It's a Small World

ファイブスター物語、ガンプラ、F1などの模型趣味サイトです

もうすでに寄り道かもわからん、ユニバーサルユニットシリーズ。RGM-79N ジムカスタム、完成です。本体色:ガイア フレッシュミントグリーンフレーム:ガイア ニュートラルグレーIIIイエロー:クレオス キャラクターイエローレッド:ガイア カーマインレッド各部のアポジモー ...

もうね、完成までやっちゃいます。ジムカス。ここで放り投げたら、完成しなそう。MHとちがって、途中で止めたら、戻らなそうなんですよね・・・ガンプラ。ってか、これガンプラじゃないか?!ということで、前回からの続き。キットの幅増しでなんとかしようと思っていたアン ...

すんません、ちょっとブームが来てしまっているのでもう少し、ユニバーサルユニットのジムカスを進めます(汗モンシャじゃないよ、南の国からきた燃える男、バニング機だよ!バニングって、褐色ですけど本当に南の国出身で、熱い男だからとか、そういう短絡的なネーミングだ ...

よ、寄り道じゃありませんぜ。並行作業です!!という事で、並行作業するというのは名ばかり、この度、wave 1/144 レッドミラージュの逃げ場に認定された、新たなネタです。ユニバーサルユニット第3弾から、ジムカス!!!モンシャじゃないよ、バニング機だよと。どうでもい ...

生きてます、ええ生きてますとも。 本編FSSばりに、長期休暇していたようになってしまいましたが、久しぶりのレッドミラージュ。実はTwitterではちょこちょこ進捗的なものをアップしてましたが、ブログが追いついてませんでした。トホホ。ということで、今回のお題はv3の特 ...

寄り道の手のりプラス、完成です。 お次はアップで各部。・写真左上、足内側のダクト内にはカーボンシートのシルバーを貼り込んでメッシュ風に。・写真右上、頭部、カメラアイはダイソーで買ったメタリックシール・同じく右上、頭頂部のセンサー部分は、スジボリ堂さんのタ ...

ユニバーサルユニットいよいよ佳境です。ま、あくまで息抜きだしね(汗そろそろレッドミラージュが恋しくなってきました。前回から課題だった手。マニュピレーター?です。どうしてもユニバーサルユニットで共通部品なのと(仕方ないですが)武器を持たせる握り手なので、不 ...

休憩がいつも休憩らしくないのはご愛嬌(笑「気軽な改造」とは「気持ちが楽な改造」であって内容が楽の意味ではないと実感する今日この頃です。前回の続き、脚周りの加工です。なんか加工に夢中で途中写真なくてすみません。Before/After 画像です。左が無加工。右が加工後。 ...

ええー。レッドから、また寄り道かという感じですが、ちょっと疲れまして。休憩させてくださいませ!!(汗 また何をいじりだすのかと思えば、コンバージから久しく止まっていた食玩ネタです。ユニバーサルユニット第2弾より、ゼータプラスC1!!!もうガンダムセンチネル ...

ああ、私は弱い人間です・・・レッドはどうしたぁ??的な感じですが、レッドミラージュのアクティブバインダーのスクラッチに幾度となく失敗し、ちょっと疲れたので、気分転換です(汗お題はこれ。クロスボーンガンダムX1!!フルクロスじゃないよ。X2改でも、X3でもないす ...

結構な改造箇所になるとは思いましたが、ここまでとは。あんまり進んでませんが、完成に向けて日々邁進しております。もう次のIMS発表されてしまったし、そろそろIMSの在庫を作り始めないと、部屋中IMSだらけになってしまいます。前回、勝手にある程度、腕は完成し ...

本当に本当に長らく更新できておりませんでした。本当に恐縮でございます。しかし、しつこいですが元気に生きております。仕事が立て込んでおり、非常に進みが悪くあまり進展してなくて内容の少ない記事を寄稿するのもなんだなと思っていたら、はや5ヶ月(汗とりま進捗報告 ...

いやぁ、私事で恐縮ですが、仕事があまりに忙しく中々進まない今日この頃です。MHはこの横からのアングル素敵ですね。弓なりの曲線美が素晴らしい。今回は脚でございます!まずはV3で特徴的な膝。ゴールドの円形の可動部分?が特徴的。これを再現します。形を作る為に・・・ ...

中々作業が進んでませんが、安心してください、生きてますよ(爆)冒頭から、すみません(汗)永野さんの画稿は不思議ですね。その画を再現しようとすると、一瞬、こんな形出来なくないか!?と思う瞬間があります。でも、頭と手を動かして一生懸命、自分の空間把握能力を最 ...

大変っっっん、お待たせ?したのかどうか分かりませんが随分長らく更新できてませんでした。実際、作業の方もはかどっておらず(泣やっと少し進めたので、ご紹介させていただきます。現時点!そう、タイトル通り「蛇腹」でございます。モーターヘッド造形において、なくては ...

このページのトップヘ