牧師のひとり言

東京都国立市にあるプロテスタント教会の「牧師のひとり言」です。

【主日礼拝】
10月21日(日)10時30分〜正午ごろ
説教題「弱い時にこそ強い」

10月28日(日)東京三教会講壇交換主日
説教者 関伸子牧師(東小金井教会)
説教題 「主にあって喜ぶ」

【教会学校(子どもたちの礼拝)】
午前9時〜9時30分まで
礼拝後に上級生、下級生(幼稚園生も含む)に分かれます。
教会学校は10時15分で終わります。

どなたでもいらしてください。お待ちしています。
聖書、讃美歌の貸し出しもありますので、初めての方はその旨受付にお申し出ください。

【秋のバザー】
11月17日(土)午前10時30分から午後2時まで

今年もやります! 恒例の秋のバザー!
古着、雑貨、フードコーナー
キッズコーナーと今年も充実!?

ご家族で遊びにきてください。
駐車場はありませんのでご了承ください。

【「たまり場のぞみ」放課後フリースペース】
金曜日午後3時〜午後6時まで。出入り自由。無料です。
「おやつとケガは自分もち」を基本に、自由に遊べる場所です。
宿題を持って来て過ごしてもいいし、友達と遊んでもOK。
卓球台、オセロ、ジェンガなどちょっとした遊具があります。
隣は公園なので外で遊ぶこともできます。

【国立のぞみ教会 Address】
牧師 唐澤健太
〒186-0002
東京都国立市東3-15-9
TEL&FAX 042-572-7616
ホームページ http://kunitachinozomi.com/
Facebook https://www.facebook.com/kunitachinozomi
郵便振替 00190-7-48385 国立のぞみ教会

東京三教会合同主日礼拝「恵み深い主に感謝せよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 9月30日(日)祈り備えてきた東京三教会合同主日礼拝がついに行われた。数日前から台風の進路が気になった。礼拝時に暴風雨に見舞われたらどうなるのか? 不安がよぎったが、礼拝開始時には晴れ間も! ハレルヤ! 「恵み深い主に感謝せよ」。説教のために与えられた詩編の言葉が私たちの経験そのものだった。
  
 礼拝は司式関伸子牧師、聖餐司式荒瀬牧彦牧師、説教唐澤がそれぞれに務め、その他にも奏楽、合同聖歌隊、聖書朗読奉仕、祈り手など様々な礼拝奉仕が割り振られ、とても豊かな礼拝となった。

 
DSC_0240
礼拝前 
入堂する礼拝奉仕者たち
 

DSC_0255
司式 関伸子牧師

DSC_0284
合同聖歌隊

 会堂に集ったのは70人ちょっとでした。でもこれ以外にもめぐみ教会、東小金井教会にLIVE中継を行い、ぞれぞれの場で礼拝に与った人たちも10名以上いました。

 ネット中継は不安もありましたし、ちょっと課題も残っていますが、礼拝に共に与ることができたという声をもらいました。

いただいたメールより
 「合同礼拝のライブ配信自体は特に違和感はなかったように思いました。むしろ、普段は別々に礼拝をしている者たちが同じ場所に集い、ともに礼拝をまもっていることに、「キリストにあって一つ、一体となる」感じがして、不思議な感覚を持つと同時にとても幸せな気持ちになりました。」


IMG_1489
ライブ配信の映像のカット

 今回、主日礼拝を企画したことは、まさにいただいたメールにあること! そのことをLIVE中継を通しても経験できたという声はとても嬉しいし、その場に集うことのできた人たちも同じ感想をもった。一人の長老さんは「何の違和感も無く、一つになって自然に礼拝している感じがした」と言われた。これまで東京三教会の「共同の働き」の積み重ねがあってこの一体感あふれる合同主日礼拝になった面も大きいだろう。日頃からの交わりがあり、それが礼拝を共にすることでさらに豊かにされた。そんな経験だったように思う。

