DIY

April 05, 2007



ついにキーボードを洗える時代になったようです。今までエアスプレーなどでキーの間に詰まったホコリなどを噴出し掃除してた皆さん。ついにこんな商品が出ました。『僕A型だからこれだけじゃ気になる。』とか『タバコ吸いながらキー叩くと、よく灰やくずが入りこんでるんだよね〜』とか思っている人に必見。

イメージの通り水でも洗剤でも使ってくれと言わんばかりの洗い方が出来るようです。しかもワイヤレスなのでホント手軽に洗える。僕もよくたまにキーボードを逆さにしてみると『何じゃこりゃ』的なホコリやくずや灰などがボロボロ落ちてきます。これから本格的な夏も始まります。海に持っていってもいいかもですね。いや持っていく意味がないですね〜。





April 04, 2007



若者に大人気のアップル主力商品『i-Pod』が発売されてから、その人気に便乗しようと今まで数々のi-Podの関連商品やドックが発表された。しかしもはやこれはただのi-Podドックではなく、ちょっとしたコンポになってしまっている。

ドック機能はもちろんAM/FMラジオ機能などの数々の機能が付いている。Radio Data Systemもサポートされているたる。その機能はLCD displayに放送局の情報および曲の情報を表示することが出来る。

そんな最新機能が入っているがこの80年代を感じさせるデザインにどこか親近感を沸いてしまう。






April 01, 2007



温泉脈を掘り当てれば将来億万長者!!こんな言葉が生まれるぐらいの風呂好きな日本人。お風呂で本を読んだりとか、半身浴で長時間お風呂を利用する人にお勧めしたい商品が日本ビクターが発表された。今まで防水機能付きCDラジカセなどはあったが、逆にお風呂しかも湯船専用みたいな勢いの音楽プレイヤーは初めてだろう。これはCDプレイヤーではなくPCにインポートしてある音楽をUSBケーブルでこの『XA-AW33』本体に音楽を挿入することが出来る。簡単に言えばでっかいi-podみたいなものだ。MP3、WMA、WMA DRM(CACA)などのファイル形式が再生可能だ。ただ一つ気になるのがこれだけ大きいのに何故メモリーは256MBを採用しているのか疑問に思う。せめて512MBぐらいは欲しいような。



March 31, 2007



2007年4月20日からDocomoより「ドルガバケータイ」はネット限定で発売される。今だコラボレーションブームは終わっていないようですね。ドルガバといえばイタリアを代表する世界ファッションブランド。日本でもセレブ系を中心に浸透しているブランドだ。そのドルガバが米モトローラ社と組んで発売するコラボレーションケータイ。端末のデザインは変わったところはなく、ただボディーがゴールドでドルガバのストラップがついているのが『ドルガバケータイ』なのかと思ってしまう。この機種のオリジナル機能としては通話中のモニター画面にドルガバLOGOの点滅、オリジナルスクリーンセーバー、あとは着信音はドルガバオリジナル。中身を見ればたいしたことないものだ。ロイヤルティーの付加価値が付いただけの携帯電話みたいなものだ。妙に安っぽい黄金色も気になる。本当のセレブはこういうのは買うことないだろう。




March 30, 2007



携帯電話とタバコを合体させたのはいかがなものか!?北京オリンピック開催での他国への技術力を見せ付けるためなのか、この中国4000年の文化を持つ人々はどうやらタバコと携帯電話を一緒に持ち歩きたいようだ。大きさはタバコ側にあわせたようでそのサイズに作られている。見た目は結構安っぽいがちゃんと電話として使える。microSDカードを装着できるソケットを完備しているので今流行のミュージック携帯としても使える。見た感じタバコは通常より半分しか入っていないようだし、携帯電話としても明らかに中途半端な機能しか装備されていないようだ。結局使い勝手から考えると別々に買ったほうがスムーズに電話で競う出し。おいしくタバコがすえそうだ。



March 28, 2007



20世紀初頭に建造された豪華客船、1912年4月14日の深夜に氷山に接触し翌日未明にかけて沈没したあの『タイタニック号』の残骸から作られた腕時計。数々の映画などにもリカバリーされて、この不運な豪華客船を知らないものはいない。

そんな今だ沈没中のタイタニック号の残骸を匠に使った腕時計がRomain Jerome社により発表された。その名も「Titanic DNA Watch」。乗員乗客1,513を犠牲にしたタイタニック事件は当時世界最悪の海難事故だったはず、果たしてその残骸から作り出された時計を富裕層は買って気持ちよく愛用できるのだろうか疑問に思う。江原さんとかに一度持っていったほうがいいのでは!?というより一時期流行った陰陽師は今いずこへ!?



