≪Wii ゲームソフト おすすめランキング BEST20≫

*****************************************************************************************************************************************************************************************************
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は「日本ゲーム大賞 2012 年間作品部門」の一般投票を本日4月9日(月)より開始した事を発表しました・・・。

「日本ゲーム大賞 2012 年間作品部門」本日より一般投票の受付開始!一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は「日本ゲーム大賞 2012 年間作品部門」の一般投票を本日4月9日(月)より開始した事を発表。以下一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会の発表「日本ゲーム大賞 年間作品部門」の選考は、一般投票の後、「日本ゲーム大賞選考委員会」による審査を経て、年間を代表するにふさわしい最高の総合評価を得た作品として「大賞」を選定するほか、優秀賞・グローバル賞・ベストセールス賞の各賞を決定いたします。対象となる2012年度の作品は、2011年4月1日から2012年3月31日までの間に日本国内でリリースされた1,391作品以上にもおよぶタイトルの中から選考されます。(つづき→)
 http://news.livedoor.com/topics/detail/6451615/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

「日本ゲーム大賞」とは、その年(4月から翌年3月)の優れた家庭用ゲーム作品に与えられる賞で、「社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)」が開催している。
ちなみに、選考委員長は養老孟司氏(東京大学名誉教授)が務めている。

初めて開催されたのは
1996年で、協会の名を取って「CESA大賞」と呼ばれていました。
第4回(1999年)からは、「日本ゲーム大賞」という名称に変更されましたが、第6回めからは「CESA GAME AWARDS」という名称で開催。(対象期間も4月から翌3月までの1年間に変更)
さらに、第10回(2006年度)から再び「日本ゲーム大賞」となる。また、第12回(2008年度)からはJAPAN国際コンテンツフェスティバルのオフィシャルイベントとして開催されている。


参考:日本ゲーム対象受賞作品(2006年度から2011年度)


[2006年]
『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』(任天堂、ニンテンドーDS)
『ファイナルファンタジーXII』(スクウェア・エニックス、PS2)

 [2007年]
『Wii Sports』(任天堂、Wii)
 『モンスターハンターポータブル 2nd』(カプコン、PSP)

[2008年]

 『Wii Fit』(任天堂、Wii)
『モンスターハンターポータブル 2nd G』(カプコン、PSP)

[2009年]
 『マリオカートWii』(任天堂、Wii)
『メタルギアソリッド4 GUNS OF THE PATRIOTS』(コナミデジタルエンタテインメント、PS3)

 [2010年]
『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(任天堂、Wii)

[2011年]
『モンスターハンター ポータブル 3rd』(カプコン、PSP)



各機種別本体およびゲームソフトはこちら ⇒人気TVゲーム格安通販.com