日曜日は弟子たちに神の力である聖霊が与えられ、弟子たちが主の福音を語りだした出来事を記念するペンテコステ礼拝でした。のぞみ教会では子どもたちと合同礼拝を行い、子どもたちへは「教会を建て上げる言葉」として香月先生がいつものように「カツキアイテム」を使ってメッセージを語ってくださいました。


IMG_0672


 教会によってはペンテコステ礼拝に赤いバラを降らせるようですが、のぞみ教会ではそこまで予算もかけられません。それでもやはり何かシンボリックなものはほしいということで、教会学校の子どもたちが2週間かけてマーブリングで炎と鳩を作ってくれました。

BlogPaint


BlogPaint

 礼拝では「主の言葉を聞け」という題でエゼキエル書37章1−14節から説教しました。「枯れた骨」の箇所です。準備している時に、以前何かの説教集で「教会はこのカタカタという音を聞くところ」というのを読んだのを思いだしたので、そのことを中心にして語りました(その説教集が何であったのか色々と本棚を探したのです結局思い出せず、、、だれか知っていたら教えてください)。

説教の録音はこちらから
http://nozomichpodcast.seesaa.net/article/459487381.html

 また嬉しいことにペンテコステ礼拝ではKさんの洗礼式が行われました。ちょうど一年前から一緒に聖書を読み出してこの日を迎えました。定期的にお会いし、聖書を一緒に読み、人生の様々なことを分かち合い、祈りあってきた方が、イエス・キリストを救い主と告白することへ導かれるのに立ち会えるのは牧師として最も嬉しい瞬間です。色々と語り合ったことが思い起こされ、洗礼式の式文を読みながらちょっと声が詰まってしまいました(Kさんの証は別に投稿します)。


IMG_1048


BlogPaint
 Kさんの受洗もあったので、礼拝後には久しぶりに集合写真を撮りました 

 祝会も受洗者がいるとやっぱりいいですね。美味しい食事と豊かな交わりの時となりました。新たな思いで主の御言葉をの宣べ伝えて行きましょう。


ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