僕が横浜商業(Y校)で甲子園を目指したいと思ったのは、Y校が桑田、清原が一年生で出場していたPL学園との決勝戦を戦った夏からだ。桑田、清原という存在は当時少年野球小僧だった僕にとってはある種、特別な存在、スターのような選手だ。

 その桑田の息子が桜美林高校に入学することが決まったらしい。
 
 パイレーツとマイナー契約した桑田真澄投手(39)の長男・真樹さん(15)が、4月から桜美林高校(東京)に進学することが23日、明らかになった。真樹さんはこの日、同校の推薦入試に合格。現在、オーストラリアで自主トレ中の桑田にも国際電話で吉報が届き、大喜び。父の原点ともいえる甲子園に、親子2代での出場を目指す。・・・・・・以下省略
(デイリースポーツ - 01月24日 10:40)


 何度かこのブログでも書いているが、のぞみ教会で育ったAくんが桜美林高校で甲子園を目指している。また、桜美林高校は前任の先生が草創期の卒業生ということもあり、説教によく桜美林の話題が登場したのでのぞみ教会にとって身近な高校の一つなのだ。

 Aくんは昨年の秋には背番号を初めてもらってベンチ入り。立川で行われた帝京高校との試合を観戦しにいった。その時に「桑田の息子が来るかもしれない」との噂は耳にしたが、決まったようだ。彼もシニアで関東選抜に選ばれるなどなかなかの選手みたい。

 秋の試合を観た限りでは、桜美林の甲子園への道は決して易しくはないだろう。でもAくんも最後の夏にかけて燃えているし、新しい戦力も加わったことだし、期待したい。
 いずれにせよ、桑田Jr.が入学することで注目度が上がることは間違いないだろうな。僕の甲子園という夢は夢のまま幕を閉じたが、Aくんにはぜひその夢を実現してもらいたいな!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
参加中↑ 応援してくださる方はクリックをよろしく!

ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