March 21, 2007



お色気専門の方に勧めたいこのアクセサリー。光のボディーペイントでよりセクシーに体を魅せてくれる。Clubのレゲーギャルが食いつきそうなこの便利グッツ。インリンオブジョイトイなんかも好きそうなデザインですね。「人間らしい感情を皮膚に映し出された光のパターン」となんかドエライコンセプトを元に作られたらしい。まぁ夜専門のアクセサリーなので使い方は限られますが、露出狂な人にプレゼントしたい商品です。

March 14, 2007



ブランドの名前はnormal。しかし奇抜なデザインを多く抱えている。そしてその奇抜ゆえかその多くの商品はあくまでもコンセプトデザインとして発表している。そしてこの顔面岩みたいなわかりやすいPCケースもその一つである。実にデザインプラス機能性に追求したこのフォルム感心する。この大きさならマザーボードのATXはもちろんデッカイ電源やファンがつめるようだ。もしこれが商品化することになるとしたら欲しい。そして鼻にも穴あけてお手製のファンでもつけたら、冷却性はきっとピカイチだ。騒音が気になる人には垂れ流しの水冷をつければ、鼻垂れ小僧の完成!!

この冷酷で何でも見透かしそうなこの眼を気になった方はリンク先へどうぞ。



March 10, 2007



このみごとな直角にだまされるな!!部屋に置けばおしゃれだからだと見くびるな!!

四角フェチにはたまらないほどのみごとなこの真四角。デジタルの文字盤が見えるがこれは時計だ。しかしちょっとした曲者だ。若干大振りなサイズであるがこれはこの時計が貯金箱でだからである。しかも普通の貯金箱ではない、超強制貯金箱と言っていいだろう。どのタイプ時計にも通常アラーム機能がついているが、これは一味違う。もちろんこのBANCLOCKにもちゃんとアラーム機能はついているが、このアラーム機能の発動条件はなんとお金を入れなければならない。そしてとどめにアラームを終了させるためにも硬貨を必要とする。ダメ押しだ。ただ箱いっぱいためた人にはその箱時計がご褒美のメロディを流してくれるようです。そんなのどうでもいい。

ケチで朝はクソ気分悪いの人にはとてもお勧めできないこのコンセプト。もしそんな人がお金を箱いっぱいになるまで使っていたら、その人じゃなく箱時計の方が角をなくし丸くなってそうですね。

この商品を発表したのが日本の 株式会社 ドリームズ というところだ。ほかにも数々のユニーク雑貨を販売している。しかし貯蓄好きの日本人にとって便利ツールになりそうな気がしますね。最近よく見かける「すぐキレる子供」に配布すれば多少なりとも忍耐力はつくと思います。いやでもつくよこれは。



March 08, 2007

電子レンジのドアがテレビモニターとして使える便利!?商品のようです。(鶏は関係ありません。)

これはHolland Electric(HE)社のためにMarcel Wandersが設計したちょい意味不明な電子レンジ。どの家庭にもキッチンにテレビなんてあるだろう!!とか電子レンジにテレビ機能を付けるその心は!?とかいろいろな疑問が生まれそうな商品ですが、なんとDVDプレイヤーとしても使えるようです。ますます疑問が深まる。

しかも物を暖めながらテレビ機能をONにしていたら中が見えなく具合が確かめられないようです。インテリア好きな人にはおすすめできるのですが、これが家にあったからといって生活向上は望めません。




March 06, 2007



超ハイテクベッドがお目見え!!客観的に見てもこの近未来で「欧米かぁ!!」的なデザイン、僕は惚れますね〜。電子のリフトシステム、熱可塑性のストレージ、統合19インチのLCDディスプレイ、DVD/CDプレーヤなどなにやら忙しいほどのオプション機能にはびっくりします。これにバスローブで片手にワインを持ち、高層マンションから人を見下げる。まぁここまでしなくてもいいと思うけど、結局こうゆうベットってそういう人が買うんでしょうね〜。リンク先にはいろんなベットが掲載されているので見てみてください。



February 26, 2007



Art Lebedevが発表した新しい価値観の時計。っといってもそんなに大したことではないのですが、ただ時間を数字表記ではなく文字表記するそれだけだ。有機ELを文字盤に採用し、。「midnight(夜の12時)」とか「two sixteen a.m.(午前2時16分)」など言葉で時間を教えてくれるてな感じです。


