Gmail プレビューパネル 設定

Gmailでは「Gmail Labs」という実験的な機能を試すことが出来る機能があるのですが、その中に私も利用している「プレビュー パネル」という機能があります。

近年ではノートPC、デスクトップPCなどに限らずデジタル機器ではワイド型のディスプレイが主流になっており、私もワイド型のディスプレイを使っているのですが、そんなワイド型のディスプレイにピッタリのインターフェイスにワンクリックで変更できるのがその「プレビュー パネル」という機能です。

Gmailでプレビューパネルを利用すると、左側に受信トレイ、右側に現在選択しているメールのプレビューが表示できるようになり、メールの読むスピードが上がります。

そんな便利なプレビューパネルですが、標準ではメールを選択してプレビューを表示している時に既読までの時間差(ラグ)があるのが厄介なので、それを無くす方法を紹介します。

Gmailのプレビューパネルの既読までの時間差(ラグ)は変更可能

Gmail プレビューパネル 設定 方法

Gmailの設定→Labsでプレビュー パネルを有効にすると、設定→全般に「プレビュー パネル」という項目が追加されます。
ちょうどプレビューパネルの真下にカラフルなスターがあるので直ぐに見つけることが出来ると思います。

このプレビューパネルのスレッドを既読にするタイミングが標準では「3秒後」になっているので、「すぐに」に変更してしまいましょう。

ちなみに、選択肢は「1秒後」、「3秒後」、「すぐに」、「既読にしない」の4つがあるので、お好みに変更することも可能です。