“つまり知らない人を疑う判断を子供にさせるのではなく 
「待ってて、誰かに言ってくる!」 
これを必ず言うことを教育するのです。 

先の訓練では例えば周りに大人がいない状況を作り、 
職員室なりに大人を探しに行かせる。 
友達に伝える子には「50点!大人に言ってね」とダメ出しをする。 

「待ってて、誰かに言ってくる!」という表現は 
相手が疑わしくても優しく見えても、 
どちらにしても気遣いなく発しやすいです。 
良い人なら待ってますし、悪い人ならすぐに離れます。 
子供自身も「待ってて、誰かに言ってくる」と言ったからには 
次の行動は即座に場を動くことになります。”