12月1日、私の尊敬する知人である世界で唯一のビジョンアーティスト「原 克之」さんから素敵なe-Bookのプレゼントをいただきました。

与え好きの法則その名も

与え好きの法則」です。

全434ページに渡る渾身の力作ですが、市販書籍では味わえない手造りの温もりを感じます。(たまに大阪弁があるのも味わい深い点かな)

とても読みやすく、原さんの実体験に基づく優しい言葉遣いで、心に語りかけてくる行間に思わずジーンとしてしまいました。

 

最近、「引き寄せ」というキーワードが目立っていますが、行為としてみた時には少しわかりにくいのですが、「与える」というのはとてもわかりやすいですね。

でも、大切なのは単に与えることではなく、「相手の望む喜び」を与えるというのを忘れてはいけない。

思わず、自分のことを振り返ると恥ずかしくなるくらい自分勝手な与え方をしていたんだなあと反省させられます。

頭ではわかっているつもりなのに、つい自分の都合で、自分のために与える...

あなたにも心当たりはありませんか?

最近は、景気後退や暗いニュースばかりが目につきますが、社会を構成する私たち一人ひとりがお互いに相手の望む喜びを与えることを心がければもっともっと世の中は素晴らしくなるはずですね。

そういう社会を「心の豊かな社会」と呼ぶのでしょう。

著者である原さんは、これまでのご自身の波乱万丈な人生経験をもとにここに至った人であり、現在以下のような状況にある人たちに熱く、優しく語りかけてくれます。そして、「与える」ということの本当の意味をわかりやすく教えてくれます。

■なんとなく【与える】という言葉にひかれる人

■そういえば、今まで受け取るばかりで、「あまり人に【与えて】いなかったなあ」という心当たりがある人

■今までの自分には【与える】ことが欠けていたのかもしれないと思ってる人

■今の人生を、もがき苦しんでいる人

■人生を好転させたいと思っている人

■人生打開のヒントを求めている人

■お金のことで悩み苦しんでいる人

■借金で夜も眠れない人

■人間関係で苦しんでいる人

■なんとかして人生を変えたい人

■勉強は好きだが行動力がなく実行段階でうまくいかなかった人

心当たりのある方は、ぜひご一読をお奨めします。

電子書籍のXam(ザム) 」から、無料でダウンロードできます。

与え好きの法則

読後の感想なども寄せていただけると、著者もきっと喜んでくれますので、ぜひ「相手の望む喜び」を与える第一歩として行動してみてくださいね。

 Xam(ザム)で詳細を確認しダウンロードする