牧師のひとり言

東京都国立市にある国立のぞみ教会の「牧師のひとり言」です。

【主日礼拝】現在ライブ中継のみの礼拝になります。
5月31日(日)ペンテコステ礼拝
午前10時30分から正午ごろまで
説教題「人を分け隔てしない神」

主日礼拝のライブ中継(当日のみ配信)
https://www.facebook.com/kunitachinozomi/

【教会学校(子どもたちの礼拝)】
※現在教会学校はライブ中継で礼拝をしています。
https://www.facebook.com/nozomics/

午前9時〜9時30分まで
礼拝後に上級生、下級生(幼稚園生も含む)に分かれます。
教会学校は10時15分で終わります。

どなたでもいらしてください。お待ちしています。
聖書、讃美歌の貸し出しもありますので、初めての方はその旨受付にお申し出ください。

【「たまり場のぞみ」放課後フリースペース】
金曜日午後3時〜午後6時まで。出入り自由。無料です。
「おやつとケガは自分もち」を基本に、自由に遊べる場所です。
宿題を持って来て過ごしてもいいし、友達と遊んでもOK。
卓球台、オセロ、ジェンガなどちょっとした遊具があります。
隣は公園なので外で遊ぶこともできます。

【国立のぞみ教会 Address】
牧師 唐澤健太
〒186-0002
東京都国立市東3-15-9
TEL&FAX 042-572-7616
ホームページ http://kunitachinozomi.com/
Facebook https://www.facebook.com/kunitachinozomi
郵便振替 00190-7-48385 国立のぞみ教会

200531_主日礼拝ライブ&CS礼拝ライブ配信(通常の記事はこの下から)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年5月31日ペンテコステ礼拝ライブ配信
※時間を過ぎても自動的にライブが始まらない場合はアクセスし直して下さい。
※音声が出ない場合はライブ中継画面の右下のスピーカーボリュームを上げて下さい。



↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村




リモート de 中会会議

このエントリーをはてなブックマークに追加
 昨日は臨時中会会議が行われた。コロナウィルス感染拡大に伴う「補正予算」が議案であった。通常臨時中会会議は南林間にある高座教会に集まることが多いが、数十人が集まり会議をすることはできないと判断し、日本中会史上初となるリモート中会会議の開催となった。

 カンバーランド長老教会はすでに10年前に、私が代議員として出席した2010年の「総会」において、中会会議をはじめとする諸会議が web 会議、ビデオ会議で行われることを正式に認め、このような形での会議運営を推奨する決議しています。
 
 14時に代議員、関係者など含めて40名近い人がZoomにアクセスする。カメラがつかない、音声が出ない。想定通りの混乱を経て、現在議長である私が会議を進行。

 ZoomはPCを利用しても一画面に25人しか映すことができない。ページをまたいで手を上げている人を探したり、ミュートのオンオフなど普段の会議ではない作業にも追われながら何とか議事を進行した。一時間ちょっとで議案は採決され会議は終了。

 画期的な会議ではあったが、非常に疲れた。というか、議案が一つの臨時中会会議が限界だと思う。しかも議論が必要な議案の場合にはちょっと無理があるかなというのがやってみた実感。11月に定期中会会議が予定されているが、その時、状況はどうなっているだろうか。定期中会会議の分量をZoomでやるのは非現実的かな。

 ただ4−5人での会議であればZoomなどを利用して十分会議ができることをこの2-3ヶ月で体験した。今後もこの形は継続するだろうし、個人的には大いに利用して欲しい。今日で緊急事態宣言が一応解除される見通しだが、解除された後も会議の持ち方は間違いなく一変するだろう。

↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



説教の要約「持っているものをあげよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年5月17日主日礼拝説教要約「持っているものをあげよう」使徒3:1-10

「ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」(6節)。生まれつき足の不自由だった男がペトロにかけられたこの言葉は、その後の彼の人生を決定づける「招きの言葉」であった。
「美しい門」の前で毎日物乞いをしていた男。そこが彼の固定された居場所であった。その場所から動き出す人生があることなど想像もできなかったと思う。ペトロたちに物乞いをしたこの日もそうだったに違いない。しかし、違った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」とペトロに言われ、手を握られ、引き上げられた。漁師だったペトロの手はどんな手だったのだろう。網を打ち続けていたその手のひらはマメだらけのゴツゴツした手だっただろうか。次の瞬間、「たちまち、その音は足やくるぶしに力が入り、男は躍り上がって立ち、歩き出した。そして、歩き回ったりして神を賛美し、二人と一緒に境内に入って行った」(8節)。

