アクセス解析によるとグーグルやヤフーなどの検索サイトから僕のブログにやってくる人は一日平均20人くらいだ。

 それが今日は午後9時現在で51人が検索サイトからブログに来ている。普段の倍以上だ。

 要因は18日に書いた「フルマラソン」の記事だ。「東京フルマラソン 参加人数」、「東京フルマラソン 参加者」といった言葉でググルと「牧師のひとり言」がトップにでてくる。

 教会とはまったく関係ない人がほとんどだろうと推測する。その人たちがどれだけ僕の記事を読むかどうかまでは分からない。だけども、牧師の書くブログに来たことは確かだ。来れば何を読むかもしれない。そこが何かのきっかけにならないとも限らない。そう考えると不思議だね。

 グーグルで上位に表示されることが企業の収益を大きく左右するということを聞く。上位に表示させるために様々な企業が生き残りをかけるともいう。

 ネット検索の影響力は私たちが考える以上に浸透している。「ありとあらゆるものを検索できる」というのがグーグルの目指すところと何かで聞いたような。

 確かに今や教会探しもネットからという時代だ。先日もこのブログを読んで教会に来られた方がいた。嬉しいことだ。

 この拙いブログもまた教会へつながる小さな入り口になればと願っている。

↓ 一日一回のクリックをよろしく!一人(PC)一台一日一回有効^^
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

 

ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