ad

スマートフォンみたいな小さい画面に表示される広告ってウザいですよね。
アプリの広告はまだしも、一番むかつくのがウェブ上に表示されるスクロール型の広告です。

ライブドアブログでも表示されますが、広告の位置が決まっているものではなくフロートし、スクロールしてもスクロールしてもくっついてくるような広告です。

今回はそれらを始めとした広告を消す方法を紹介します。
また、私が使用している日本用のhostsファイルを公開しています。

最初に言っておきますが、もちろんこの方法にはrootの取得が必要です。
端末によってrootを取ることの出来る端末と出来ない端末があり、またrootを取る方法は端末によって様々なのでここでは説明できません。
今回はrootedの方のみを対象とした説明になります。

AdAwayの使い方


AdAway
価格 無料
評価 (4,990)
インストール総数 100,000 - 500,000
ダウンロード
マウスを重ねて拡大!
powered by swordsmith
広告を消すにはいくつか方法がありますが、AdAwayというアプリをインストールしておくと便利です。
AdAwayを使うと自動で広告を非表示にするためのhostsのリストをダウンロードしてくれたり、広告を消した際にたまに表示されるドロイドくんを非表示にしたり、ブラックリストやホワイトリストを使って簡単にhostsファイルの管理ができます。 

2013/03/14に、AdAwayを始めとしたAdFree等の広告削除系アプリがGoogle Playから削除されてしまいました。Googleは広告で儲けているのでしょうがないといえばしょうがないですが、AppleのiPhoneと違ってAndroidは自由という良さがあったのに残念です。
現在、AdAwayは、「F-Droid」からダウンロードすることが可能です。
詳しくは、「Google Playから削除されてしまった広告削除アプリ「AdAway」をダウンロードする方法」からどうぞ。
 
アプリ名
(クリックでPCサイトへ)
AdAway
アプリのバージョン 1.36
アプリの最終更新日 2012/06/14
価格 無料
Marketでの評価 (4,990)
インストール総数 100,000 - 500,000
ダウンロード
(Android端末からはQRコードをタップ!)
※記事掲載時の情報です:powered by swordsmith

AdAwayをダウンロードしたら以下の様な画面が表示されると思います。
初期のままだとウェブサーバーが云々のところにチェックがついていないと思いますが、まずはメニューボタンを押してください。
2012-06-25_11-37-48

メニューボタンを押すと下のように表示されます。
「hostsファイルを開く」から実際のhostsファイルを見たり、 「リスト」をタップしてブラックリスト、ホワイトリストの設定をすることが可能です。
今回は「設定」をタップしてみてください。 
2012-06-25_11-37-56

日本語なので説明はいらないと思いますが、以下が私の設定です。
人によっては「毎日更新を確認する」にチェックを入れたりすると思います。
「ウェブサーバーを有効化」の意味は下に小さく書いてありますが、実際どのような機能なのかというと、広告を消した際に表示される事のあるドロイドくんを非表示にすることが出来る機能です。
2012-06-25_11-38-02
 
設定が終わったら戻るボタンを押して初期画面に戻り、「DNS問い合わせのログ」をタップしてみてください。
下記のように表示されますが、「TCPダンプは非動作中です」をタップしてからウェブページ等にアクセスすると読み込んだホスト名を記録してくれます。
すなわち広告があるアプリやウェブページのホスト名を調べたい場合は、この機能を使えば楽にホスト名を知ることができます。
また、記録されたホスト名を見たい場合は「ログファイル」をタップし、hostsファイルに追加したいホスト名を長押しして「ブラックリストに追加」をタップすればhostsファイルに追加されます。
2012-06-25_11-56-59
 
 

Android用の日本語圏hostsファイルのソース

ここからが肝心なのですが、初期画面から「hosts」のソースをタップするとこのような画面が表示されます。
最初に3つほどチェックがついていると思いますが、どれも海外用のものなのでチェックを外すことをおすすめします。
2012-06-25_11-38-29

次に、「hostsのソース」と書いてある右の+ボタンをタップしてください。
以下が私が公開しているhostsファイルなので URLをコピーし、貼り付けて使用してください。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/11972277/hosts

このファイルは私が追加していったものと2chのhostsスレで公開された多くのファイルを混ぜ、重複を削除、最適化したものです。
2chのhostsスレに公開されたものを地道に追加していってもいいのですが、複数の端末を持っているのでファイルをサーバーに上げた方が効率的です。
 また、私がhostを追加することもあるかもしれないので、暇な時にでもAdAwayで更新がされてないかチェックしてみるといいでしょう。


広告を消す方法はAdAwayを利用する他に/system/etc内にあるhostsファイルを直接書き換える方法もあります。
また、独自のhostsファイルを作りたい場合は改行コードがLFになっていないといけないのでWindows標準のメモ帳ではなく、Terapad等の改行コードを自由に設定できるエディタを使用してください。

追記-2012/10/22 
AdAwayで私がホワイトリストに追加しているものを公開します。

ck.jp.ap.valuecommerce.com
livedoor.blogcms.jp
px.a8.net
www.googleadservices.com
www.gstatic.com

今のところ、以上の5つです。
livedoor.blogcms.jpはライブドアにログインするのに必要
www.gstatic.comはAndroid4.1以上においてGoogle Now内の天気画像が表示されないため
www.googleadservices.comは検索結果上部の広告を見たい時にアクセスできなくなるため
その他は忘れました・・・

絶対ホワイトリストに加えないといけないというわけではありませんが、上記のような問題が起きていたら試してみてください。