グラボ オーブンでホイル焼き

突然ですがPCが起動しなくなりました。
いつもどおり前日にPCをスリープして終了させ、本日PCを起動させようとしたらディスプレイが点かず操作不能に陥りました。

結果的にはグラフィックボードの故障と判明しましたが、今回はオンボードからもディスプレイに出力ができなかったため原因の切り分けが出来ずにかなり焦りました。

今回は、経験から基づいたディスプレイが点かない場合の対処法(原因の切り分け)とグラフィックボードをオーブンで焼いて治す方法を紹介します。

グラフィックボードの異常な故障率 まずはグラボを疑え

RADEON ディスプレイが点かない

実はグラボの故障は幾度と無く経験していて、このブログに書いただけでも「AMDのグラボRADEON HD6870が壊れた ディスプレイがつかない」、「SapphireのR9 270Xが故障したので代理店の株式会社ASKに修理依頼した話)」と2回故障しています。

今回壊れた個体は3つ目。
PCのケースがミドルタワー型ということもあって、エアフロー的に優れているとはいえないのが原因かもしれませんが、グラフィックボードの故障率は他のパーツに比べて異常に高いです。
この間に他のパーツが壊れたことは一度もありません。

故障率は、使っているPCやパーツによって変わるとは思いますが、ディスプレイが点かないという症状の場合はまずはグラフィックボードを疑います。

では、どうしたらグラフィックボードが故障の原因か判別するかというと、最も簡単な方法はオンボードから映像を出力してみることです。
BIOSの設定にもよりますが、基本的にグラフィックボードから映像が出力ができない場合は自動的にオンボードからの出力に切り替わります。

もう一つの方法として、PCを起動させた時にディスプレイが点灯せずともWindowsのブート音が聞こえる場合もグラフィックボードが故障したと判断出来ます。


今回の私の症状は、グラフィックボードからの出力は不可、オンボードからの出力も一瞬ディスプレイが点灯するものも直ぐにセーブモード(省電力モード)にディスプレイが切り替わり出力ができないというものでした。

PCが点かない… 第二に疑うべきはディスプレイとケーブル

PC グラボ故障 起動しない

この段階で次に疑うべきものはディスプレイやその接続ケーブル(HDMIケーブルなど)です。
私の場合デュアルディスプレイにしているので直ぐにディスプレイが原因ではないことがわかりましたが、ディスプレイが一つしかないという人は誰かに借りて来るしかないでしょう…

ディスプレイが古い場合は先にこちらを疑ったほうが良いかもしれません。

マザーボードの故障か? まずはCMOS電池の交換を試す

CMOS電源 交換方法

ここまで来るともう頭が痛くなってきます。
原因はグラボでもない、ディスプレイでもない、次に疑うべきなのはマザーボード。
仮に原因がマザーボードだと判明してもパーツすべてを入れ替える必要が有るためにかなり面倒、そしてそもそも同じマザーボードを用意できるのか不明なため奈落の底に落ちていく感覚です。

ディスプレイが点かないという症状の場合、BIOSが起動しているのかすら不明なため原因を探るのはかなり難しいです。

そしてまず初めにやってみた方法が、マザーボードに付いているボタン電池を交換するというもの。これはBIOSの設定を保存するためのバッテリーで、CMOS電池と言われています。

通常この電池が切れた場合、OSの時間設定などがクリアされ、アプリケーションにエラーが発生したりするのですが、場合によってはOSが起動しなくなります。

この電池はCR2032というボタン電池が使われていることが多く、近くのコンビニでも売っています。ちなみにローソンではSONY製で292円でした。また、100円ショップでも買うことが出来ます。


で、早速電池を買ってきて交換してみました。
結果はダメ。

このCMOS電池の寿命は4~7年ということが多いのですが、私のマザーボードは使い始めてから約4年。PCの利用率は高く、あまり電池は減らないと予想されるためダメ元でした。
この交換で直れば一番出費も少なく良いのですが、甘くはありませんでした。


マザーボード故障 判別

次に、マザーボードが壊れているか判断する方法ですが、まずPCの電源を入れた時にCPUやケースのファンが回っているかどうか。回っていればとりあえずOKです。
そして、次にBIOSに異常がでているかどうか調べるため、マザーボードに刺さっているメモリを全て抜いてPCを起動させてみます。
BIOSに異常がなければ起動エラーが発生しマザーボードからビープ音が発生します。


音が鳴りました。
私のPCの場合はマザーボードは無事のようです。音が鳴らなかった人はマザーボードを交換するしかありません…残念ながら地獄行きです。

正確にはビープ音がなってもマザーボードのVGA、DVIなどの端子が壊れているということも考えられますが、前日にPCを無理に移動させたり蹴飛ばしたりした覚えがなければその可能性は低いでしょう。PCが古い場合や設置環境によっては端子の劣化ということも十分に考えられます。

