。
たぬきも、こんなま近に見たことの無い娘たち。
「可哀想ね、、、、。」って言ってたけど、これも、自然?なこと、
いい経験だったかな?

いちご



これはスーパーで買った「いちご」。
前より、大事に食べさせていただきます。(by母)
Recent Comments
訪問者数

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