 劇的な物語だ。人々は度肝を抜かれるほど驚いた。ペトロは、この男を立ち上がらせたもの、この男の足を強くしたものは、「イエスの名」であると言う(3:16)。「イエス・キリストの名」、イエス・キリストご自身がこの人を立ち上がらせたのだ! 「ナザレの人イエス・キリストの名」には、人を立ち上がらせる力がある! 使徒言行録は私たちに告げているのだ。

 生まれつき足の不自由な人が立ち上がるようなドラマティックな出来事が私たちに起こるだろうかと思う。起こるのだ。「イエス・キリストの名によって」歩けなかったものが立ち上がり、歩きだす出来事は、教会で起こる奇跡として、何度も私たちが体験させられ、目の当たりにしている出来事である。
先日、中道さんのところへ説教の録音を聞いてもらうためにCDラジカセを届けにいった。ちょうどご友人が来られていた。中道さんはその友人にご自分が洗礼を受けるに至った経緯を語りだした。救いの証をしたのだ。

 お姉さんの死を経験した彼女は入院するほどショックを受けた。まさに歩けなくなってしまったのだ。その時に誰もいない教会に何かに導かれるようにして入り、十字架の前でしばらくの時を過ごした。彼女はここに招かれているという思いになり、次の日曜日から毎週礼拝に通うようになった。洗礼を受ける時の証に彼女はこう記している。「週報に『私たちは自分の思い通りにならない状況の中で思い悩み心を乱すのではなく、いや、乱してしまう現実の中で、イエスの言葉を聞き、そこから一歩を踏み出す者でありたい』とあります。私もこれからこの様に歩んで行きたいです。感謝です!」

 イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩き出した証である。「わたしには金や銀はない」。ペトロの言葉に私たちは力強くアーメンと言える。しかし、「持っているものをあげよう」にも大きな声でアーメンと言えなければならない。私たちを立ち上がらせ、私たちを生かす、キリストの名が私たちには与えられているのだから!







↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

「栄冠は君に輝く」高校球児たちへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 夏の甲子園大会が戦後初めて中止となった。子どもの頃から甲子園を夢見みて、青春の汗を流した者として、球児たちのことを思うと胸が痛くなる。

 きょう、どんな夜を過ごすのだろう。

 みなが甲子園の土を踏めるわけではない。しかし、戦うことさえできないことが決まったこの時、どんな思いでいるのだろう。インターハイなどもそうだが、青春のすべてをかけてきた高校生たちのことを想うと泣けてくる。簡単には消化できない人生の一大事だろう。

 決定は変わらない。どうすることもできない。やりきれなくて腐ってしまう人もいるだろう。夢が破れて人生の虚しさに打ちひしがれる時間があるだろう。泣き、叫び、暴れ狂いたい。抑えきれない感情があるだろう。

 思いっきり吐き出してほしい。

 NHKの朝ドラでは夏の甲子園の大会歌を作曲した古関裕而が主人公として取り上げられている。私も甲子園を夢見た子どものころから聞き続け、いまでも魂が揺さぶられ自然と鳥肌が立つ。いま牧師室でボリュームを上げてYouTubeで聞いた。

 

 「栄冠は君に輝く」これを今日、このブログに置いておく。エールを込めて。


↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

横山大輔・和子「生きる」で動画プロジェクト!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 少し前に姉妹教会の高座教会で信徒伝道者として賛美ミニストリーに献身している横山大輔(DK)・和子夫妻から最新CDアルバム「生きる」が送られてきた。

FullSizeRender



 

 CDタイトルにもなっている「生きる」という賛美は、高座教会の中高生たちと一緒に作った賛美だと聞いています。いい曲ですね。楽譜ももらったのでのぞみ教会の教会学校でも歌いたいと思います。 

 また、この「生きる」に合わせて中会青年会で「動画プロジェクト」が進行しているらしい。いまSNSなどで色々な人がネットを通して歌を歌ったり、パフォーマンスをしていますが、同じようなことを「生きる」の曲に乗せてやるようです。

 私にも割り当てられたパートが、、、。会長からは「健太先生には笑いのパフォーマンスが期待されている」との個別のオーダー……。

 先程、一人で録画してBAJO会長に送りました。期待に応えられたかどうかはともかく完成動画が楽しみです^^ 

 DK夫妻は、日本全国を、時には世界各地を飛び回っていましたが、いまは自由に飛び回ることはできません。それでもYouTubeなどSNSを駆使して賛美を配信しています。CDもネットで購入できます。ぜひ活動を支える意味でもご協力ください。

オフィシャルYouTubeチャンネル(登録をしてね〜)


Official Websaite(CDの注文はこちらから)



↓一日一回応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Archives
Categories
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブログ内検索
Amazonのご利用はこちらから
楽天のご利用はこちらから
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

国立のぞみ教会Podcast
Recent Comments
アフリエイト
↓Amazonはこちらから↓








アクセスカウンター

    • ライブドアブログ