HDD(SSD)の故障か? データ損失の危機


HHD故障 判断

いよいよ次に考えられるのがHDD、もしくはSSDの故障。
故障内容によってはデータが全て吹っ飛んでいる可能性もあるので最悪の結果とも言えるでしょう。

日頃からバックアップをとっていてもソフトウェアの設定や環境を元に戻すのは相当に骨が折れる作業なので、やはりHDDの故障は考えたくありません。

HDDの故障かどうかを判断する方法ですが、他にデスクトップPCがあるのであればSATA接続、ノートPCならばUSB接続のHDDケースHDDスタンドを使って接続してHDDに異常がないかどうか確かめることが出来ます。
私はUSBのHDDケースをもっていますが、HDDスタンドなら2.5インチでも3.5インチのHDDでも対応できるので、PCを使っているなら一つあると様々なことに使えて便利です。


私の場合はSSDを使っているということ、日頃からCrystalDiskInfoを使っていて異常がないか確かめていたこと、デュアルブート環境で仮にメインのSSDがダメでも2つ目のHDDから起動するはずという3つがあったので、HDD(SSD)の故障という可能性はかなり低いものでした。


あとの原因としてCPUやメモリなどが残っていますが、CPUやメモリが故障するという可能性はかなり低く、逆にあらゆる原因が考えられ、もしくは複合的な原因がたまたま同時期におこったという悲劇的な可能性も考えられるため半お手上げ状態です。
CPUやメモリ、電源などを一つ一つ交換していく事もできますが、新しいPCを買うか組み立ててしまうのが最も早く楽ですね。
無事なHDDも他のPCに移せばWindowsが起動するということもドライバなどの関係から難しいため、中の写真や動画などのデータのみ第2ドライブとして利用する形になるでしょう。

南無…

グラフィックボードをオーブンで焼いて修理


RADEON R9 270X オーブン修理

通常ならばもう諦めるところですが、やはりどうしてもグラフィックボードが気になりました。
今までの経験則からまたグラフィックボードの故障という可能性が非常に高く感じていたためです。
オンボードから出力できないのは不明ですが、HDDランプがPC電源投入後数秒ほどは点滅するためBIOSエラーが起きてるだけで、出力さえ出来れば無事に動く可能性もありました。

まず友人から同じRADEONのグラフィックボードを借りる手配はしましたが、その後にふと思い出したのがグラボをオーブンで焼くという方法。

何を言っているんだと思われそうですが、グラボの故障は熱やボードの歪みで発生する「半田クラック」という原因が多く、高い温度で焼くことによってハンダを溶かして再びハンダ付けすることで治る可能性があります。
もちろん保証は無効になるため、一か八かの方法となります。

やり方ですが

1. グラボを本体とヒートシンクに分解
2. グラボ本体についているグリスを綺麗に拭き取る
3. グラボ本体のチップのみを残して他はアルミホイルで包む
4. オーブンで焼く(余熱を忘れずに)
5. ゆっくりと冷やす
6. グラボを本体とヒートシンクを接続
7. 試すだけ!

このような手順となっています。


簡単な補足をしてみますが、まずは1番
グラボを本体とヒートシンクに分解するにはグラボの裏側にある4つのねじを外すだけです。

2番のグリスを綺麗に拭き取る作業ですが、オーブンで焼いた時に焼けてしまうことを防ぐために行います。


グラボ オーブンでホイル焼き

3番はこのような感じでOKです。私は念の為に2重に包みました。

4番ですが、オーブンで焼く際の温度と時間は190℃~240℃で2分~6分と人によって様々です。
私は余熱をして200℃で4分間じっくり焼いてみました。
また、鉄板に直接グラボが触れないようアルミホイルを適当に丸めたものを4つ用意して宙に浮かせるようにした方が良いでしょう。

5番は、急激な冷却でまた半田クラックを起こしてはいけないので、オーブンに入れたまま30分、オーブンを少し開けて20分、完全に開けて20分と少しずつ冷ましていきます。

6番は、ヒートシンクにあるファンの電源ケーブルを忘れずに刺すくらいでしょうか。
私の場合、グリスは元々塗ってあったものを再利用しました。

7番、いざPCに接続して電源を入れてみると無事に起動!


windows repair

途中上の画像のようにWindows Error Recoveryが発生し、Launch startup repair(recommended)ではアンダーバーが点滅するだけで進まないという不具合に遭遇しましたが、一度強制終了させてStart Windows Normallyを選択することで事なきを得ました。


PC グラボ修理オーブン

もちろんデュアルディスプレイも問題ありません。


radeon msi afterburner

グリスを再利用したグラボも今のところ室温28度で41℃、回転数24%と何も問題ない様子。
あとはどれくらい持つかということですが、次のPCまで無事でいることを祈ります…

グラボが故障してしまったという人は試してみる価値有りですね!


補足 2015年9月20日,2015/11/22
このオーブンで焼く修理を行ってから約2ヶ月経ちました。
PCはこの後一度も起動不可といった不具合に遭遇することもなく、また、デュアルディスプレイでゲームを実行するなどの高負荷かける作業を日常的に行っても何一つエラー等問題が発生することもありませんでした。
この方法はかなりオススメ出来ると断言できます。