今からもう20年近く前になる2000年、私が中会神学生としてめぐみ教会で研修をしていた時に「東京三教会対抗ソフトボール大会」が開催された。何度か雨天中止などがあったが、9月第2主日はカンバーランドカップを争奪する「対抗戦」が行われてきた。しかし、出場選手を確保するのが難しい現実もあり、今年から教会対抗ではなく、集まった者たちでチーム分けをして「交流戦」を行うことにした。

 「対抗戦」でなくなるだけで毎年あれだけ必死に呼びかけを行っていたのが嘘のように、時間が過ぎ当日を迎えた。「対抗戦じゃないのはつまんない」と娘でさえいう。人とはどこかで競うことに楽しみを感じる生き物のなのかもしれない。

 初めての「交流戦」は、とてもよかった。出場選手の人数から2チームに分け試合を行った。老若男女、小学生から年配の女性たちまで一緒にソフトボールを楽しんだ。1試合目と2試合目の間には、一緒に食事をする時間を小一時間もった。これもとても楽しい時間だった。いつもは、連続して試合をしているので、三教会の「交わり」の時間はほとんどなかった。体を一緒に動かし、一緒に食べ、一緒に楽しむ。秋の空気を感じる中、ナイターの照明がとてもよい雰囲気だった。


BlogPaint


 石塚先生がiPhoneとカメラの二刀流でいっぱい写真を撮ってくださった。

IMG_20180909_172116_1


 
IMG_20180909_173616
小学校3年生のSくんもナイスバッティング!

 個人的に今回の大会で一番ナイスプレーはこれ。
のぞみ教会Cくん
こういうプレー大好きです!
カープのユニホームっていうのもいいですね!

IMG_20180909_190723


 わたしも43歳。打てばほとんどホームランだった時代は遠い昔。第一打席、第二打席と凡フライで凡退・・・・・・。でも、今回唯一のホームランを石塚先生が動画で撮ってくださった。久しぶりに動画で自分のスイングを観ました^^ やっぱり遠くに飛ばすって気持ちいですね。



 
 対抗戦から交流戦に変わったソフトボール大会でしたが、思った以上に楽しい、素晴らしい時間でした。主に感謝!

ランキング参加中!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