 聖餐の場面は写真を撮っていたO長老が分餐奉仕者だったので写真がないのが残念だが、一人一人前に出て、聖餐に与る姿に改めて感動した。とくに杖をつきながら、手を支えられながら前に進み出て、パンと杯に与る姿を見ながら、2000年前にイエス様のところにも、こうやって人々が集まったんだろうなって想像すると心がとてもあたたかくなった。聖餐は目に見える説教というけど、それをリアルに実感した聖餐であった。

 説教は、詩編107編から「恵み深い主に感謝せよ」とタイトルでした。神の民の旅路には色々なことがあるが、主の助けを経験し、賛美しながら旅ができることを自分の人生も振り返りながら語った。準備には苦労したが、準備の段階で賛美しながら生きることのできる幸いを改めて味わうことのでき嬉しかった。

合同主日礼拝説教はこちらで聴くことができます。
http://nozomichpodcast.seesaa.net/article/461935077.html

 また合同主日礼拝の振り返りをして、今後につなげていきたい。「年に一度はやりたい」という声をすでに何人からもいただいた。どうなりますかな。

 恵み深い主に感謝!


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

八法亭みややっこ「憲法噺」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 23日(日)の午後高座教会において平和講演会が行われました。今年は平日は弁護士として活動され、週末は落語家八法亭みややっことして「憲法噺」をされている飯田美弥子さんを講師にお招きしました。私の父親が落語が大好きなので、その影響でしょうか神学生になってからよく落語を聞くようになりました。古今亭志ん朝の噺が声色やリズムなど一番好きです。

 「憲法噺」ってどんな風に話されるのかとても楽しみにしていましたが、本当に面白かったです。条文の説明などどうしても眠くなりがちな話を、くすぶり、笑いを取り入れながら聴衆を引きつけ、1時間30分くらいだったでしょうか語りつけてくださいました。

IMG_1391
高座教会の講壇が「高座」に早変わり

 「憲法とは」というそもそも論から、自民党改憲草案の問題点をしっかりとわかりやすく伝える噺はまさに「芸」といえるものでした。みややっこさんの博学に驚きました。

 この秋には三選を決めた首相が改憲を具体的に進めてきます。国家権力を縛るはずの憲法が、国民を縛るものへと変えられようとしています。こんなめちゃくちゃなことがお金や組織の持っている者たちが有利な形で進められています。貴乃花問題など大した問題ではありません。安倍晋三のこそ大問題です。9条だけの問題ではありません。一人一人よりも無形な「国」というものが第一とするのが、自民党が変えようとしている憲法案です(そもそもそれを憲法と呼べるのかどうかという問題がありますが、、、)。


 少し前のものですが、みややっこさんの「噺」がYouTubeにあったので貼っておきます。ぜひご覧くだい。



 


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

集まれ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 いよいよ今度の日曜日は「東京三教会合同主日礼拝」です。
※前に案内はこちらhttp://blog.livedoor.jp/smbno6/archives/52082363.html 

 合同伝道委員会を中心にこれまで準備を重ねてきました。当日は東小金井教会、めぐみ教会で礼拝をささげる方のためにライブ配信も行う予定です。先日試験を行いました。課題や不安はありますが、うまくいきますように。

d0151144_15483943


 私たち一人一人がいつもささげている「場」から神様から呼び出されて、共に主の御前に集う豊かな礼拝体験となるでしょう。のぞみ教会の人たちは残念ながら場所は変わりませんが、新鮮な気持ちで礼拝にのぞみましょう! 

 礼拝は、三人の牧師たちがそれぞれに司式、聖餐司式、説教を担当します。聖書的に、ということで「くじ」で役割分担をしたところ、司式者が関伸子牧師、聖餐司式者が荒瀬牧彦牧師、説教者がわたしとなりました、、、。

 注意点は、礼拝開始時間が11時からになることです! 早くなるわけではないので、大丈夫とは思いますが。

 さあ、東から西から、北から、南から9月30日は国立のぞみ教会に集れ! 