February 23, 2007



ポルトガルのデザイン集団「objection」が制作したちゃぶ台。果たしてこれをちゃぶ台と呼んでいい物なのかわからないが、とにかく見た目から忙しい台だ。フォークやナイフやスプーンの洋食の三種の神器使われており、それらをハチャメチャに絡ませてアーティスティックな感性をもとに構築されている。これはコンセプトデザインなために実売はしていないようだが、これが家にあったらもう一生ナイフ、スプーン、フォークは買わなくて済むことになるであろう。多少変形しているが。




世の中にはありそうでないものっていっぱいありますよね。でも今回のはありそうでないと思っていたけどやっぱりあった的なテーブルです。テーブル板自体がデジタル時計版となっており、わずか6cmの板に電子発光フィルムを埋め込んだかたちだ。しかもアラーム機能がついているらしい。それにしてもこのアラームは何につかうか戸惑うが、まぁ使うとしたら年に一回の年越しカウントダウンぐらいだろう。そのときにやっと文字盤の大きさに感謝するだろう。

これはプロダクト・家具・インテリアのデザインスタジオを主とするnormalが生み出したアートだ。その代表であるRoss McBrideは在日中に日本大学の研究過程を取得してかなり日本にもゆかりがある。過去のクライアントに(株)電通、(株)博報堂等で、代表作はNEC<BIGLOBE> CI、資生堂<エテゥセ・オム>BI。日本の大企業が名を連ねる。最近の国内の活動としては多くの空間デザインを手がけている。同時に多数の賞を受賞している。

やっぱおしゃれですね。ただ欲しそうで買ったら買ったで後悔しそうな感じもしてしまう。


February 21, 2007



「今や音楽を運ぶ時代、ついでにスピーカーも運んでみては!?」

そんなCMが流れそうな商品がTDKから発表された。今や電車の中でよく見かける携帯音楽端末、実際私も使用するが使う前はちゃんと音漏れしてないか確認して極小音で音楽を聴いているが、たまに横の人ににらまれたり「うるさい」などの注意されてしまうそんな経験はないだろうか!?

それはただの嫌がらせだ。だからそんな時にはこのスピーカーを取り出して「はいわかりましたよ!!」とかなんとか言いながら大音量で音楽を聞いて思いっきり毒づいてあげましょう。きっと周りが黙りますから。


February 20, 2007



あの例の会社はやっぱりいろいろデザインしまっくっているようです。今回目を付けたのが貯金箱。陶器を素材とし、投げて遊べるように?ロケット型のデザインです。

ただ問題なのは、いやそれが本来の貯金箱としてのあり方だと思うが、入れたお金は取り出せないように取り出し口がついていない。そのため溜まったお金を取り出すにはブン投げてロケットだけに「ドッカ〜ン!!」と破壊するしかありません。

ダイエットも同じように我慢できなくてすぐ食べちゃうなんてありますけど、覚悟してちゃんと貯金したいし人はこの貯金箱がおすすめです。なんせ値段が19.56US$もしますから。



February 18, 2007

iRiver X20

今年の3月上旬に日本でiRiverの新型X20が発売されることが決定しました。日本でのiRiver価格は2GB 1万8800円、4GB 2万2800円、8GB 2万9800円です。

X20は98.5x49.0x14.8mmで71gの本体に2.2インチQVGA画面を搭載、音楽のほか写真や動画にも対応するプレーヤ。サポートするファイル形式は音楽がmp3, WMA (DRM 10対応)、Ogg Vorbis。動画がMPEG-4 SP, WMV。FMチューナーやダイレクトエンコーディング録音・ボイスレコーダは標準装備。面白いところではmicroSDスロット、本体にステレオスピーカも搭載します。バッテリーは音楽22時間くらいはいけます。動画になると6時間くらいです。

日本ではiPodが市場の独占をしているので、iRiverはマイナーな活躍しかできないと思う。ただ個人的にはiRiverの方が普通にカッコいいと思う。





なかなか日々の生活において、朝が弱い人に大変おすすめな商品がでたようです。

普段は静かに時を刻み、大事な朝になると上の方が「ビュ〜ン!!」ってとんでくれるようです。それと同時にとてつもなく嫌な音が流れるそうです。そしてプロペラを元に戻すまで、音はとまらないのでさがすハメに。

そんなこんなでつらい朝を清々しい朝に変えることがこの商品のコンセプトだそうです。ただプロペラを探さなければいけないので、朝に一分一秒を争う人にはおすすめできないようです。



ウィルコムストア


All contents copyright c 2007, Doon!!. All Rights Reserved.