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

三教会「交流」ソフトボール大会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 今からもう20年近く前になる2000年、私が中会神学生としてめぐみ教会で研修をしていた時に「東京三教会対抗ソフトボール大会」が開催された。何度か雨天中止などがあったが、9月第2主日はカンバーランドカップを争奪する「対抗戦」が行われてきた。しかし、出場選手を確保するのが難しい現実もあり、今年から教会対抗ではなく、集まった者たちでチーム分けをして「交流戦」を行うことにした。

 「対抗戦」でなくなるだけで毎年あれだけ必死に呼びかけを行っていたのが嘘のように、時間が過ぎ当日を迎えた。「対抗戦じゃないのはつまんない」と娘でさえいう。人とはどこかで競うことに楽しみを感じる生き物のなのかもしれない。

 初めての「交流戦」は、とてもよかった。出場選手の人数から2チームに分け試合を行った。老若男女、小学生から年配の女性たちまで一緒にソフトボールを楽しんだ。1試合目と2試合目の間には、一緒に食事をする時間を小一時間もった。これもとても楽しい時間だった。いつもは、連続して試合をしているので、三教会の「交わり」の時間はほとんどなかった。体を一緒に動かし、一緒に食べ、一緒に楽しむ。秋の空気を感じる中、ナイターの照明がとてもよい雰囲気だった。


BlogPaint


 石塚先生がiPhoneとカメラの二刀流でいっぱい写真を撮ってくださった。

IMG_20180909_172116_1


 
IMG_20180909_173616
小学校3年生のSくんもナイスバッティング!

 個人的に今回の大会で一番ナイスプレーはこれ。
のぞみ教会Cくん
こういうプレー大好きです!
カープのユニホームっていうのもいいですね!

IMG_20180909_190723


 わたしも43歳。打てばほとんどホームランだった時代は遠い昔。第一打席、第二打席と凡フライで凡退・・・・・・。でも、今回唯一のホームランを石塚先生が動画で撮ってくださった。久しぶりに動画で自分のスイングを観ました^^ やっぱり遠くに飛ばすって気持ちいですね。



 
 対抗戦から交流戦に変わったソフトボール大会でしたが、思った以上に楽しい、素晴らしい時間でした。主に感謝!

ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京三教会合同主日礼拝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 更新が滞っていました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 みのりの秋、行事の秋! 

 9月は毎週のように教会行事があります。来週は東京三教会ソフトボール大会が開催されます。これまで「三教会対抗戦」で行ってきましたが、諸事情から今年は混合チームにして「交流戦」として行います。ただ、交流戦では燃えないのか教会内の盛り上がりが今ひとつ!? 参加募集の用紙に名前がほとんど記入されていません、、、。でもCSの子どもたちや父親も参加してくれそうなのでみんなで楽しましょう!

 また今月末には、なんと東京三教会の「合同主日礼拝」が初めて開催されます。日本中会初の試みででしょう。これまで「共同の働き」を展開してきた、国立のぞみ教会、東小金井教会、めぐみ教会が共に集まり、主日礼拝を共にささげます!

 これまで合同小会、合同リーダー研修会、合同退修会、ソフトボール大会、講壇交換、信徒クロス礼拝出席、合同祈祷会、バザーなどの相互協力など様々な働きを共にしてきましたが、教会の最も大切な「主日礼拝を共にしたい」という祈りが起こされ、話し合いを積み重ねた結果、9月30日にのぞみ教会を会場にして行われることになりました。

 9月30日(日)午前11時より。この礼拝を通して東京三教会が「共同の働き」の一歩深みへ漕ぎ出す時となりますように。いまから楽しみです。


d0151144_15483943


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

Archives
Categories
ブログ内検索
Amazonのご利用はこちらから
楽天のご利用はこちらから
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

国立のぞみ教会Podcast
Recent Comments
アフリエイト
↓Amazonはこちらから↓








アクセスカウンター

    • ライブドアブログ